• TOP
  • 公開スケジュール

2019年1月公開の映画

  • マスカレード・ホテル

    東野圭吾のベストセラー小説を木村拓哉と長澤まさみ主演で実写映画化。都内で起きた3件の殺人事件の現場に残された数字を解読した刑事・新田は、次の犯行場所がホテル・コルテシア東京であることを突き止める。新田はホテルマンに扮して潜入捜査することに。監督は、「HERO」シリーズの鈴木雅之。脚本は、「ライアーゲーム」シリーズの岡田道尚。
    68
    • 笑える
    • かっこいい
  • 劇場版 Fate/stay night Heaven’s Feel II.lost butterfly

    ヴィジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』の中で描かれる通称・桜ルートといわれる物語を原作とした全3章からなる劇場アニメの第2弾。10年ぶりに冬木市で始まった聖杯戦争。マスターとして戦いに加わっていた衛宮士郎は傷つきながらも間桐桜を守り続ける。監督の須藤友徳、脚本の桧山彬、音楽の梶浦由記を始め、杉山紀彰、下屋則子、神谷浩史、川澄綾子、植田佳奈といったボイスキャストが続投。
  • シネマ歌舞伎 沓手鳥孤城落月(ほととぎすこじょうのらくげつ)

    歌舞伎の舞台公演をHD高性能カメラで撮影しスクリーンで上映するシリーズの一作。落城の混乱の中においても貫かれる母子の愛を綴る坪内逍遙作品。大坂夏の陣、徳川の軍勢が間近に迫り、正気を失った母・淀の方の姿を見た秀頼は、母を殺して自害しようとする。2017年10月の歌舞伎座公演を上映。出演は「シネマ歌舞伎 京鹿子娘五人道成寺」の坂東玉三郎、中村七之助。「シネマ歌舞伎 楊貴妃」と同時上映。
  • そらのレストラン

    大泉洋主演の北海道映画シリーズ第三弾。道南・せたな町で牧場とチーズ工房を営む亘理は、自然に寄り添った食を追求する仲間と助け合いながら暮らしている。ある日、札幌の有名シェフに自分たちの食材を激賞され、一日限定のレストランを開くことを思いつく。出演は、「まほろ駅前狂騒曲」の本上まなみ、「伊藤くん A to E」の岡田将生。監督は、「神様のカルテ」シリーズの深川栄洋。
  • 映画めんたいぴりり

    明太子を日本に広めた『ふくや』の創業者・川原俊夫をモデルにした人情ドラマ。戦争の爪痕が残る昭和30年代、福岡。試行錯誤を繰り返し明太子の開発に苦心する海野俊之は、ある日、息子の同級生・英子が遠足用の靴やリュックサックを買えずにいるのを知る。2013年・2015年放映のテレビドラマ、2015年の舞台版に続き、福岡市出身の芸人・博多華丸が博多祇園山笠をこよなく愛するふくのやの店主・海野俊之を演じる。ドラマ版に続き「ガチ星」の江口カンが監督。京都国際映画祭2018特別招待作品。2019年1月11日より福岡先行ロードショー。
  • 映画刀剣乱舞

    戦士となった名刀“刀剣男子”たちが活躍するゲームを発端に、アニメやミュージカルなどで人気の『刀剣乱舞』を実写映画化。時間遡行軍による本能寺の変の歴史改変を阻止した刀剣男子たち。だが、織田信長は生きていた。歴史を守るため、彼らは再び出陣する。出演は「行け!男子高校演劇部」の鈴木拡樹、『真田丸』の山本耕史。監督は「暗黒女子」の耶雲哉治。
  • PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1「罪と罰」

    罪を犯す前の潜在犯を刑事たちが追う近未来を描くオリジナルTVアニメの劇場版三部作第1弾。2117年冬、青森にある潜在犯隔離施設の心理カウンセラー・夜坂が運転する暴走車両が公安局ビルに突入する。しかし、取調べ直前に夜坂は即時送還されることに。原案・監督は、TV版や『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』を手掛けた塩谷直義。声の出演は、「青鬼 THE ANIMATION」の野島健児、「あさがおと加瀬さん。」の佐倉綾音、TVアニメ『逆転裁判 ~その「真実」、異議あり!~』の弓場沙織。
  • この道

    「ゾウを撫でる」の佐々部清監督が、大森南朋とEXILE AKIRAを主演に迎え、詩人・北原白秋の波乱に満ちた半生を音楽家・山田耕筰との友情とともに映す伝記ドラマ。日本人の心の故郷として親しまれ、100年を経た今でも歌い継がれている“童謡”誕生の裏側を見つめる。共演は「悼む人」の貫地谷しほり、「コーヒーが冷めないうちに」の松本若菜、「ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS」の柳沢慎吾、「ゾウを撫でる」の羽田美智子、「検察側の罪人」の松重豊。脚本を「かぐや姫の物語」「恋は雨上がりのように」の坂口理子、音楽を「忠臣蔵外伝 四谷怪談」「ハードロマンチッカー」の和田薫が務める。
  • 愛と銃弾

    “イタリア・アカデミー”と呼ばれるダヴィッド・ディ・ドナッテロ賞の2018年最優秀作品賞受賞作。クールな殺し屋チーロは仕事場で偶然、幼馴染みの元恋人ファティマに再会。犯罪の目撃者となった彼女を守るため、チーロは裏社会から離れようと決意するが……。出演は「いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち」のジャンパオロ・モレッリ、『僕はナポリタン』セレーナ・ロッシ、「ジョン・ウィック チャプター2」のクラウディア・ジェリーニ。監督は、「宇宙人王(ワン)さんとの遭遇」を手がけたマルコとアントニオの兄弟コンビ、マネッティ・ブラザーズ。2018年イタリア映画祭特別上映作品。
  • 劇場版総集編 前編 メイドインアビス 旅立ちの夜明け

    つくしあきひとのファンタジー漫画原作の2017年放映テレビアニメ『メイドインアビス』の総集編前編。奇妙な生物や貴重な遺物が眠る秘境の大穴アビスを冒険し、母のような偉大な探窟家を目指す孤児リコは、ある日探窟中に少年の姿をしたロボットを拾う。監督は「ピアノの森」「チベット犬物語 ~金色のドージェ~」の小島正幸。「攻殻機動隊 新劇場版」の黄瀬和哉がキャラクターデザインを手がける。探窟家見習いリコの声を『アイカツスターズ!』の富田美憂が、記憶をなくしたロボットの少年レグの声を『HUNTER×HUNTER』の伊瀬茉莉也が担当する。「劇場版総集編【後編】メイドインアビス 放浪する黄昏」へ続く。
  • チワワちゃん

