映画DB:毎日更新・毎月100件の新作映画と毎月1500件のDVDとブルーレイ情報を掲載!

新作映画NEW MOVIE

ターミネーター:ニュー・フェイト

2019年11月8日公開

J・キャメロン製作による「ターミネーター2」の正統な続編。21歳のダニーと弟がターミネーター“REV-9”の襲撃を受ける。2人を守ったのは、未来から送り込まれた強化型兵士グレースだった。そしてサラ・コナーが現れ、REV-9と死闘を展開する。監督は、「デッドプール」のティム・ミラー。出演は、前2作でもサラを演じたリンダ・ハミルトン、ターミネーターを演じたアーノルド・シュワルツェネッガーの他、「タリーと私の秘密の時間」のマッケンジー・デイヴィス、TVドラマ『エージェント・オブ・シールド』のガブリエル・ルナ。

NO SMOKING

2019年11月1日公開

世界的ミュージシャン、細野晴臣のデビュー50周年を記念し、その足跡を辿り、知られざる創作活動の秘密に迫った音楽ドキュメンタリー。2018年のワールドツアーの模様、バンドメンバーや若い世代との交流の様子、本人のインタビューも盛り込んだ。監督は「WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」の佐渡岳利。元YMOで細野と共に活動した坂本龍一や高橋幸宏、女優の水原希子(「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」)らが出演。

キューブリックに魅せられた男

2019年11月1日公開

スタンリー・キューブリック監督による「バリー・リンドン」に出演した俳優レオン・ヴィターリが、その作品作りに魅了され、キューブリック専属アシスタントとなり、映画製作のためのあらゆる雑事をこなし、身を粉にして働いた30年を見つめるドキュメンタリー。キューブリックの映像アーカイブやアニメーションを織り込みながら、彼の映画製作現場を再現。また、レオンの仕事を通して映画製作および配給・宣伝・マーケティングについての詳細も映し出される。出演は、レオン・ヴィターリのほか、「バリー・リンドン」のライアン・オニール、「フルメタル・ジャケット」のマシュー・モディーン、R・リー・アーメイ、「ニンフォマニアック」のステラン・スカルスガルド。

閉鎖病棟 それぞれの朝

2019年11月1日公開

現役精神科医でもある帚木蓬生による第8回山本周五郎賞受賞作『閉鎖病棟』を、「エヴェレスト 神々の山嶺」の平山秀幸監督が映画化した人間ドラマ。過去を背負いながらも明るく生きようとする患者たちがいる精神科病院で殺人事件が発生。その理由とは……。刑執行が失敗し生きながらえた元死刑囚の梶木秀丸を「おとうと」の笑福亭鶴瓶が、幻聴に苦しむ塚本中弥を「パンク侍、斬られて候」の綾野剛が、DVを受ける女子高生・島崎由紀を「さよならくちびる」の小松菜奈が演じる。

イエスタデイ(2019)

2019年10月11日公開

ダニー・ボイルが、リチャード・カーティスの脚本を映画化したユニークな音楽ドラマ。無名のシンガーソングライター、ジャックはある日、交通事故に遭遇。昏睡状態から目を覚ますとそこは、自分以外誰一人としてザ・ビートルズを知らない世界になっていた。出演はテレビ作品を中心に活躍するヒメーシュ・パテル、「シンデレラ」のリリー・ジェームズ。

ジョーカー(2019)

2019年10月4日公開

悪のカリスマ“ジョーカー”の誕生をオリジナルストーリーで映画化し、第76回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞したサスペンス。ホアキン・フェニックス演じる孤独だが心優しい男アーサーが、世界のすべてを狂わすジョーカーに変貌した理由が明かされる。共演は「レイジング・ブル」のロバート・デ・ニーロ、「デッドプール2」のザジー・ビーツ。監督は「ハングオーバー!」シリーズのトッド・フィリップス。

新作Blu-ray/DVDNEW Blu-ray/DVD

リング~最終章~ Blu-ray BOX

2019年11月6日公開

鈴木光司の小説を柳葉敏郎、長瀬智也ら豪華俳優陣の共演でドラマ化したホラーサスペンスのBOX。自分の姪を含む4人の死を調べていた新聞記者・浅川は、リゾートクラブに残されたビデオを見た自身にも危機が迫っていることを知り…。全12話を収録。

ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ

2019年11月2日公開

ナチスに奪われた美術品の行方と美術品収集に固執したヒトラーの思想に迫るドキュメンタリー。権力は芸術をも支配できると妄信するナチスが行った美術品強奪と破壊、そしてヒトラーの秘宝たちがたどった運命を解き明かす。

居眠り磐音 特別版(初回限定生産)

2019年11月6日公開

佐伯泰英の人気時代劇小説シリーズを本木克英監督が実写化。脱藩して浪人になった坂崎磐音。江戸で長屋暮らしを始めた磐音は人柄と剣の腕前で周囲の信頼を得るが、ある陰謀に巻き込まれる。松坂桃李が時代劇初主演。特典ディスクを封入。

おしい刑事

2019年10月30日公開

藤崎翔の原作小説を風間俊介主演で実写化したコメディミステリー。不祥事続きの宇戸橋署に、検挙率100%の伝説の刑事・押井敬史が異動して来る。彼は、ある音楽レーベル会長の跡取りが焼死体で発見された現場へ捜査に向かうが…。全4話を収録。

伊東四朗 魔がさした記念コントライブ「死ぬか生きるか!」

2019年10月30日公開

伊東四朗と三宅裕司が8年ぶりにタッグを組んだコントライブをDVD化。伊東のプライベートショットをスライドショーで紹介する「80年の人生」コーナーや、伊東が裁判官で三宅が検察官役を務める法廷コント「法廷の攻防」ほか、全5本の爆笑コントを収録。

映画スケジュールMOVIE SCHEDULE

映画上映スケジュール

2019年11月17日 公開予定

パパとムスメの7日間(2018)

「のむコレ3」にて上映。

ディアスキン 鹿革の殺人鬼

「アーティスト」のジャン・デュジャルダン主演のスリラー。ジョルジュは憧れの鹿革のカウボーイ風のジャケットを手に入れる。その鹿革への執着が、やがて自分以外でジャケットを着る人への憎悪へと変わっていき、彼は街中で“死のジャケット狩り”を始める。監督は、「ラバー」のカンタン・デュピュー。シネマート新宿・心斎橋『のむコレ3』で上映。
2019年11月18日 公開予定

カンフーリーグ

「チャイニーズ・オデッセイ」のジェフ・ラウによるアクションコメディ。漫画家志望のインションは、会社の社長に恋の邪魔をされ、追い出されてしまう。彼が自身の処女作に登場するカンフーマスターたちに助けを請うと、彼らが現代にタイムスリップしてくる。出演は、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 南北英雄」のチウ・マンチェク、「スペシャルID 特殊身分」のアンディ・オン、「イップ・マン 継承」のチャン・クォックワン、「イップ・マン 誕生」のデニス・トー。シネマート新宿・心斎橋『のむコレ3』で上映。

ザ・ソウルメイト

「新感染 ファイナル・エクスプレス」のマ・ドンソクが主演したスリラー。犯罪組織の人身売買の現場を目撃した警察官のテジンは、暴行を受け、意識不明の重体に陥る。生霊となったテジンは、唯一、彼の姿が見える柔道家ジャンスと奇妙な共同捜査を開始する。共演は「君の結婚式」のキム・ヨングァン、「マリオネット 私が殺された日」のイ・ユヨン。2019年11 月15日からシネマート新宿、シネマート心斎橋で開催の「のむコレ3」にて上映。

蒼穹のファフナー THE BEYOND 第4話~第6話

SFアニメ『蒼穹のファフナー』シリーズ第5弾となるOVA全12話の第4話から第6話を劇場公開。ルヴィ・カーマの導きで、マークニヒトに乗った皆城総士。彼は過去と共鳴したはずだったが、ニヒトに眠る憎悪の思念と激情の変性意識に飲み込まれ暴走する。声の出演は、『テニスの王子様』の喜安浩平、「Dr.ピノコの森の冒険」の石井真、「さよならくちびる」の松本まりか。

TV放映スケジュール

2019年11月17日放送
22:00〜00:00 BS-TBS

単騎、千里を走る。

2019年11月18日放送
13:00〜14:45 NHK BSプレミアム

パリの恋人(1957)

21:00〜23:21 NHK BSプレミアム

ロビン・フッド(2010)

2019年11月19日放送
13:00〜14:43 NHK BSプレミアム

墓石と決闘

21:00〜22:54 BS-TBS

沈黙の執行人

2019年11月20日放送
13:00〜15:00 NHK BSプレミアム

フレンチ・コネクション2

2019年11月21日放送
13:00〜14:46 NHK BSプレミアム

あいつと私(1961)

