映画ランキング

週末映画ランキング(2021年2月27日〜2021年2月28日)

  • 1位
    NEW

    映画ランキング1位
    花束みたいな恋をした

    「罪の声」の土井裕泰監督が、ドラマ『カルテット』に続き脚本家・坂元裕二と組んだラブストーリー。東京・明大前駅で終電を逃し偶然出会った大学生の麦と絹は、瞬く間に恋に落ちる。卒業後フリーターをしながら同棲を始め、いつでも二人は一緒にいたが……。「糸」の菅田将暉と「フォルトゥナの瞳」の有村架純がダブル主演し、ある恋の5年間の模様を、同時代のカルチャーを背景にしながら描く。「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」などを手がけてきた押井守監督が、本人役で出演。
  • 2位
    NEW

    映画ランキング2位
    劇場版 鬼滅の刃 無限列車編

    吾峠呼世晴のダークファンタジー漫画『鬼滅の刃』を原作に2019年に放映されたTVアニメの続編。短期間のうちに40名以上の行方不明者が出た無限列車の捜索に向かった炭治郎たちは、鬼殺隊最強の剣士の一人・煉獄杏寿郎と合流し、無限列車の中で鬼と立ち向かう。TVシリーズ『竈門炭治郎 立志編』から引き続き、『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』の外崎春雄らスタッフ陣が集結。家族を殺した鬼を討ち妹を人間に戻すため鬼狩りの道に進んだ竈門炭治郎の声を担当する『Fate』シリーズの花江夏樹ほか声優陣も続投。鬼の魘夢(下弦の壱)の声を「Free!」シリーズの平川大輔が務める。
    91
    • 手に汗握る
    • 親子で楽しめそう
  • 3位
    NEW

    映画ランキング3位
    名探偵コナン 緋色の不在証明

    TVアニメ『名探偵コナン』の特別総集編。シリーズには欠かせない謎多き危険な一家・赤井ファミリーのパーソナリティや見どころを、赤井秀一を中心にクローズアップし、その関係性を紐解く。これまでの軌跡や数多くの伏線、コナンとの関係を徹底解剖していく。声の出演は、「モンスターストライク THE MOVIE ルシファー 絶望の夜明け」の高山みなみ、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」シリーズの池田秀一、『タッチ』の日高のり子、『クレヨンしんちゃん』の森川智之、「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」の田中敦子。
  • 4位
    NEW

    映画ランキング4位
    ライアー×ライアー(2021)

    金田一蓮十郎の人気コミックを松村北斗(SixTONES)と森七菜のダブル主演で映画化したラブストーリー。ギャルメイクの女子高生を装った恋愛経験ゼロの地味系女子大生と、そうとは知らずに彼女に恋をした義理の弟を巡って、恋の騒動が巻き起こる。共演は「シグナル100」の小関裕太、「あの日のオルガン」の堀田真由。
  • 5位
    NEW

    映画ランキング5位
    銀魂 THE FINAL

    空知英秋の人気コミック『銀魂』を原作とする劇場版アニメ。地球滅亡のカウントダウンが迫る江戸で、銀時たちを教え導いた師匠・吉田松陽の別人格・虚(うつろ)が敵として立ちはだかる。新八と神楽、かつての盟友やライバルたちも参戦し、最後の戦いに挑む。監督・脚本は、TVアニメ版の監督を務める宮脇千鶴。声の出演は、「KING OF PRISM」シリーズの杉田智和、「弱虫ペダル SPARE BIKE」の阪口大助、「映画ドラえもん のび太の新恐竜」の釘宮理恵、「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」の石田彰、「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の子安武人。
  • 6位
    NEW

    映画ランキング6位
    樹海村 じゅかいむら

    2020年に大ヒットした「犬鳴村」に続く“恐怖の村”シリーズ第2弾。古くから人々を戦慄させてきた禍々しい呪いが、不気味で壮大な樹海の奥深くに封印されてから13年。響と鳴の姉妹の前に、“あれ”が出現。そして、樹海で行方不明者が続出する……。出演は「ジオラマボーイ・パノラマガール」の山田杏奈、「太陽の家」の山口まゆ。監督は「犬鳴村」に続き、清水崇が務める。
    93
    • 手に汗握る
    • 怖い
  • 7位
    NEW