    1994年に発表された岡崎京子による同名青春漫画を、「止められるか、俺たちを」の門脇麦の主演で映画化。グループのマスコット的存在だったチワワちゃんがバラバラ遺体となって見つかり、昔の仲間たちは彼女を偲ぶが、誰も彼女の本当の姿を知らずにいた。監督は「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY - リミット・オブ・スリーピング ビューティ」の二宮健。チワワについて話を聞いていくミキを門脇麦が、チワワの元恋人ヨシダを「ここは退屈迎えに来て」の成田凌が、ヨシダの親友カツオを「菊とギロチン」の寛 一 郎が、チワワの親友ユミを「わたしに××しなさい!」の玉城ティナが、チワワを慕うナガイを「銃」の村上虹郎が演じる。
  • 愛唄 約束のナクヒト

    「キセキ あの日のソビト」のキャスト・スタッフが再集結しGreeeeNの楽曲『愛唄』をモチーフに彼らの実話を映画化。恋する勇気を持てないまま大人になったトオルは、ある日突然、人生のタイムリミットを告げられる。失意のなか、1冊の詩集と出会う。出演は、「虹色デイズ」の横浜流星、「ちはやふる-結び-」の清原果那、ドラマ『仮面ライダーエグゼイド』の飯島寛騎。監督は、「きょうのキラ君」の川村泰祐。
  • がっこうぐらし!

    累計250万部を突破した海法紀光と千葉サドルの人気コミックを映画化。学園生活部は、学園に日々寝泊りする部活。4人の部員は元気いっぱいな毎日を送っていた。だがその実態は、無数の“かれら”が蔓延る世界で壮絶なサバイバルを繰り広げていたのだ……。出演は秋元康プロデュースのアイドルグループ“ラストアイドル”から選抜された阿部菜々実、長月翠、間島和奏、清原梨央。
  • ジュリアン(2017)

    第74回ベネチア国際映画祭にて最優秀監督賞(銀獅子賞)を受賞したドラマ。ブレッソン夫妻は離婚し、11歳になる息子の親権内容を争っている。元夫に子供を近づけたくない母ミリアムだったが、裁判所は夫アントワーヌに息子への面会の権利を与える。彼は面会の度に息子ジュリアンから母の居場所を聞き出そうとするが、ミリアムは電話に出ず、住所さえ伝えない。母親を守るためジュリアンは必死に嘘をつくがアントワーヌに嘘を見破られてしまい、彼が家に乗り込んでくる。ジュリアンは母親を守ることができるだろうか……。
  • かぞくわり

    奈良を拠点に活動する塩崎祥平(「茜色の約束 サンバdo金魚」)が、作家・折口信夫の『死者の書』をヒントに作り上げたドラマ。両親に画家の夢を否定されて以来、定職にも就かず、実家でニートな生活を送る38歳の香奈。その前に、謎の青年が現れる。香奈を演じる陽月華(「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」)は、元宝塚のトップ娘役出身で、本作が初主演。共演は「サバイバルファミリー」の小日向文世、「聖の青春」の竹下景子。
  • 夜明け(2019)

    是枝裕和・西川美和の監督助手を務めた広瀬奈々子の監督デビュー作。ある日、哲郎は川辺で倒れている青年を見つけ、自宅で介抱する。哲郎は青年を自ら経営する木工所に連れて行き、仕事を教える。二人は信頼関係を築いていくが、青年はある秘密を抱えていた。出演は、「響 HIBIKI」の柳楽優弥、「映画 深夜食堂」シリーズの小林薫。第23回釜山国際映画祭コンペティション(ニューカレンツ部門)出品。
  • マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!

    1960年代の英国ストリートカルチャー“スウィンギング・ロンドン”に焦点をあてたドキュメンタリー。名優マイケル・ケインがプレゼンターを務め、ビートルズやツィギーといった時代をリードしてきた大物たちが多数登場、激動の10年の誕生と熱狂を照らし出す。製作総指揮は「パレードへようこそ」のジェームズ・クレイトン。監督は、テレビドキュメンタリーを数多く手がけてきたデイヴィッド・バッティ。2018年10月12日、京都国際映画祭2018にて特別招待作品として上映。
  • ヴィクトリア女王 最期の秘密

    ヴィクトリア女王と英領インドの青年の知られざる実話を映画化。女王の即位50周年記念式典で記念金貨を献上するため英国にやってきたインドの若者アブドゥル。最愛の夫と従僕を亡くし塞いでいた女王は、王室のしきたりにとらわれないアブドゥルに心を開く。出演は、「クイーン・ヴィクトリア 至上の恋」のジュディ・デンチ、「きっと、うまくいく」のアリ・ファザル。監督は、「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」のスティーヴン・フリアーズ。脚本は、「リトル・ダンサー」のリー・ホール。第90回アカデミー賞衣装デザイン賞・メイクアップ&ヘアスタイリング賞ノミネート、第75回ゴールデン・グローブ賞主演女優賞ノミネート。
  • 英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/2019 ロイヤル・バレエ「ラ・バヤデール」

    ロンドンのコヴェント・ガーデン、ロイヤル・オペラ・ハウスで上演されたロイヤル・バレエ団、ロイヤル・オペラによる世界最高峰のバレエとオペラをスクリーン上映するシリーズの一作。インドを舞台に、戦士ソロルに恋する舞姫ニキヤとラジャの令嬢ガムザッティの三角関係が濃厚に描かれる古典バレエ。絢爛豪華な婚約式では華麗な超絶技巧、静謐で幻想的な「影の王国」では美しい群舞が見られる。
  • 英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/2019 ロイヤル・オペラ「ワルキューレ」

    ロンドンのコヴェント・ガーデン、ロイヤル・オペラ・ハウスで上演されたロイヤル・バレエ団、ロイヤル・オペラによる世界最高峰のバレエとオペラをスクリーン上映するシリーズの一作。ワーグナーの代表作『ニーベルングの指輪』4部作の2作目。
  • 蜘蛛の巣を払う女