ランキングRANKING

週末映画ランキング

1位
NEW

ターミネーター:ニュー・フェイト

J・キャメロン製作による「ターミネーター2」の正統な続編。21歳のダニーと弟がターミネーター“REV-9”の襲撃を受ける。2人を守ったのは、未来から送り込まれた強化型兵士グレースだった。そしてサラ・コナーが現れ、REV-9と死闘を展開する。監督は、「デッドプール」のティム・ミラー。出演は、前2作でもサラを演じたリンダ・ハミルトン、ターミネーターを演じたアーノルド・シュワルツェネッガーの他、「タリーと私の秘密の時間」のマッケンジー・デイヴィス、TVドラマ『エージェント・オブ・シールド』のガブリエル・ルナ。
2位
NEW

IT/イット THE END “それ”が、見えたら終わり。

S・キングの小説を原作とする2017年のホラー映画「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」の完結編。前作から27年後、デリーで連続児童失踪事件が再び発生する。かつて“それ”と対峙したビルとルーザーズ・クラブの仲間たちは町に帰ってくる。ビル・スカルスガルドが再びペニーワイズを演じるほか、「ミスター・ガラス」のジェームズ・マカヴォイ、「モリーズ・ゲーム」のジェシカ・チャステインらが出演。監督は、前作に引き続きアンドレス・ムシェッティが担当。
3位
NEW

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ

部屋の隅を好む少しネガティブで個性的なキャラクター、すみっコぐらしを、『ガンダムさん』などのショートアニメを手がけてきたまんきゅうのメガホンで映画化。いつもの喫茶店に来たすみっコたちは、地下室のすみっこで一冊の傷んだとびだす絵本を見つける。脚本は、劇団ヨーロッパ企画のメンバーで、「タクシードライバー祇園太郎」では脚本やキャラクターデザインを担当した角田貴志。
4位
NEW

ジョーカー(2019)

悪のカリスマ“ジョーカー”の誕生をオリジナルストーリーで映画化し、第76回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞したサスペンス。ホアキン・フェニックス演じる孤独だが心優しい男アーサーが、世界のすべてを狂わすジョーカーに変貌した理由が明かされる。共演は「レイジング・ブル」のロバート・デ・ニーロ、「デッドプール2」のザジー・ビーツ。監督は「ハングオーバー!」シリーズのトッド・フィリップス。
5位
NEW

マチネの終わりに

芥川賞作家・平野啓一郎の恋愛小説を福山雅治と石田ゆり子の共演で映画化。世界的なクラシックギタリスト、蒔野聡史は公演の後、パリの通信社で働く小峰洋子と出会う。共に40代を迎えた2人はたちまち惹かれ合うが、やがてその思いがすれ違うことに……。西谷弘監督と脚本家の井上由美子は「昼顔」のコンビ。共演は「翔んで埼玉」の伊勢谷友介、「アイムクレイジー」の桜井ユキ。

洋画Blu-ray/DVDランキング

1位
NEW

アクアマン ブルーレイ&DVDセット

『ワイルド・スピード SKY MISSION』のジェームズ・ワン監督による海中バトルアクション。海底人と人間の血を引き、海の生物すべてを味方に付けることができるアクアマンが、地上征服を狙う故郷・アトランティス帝国に立ち向かう。
2位
NEW

キャプテン・マーベル MCU ART COLLECTION (Blu-ray)(数量限定)

“アベンジャーズ”誕生前の物語を描くサスペンスフルアクション。過去の記憶を失い、強大な力を得た戦士・ヴァースが、自在に姿を変える“正体不明の敵”との戦いに挑む。公開時のポスターアートを採用したB4サイズケース仕様。
3位
NEW

シュガー・ラッシュ:オンライン MovieNEX

アーケードゲームの世界に暮らす天才レーサーと悪役コンビが大冒険する人気アニメの続編。天才レーサーのヴァネロペと、悪役ながら心優しいラルフが“シュガー・ラッシュ”の危機を救うため、インターネットの世界に飛び込む。
4位
NEW

ワイルド・ストーム Blu-ray

『ワイルド・スピード』のロブ・コーエン監督が手掛けたディザスターパニック&クライムアクション。アメリカ西海岸に巨大ハリケーンが迫る中、武装集団による財務省の紙幣処理施設を狙った襲撃事件が発生する。
5位
NEW

