• TOP
  • 作品を探す

作品を探す

にから始まるでの検索結果

映画
「にから始まる」の検索結果 237件)

  • ニワトリはハダシだ

    京都・舞鶴。知的障害を持つ15歳の少年・サムは、潜水夫であるチチ・守とふたり暮らし。彼の教育方針を巡ってチチと考え方を異にする在日韓国人のハハ・澄子(チンジャ)と、妹・千春(チャル)とは別居中の身の上だ。そんなサムには、特殊な能力があった。人並み外れた記憶力。だがそれが災いして、彼は検察庁の汚職事件に巻き込まれる。なんと、盗難に遭ったヤクザから検事に賄賂として贈られたメルセデスの中にあった、機密費に関する裏帳簿の数字を全て憶えてしまっていたのだ。事件を隠蔽しようと、サムの口封じを画策する警察、そしてヤクザ。しかし、養護学校の担任教師で、事件担当の警部である桜井の娘・直子、そしてチチ、ハハらの活躍でサムは救われ、事件も桜井によって立件が約束されるのであった。
  • 二階の倉庫

    謎の女幽霊が印刷所の倉庫に現れ、過去の悲しい事件の真相が明らかになっていく。
  • ≒天明屋尚

    アーティスト“天明屋尚(てんみょうや ひさし)”は絵で闘う流派『武闘派』を名乗り、日本独自のカウンター・カルチャー、室町時代の「婆娑羅(ばさら)」、戦国末期の「傾奇者(かぶきもの)」の系譜に連なると表明し、「現代美術」「日本画」「ストリート・アート」「イラストレーション」といったジャンル分けの意味すら脅かすアーティストだ。機関銃やナイフを千手観音の全ての手に持たせた、第6回岡本太郎記念現代芸術大賞優秀賞受賞作品「ネオ千手観音」。人力で駆動する空想のマシンに刺青の男が武装してる「Japanese Spirit シリーズ」。100年前の杉戸に漢字でグラフィティを描いた「漢字具羅富異帝杉戸絵(かんじぐらふぃてぃすぎとえ)」。現代の事件を鋭い視点で切り取る「武闘派列伝 反骨諷刺絵巻シリーズ」など、奇想な画風、繊細で華麗な技、大胆で奇抜なアイディアで多くの作品群を発表している。本作では、日本画で使われる細く尖った筆による細い線の集積、正確に引かれる輪郭線や金箔の貼り込みなど、独学で修得した数多くの日本画の伝統技法を駆使し、伝統的で斬新な「ネオ日本画」の制作の様子に密着する。豪華絢爛な色彩と大胆不敵なテーマに潜む端々のディテールのこだわり、手仕事の細やかさとその技の数々をじっくりとカメラに収めている。ギャラリーでの個展、上野の森美術館でのガンダム展、東京都現代美術館でのグループ展、その為の作品制作や設営から展示に至るまでの模様と天明屋尚を取り巻く人達のコメントやインタビューで構成され、時折垣間見ることのできる、彼の普段見せない素顔と本音が明かされる。
  • 庭から昇ったロケット雲

    子供のころから宇宙飛行士を夢見ていたチャーリー・ファーマー(ビリー・ボブ・ソーントン)は航空宇宙工学の修士を獲得し、空軍にパイロットとして入隊した。そしてNASAの宇宙飛行士訓練プログラムに参加するが、父親の急死で実家の農場を継ぐことになる。しかし帰郷して10年、彼はロケットを自作して農場から宇宙へ行こうとしていた。妻オーディ(ヴァージニア・マドセン)や15歳の息子シェパード(マックス・シエリオット)、2人の娘サンシャイン(ローガン・ポーリッシュ)とスタンリー(ジャスパー・ポーリッシュ)、オーディの父ハル(ブルース・ダーン)は、そんな彼の夢を支えていた。しかし街の人々は、彼を変わり者として扱っていた。家族全員で打ち上げ準備を始めた矢先、問題が起こる。1万ポンドの高レベルのロケット用燃料を確保しようとしたことがFBIの耳に入ると、危険人物として捜査員のキルボーン(ジョン・グリース)とマチス(マーク・ポーリッシュ)に監視されることになったのだ。しかし友人の弁護士マンチャク(ティム・ブレイク・ネルソン)の機転で、情報をマスコミに流す。マスコミはファーマーを変わり者のヒーローとして報道し、それによって彼は多くの支援者を獲得する。しかし、FBI、CIA、連邦航空局や軍隊はロケットをミサイルと見なして、彼の計画を阻止できるよう準備していた。そのとき、昔の仲間だったマスターソン大佐(ブルース・ウィルス)がファーマーを訪ねてくる。マスターソンもファーマーの打ち上げを止めようとするが、ファーマーは揺るがなかった。

DVD/Blu-ray
「にから始まる」の検索結果 0件)