利用規約

映画DB利用規約

「映画DB」利用規約(以下「本規約」)は、株式会社キネマ旬報社(以下「当社」)が運営する映画鑑賞録サービス「映画DB」(以下「本サイト」)上で当社が提供するサービス(以下「本サービス」)の利用条件を定めるものです。

第1条 はじめに

  • 本規約は、本サービスを提供するために登録会員(以下「会員」)を含む本サービスを利用する全ての者(以下「ユーザー」)が利用する際の一切の行為に適用されます。
  • ユーザーは、本規約に従い本サービスを利用するものとします。
  • ユーザーは、本サービスを利用することにより、本規約の全ての記載内容について同意したものとみなされます。

第2条 本規約の変更

  • 弊社は随時本規約を改定することができるものとします。
  • 本規約改定の際、弊社は電子メールまたは本サービスに関するウェブサイト等を使い随時、ユーザーに告知するものとします。
  • ユーザーが、本規約の変更の効力が生じた後に本サービスをご利用になる場合には、変更後の本規約の全ての記載内容に同意したものとみなされます。またユーザーは、本規約の変更の効力発生の時点以降、当該内容の不知または不承諾を申し立てることはできないものとします。

第3条 ユーザー情報の取扱い

  • 弊社は、次の各号に掲げる場合には、当該各号に定める範囲内において登録情報その他のユーザーに関する情報(以下「ユーザー情報」)を第三者に提供することがあります。
    • (1)刑事訴訟法(昭和23年法律第131号)または犯罪捜査のための通信傍受に関する法律(平成11年法律第137号)の定めに基づく強制の処分または裁判所の命令が行われた場合 当該処分または裁判所の命令の定める範囲内
    • (2)法令に基づく強制的な処分が行われた場合 当該処分または命令の定める範囲内
    • (3)特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限および発信者情報の開示に関する法律(平成13年法律第137号)第4条に基づく開示請求の要件が充足されたと弊社が判断した場合 当該開示請求の範囲内
    • (4)他人の生命、身体または財産の保護のために必要があると弊社が判断した場合 他人の生命、身体または財産の保護のために必要な範囲内
  • 弊社は、ユーザー情報を、以下各号の目的で利用します。
    • (1)本サービスの運営
    • (2)会員に対して、本サービス運営に著しく影響を及ぼす事柄に関する連絡
    • (3)会員から登録情報の取扱いに関する同意を求めるための連絡
    • (4)本サービスの品質管理のためのアンケート調査、および分析
    • (5)弊社が会員にとって有益であると判断する弊社または広告主企業もしくは提携先企業の商品、サービス等に関する情報の提供 ユーザーは、弊社がユーザー情報を本条に定めるとおりに利用することについて、あらかじめ同意し、異議を述べないものとします。

第4条 会員登録

会員登録希望者は、本規約の全てに同意した上、本規約および弊社が定める方法により会員登録するものとします。 弊社が会員登録希望者の会員登録申請を承認した場合、弊社と会員登録希望者との間で、本規約を契約内容とする会員サービス利用契約が締結されるものとします。
弊社は、次の各号のいずれかに該当する場合は、弊社の判断によって、会員登録希望者の会員登録申請を承諾しないことがあります。
  • 会員登録希望者が、過去に本規約またはその他の利用規約等に違反したことを理由として強制退会処分を受けた者である場合。
  • その他弊社が不適切と判断した場合。

第5条 会員登録情報の変更と認証情報の管理

会員は自己の責任と費用負担によって、会員サービスを利用するためのID、パスワード等の情報(以下「認証情報」)の管理を行うものとし、認証情報を第三者に利用させたり、貸与、譲渡、売買、質入、公開等をすることはできません。
認証情報の管理不十分による情報の漏洩、使用上の過誤、第三者の使用、不正アクセス等による損害の責任は会員が負うものとし、弊社は一切責任を負わないものとします。万一、認証情報が不正に利用されたことにより弊社に損害が生じた場合、会員は当該損害を賠償するものとします。 会員は、登録情報に変更が生じた場合または認証情報を第三者に知られた場合もしくは認証情報が第三者に使用されている疑いのある場合には、本規約および弊社が定める方法により、直ちに弊社にその旨連絡するとともに、弊社の指示がある場合にはこれに従うものとします。
会員が弊社への連絡をしなかったことにより、会員サービスを利用できない等の不利益を被った場合、弊社は一切の責任を負わないものとします。

第6条 退会

  • 会員が退会を希望する場合には、弊社に所定の方法により退会の申出を行うものとします。
  • 弊社は、弊社の判断によって、会員を強制的に退会させることができるものとします。

第7条 本サービスの停止・中止

弊社は、以下各号の事由に起因する場合、本サービスの全部または一部を停止することができ、当該事由に起因してユーザーまたは第三者に損害が発生した場合、一切の責任を負わないものとします。
  • 定期的または緊急に本サービス提供のためのコンピューターシステムの保守・点検を行う場合。
  • 火災・停電、天災地変等の非常事態により本サービスの運営が不能となった場合。
  • 本サービス提供のためのコンピューターシステムの不良および第三者からの不正アクセス、コンピューターウイルスの感染等により本サービスを提供できない場合。
  • 法律、法令等に基づく措置により本サービスが提供できない場合。
  • その他、弊社が止むを得ないと判断した場合。