運び屋

クリント・イーストウッド監督・主演による実話サスペンス。90歳のアールは、車の運転さえすればいいという仕事を持ち掛けられる。だが、それはドラッグの運び屋だった。“どんどんやるぜ!ワーナーのブルーレイ!”。

邦画Blu-ray/DVDランキング

1位
NEW

ドラゴンボール超 ブロリー

原作者・鳥山明が自ら脚本を手掛けたアクションアニメ第20作。「力の大会」後の平和な地球。宇宙にはまだまだ強者がいると分かった悟空は、修行に明け暮れていた。そんなある日、悟空とベジータの前に見たことがないサイヤ人“ブロリー”が現れ…。
2位
NEW

雪の華

中島美嘉の名曲を登坂広臣と中条あやみの共演で映画化した大人のラブストーリー。余命1年と宣告された美雪は、ガラス工芸家を目指す青年・悠輔と出会う。美雪は悠輔に、100万円を出す代わりに1ヵ月間だけ恋人になって欲しいと持ち掛ける。
3位
NEW

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- Blu-ray通常版

山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香ら豪華俳優陣が共演した人気医療ドラマの劇場版。地下鉄トンネル崩落事故から3ヵ月後、旅立ちの時が迫る藍沢たち。そんなある日、航空機緊急着陸事故と巨大フェリー衝突事故という未曽有の大事故が連続で発生し…。
4位
NEW

来る Blu-ray 豪華版

中島哲也監督が澤村伊智のホラー小説を映画化。オカルトライターの野崎は、身の回りで怪異現象が相次いでいるという男・田原の相談を受け調査を開始する。だが、田原家に憑いている“何か”は想像を遥かに超えて強力なモノだった。特典ディスク付き。
5位
NEW

映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS

人気コメディアニメ『妖怪ウォッチ』の映画化第5弾。1960年代の東京・さくら元町。貧しくも幸せに暮らしていたシンは、唯一の家族である母を亡くして不幸のどん底に。シンは姉を亡くした少年・イツキに救われ…。

海外ドラマBlu-ray/DVDランキング

1位
NEW

ギフテッド 新世代X-MEN誕生 シーズン2 DVDコレクターズBOX

新世代X-MEN軍団が未来を懸けて争うSFアクション第2シーズンのBOX。未来を託されたはずの新世代X-MENたちが決別。仲間だったポラリスやアンディは、ミュータント理想郷の創造を掲げる過激派組織“インナーサークル”に加入し…。全16話を収録。
2位
NEW

ザ・ラストシップ <ファイナル・シーズン> DVD コンプリート・ボックス

「トランスフォーマー」シリーズのマイケル・ベイ製作総指揮による海洋アクションドラマ最終第5シーズンのBOX。食糧不足を克服してから3年。艦隊の発表を控えるアメリカに、世界大戦の勃発を予感させる新たな脅威が出現する。全10話を収録。
3位
NEW

エージェント・オブ・シールド シーズン5 COMPLETE BOX

映画『アベンジャーズ』の後の世界を描くスピンオフドラマの第5シーズンのBOX。ダイナーでシールドの面々をさらった男は人間の皮を着た異星人だった。なぜかフィッツだけは残され、コールソンやデイジーたちが拉致されてしまう。全22話を収録。
4位
NEW

マクガイバー シーズン2 DVD-BOX PART2【6枚組】

秘密組織のエージェントが活躍するスパイアクション第2シーズンのBOX第2弾。任務中に愛用のアーミーナイフを猿に奪われてしまったマクガイバー。仲間の命を救うためだったと自分に言い聞かせるが、どこか落ち着かず…。第13話から最終第23話を収録。
5位
NEW

S.W.A.T. シーズン1 DVD コンプリートBOX【初回生産限定】

『特別狙撃隊S.W.A.T.』をリブートしたポリスアクション第1シーズンのBOX。SWATチームを率いるバックは犯罪者グループのひとりを追っている最中に、誤って無関係な黒人少年を撃ってしまう。全22話を収録。

韓国ドラマBlu-ray/DVDランキング

1位
NEW

私の恋したテリウス~A LOVE MISSION~ Blu-ray-SET1【特典映像DVD付】

『主君の太陽』のソ・ジソブ主演によるラブエンタテインメントのセット第1弾。向かいに住む母子を守るため、ひょんなことから慣れない双子の子守りをすることになった伝説のスパイ・ボンの奮闘を描く。チョン・インソン共演。第1話から第8話を収録。
2位
NEW

