やから始まるものでの検索結果

1-10件表示/全1002件
  • 殺る女

    凄腕の殺し屋・愛子(知英)は、幼い頃、両親を殺害した“腕にサソリのタトゥーを持つ男”を探し続けていた。一方、孤児院育ちの看護師・加賀由乃(武田梨奈)は、勤務先の医師に想いを寄せながらも、心に闇を抱えていた。そして、元暴力団員でありながら、今は足を洗い、家族と共に堅実に生きる由乃の兄・加賀俊介(駿河太郎)。そんなある日、俊介は孤児院仲間の罠に落ち、家族や由乃を巻き込む事態に直面する。この事件が、愛子と幼い頃の愛子に似た加賀の一人娘・カナの出会いを呼び、運命を狂わせてゆく。バラバラだったはずの愛子、由乃、俊介。それぞれの人生が重なり、翻弄されてゆく3人。そして、愛子の復讐劇の果てに訪れる衝撃の結末とは……?
  • 柔らかい檻

    裏稼業の仕切り屋によって集められた男女4人は、お互いの素性も知らず偽名で呼び合う。簡単な仕事のはずが、誰かの裏切りにより一転、命の危険にさらされてしまう。追手から逃れるため、田舎の一軒家に身をひそめるが、裏切り者探しの疑心暗鬼は広がっていく。そんな中、拉致した管理人の女も徐々に不思議な行動を取り始める。
  • ヤーニンジュの島

    一見すると夫婦円満で素直な娘もいる家族。しかしそんな家族にも裏があった。そして美しい南の島で事件は起こる…。
  • 焼肉ドラゴン

    高度経済成長期の真っ只中、万国博覧会が開催された1970年。関西の地方都市の一角で、小さな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む龍吉(キム・サンホ)と妻・英順(イ・ジョンウン)は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹、一人息子の時生(大江晋平)と共に暮らしている。失くした故郷、戦争で奪われた左腕……。辛い過去は決して消えないが、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、些細なことで泣いたり笑ったりの日々。一方、店内は、静花の幼馴染で彼女に密かに思いを寄せる哲男(大泉洋)など、騒がしい常連客たちでいつも大賑わいだった。「たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる……」それが龍吉のいつもの口癖だ。しかし、そんな強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくる……。
  • 闇金ドッグス9

    女の扱いに絶対の自信を持つラストファイナンスの須藤司(青木玄徳)は、女性専用の金融システム“ウィーメンダイヤル”で順調に債務者を増やしていた。そんなある日、シャブを一緒に提供する“キメセクセット”が好評なデリヘルで働く間宮マミー(龍野りな)が顧客として現れる。彼女は、その店を仕切っている若いヤクザの矢作まもる(長村航希)の指示で司のもとにやってきたのだった。上納金に困ったまもるは、マミー以外の店の女たちにも素性を隠し“ウィーメンダイヤル”から金を借りさせる。次々と現れる女たちに気前よく金を貸す司だったが、その回収に苦戦。ある日、ようやく連絡を取り付け、赴いた待合せ場所で画を描いていたまもると遭遇した司は、何かと難癖をつけられ回収に失敗する。苛立つラストファイナンス社長・安藤忠臣(山田裕貴)は、元ヤクザの経験則を基に回収の術を司に助言するが、マミーがまもるとのキメセク画像をネットに投稿したことをきっかけに事態は思わぬ方向へ進んでいく……。
  • やっさだるマン

