めから始まるものでの検索結果

1-10件表示/全809件
  • METライブビューイング2019-20 ガーシュウィン「ポギーとベス」

    1920年頃のアメリカ南部チャールストン、海岸沿いにある黒人たちの集落。腕っ節自慢のクラウンは、サイコロ賭博の最中、仲間のロビンズを殺してしまい、逃亡する。置き去りにされたクラウンの情婦ベス(エンジェル・ブルー)は、前から彼女に思いを寄せていた足の不自由なポーギー(エリック・オーウェンズ)に匿われる。やがて、2人は恋に落ちる。だが、沖合の離島に隠れていたクラウンは、ベスを諦めてはいなかった。ベスとよりを戻そうと家に忍び込むクラウン。それに気づいたポーギーは、乱闘の末、クラウンを殺してしまい……。
  • METライブビューイング2019-20 ベルク「ヴォツェック」

    19世紀初めのドイツ。貧乏兵士のヴォツェック(ペーター・マッティ)は、愛人のマリー(エルザ・ヴァン・デン・ヒーヴァー)と子どもを養うため、医師の人体実験のモルモットになっていた。だが、貧乏暮らしに疲れたマリーは、鼓手長(クリストファー・ヴェントリス)の誘いに乗り、ヴォツェックを裏切る。そのことに気づいたヴォツェックは、酒場で踊るマリーと鼓手長の姿を目撃し、マリーに対して殺意を抱く。一方、鼓手長はマリーをものにしたことを自慢し、ヴォツェックに暴力を振るう。不倫したことを悔やむマリーだったが、ヴォツェックは彼女を森へ連れ出し……。
  • METライブビューイング2019-20 フィリップ・グラス「アクナーテン」

    紀元前1300年代のエジプト。父・アメンホテプ3世の死去に伴って即位したアメンホテプ4世。太陽神アテンを唯一神とする一神教を宣言し、“アテンの精神”を意味するアクナーテン(アンソニー・ロス・コスタンゾ)と改名する。神官たちを排除して新しい都市を建設したアクナーテンは、美貌の妃ネフェルティティ(ジャナイ・ブリッジス)と愛し合い、6人の娘にも恵まれた。だが、追放された神官たちと古い宗教に慣れた国民の不満が高まり、やがてアクナーテン一家に反旗を翻すのだった……。
    89
    • 感動的な
    • かっこいい
  • METライブビューイング2019-20 プッチーニ「蝶々夫人」

    19世紀末。長崎に駐屯するアメリカ海軍士官ピンカートン(ブルース・スレッジ)は、斡旋屋ゴローの仲介で芸者の蝶々さん(ホイ・ヘー)と結婚することに。しかしこの結婚とはいつでも解約のできる契約にすぎず、ピンカートンは蝶々さんをいわゆる現地妻として迎え入れていた。それにも関わらず、蝶々さんは本気でピンカートンを愛してしまう。やがてピンカートンは母国アメリカに戻り、蝶々さんは彼の帰国後に彼の子供を出産。帰国から3年、蝶々さんは今なおピンカートンの帰りを待ち続けていた。ある日ついにピンカートンを乗せた船が長崎に到着するが……。
    90
    • 感動的な
    • 重厚感のある
    • かっこいい
  • 名操縦士

    リョウコ(田山由起)はサラリーマンの夫・サトシ(森本のぶ)に、トイレ掃除をしたら金運があがるらしいと言ってトイレ掃除をさせている。サトシも、そうやって掃除させられていることを知っており……。
  • mellow

    夏目誠一(田中圭)は好きな花の仕事をしておしゃれな花屋mellowを営んでおり、穏やかに暮らしている。独身で、恋人もいない。そんな彼のもとに、夏目の姉が娘のさほを預けにやってくる。夏目にとっては姪にあたるさほは、転校してからというもの、小学校に行けない日がある。さほを連れていくこともある近所のラーメン屋は、代替わりして今では木帆(岡崎紗絵)が営んでおり、木帆の亡父の仏壇に花を届けるのも夏目の仕事だった。よく通ってくる近くの美容室の娘・宏美は、密かに夏目に憧れている。丁寧に花の仕事を続ける夏目だったが、ある時、常連客の麻里子に彼女の夫がいる前で恋心を打ち明けられ……。
    84
    • おしゃれな
  • METライブビューイング2019-20 マスネ「マノン」

    18世紀フランス。少女マノンは男を夢中にさせる美貌の持ち主で、家族は享楽的な性格を懸念し彼女を修道院に送ろうとする。マノンはその途中で出会った若き騎士デ・グリューと恋に落ち、駆け落ち。しかし贅沢好きなマノンはデ・グリューとの貧しい暮らしに耐えきれず、ブレティニの財産に目がくらみ、ブレティニに走ってしまう。マノンに捨てられたデ・グリューは修道院に入り、それを知ったマノンは彼への恋慕と後悔に駆られる。
    89
    • おしゃれな
    • 重厚感のある
  • METライブビューイング2019-20 プッチーニ「トゥーランドット」

    伝説の時代の中国・北京。絶世の美女として知られる皇女トゥーランドット(クリスティーン・ガーキー)は、求婚者に謎をかけ、解けないと処刑してしまう冷酷な姫君でもあった。そんなある日、戦に敗れて放浪していたダッタン国の王子カラフ(ロベルト・アロニカ)は、北京に流れ着く。そこで、生き別れになった父ティムール(ジェイムズ・モリス)と召使いのリュー(エレオノーラ・ブラット)を発見。3人は再会を喜びあうが、姿を現したトゥーランドットにカラフは魂を奪われてしまう。ティムールやリューの制止もきかず、カラフはトゥーランドットの新たな求婚者となることを宣言。やがて、カラフは謎解きに挑戦することになるが……。
    86
    • 感動的な
    • かっこいい
  • メランコリック

    一流大学を卒業したものの、その後はアルバイトを転々とする生活を続けている鍋岡和彦(皆川暢二)は、ある夜たまたま訪れた銭湯「松の湯」で高校の同級生・副島百合(吉田芽吹)と出会う。それをきっかけに、和彦は松の湯で働くこととなるが、実はその銭湯が閉店後の深夜、人を殺す場所として貸し出されていることを知る。やがて、同僚の松本晃(磯崎義知)が、殺し屋であることが判明し……。
    80
    • 考えさせられる
1-10件表示/全809件