第8条 ユーザーの責任

  • ユーザーは、ユーザー自身の自己責任において本サービスを利用するものとし、本サービスを利用してなされた一切の行為およびその結果について一切の責任を負います。
  • 本サービスを利用して会員が投稿したレビュー等の情報(以下「投稿情報」)に関する責任は、会員自身にあります。弊社は投稿情報の内容について、一切責任を負いません。
  • ユーザーが第三者の名誉を毀損した場合、プライバシー権を侵害した場合、許諾なく第三者の個人情報を開示した場合、著作権法(昭和45年法律第48号)に違反する行為を行った場合その他第三者の権利を侵害した場合には、当該ユーザーは自身の責任と費用において紛争を解決しなければならず、弊社は一切の責任を負いません。
  • ユーザーは、投稿情報について弊社に保存義務がないことを認識し、必要な投稿情報については適宜バックアップをとるものとします。

第9条 知的財産権等

本サービスを構成する文章、画像、プログラムその他のデータ等についての一切の権利(所有権、知的財産権、肖像権、パブリシティー権等)は、会員自身が作成したものを除き、弊社または当該権利を有する第三者に帰属しています。
会員は、会員自身が作成した著作物を本サービスを通じて掲載した場合、弊社が本サービスの円滑な提供、弊社システムの構築、改良、メンテナンスに必要な範囲内、また宣伝告知等に利用することを許諾するものとします。また、かかる使用に際して、当該会員は著作者人格権を行使しないものとします。
会員は、自己の著作物に関して、第三者の権利侵害等の問題が発生した場合、自己の費用と責任に於いてかかる問題を解決すると共に、弊社に何等の迷惑または損害を与えないものとします。

KINENOTEシステム「レビュー登録」に関する特記事項

  • 会員が登録したレビューに関する著作権は会員に帰属します。ただしKINENOTEシステムの性格上、自らが登録したレビューに対し他の会員が行う、当該記事への情報等の投稿、既に掲載されたレビュー等に対する校正、編集、改定、一部または全部の削除等に対し異議を述べないものとします。
  • 弊社は、会員が登録したレビューを、会員の承諾または通知なしに、インターネット以外のメディアでの使用、第三者が運営するウェブサイトへの提供等のために、自由に利用することができるものとします。また、弊社による本件記事の利用に関し、会員は弊社および弊社の指定する者に対して著作者人格権を行使しないものとします。
  • 登録されたレビューについては、当該情報等が削除された場合または会員が利用資格を喪失した場合であっても、弊社の判断により掲載を継続できるものとします。また、会員は、他のユーザーに対して、自ら登録した記事につき、非商用利用することをあらかじめ許諾するものとします。

第10条 禁止事項

ユーザーは、本サービスの利用にあたり、次に掲げる行為を行ってはならないものとします。禁止事項に違反した場合には、強制退会、利用停止、登録情報の全部もしくは一部の削除等の措置を採ることがあります。
  • 弊社または第三者の所有権、著作権を含む一切の知的財産権、肖像権、パブリシティー権等の正当な権利を侵害する行為。
  • 他のユーザーまたは弊社もしくは第三者に不利益、損害を与える行為。
  • 公序良俗に反する行為。
  • 法律、法令等に違反する行為。
  • 弊社の承認がないにもかかわらず、本サービスに関連して営利を目的とする行為。
  • 本サービスの運営を妨害する行為。
  • 本サービスの信用を失墜、毀損させる行為。
  • 虚偽の情報を登録する行為。
  • 会員登録希望者または会員の登録情報、認証情報等を不正に利用する行為。
  • その他、弊社が不適切と判断する行為。

第11条 広告の掲載

弊社は、ユーザーの事前の承諾を必要とせず、本サービスの任意の場所に広告等を掲載する権利を有します。

第12条 cookie、IPアドレス、及びアクセスログ情報

弊社は、以下各号の目的を達成するため、cookie、IPアドレス、およびアクセスログを利用し、ユーザーはこれを承諾するものとします。
  • 会員が登録情報の一部を入力することにより、全部を入力する手間を省くため。
  • ユーザー動向を分析し、よりよいサービスを企画、提供するため。
  • 複数回にわたって、同一広告を露出しないよう調整するため。
ユーザーは、ユーザーのパーソナルコンピュータに於けるブラウザの設定で、cookieの受理を承諾するものとします。ブラウザの設定によりcookieの受け渡しが拒否される場合、弊社はユーザーの情報を正しく認識できない可能性があり、その結果により生じた損害につき一切の責任を負わないものとします。

第13条 準拠法

本規約は日本国法に準じて解釈されるものとします。

第14条 協議・管轄裁判所

ユーザーと弊社の間で訴訟の必要が生じた場合、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
附則
平成23年10月20日 施行
平成25年12月19日 改定

今日は映画何の日?

今日誕生日の映画人 08/09

  • 該当する人物がいません

今日命日の映画人 08/09

  • 該当する人物がいません

注目記事

注目 2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 無料配信

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜  ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura   【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」   外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」   文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」   【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により   日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により   外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により   主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により   主演男優賞 役所 広司 「すばらしき世界」により   助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により   助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により   新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により   新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により   読者選出日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により   読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により   読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により   特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して   キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ

映画専門家レビュー




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

今日誕生日の映画人 08/09

  • 該当する人物がいません

今日命日の映画人 08/09

  • 該当する人物がいません

注目記事

注目 2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 無料配信

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜  ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura   【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」   外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」   文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」   【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により   日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により   外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により   主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により   主演男優賞 役所 広司 「すばらしき世界」により   助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により   助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により   新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により   新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により   読者選出日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により   読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により   読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により   特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して   キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