    天才ハッカー、リスベット・サランデルの活躍を描いた「ドラゴン・タトゥーの女」に続くミステリー第2弾。AIの世界的権威から核攻撃プログラムの奪回を依頼されたリスベットは、やがて16年前に別れた双子の姉妹カミラの罠に落ちたことに気付くが……。リスベットを演じるのは、「ブレス しあわせの呼吸」のクレア・フォイ。前作でメガホンを取ったデヴィッド・フィンチャーは製作総指揮に回り、本作では「ドント・ブリーズ」のフェデ・アルバレスが監督を務める。
  • ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow

    『ラブライブ!』シリーズ第2作『ラブライブ!サンシャイン!!』のその後を描いたアニメ。浦の星女学院からの最後の参加となったラブライブ!で優勝したAqoursの9人。編入準備に卒業旅行に、離れ離れになってはじめてお互いの存在の大きさに気付く。酒井和男監督をはじめとしたスタッフや、「陽なたのアオシグレ」の伊波杏樹ら声優陣が、テレビアニメシリーズに続き再集結。
  • クリード 炎の宿敵

    ロッキーのライバル、アポロの息子アドニスの成長を描いた「クリード チャンプを継ぐ男」の続編。ロッキーの指導を受け、一人前のプロボクサーに成長したアドニスは、ついに父の仇であり、かつてのロシア王者ドラゴの息子ヴィクターとの対戦を迎える。出演は「ブラックパンサー」のマイケル・B・ジョーダン、「ロッキー」のシルヴェスター・スタローン、「エクスペンダブルズ」のドルフ・ラングレン。監督は前作のライアン・クーグラーから新鋭スティーヴン・ケイプル・Jrにバトンタッチ。
  • 天才作家の妻 40年目の真実

    ノーベル賞授賞式を背景に、人生の晩年に差しかかった夫婦の危機を見つめる心理サスペンス。世界的な作家ジョゼフと彼の創作を慎ましく支えてきた妻ジョーン。理想的なおしどり夫婦に見えるふたりの関係は、夫のノーベル文学賞受賞によって静かに壊れ始める。ジョーンを「危険な情事」のグレン・クローズ、ジョゼフを「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジョナサン・プライス、ジョゼフの経歴に疑惑を持つ記者ナサニエルを「ニンフォマニアック」のクリスチャン・スレーターが演じる。監督は、スウェーデンで芝居の演出なども手がけるビョルン・ルンゲ。脚本を「あなたに降る夢」のジェーン・アンダーソン、音楽を「アイズ・ワイド・シャット」のジョスリン・プークが担当。原作は「ディス・イズ・マイ・ライフ」のメグ・ウォリッツァー。
  • ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー

    小説『ライ麦畑でつかまえて』の著者J.D.サリンジャーの謎に満ちた半生を綴る伝記ドラマ。社交界での恋愛、彼の才能を見出した編集者との出会い、戦地での苦難を経て書き上げた初長編小説が社会現象を巻き起こすが、サリンジャーは表舞台から姿を消す。「聖杯たちの騎士」など俳優として活躍する一方で「大統領の執事の涙」などで脚本を手がけたダニー・ストロングが、ケネス・スラウェンスキーによる評伝『サリンジャー 生涯91年の真実』を映画化。孤独を抱えたサリンジャーを「X-MEN」シリーズのニコラス・ホルトが、彼の才能を見出した編集者バーネットを「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシーが演じ、20世紀を代表する名作誕生の背景を描く。
  • 二階堂家物語

    なら国際映画祭の映画製作プロジェクトNARAtiveとして誕生した3世代の家族の物語。一人息子を亡くし、辰也とその母ハルは代々続く家系が途絶える危機に頭を痛めていた。息子を失い、妻が出て行ってしまった辰也に、ハルは望まぬ相手との結婚を迫る。監督は、2015年カンヌ国際映画祭ある視点部門・期待すべき新人賞を受賞したイランの女性監督アイダ・パナハンデ。エグゼクティブ・プロデューサーは、「Vision」の河瀬直美。出演は、「テラフォーマーズ」の加藤雅也、「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の石橋静河、「OVER DRIVE オーバードライブ」の町田啓太。
  • デイアンドナイト(2019)

    俳優・山田孝之が初の全面プロデュースを手掛けたドラマ。父の自殺をきっかけに故郷に帰ってきた明石。父の遺した負債のため金策に走っていると、児童養護施設のオーナー・北村が手を差し伸べる。施設で働き始めた明石は、北村のもう一つの顔を知ってしまう。主演・企画・原案は、「栞」の阿部進之介。他に出演は、「きらきら眼鏡」の安藤政信、「3月のライオン」シリーズの清原果耶。監督は、「オー!ファーザー」の藤井道人。2019年1月19日より秋田先行公開。
  • METライブビューイング2018-19 ニコ・ミューリー「マーニー」

    ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場のオペラ公演を上映するシリーズの一作。ヒッチコックも映画化したウィンストン・グレアム原作による心理サスペンスを鬼才ニコ・ミューリーがオペラ化。盗みを繰り返す謎の美女マーニーが抱える精神的なトラウマとは……。出演は「METライブビューイング 2014-2015 ロッシーニ《セヴィリャの理髪師》」のイザベル・レナード、クリストファー・モルトマン、「METライブビューイング2017-18 トーマス・アデス《皆殺しの天使》」のイェスティン・デイヴィーズ、「METライブビューイング2010-2011 アダムズ《ニクソン・イン・チャイナ》」のジャニス・ケリー。演出は「METライブビューイング2012-2013 ヴェルディ《リゴレット》」のマイケル・メイヤー。2018年11月10日の舞台を収録。
  • TAXi ダイヤモンド・ミッション

    リュック・ベッソン製作・脚本のカー・アクション「TAXi」シリーズ第5弾。マルセイユに左遷されたスピード狂の警官マロは、伝説のタクシードライバー、ダニエルの甥エディと組み、世界最大のダイヤモンドをめぐってイタリア強盗団と攻防を繰り広げる。「レイジング・ドッグス」(未)のフランク・ガスタンビドとフランスのコメディアン、マリク・ベンタルハが企画・製作し、ベルナール・ファルシーのほか主要キャストを刷新。フランク・ガスタンビドは監督を務めるほか、卓越したドライビングテクニックを持つ警官マロを、彼とバディを組む間抜けなエディをマリク・ベンタルハが演じる。
  • アニメ女子・外伝 藍の翼・カーレッジ