空から降る一億の星<韓国版> DVD-BOX1

ソ・イングク主演による悲しくも美しいラブストーリーのBOX第1弾。広告デザイナーのユ・ジンガンは幼い頃に両親を亡くし、年の離れた兄とふたり暮らし。ある日、ジンガンは親友に招待されたパーティーでキム・ムヨンと出会い…。第1話から第8話を収録。
3位
NEW

如歌~百年の誓い~ DVD-BOX3(8枚組)

ヴィック・チョウ主演によるラブロマンス史劇のBOX第3弾。魔道に堕ちた仙人・銀雪は、命を落とした愛する女性・歌児との再会を願い、仙道に戻るため100年の苦痛を引き受ける。時は移り過ぎ、歌児という名の女性が現れ…。第37話から最終第52話を収録。
4位
NEW

千年のシンデレラ~Love in the Moonlight~ DVD-SET2

f(x)のビクトリアとホアン・ジンユー共演によるファンタジー・ラブロマンスのセット第2弾。見た目は人間だが狐族の血を引く異星人・ホーランと、1000年前の初恋相手の生まれ変わりであるピピの時を超えた運命の恋を描く。第15話から最終第25話を収録。
5位
NEW

スケッチ~神が予告した未来~ DVD-SET2

RAIN(ピ)とイ・ドンゴンが15年ぶりに共演を果たしたヒューマンサスペンスのセット第2弾。ドンスはウジンに事実を話すよう頼む。ウジンは、テジュンに未来を見る能力はなく、その背後に別の人物がいることを匂わせる。第9話から最終第16話を収録。

評価点数ランキング

1位
NEW

ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた

サンダンス映画祭やサウス・バイ・サウスウエストで上映された音楽ドラマ。元バンドマンで今はレコードショップを営むフランクは妻を事故で失って以来、一人で娘サムを育ててきた。ある日、二人で作った曲をフランクがネットにアップすると思わぬ反響がある。出演は、「SING シング」のニック・オファーマン、「さよなら、僕のマンハッタン」のカーシー・クレモンズ、「プライベート・ライアン」のテッド・ダンソン、「ミート・ザ・ペアレンツ」シリーズのブライス・ダナー、「ミュリエルの結婚」のトニ・コレット、「ヘルボーイ」のサッシャ・レイン。監督は、「ザ・ヒーロー」のブレット・ヘイリー。
2位
NEW

ガール・イン・ザ・ミラー

孤独な少女が、鏡の中に映るもう一人の「邪悪な自分」と出会い、惨劇の幕が上がる。オリヴィア・ハッセーの愛娘インディア・アイズリーが官能美で魅せるスリラー。カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019参加作品。
3位
NEW

ライ麦畑で出会ったら

多数の国際映画祭で受賞した青春映画。1969年、米国ペンシルバニア州。さえない高校生ジェイミーは小説『ライ麦畑で捕まえて』の舞台化を思いつく。許可を得るため作者のサリンジャーを探すが、居所がつかめない。そんな中、学校である事件が発生し……。監督は、本作が長編デビュー作となるジェームズ・サドウィズ。出演は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のアレックス・ウルフ、「ラブリーボーン」のステファニア・オーウェン、「アダプテーション」のクリス・クーパー。
4位
NEW

神と共に 第一章:罪と罰

韓国の人気ウェブコミックを2部作で映画化した前篇。火災現場で殉死を遂げた消防士ジャホンは、3人の冥界の使者に迎えられる。亡者は7つの地獄で裁判を受けなくてはならず、その裁判すべてで無罪になった者だけが現世に生まれ変われると告げられるが……。監督・脚本は、「ミスターGO!」のキム・ヨンファ。出演は、「お嬢さん」のハ・ジョンウ、「アシュラ」のチュ・ジフン、ドラマ『女王の教室』のキム・ヒャンギ、「猟奇的な彼女」のチャ・テヒョン、「あの日、兄貴が灯した光」のD.O.、「新感染 ファイナル・エクスプレス」のマ・ドンソク。
5位
NEW

オンネリとアンネリのふゆ

フィンランドの児童文学『オンネリとアンネリ』シリーズの映画化第2弾。バラの木夫人から買ったおうちで暮らすオンネリとアンネリのもとに、こびとの一家がやってくる。ふたりは、悪い人間たちから逃げているというこびとの一家をドールハウスに匿うが……。監督・脚本は、前作「オンネリとアンネリのおうち」に引き続きサーラ・カンテル。

今週のBlu-ray/DVDランキングRANKING

その他コンテンツOTHER CONTENTS

映画試写会・プレゼント

『第2回 韓国テレビドラマコレクション大賞』表彰式&クロストーク開催決定!