    映画ランキング7位
    映画 えんとつ町のプペル

    お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣がプロデュースした人気絵本をアニメ化。えんとつ町はいつも厚い煙に覆われ、人々は空を見あげることを忘れていた。父の教えを守り星の存在を信じる少年ルビッチは、ゴミから生まれたプペルと共に星を見つける旅に出る。監督は、「ベルセルク 黄金時代篇」などにCGI監督として参加、「ハーモニー」では演出も務めた廣田裕介。原作者の西野亮廣は本作の製作総指揮・脚本も手がける。大冒険へと旅立つプペルとルビッチの声を、「初恋」の窪田正孝と「星の子」の芦田愛菜が担当する。
    87
    • 感動的な
    • 考えさせられる
  • 8位
    NEW

    映画ランキング8位
    ファーストラヴ(2021)

    島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。
  • 9位 NEW

    映画ランキング9位
    劇場版ポケットモンスター ココ

    人気アニメーション「ポケットモンスター」の劇場版第23弾。ジャングルの奥地にあるポケモンたちの楽園“オコヤの森”。そこで幻のポケモン・ザルードによって育てられ、自分がポケモンだと信じる少年ココはある日、サトシとピカチュウに出会うが……。声の出演は「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」の松本梨香、「劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』」の大谷育江。
    88
    • 可愛い
    • 親子で楽しめそう
  • 10位
    NEW

    映画ランキング10位
    すばらしき世界

    直木賞作家・佐木隆三の小説『身分帳』を原案として、「永い言い訳」の西川美和が舞台を現代に移し映画化。13年の刑期を終えた三上は、保護司の助けを借りて自立を目指していた。そこに、彼の姿を面白おかしく番組にしようとするテレビマンが近づいてくる。出演は、「孤狼の血」の役所広司、「静かな雨」の仲野太賀、「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の長澤まさみ、「家族はつらいよ」シリーズの橋爪功、「曽根崎心中」の梶芽衣子。第45回トロント国際映画祭正式出品作品。

その他ランキングも見る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/3

安井昌二(2014)

小梅姐さん

「炭坑節」や「黒田節」など多くの民謡をヒットさせ、NHK紅白歌合戦でも美声を聞かせた芸者出身の歌手・赤坂小梅の生誕100周年を記念して製作されたドキュメンタリー。生まれ育った筑豊や芸者修行に励んだ北九州など彼女ゆかりの地を訪ね、数々の記録映像や関係者へのインタビューを交え、歌一筋に生きた彼女の生涯に迫る。監督は『ハイビジョンふるさと発~有明海に生きるカメラマンの物語~』などのドキュメンタリー番組を数多く手掛けた山本眸古。ナレーションを「悪名」の水谷八重子、作曲・音楽アドバイザーを「上方苦界草紙」の本條秀太郎が担当した。赤坂小梅。本名、向山コウメは明治39年(1906)年4月、福岡県川崎町に9人兄姉の末っ子として生まれる。16歳の時に自ら芸者を志し北九州の置屋「稲本」に。通常1年間の芸者修行を3ヶ月でこなし、1年で芸者デビュー、“梅若”を名乗る。昭和4(1929)年、九州一円の民謡研究のため小倉を訪れていた野口雨情、藤井清水らに認められ、レコードデビューを果たし、同6年に上京。同8年、コロムビアから発売した「ほんとにそうなら」が大ヒット。以来、端唄、舞踊小唄などを含め、多くの流行歌や民謡をレコーディングしヒットさせた。NHK紅白歌合戦にも4回出場、その豪放磊落な性格から多くの文化人や政・財界人などに愛され、大衆から支持された。酒豪でも知られ、恰幅のいい体型が特徴的だった彼女は昭和56(1981)年4月、75歳で引退。晩年は民謡の普及や福祉活動に勤しみ、平成4(1992)年1月17日死去。享年85歳であった。

楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女

人の憎しみが生み出す蛇の呪いの恐怖を描いた中篇ホラー。監督は「恋する幼虫」の井口昇。楳図かずお原作の同名コミックを基に、「ホラ~番長 稀人」の小中千昭が脚色。撮影を「着信アリ2」の喜久村徳章が担当している。主演は、「Last Quarter 下弦の月」の中村有沙と「TRICK  劇場版」の成海璃子。尚、本作は「楳図かずお恐怖劇場」の中で、「ねがい」と2本立公開された。楳図かずおデビュー50周年作品。