    アニメ業界で活躍することを夢見る女性が主人公のオムニバス映画。介護と執筆の両立に葛藤する脚本家・琴葉、仕事と結婚の選択に悩むプロデューサー・芽紅、プロ意識が低い声優・凛が自身と向き合い成長していく。3人の思いが一つになり、アニメが完成する。出演は、「ベトナムの風に吹かれて」の藤江れいな、ドラマ『マジすか学園』シリーズの前田亜美、「SPOTLIGHT」の高城亜樹。監督は、「SHOOT X 霊撮ゲーム」の菅学。
  • 劇場版 ダーウィンが来た!アフリカ新伝説

    様々な生き物の生態を捉えるNHKテレビの自然番組『ダーウィンが来た!生きもの新伝説』の劇場版。群れから追放され放浪の旅を続けるオスライオンや、事故で片腕を失った子どもと暮らすゴリラ家族など、野生の王国アフリカで力強く生き抜く動物たちの姿を紹介。ナレーションを「サバイバルファミリー」やNHK連続テレビ小説『わろてんか』の葵わかなが担当。音楽は「ちづる」の内池秀和。
  • マイル22

    マーク・ウォールバーグとピーター・バーグ監督が4度目のタッグを組むアクション。世界を揺るがす危険な物質が盗まれた。行方を知る重要参考人を亡命させるためジェームズ・シルバ率いるCIA機密特殊部隊は、米大使館から空港までの22マイル護送作戦に挑む。共演は「ザ・ボーイ 人形少年の館」のローレン・コーハン、「ザ・レイド」シリーズのイコ・ウワイス、「ワイルド・スピード SKY MISSION」のロンダ・ラウジー、「バーニング・オーシャン」のジョン・マルコヴィッチ。撮影は「パージ」シリーズのジャック・ジューフレ。
  • ナチス第三の男

    ゴンクール賞最優秀新人賞受賞のベストセラー小説『HHhH(プラハ、1942年)』を映画化。ヒトラー、ヒムラーに継ぐ“ナチス第三の男”としてユダヤ人大量虐殺の首謀者となるR・ハイドリヒの半生と、史上唯一成功したナチス高官暗殺計画の真実に迫る。出演は、「ターミネーター 新起動/ジェニシス」のジェイソン・クラーク、「ゴーン・ガール」のロザムンド・パイク、「不屈の男 アンブロークン」のジャック・オコンネル、「シング・ストリート 未来へのうた」のジャック・レイナー、「アリス・イン・ワンダーランド」シリーズのミア・ワシコウスカ。監督は、「フレンチ・コネクション 史上最強の麻薬戦争」のセドリック・ヒメネス。
  • ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ

    『仮面ライダービルド』テレビシリーズ完結後の世界を舞台に、もう1人のライダー、クローズの活躍を描くスピンオフ作品。戦いを終え、平穏な日々を送る仮面ライダークローズこと万丈龍我の前に、謎の女性・馬渕由衣と地球外生命体キルバスが出現する。出演は「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」の赤楚衛二、犬飼貴丈、高田夏帆。
  • ヒューマン・フロー 大地漂流

    芸術家として活躍する一方、人権活動にも尽力する中国のアイ・ウェイウェイが監督を務め、世界的な問題である難民の現状に迫るドキュメンタリー。23カ国を超える難民キャンプでインタビューを敢行。様々な理由で増加し続ける難民を数年に渡って取材した。アイ・ウェイウェイは、2008年北京オリンピックの“鳥の巣スタジアム”をデザインする一方で、四川大地震での当局の責任を追及し、2010年に北京の自宅で軟禁されるなど、体制に迎合しない姿勢で存在感を発揮している。
  • 迫り来る嵐

    第30回東京国際映画祭で主演男優賞と芸術貢献賞をW受賞したサスペンス。1990年代後半、経済発展に向け中国社会が激変する時代を背景に、連続殺人事件の捜査に刑事気取りで首を突っ込む古い国営製鋼所の警備員の運命と愛の行方をダイナミックな演出で映し出す。出演は「ミッション:アンダーカバー」のドアン・イーホン、「修羅の剣士」のジャン・イーイェン、「草ぶきの学校」のトゥ・ユアン。監督・脚本は、本作が初長編となるドン・ユエ。
  • サスペリア(2019)

    1977年の同名ホラー映画を「君の名前で僕を呼んで」のL・グァダニーノがリメイク。1977年、ベルリンの名門舞踊団に入団したスージーは、振付師マダム・ブランから大事な公演のセンターに抜擢される。だが、彼女の周りで不可解なことが起こり始める。出演は、「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」シリーズのダコタ・ジョンソン、「胸騒ぎのシチリア」のティルダ・スウィントン、「ニンフォマニアック」シリーズのミア・ゴス、「サスペリア(1977年版)」のジェシカ・ハーパー、「キック・アス」シリーズのクロエ・グレース・モレッツ。音楽は、レディオヘッドのトム・ヨーク。
  • 世界一と言われた映画館

    かつて山形県酒田市に存在した映画館グリーン・ハウスのドキュメンタリー。グリーン・ハウスは様々な工夫と設備を取り入れ、多くの人々を魅了していたが、1976年の酒田大火の火元となり焼失する。それから幾年月も過ぎた今、酒田の人々が当時を振り返る。監督・構成・撮影は、「おだやかな革命」撮影の佐藤広一。ナレーションは、「教誨師」の大杉漣。山形国際ドキュメンタリー映画祭2017『やまがたと映画』プログラム、なら国際映画祭2018尾花座復活上映会にて上映(映画祭タイトル:「世界一と言われた映画館~酒田グリーン・ハウス証言集~」)。
  • 十二人の死にたい子どもたち

    冲方丁の同名小説を「イニシエーション・ラブ」の堤幸彦が映画化したサスペンス。12人の未成年者たちが安楽死を求めて、廃病院の密室に集まる。しかし、彼らはそこで13人目のまだ生温かい死体を発見する。死体の謎と犯人をめぐり、嘘と騙し合いが始まる。出演は、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「OVER DRIVE オーバードライブ」の新田真剣佑、「君の膵臓をたべたい」の北村匠海、「ギャングース」の高杉真宙、「プリンシパル 恋する私はヒロインですか?」の黒島結菜。
  • 喜望峰の風に乗せて