韓国ドラマファン必携、約1,000本の新旧韓国ドラマをまとめた『韓国テレビドラマコレクション2019』(キネマ旬報社刊)の発売を記念して、2018年 12月 10日(月)に文京シビックホール 小ホールにてトークイベントを行います。 ■イベント内容 ○トークショー 「もっと!韓国ドラマが面白くなるとっておきの話」(仮) ・最近一番おもしろかった韓国ドラマは何? ・業界人が注目する今年一番ホットなイケメン俳優は? など今年も、最新韓国ドラマ事情のあれこれについて、韓国ドラマ宣伝担当者の座談会を予定。 韓流イベントでもお馴染みの韓国大衆文化ジャーナリスト・古家正亨さんが切り込みます! ○『第2回 韓国テレビドラマコレクション大賞』表彰式 2018年に日本国内で発売された韓国ドラマの中から、『韓国テレビドラマコレクション』のライターたちが「今すぐ見ていただきたい"どハマリ必至”のイチオシ作品を選出した『韓国テレビドラマコレクション大賞』の表彰式を開催します。 ※『韓国テレビドラマコレクション大賞』の結果は11月30日(金)に発表予定 ○お楽しみ抽選会 昨年大好評だった、豪華賞品が当たる(!?)抽選会を予定。 ■司会 古家正亨(ふるや・まさゆき) ラジオDJ・テレビVJ・韓国大衆文化ジャーナリスト。1974年北海道生まれ。2000年より札幌のFM局NORTHWAVEで日本初のK-POP専門番組「Beats-Of-Korea」のDJとして、K-POPを紹介し始める。以降、ペ・ヨンジュンをはじめとする韓流スターや、K-POPアーティストのイベントでMCや通訳を務めること500回以上。韓流ファンにはお馴染みの人物。(ご本人のツイッターはこちら) ■パネリスト:韓国ドラマ作品 宣伝担当者(現在調整中) 現在調整中のため決定次第、本ページにて順次発表いたします。 ■イベント概要 【日にち】2018年12月10日(月) 【スケジュール】 14:00開場(予定) 14:30 開演(予定) 表彰式、トークショー、抽選会 16:30 終演(予定) 【定 員】300名 【場 所】文京区シビックホール 小ホール(アクセス) 【住 所】〒112-0003 東京都文京区春日1-16-21 文京シビックセンター2階 (東京メトロ丸の内線・南北線 後楽園駅直結/都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅直結) 【参加資格】 『韓国テレビドラマコレクション2019』が当イベントのプログラムとなります。ご当選された方は、本書をご持参または会場にてご購入ください。 (事前購入は、こちらより可能です。) 【応募方法】 ・先着300名様 ・応募はこちらよりお申込みください。 ※定員になり次第締切 【座席について】 全席自由席 ・先着順でのご入場となります。 ・会場及び近隣のご迷惑となりますので、開場前にお並びいただくことはできませんのでご了承ください。
2018-12-10

「ワンダー 君は太陽」カンドゥー×感動 クリスマス親子上映会にご招待

全世界800万部突破の小説「ワンダー」が実写版『美女と野獣』の製作スタッフのもと映画化!「正しさよりもやさしさを選ぶ、小さな一歩が世界を変えることを教えてくれる」感動の物語で大ヒットとなった『ワンダー 君は太陽』。本作のBlu-ray&DVD発売を記念して、抽選で2組の親子に、親子で楽しめる仕事体験テーマパーク「カンドゥー」での日本語吹替版『ワンダー 君は太陽』のクリスマス親子上映会をプレゼント!スペシャルゲストとしてゆりやんレトリィバァも登壇! 【応募要項】 開催日時:12月16日(日) 15:30開場[予定](16:00開映[予定]) 会場:カンドゥー(アクセス) (イオンモール幕張新都心 ファミリーモール3階 千葉県千葉市美浜区豊砂1-5) ※本編上映時間113分[予定]、日本語吹替版での上映です。 ●本編上映後、スペシャルゲスト・ゆりやんレトリィバァ 登壇イベントがございますので、終演は18:30頃を予定しております。 ※イベント内容につきましては予告なく変更となる可能性がございます。 【応募方法】 応募者(1組3名迄)の郵便番号・住所・氏名・同伴者の続柄・名前・年齢を明記の上、下記応募フォームよりご応募ください。
2018-12-16