    広島県三原市役所やっさだるマン課で、同市の公式マスコットキャラクター“やっさだるマン”の管理運営を担当する如月肇(佐藤永典)と赤畑里美(須藤茉麻)。『ゆるキャラグランプリ』本選の参加を終え、今年も全国236位という結果を引っ提げて帰ってきた。順位低迷は例年のこととさして気にも留めない肇に、彼を叱咤する課長(清水美沙)や先輩の向井(宮川一朗太)も呆れるばかり。市の行事の度にやっさだるマンとして出勤しては、夜は行きつけのバーで飲んだくれる肇に、バーのマスター(目黒祐樹)や家族からも溜息が漏れる。そんなある日、やっさだるマンの大ファンである礒合優那(竹達彩奈)が課に配属される。優那に一目惚れした肇は俄然やる気満々となり、前向きな優那のおかげで課の雰囲気も一変する。ついにはやっさだるマンの一大プロジェクトを立ち上げるが、実現に向けて歩もうとした矢先、肇の前に試練が立ちはだかる。やがて自分の住む街や仲間、家族……当たり前だったものが肇に勇気と力を与え、大事なものに気づいた肇はついに立ち上がる。
  • 闇金ドッグス8

    若くしてヤクザの親分になったものの稼業を引退、闇金の世界へ足を踏み入れたラストファイナンスの社長・安藤忠臣(山田裕貴)は。元イケメンホストの須藤司(青木玄徳)と共に癖のある債務者を追い込む日々を送っている……。生活保護を受給しながら暮らす湯澤賢一(仁科貴)は、金のほとんどをパチンコ、さらには妻・佳代子(結城さなえ)、娘・美穂(佐藤日向)と散財し、生活に困るとラストファイナンスから借金をしていた。一方、賢一の息子・章太郎(タモト清嵐)は、シルバー人材派遣会社の役員として仕事に勤しみ、ぐうたらな家族を気にかけるが、反感を買われ親不孝呼ばわりされる始末。そんなある日、仕事のトラブルで首が回らなくなった章太郎は、ストレスで脳卒中を患い昏睡状態となってしまう。労災保険が給付されることを知った家族は大喜び。賢一たちが派手な生活を続けるなか、滞っている返済回収のため忠臣はある計画を企てる……。
  • 大和(カリフォルニア)

    戦後米軍基地と共に発展してきた神奈川県大和市。町には戦闘機の轟音が鳴り響き、厚木基地はカリフォルニア州に属するという噂すらある。アメリカのラッパーに憧れる長嶋サクラは、ラップの練習と喧嘩に明け暮れる日々を過ごしている。人前でラップを披露しようにも緊張する癖があり、腕試しで挑んだサイファーでもディスられてしまう始末。サクラは日本人の母と兄、そして母の恋人である米兵アビーに囲まれ、この町のように複雑な関係性の中で育ってきた。ある日、アビーの娘レイがカリフォルニアから来日。日本とアメリカのハーフであるサンフランシスコ出身のレイと、好きな音楽の話を通じて距離を縮めていくが……。
  • 野球部員、演劇の舞台に立つ!

    ある高校の野球部は甲子園出場を有力視されていたが、県大会予選一回戦でエラーをし、それがきっかけで敗退。チーム内に不協和音が広がる中、男子がほとんどいない演劇部から部員レンタルの申し出が入る。野球だけの人間にならないでほしいと願う監督はこれを受諾し、バッテリーと、エラーをした当人を助っ人に送り出した。そんな暇はないと戸惑う野球部員たちと彼らに役を奪われる形になった演劇部員たちはぶつかりあうが、やがて彼らの間に青春の化学変化が生まれる。
  • 闇金ぐれんたい

    東北から上京し、やることもなくふらついていた正次(松本享恭)は、ひょんなことから出会った大輔(細田善彦)と意気投合。手っ取り早く金儲けを企む二人はヤクザの傘下に入り、違法な利息で金を貸し付ける闇金業を始める。債務者に容赦なく追い込みをかける正次と、気弱で非情になりきれない大輔。二人の性格は正反対ながらも、不思議とウマが合う闇金稼業は順風満帆だった。そんなある日、正次は親分格にあたる組長の成松(川瀬陽太)からヤクザに勧誘される。一方、大輔は恋人の舞香(仁科あい)の借金が発覚。成松の組の金を持って大介は、舞香とともに姿を消す……。
1-10件表示/全1002件