    「キングスマン」のコリン・ファース主演、「博士と彼女のセオリー」のジェームズ・マーシュ監督による実話を基にした海洋冒険ドラマ。1968年、イギリスで開催されたヨットによる単独無寄港世界一周を競うレースに挑んだビジネスマンの苛烈な運命を映し出す。共演は「ナイロビの蜂」のレイチェル・ワイズ、「ワンダーウーマン」のデヴィッド・シューリス。脚本を「ボーン・アルティメイタム」「サイド・エフェクト」のスコット・Z・バーンズ、撮影を「モーターサイクル・ダイアリーズ」「イントゥ・ザ・ワイルド」のエリック・ゴーティエ、音楽を「ボーダーライン」「メッセージ」のヨハン・ヨハンソンが務める。
  • ドキュメンタリー映画「岡本太郎の沖縄」

    日本を代表する芸術家・岡本太郎の二度に渡る沖縄への旅を振り返るドキュメンタリー。「日本人とは何か?」「自分自身とは?」と問い続けた芸術家・岡本太郎は、その答えを求めて1959年と1966年、沖縄を訪れた。そこで彼が目にしたものとは……。監督を務めたのは、雑誌編集や大学職員を経て、ドキュメンタリー映画の企画・製作を行なっている葛山喜久。2018年10月27日より沖縄・桜坂劇場ほか順次公開。
  • ひかりの歌

    光をテーマにした短歌コンテストで1200首の中から選ばれた4首の短歌を原作に「ひとつの歌」の杉田協士監督が映画化。誰かを思う気持ちを抱えながら、それを伝えられずに日々の生活を続ける都内近郊に住む女性たちを、静かにやさしく包む光のありかを映し出す。出演は「重なり連なる」の北村美岬、「寝てるときだけ、あいしてる。」の笠島智、「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」の並木愛枝、「凶悪」の廣末哲万。撮影は「うたうひと」の飯岡幸子。第30回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門正式出品作品。
  • バジュランギおじさんと、小さな迷子

    インド映画として世界興収歴代3位を記録したヒット作。パキスタンの小さな村に暮らす少女シャヒーダーは、母親と一緒にインドのイスラム寺院を訪れるが、帰り道で迷子になってしまう。困り果てた彼女は、ヒンドゥー教の熱心な信者パワンと出会うが……。出演は「タイガー~伝説のスパイ~」のサルマーン・カーン、インドの人気子役ハルシャーリー・マルホートラ。監督は「タイガー~伝説のスパイ~」のカビール・カーン。
  • SAVE THE DAY SILENT POETS SPECIAL DUB BAND LIVE SHOW the MOVIE

    下田法晴のソロプロジェクト・SILENT POETSが25周年を記念し、初のフルバンド編成で行った公演のライブ・ドキュメンタリー。2018年6月24日、渋谷WWWで行われた一夜限りのライブで代表曲から最新作『dawn』の楽曲までを演奏する。
  • LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て

    三上博史が「予言」以来、14年ぶりの映画主演を果たした密室群像劇。歌舞伎町のラブホテル。警察官の間宮は、勤務中にもかかわらずデリヘル嬢の麗華とお楽しみ中。そこへ間宮の妻で婦警の詩織が踏み込んで来るが、取り乱した間宮は麗華を射殺してしまい……。共演は「遺体 明日への十日間」の酒井若菜、「レディ in ホワイト」の波岡一喜、「太陽を掴め」の三浦萌、「仮面ライダー1号」の阿部力。監督・脚本は、「あいあい傘」の宅間孝行。
  • YUKIGUNI

    スタンダードカクテル『雪国』を創作した日本最高齢のバーテンダー、井山計一の半生を辿るドキュメンタリー。『雪国』誕生秘話からグラス越しに映る半生まで、92歳を迎えた現役バーテンダーの型にはまらない人生の輝き、魅力を余すところなく描き出す。「泣き虫しょったんの奇跡」の小林薫がナレーションを担当。監督は「おだやかな革命」の渡辺智史。2018年11月16日より山形先行公開。
  • ホイットニー オールウェイズ・ラヴ・ユー

    「ラストキング・オブ・スコットランド」のケヴィン・マクドナルドが歌手ホイットニー・ヒューストンの素顔に迫るドキュメンタリー。膨大な映像記録や未公開のホームビデオ、家族や友人らの証言を紡ぎ、ゴシップにとらわれることなく彼女の真の姿を映し出す。
  • ゴールデンスランバー(2018)

    09年に堺雅人主演で映画化された伊坂幸太郎のベストセラーを韓国で再映画化。人気アイドルを強盗から救った宅配ドライバーのゴヌ。その目の前で爆弾テロが発生し、次期大統領候補が暗殺される。なぜか犯人と断定されたゴヌは、警察から追われる羽目に……。出演は「MASTER/マスター」のカン・ドンウォン、「新感染 ファイナル・エクスプレス」のキム・ウィソン。監督は「俺たちの明日」のノ・ドンソク。
  • マチルド、翼を広げ

    「カミーユ、恋はふたたび」の監督で女優でもあるノエミ・ルヴォウスキーが監督・出演した自伝的ドラマ。9歳のマチルドは変わり者のママにいつも振り回され、友人もできず孤独に過ごしていた。ある日、ママが連れてきたフクロウがマチルドに話しかけてくる。出演は、本作が初演技となるリュス・ロドリゲス、「バルバラ セーヌの黒いバラ」のマチュー・アマルリック。
  • バハールの涙

    「パターソン」のゴルシフテ・ファラハニ主演によるヒューマンドラマ。愛する息子をISに拉致され途方に暮れる女弁護士バハール。数ヶ月後、息子を救出するため、女性武装部隊“太陽の女たち”のリーダーとなった彼女は、戦場へ向かい最前線でISと戦い始める。共演は「モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由」のエマニュエル・ベルコ。監督・脚本は『青い欲動』のエヴァ・ウッソン。
  • 緊急検証! THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー

    ファミリー劇場にて不定期放送されている、オカルトを題材にしたバラエティ番組『緊急検証!』を映画化。人類が検証すべきテーマを掲げ専門家によるプレゼンテーションを通じ掘り下げてきた同番組がスケールアップし、膨大な過去の記録を丹念にリサーチする。テレビ版に引き続き、逸見太郎、大槻ケンヂ、辛酸なめ子、サイエンス・エンターテイナーの飛鳥昭雄、作家・オカルト研究家の山口敏太郎、作家・UMA研究家の中沢健が出演。
  • アストラル・アブノーマル鈴木さん

    連続テレビ小説『ひよっこ』、『この世界の片隅に』などで注目を集めた松本穂香が一人二役を務めたYouTube配信用のドラマを再編集。田舎でYouTuberや塾講師として暮らす鈴木ララの前に、テレビの取材クルーが現れ、双子の妹の存在が明らかに。監督は初長編「さいなら、BAD SAMURAI」がカナザワ映画祭でグランプリに輝いた大野大輔。
  • サイバー・ミッション

    元SUPER JUNIORのハンギョン、「GF*BF」のリディアン・ヴォーン、モデルのリー・ユエン、山下智久が共演する中国発アクション。オタク系プログラマーのハオミンは覆面捜査官として、ハッカーを雇いサイバー犯罪を企てる悪の組織に潜入する。アクション監督は、「バイオハザードV リトリビューション」のニコラス・パウエル。
  • 500年の航海

    フィリピンの鬼才キドラット・タヒミックが35年もの歳月を費やして完成させたドキュメンタリードラマ。大航海時代、史上初の世界一周に挑み、途中で命を落としたマゼランに代わって、偉業を達成したのはその奴隷エンリケだったという説に基づく一大叙事詩。監督のキドラット・タヒミックがエンリケを演じていたが、途中で交代した。第65回ベルリン国際映画祭カリガリ賞受賞作。
  • 22年目の記憶

    韓国で南北首脳会談のリハーサルが行われたという記事に着想を得た22年に渡る父子の物語。1972年、南北首脳会談に向け、韓国は北朝鮮の最高指導者・金日成の代役を選抜。選ばれた役者のソングンは、役に没頭し、自分を金日成だと信じ込んでしまう……。出演は「殺人者の記憶法」のソル・ギョング、「天命の城」のパク・ヘイル。
  • LE CHOCOLAT DE H

    世界的ショコラティエ・辻口博啓の素材探しの旅に密着したドキュメンタリー。辻口は日本の食文化である発酵と世界のカカオの発酵のマリアージュを目指し、こだわりの和素材を探す。その全過程をドローンや超ハイスピードカメラなど最新の撮影技術でとらえた。2019年1月18日より石川県のイオンシネマにて先行公開。
  • 牧師といのちの崖

    和歌山県白浜町にある断崖絶壁の名勝・三段壁でいのちの電話を運営する牧師・藤藪庸一を追ったドキュメンタリー。自殺を思い止まらせる最後の砦として、様々な問題を抱えた人々の声に耳を傾け、共同生活しながら生きていく道を探す独自の取り組みに密着する。監督は、園舎も園庭もない幼稚園を追った「あおぞら」や、若き親方が率いる伊勢大神楽のある組に密着したテレビ番組『疾走!神楽男子 伊勢大神楽の若き獅子たち』など、数々のドキュメンタリーを手がけてきた加瀬澤充。
  • カラヤン・シネマ・クラシックス シーズン2018~2019「新年」

    世界的なマエストロであるヘルベルト・フォン・カラヤンが生前に収録したコンサートを映画館でスクリーン上映するシリーズ。ファーストシーズンとなる2018~2019年は、カラヤンが指揮した5本のコンサートで構成され、生前のカラヤンが自ら設立した映像制作会社テレモンディアル社により収録・制作されたもの。第二弾「新年」の曲目は、ロッシーニ『ウィリアム・テル』序曲、スメタナ 交響詩『モルダヴ』、シベリウス『悲しきワルツ』、ヨゼフ・シュトラウス ワルツ『うわごと』、J・シュトラウスⅡ世『ジプシー男爵』序曲、ムソルグスキー/ラヴェル編曲 組曲『展覧会の絵』。
  • おけちみゃく

    古典落語『お血脈』を原作にしたファンタジー時代劇。戦国時代末期、天寿を全うした豊臣秀吉は、地獄で石川五右衛門と出会う。その頃、誰でも天国に行ける印鑑“おけちみゃく”の流行で罪人が来なくなった地獄では、困り果てた閻魔大王が一計を案じるが……。出演は「映画 深夜食堂」の綾田俊樹、「馬の骨」のベンガル、「レフトフライ」の和泉元彌。
  • ミスター・ガラス

    「アンブレイカブル」の続編となるサスペンス・スリラー。ある施設に不死身の肉体を持つデヴィッド、壊れやすい肉体を持つミスター・ガラス、24の多重人格者ケヴィンが集められる。精神科医ステイプルは、すべて彼らの妄想であると証明しようとするが……。監督は、「シックス・センス」のM・ナイト・シャマラン。出演は、「デス・ウィッシュ」のブルース・ウィリス、「キングコング 髑髏島の巨神」のサミュエル・L・ジャクソン、「X-MEN」シリーズのジェームズ・マカヴォイ。
  • 想像だけで素晴らしいんだ GO TO THE FUTURE

    関西を中心に活動するロックバンドPANの楽曲『想像だけで素晴らしいんだ』をモチーフにした青春ムービー。織姫と彦星がズルをしてでも愛し合う裏七夕の日、高校生の純一と正と泉は、短冊に未来への願いを書く。それから22年、彼らは40歳になろうとしていた。出演は、お笑いタレントの山本圭壱、ロックバンド『THE イナズマ戦隊』の上中丈弥、女性エンターテインメント集団『あやまんJAPAN』のあやまん監督。監督・脚本・編集は、俳優としても活動するアベラヒデノブ。
  • カイジ 動物世界

    日本の漫画『賭博黙示録カイジ』を原作の福本伸行が脚本に参加し中国で実写映画化。友人に騙されて莫大な借金を負ったカイジは、ギャンブル船・デスティニーに乗り込み、勝てば借金帳消し、負ければ命の保障はないというゲーム“限定ジャンケン”に参加する。出演は、ドラマ『古剣奇譚~久遠の愛~』のリー・イーフォン、「アンロック/陰謀のコード」のマイケル・ダグラス。『未体験ゾーンの映画たち2019』にて上映。
  • ANON アノン