その他コンテンツOTHER CONTENTS

注目映画特集

注目 『天気の子』の舞台裏とは? 新海組を支えるスタッフが語る

◎全国にて公開中 (C)2019「天気の子」製作委員会 『雲のむこう、約束の場所』(2004年)以来、撮影や色彩設計として長年にわたり新海ワールドのビジュアルを支えてきたキーパーソン・三木陽子。今作では助監督として新海監督を全面的にサポート。さらにデジタル表現面での理想の追求に尽力するとともに、色彩設計として、「作品の世界観にあわせて、カットごとにキャラクターの色彩を決め込む作業」を担当している。セクションをまたいで新海を支える三木に、今作のデジタル表現を中心に話を聞いた。 ―助監督としてすぐ傍でサポートされてきた三木さんから見て、今作での新海監督のこだわりはどこでしょうか。 三木 映像面では「曇り」と「雨」の表現が挙げられると思います。基本はこれまでの延長線上ですが、「天候の調和が狂っていく時代」が舞台なため、曇りや雨のシーンがすごく多いんですね。そうした中で、どう映像的に華やかに見せるか、そして降り続ける雨をどう表現するかについては、試行錯誤を繰り返しました。一口に曇りや雨と言っても、時間帯ごとに色合いも変われば降り方も様々です。私も色彩設計として、美術監督の滝口(比呂志)さんと一緒にウンウン唸りながら作っていました。   「曇り」や「雨」の表現へのこだわり ―曇りや雨の表現というと、『言の葉の庭』(2013年)が思い浮かびます。 三木 そうですね。特に『言の葉の庭』はフィニッシュワークも監督ご自身で手がけられていて、新海さんの映像面でのこだわり、目指す表現が詰め込まれた作品だと思います。今作でも、『言の葉の庭』を意識しながら詰めていったシーンがたくさんあります。 ―具体的にはどのようにアプローチしたのですか? 三木 まず雨粒の表現をより魅力的に見せるために専門的に取り組む、李(周美)さんを中心としたVFXチームを立ち上げています。また作画チームとも、雨を表現するうえでどうセル分けするか、どうダブラシ(多重露光)処理をするかといった技術的な相談を事前にさせていただきました。撮影監督の津田(涼介)さんとも、たくさん登場する透明傘の処理のバリエーションを作ったり、水滴も単に青系で塗るのではなく、奥にある背景の色味も反映された表現ができるよう調整を繰り返したりしました。   「監督主導で作るのではなく、スタッフに任せる」 ―新海監督と言えば、アニメ業界では「撮影(デジタルコンポジット)」の作家として知られています。今作は『君の名は。』以上に撮影処理に力が入っているように感じました。 三木 新海さんは今作で、「監督主導で作るのではなく、まずはそれぞれのスタッフにお任せする」という挑戦をしています。その意味で、撮影監督の津田さんの色も強く出ているのかもしれません。 ―では三木さんの色はどこに出ているのでしょうか? 三木 色彩設計の部分ですね。これまでの新海さんの作品では、ご自身が配色のベースを決められていたのですが、今作ではビデオコンテをもとに、まずは私に作ってみてほしいと。 なので、美術監督の滝口さんによる背景美術を踏まえつつ、私がキャラクターの配色を決め、その両方を見て撮影監督の津田さんが撮影処理を作り込むという流れで、各スタッフが新海さんの目指す映像を想像しながら制作を進めていきました。なのでキャラクタ ーには私の色が出ていると思います。   新海監督が今、若い人たちに一番伝えたいこと ―三木さんから見た、新海さんの目指す映像とはどのようなものでしょうか。 三木 よく写実的と言われると思うのですが、私から見ると、新海さんの主観的な印象を画面に落とし込んだ映像のように感じます。たとえば光の当たり方一つとってもそうです。構図自体は写実的でも、順光のすぐ隣が逆光の色味になっていたりしますからね。だからスタッフにとっては、求める画を読み取るのが大変なんですが(笑)。 ―三木さんから見た本作の見どころを教えてください。 三木 まず最近の新海さんの作品は、キャラクターがどんどん魅力的になってきていると思います。特に今作は、登場人物も多く、年代の幅も広いので、これまでの作品とはまた違った魅力を感じていただけるのではないでしょうか。また今作のラストのメッセージは、新海さんが今、若い人たちに一番伝えたいことなんだろうなと感じています。私自身がすごく共感するメッセージでもあるので、みなさんに伝わるといいなと思いますね。   三木陽子(みき・ようこ)/1982年生まれ。CGデザイナーとしてぱちんこメーカー勤務を経て、フリーでゲームのキャラクターデザインや彩色、背景作成などを手掛ける。『雲のむこう、約束の場所』(2004年)以来、新海作品に欠かせないスタッフの1人として活躍。 取材・構成=高瀬康司/制作:キネマ旬報社