    「TIME/タイム」のアンドリュー・ニコル監督によるSFサスペンス。個人の記憶が全て記録・検閲される近未来。プライバシーも犯罪も消滅したはずだったが、殺人事件が発生する。連続犯罪の鍵を握るのは、一切の記録がない匿名の女=ANONだった……。記録のない女を、「TIME/タイム」に続きアンドリュー・ニコル監督と組むアマンダ・セイフライドが、彼女を追う刑事を「ラスト・ナイツ」のクライヴ・オーウェンが演じる。特集【未体験ゾーンの映画たち2019】にて上映。
  • 特捜部Q カルテ番号64

    ベストセラーとなった北欧ミステリー小説『特捜部Q』シリーズの映画化第4弾。過去の未解決事件を扱う特捜部Qは、1980年代に起こったナイトクラブのマダム失踪事件の捜査に乗り出す。やがて捜査線上にある老女と新進政党の関係者が浮かび上がるが……。監督は「恋に落ちる確率」のクリストファー・ボー。脚本を「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のニコライ・アーセルが手がける。ニコライ・リー・コス、ファレス・ファレスがこれまでのシリーズに続き特捜部Qのメンバー、カールとアサドを演じる。特集【未体験ゾーンの映画たち2019】にて上映。
  • レッスル!

    「コンフィデンシャル/共助」のユ・ヘジン主演のコメディ。元レスリング代表選手のギボは、将来有望なレスラーである息子ソンウンの成長だけが生きがいのシングルファーザー。ところが国家代表選抜戦を目前に、ソンウンがレスリングを辞めたいと打ち明ける。出演は、ドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』のキム・ミンジェ、ドラマ『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』のイ・ソンギョン、「怪しい彼女」のナ・ムニ、「ミッドナイト・ランナー」のソン・ドンイル。
  • 世界でいちばん悲しいオーディション

    音楽事務所WACKが主催したオーディションに参加したアイドル志望の少女24人に密着したドキュメンタリー。九州の離島・壱岐島で開催された合宿形式のオーディションに挑む少女たち。過酷な試練を乗り越え、走り続ける彼女たちの壮絶な1週間に迫る。メガホンを取ったのは、「遭難フリーター」で注目を集めた岩淵弘樹。
  • 温泉しかばね芸者

    『わろてんか』で注目を集めた辻凪子が主演を務め、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018で審査員特別賞を受賞した作品。山奥の村に伝わる“呪われた芸者伝説”を耳にした脚本家・村井実紗は、現地を訪問。伝説を題材にした台本を書き始めるが……。監督は、個性的な作風がインディーズ映画界で注目を集める大阪芸術大学出身の鳴瀬聖人。
  • パラレルワールド・シアター

    30代を前にもう一度自分たちの可能性に賭ける劇団員たちを描いた自主制作作品。小劇団の主宰・佐々木は、劇団を立て直すために数年ぶりに大きな公演を打つことに。しかしメンバーはそれぞれ事情を抱え、彼らが直面する数々の現実が舞台の内容と交差する。監督・脚本はWebドラマ『現実拡張 スマホ仮面』シリーズなど多くの自主作品を手がける堤真矢。「7s/セブンス」の須田暁、「光と禿」の空美ら、オーディションを経てキャストを集め、まだ何者でもないアラサー世代の登場人物たちの葛藤を描く。
  • 日本列島 列車大行進2019

    日本全国の列車を紹介する「日本列島 列車大行進」シリーズの2019年版。
  • れっしゃだいこうしん2019キッズバージョン

    日本中の列車を子供向けにわかりやすく紹介。2018年に登場した新型列車をはじめ、様々な新幹線や特急を紹介する。声の出演は『オー!マイキー』シリーズの千佳、福岡県を拠点に活動する永淵幸利(BUTCH)、女優でナレーターの青木あつこ。
  • 列車大行進 大手私鉄コレクション関東編

    関東地方を走る大手私鉄の列車を紹介。観光にビジネスにと需要に応じた、大都会を支える多様な80種類以上もの列車が登場する。茨城、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川のイオンシネマにて上映。
  • 列車大行進 大手私鉄コレクション関西編

    私鉄王国といわれる関西を走る、大手私鉄5社および2018年に誕生したOsaka Metroの列車を紹介。三重、滋賀、奈良、和歌山、京都、大阪、兵庫のイオンシネマにて上映。
  • 飛べない鳥と優しいキツネ

    韓国で“今日の私たちの漫画賞”を受賞した人気作を映画化。孤独な女子中学生ミレは、友達を作ろうとして失敗。さらに、大好きなゲーム“ワンダーリング・ワールド”配信中止との連絡が。途方に暮れたミレは、ネット上の友達ジェヒに会いに行くが……。主演は「哭声/コクソン」で主人公の娘を演じて注目を集めたキム・ファンヒ。人気K-POPグループ、EXOのリーダー、スホ(「グローリーデイ」)が共演。
  • 闇の歯車

    藤沢周平の同名小説を映像化したサスペンス時代劇。江戸時代、闇の世界で日々の糧を得る佐之助は、行きつけの酒亭で謎の男・伊兵衛から儲け話に誘われる。狙うのは、ある商家に眠る七百両。仲間を加えて5人となった佐之助たちは、計画を実行するが……。出演は「友罪」瑛太、「妻よ薔薇のように 家族はつらいよ III」の橋爪功。監督は『鬼平犯科帳 THE FINAL』、『三屋清左衛門残日録』などを手掛ける山下智彦。
  • ダーク・クライム

    ジム・キャリーが異様な殺人事件の解明に挑む警官を演じたサイコスリラー。タデックは以前犯人を検挙することができなかった性風俗クラブでの殺人事件の再捜査に乗り出すだったが、かつて一緒に捜査にあたった長官らは真相を知られたくなさそうな態度を取る。監督は「Miss Violence」(未)にて2013年ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞を獲得したアレクサンドロス・アヴラナス。特集【未体験ゾーンの映画たち2019】にて上映。
  • 君から目が離せない Eyes On You