注目 「きみ波」が語る『君の名は。』『風立ちぬ』への応答

『きみと、波にのれたら』は、まるで水晶のように輝く印象を残す。透明で、澄んでいて、そして脆さを含んだ硬さを感じさせる。 これまでの湯浅政明監督は軟らかく、ダイナミックだった。今回の作品は、硬質で、静的だ。内包する時間感覚も異なる。『マインド・ゲーム』(2004年)や『夜は短し歩けよ乙女』(2017年)のような複線的な時間感覚も、『夜明け告げるルーのうた』(2017年)や『DEVILMAN crybaby』(2018年)のように世代を超えていく超人的なタイムスケールもなく、ただただ、今ここで経過していく時間を描くことに専念している。過去を探ろうとはするが、そこから現在まで時間は一直線に伸びるだけだ。寄り道をしようともせず。 本作の後半にはいかにも湯浅らしい大スペクタクルが展開されるが、それでさえ『マインド・ゲーム』の大脱出劇のように現実のポテンシャルを解放しバラけさせていくようなものではなく、むしろ地に足をつけるためのものである。昇天するべきものを天に昇らせ、まだこの世に残るものは硬い地面へと降ろすための儀式のようなのだ。   『君の名は。』『風立ちぬ』への応答 本作は、死の領域を死の領域としてありつづけさせる。そして、そのことによって、自然と近年の二本の長篇アニメを思い出させる。 たとえば、スマートフォンに残るメモリーやデータは、二人の過去を明らかにできること。これは明確に『君の名は。』(2016年)に対する応答である。過去は決して捏造されたり消えたりしないと語るのだ。 また、『風立ちぬ』(2013年)に対する応答に思えるところもある。あの作品で、主人公の二郎は、最愛の人の死後、その死者に「生きて」と語らせる。自らの生に、死を呑みこんでいこうとするわけだ。一方で本作は、物語の終盤に、死者の声を突如として巨大に響かせる。その声が語るのは、「死ぬつもりなどなかった」「生きたかった」という純粋な願いである。死は死としてある。それを、生者は簡単に乗り越えることができない。そう本作は語る。 一度しかない生と時間 だから『きみと、波にのれたら』は、とても真っ当なことを語る作品だとも言える―生は生であり、死は死である。いやむしろ、その真っ当さが、極限にまで高められていると言うべきか。プレス資料のインタビューによると、湯浅政明は「ひな子を波にのせてあげたかった」と語っている。本作が本当に驚かせるのは、この発言が、比喩的な意味を含んでいないということだ。ひな子は本当に、ただ波にのるだけなのだ。文字通りに、行為として。 つまり、湯浅は本作で、過去作と異なる新たな実験をしたといえる。それは、一回性のある生・時間を描くことである。その結果、「普通の」生活がキラキラと輝き始める。本作の最も感動的な部分は、「普通の」生活を描く前半―ひな子と港の恋人としての時間にある。愛し合う二人が過ごす、ごく当たり前の時間が、結晶化される。その尊さは、時間やフォルムをグニャリと変質させたりはしない、禁欲的な表現によって初めて可能になる。 湯浅はこれまで、アニメーションの多義的な性質を活用してきた。その性質によって、死を含む雑多なあらゆるものを包括し、呑みこんでしまおうとした。でも、今回はそのやり方に背を向ける。本作の水晶のようなイメージは、硬くて脆い、壊れたら取り返しのつかない私たちの生について語るのだ。 湯浅はそっと、ひな子を波にのせる。繊細な水晶でできたような切なく光り輝くその存在を、やさしく。それを変容させることなど、許されないと言わんばかりに。ただそこに、優しく存在させるだけの映像。本作で湯浅政明はまたしても、アニメーションの最先端を走ってしまった。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 11/17

該当する人物がいません

NEW今日命日の映画人 11/17

該当する人物がいません