    「月とキャベツ」で長編監督デビューを飾った篠原哲雄以下、同作のスタッフ、キャストが数多く参加した青春ラブストーリー。アルバイト中に出会ったヨガ講師の夏目麻耶に一目惚れした劇団員の秋山健太は、芝居と恋に奮闘。だが、麻耶には秘密があった……。出演は、舞台を中心に活躍し、これが映画初主演となる秋沢健太朗、「月とキャベツ」の真田麻垂美。「月とキャベツ」に主演した山崎まさよしが、“山﨑将義”名義で音楽と主題歌を担当している。
  • 描きたい、が止まらない

    正規の美術教育を受けていない人々が独自の発想により創り出す芸術「アール・ブリュット」で知られる古久保憲満に迫るドキュメンタリー。発達障がいを抱える彼が、ボールペンと色鉛筆だけで超細密画を描く過程や、自立を目指し新たな一歩を踏み出す姿に密着。監督は、数々のテレビドキュメンタリーを手がけてきた近藤剛。
  • 西遊記 女人国の戦い

    ソイ・チェンによるファンタジーアクション「西遊記」シリーズ第3弾。天竺を目指す三蔵法師たちは、女性しかいない女人国に迷い込む。そこでは男は国を滅ぼすと言い伝えられているため、彼らは処刑されることに。だが、女王が初めて見る男に興味を抱き……。前作「西遊記 孫悟空vs白骨夫人」に引き続きアーロン・クォック、ウィリアム・フォン、シャオ・シェンヤン、ヒム・ローのほか、ドラマ『花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~』のチャオ・リーイン、「ターンレフト ターンライト」のジジ・リョン、「レッドクリフ」シリーズのリン・チーリンらが出演。
  • 王朝の陰謀 闇の四天王と黄金のドラゴン

    唐代中国を舞台に、名探偵ディー・レンチェの活躍を描く人気シリーズ第3弾。ディーが皇帝から授かった神剣を狙って、則天武后が暗躍。その最中、宮殿の柱に彫られた巨大な黄金龍に命が宿り、人を襲う事件が発生。ディーは仲間と共にこの難事件に挑むが……。ディーを演じるのは、前作に続き「ウォリアー・ゲート 時空を超えた騎士」のマーク・チャオ。前2作に引き続き、「西遊記2~妖怪の逆襲~」のツイ・ハークが監督を務める。
  • アイスマン 宇宙最速の戦士

    2015年公開「アイスマン」のその後の戦いを「李小龍 マイブラザー」のイップ・ワイマン監督が撮り上げたSFアクション新章。惨劇の歴史を変えようと、過去と未来を往来する武将の壮絶なバトルをドニー・イェン主演、“和製ドラゴン”倉田保昭の共演で映し出す。ほか「白蛇伝説 ホワイト・スネーク」のホアン・シェンイー、「スマート・チェイス」のサイモン・ヤム、「カンフー・ジャングル」のワン・バオチャン、ユー・カン、「コール・オブ・ヒーローズ/武勇伝」のジャン・シューインが出演。脚本は「レクイエム 最後の銃弾」のマンフレッド・ウォン。
  • アンダー・ザ・シャドウ 影の魔物

    英国アカデミー賞新人賞に輝くなど、世界中で高評価を得た新鋭ババク・アンヴァリのホラー。1988年、イラン・イラク戦争下のテヘラン。戦争の激化と異変の多発により住人が疎開し、若い母親シデーと5歳の娘だけになったアパートを“何か”が襲う……。【未体験ゾーンの映画たち2019】にて上映。
  • ザ・ナンバー

    ジョニー・スタインバーグのベストセラーノンフィクションを、「ツォツィ」のモツスィ・マッハーノ主演で映画化したバイオレンス・アクション。刑務所の中で悪名を轟かせるギャング・グループ『28』の幹部マガディンは、家族のため更生を考え始めるが……。ドキュメンタリー「Conversations on a Sunday Afternoon」(未)で2006年ベルリン国際映画祭フォーラム部門エキュメニカル賞を獲得したカロ・マタバネ監督が、実話を基に、地獄の檻の中を生きる男を描く。特集『未体験ゾーンの映画たち2019』にて上映。
  • タイガー・スクワッド

    イラクの砂漠地帯を舞台に繰り広げられるサスペンス・アクション。ふたりの傭兵ジョーとパディは、身代金目的のため、ある権力者の娘を誘拐する仕事を請け負うがそのターゲットはパディの元恋人シャダだった。やがて、3人の禁断の関係が次々と明るみになり……。出演は「ファントム・スレッド」のブライアン・グリーソン、「ナショナル・シアター・ライブ2017 誰もいない国」のデイミアン・モロニー、「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」のソフィア・ブテラ。監督は、本作の製作総指揮・脚本も兼ねる新鋭サイモン・ディクソン。特集企画【未体験ゾーンの映画たち2019】にて上映。
  • シークレット・ヴォイス

    「マジカル・ガール」でサン・セバスチャン国際映画祭グランプリ・監督賞の2冠に輝いたカルロス・ベルムト監督によるミステリー。国民的歌手リラに心酔するシングルマザーのヴィオレタは、記憶を失い歌えなくなったリラに彼女の歌を教えることになるが……。「ルート・アイリッシュ」などに出演、歌手としても活動するナイワ・ニムリが人生に絶望したシングルマザーのヴィオレタを、「マジカル・ガール」に続きベルムト監督と組んだエヴァ・リョラッチがある秘密を抱える歌手リラを演じる。特集『未体験ゾーンの映画たち2019』にて上映。
  • 沈黙の終焉

    スティーヴン・セガール俳優30周年記念作品となるアクション。CIAのベテラン捜査官ジェイクは、射殺された親友の仇を取るため、辞表を提出。暗殺のエキスパートや天才ハッカー、格闘技の達人など、6人のスペシャリストによる処刑チームを結成する。監督は「ワイルド・シティ」などで撮影を担当したロス・W・クラークソンと「レクイエム」のフィリップ・マルチネス。【未体験ゾーンの映画たち2019】にて上映。
  • ザ・マミー

    スティーヴン・キングやギレルモ・デル・トロから絶大な支持を受けたメキシコ発のホラー。ギャングに連れ去られ、消息を絶った母を捜すため、11歳の少女エストレヤは家を出る。その日から彼女の耳には不気味な声が届き、奇妙なものが見え始めるが……。「闇の列車、光の旅」、「キック・オーバー」のテノッチ・ウエルタが出演。『未体験ゾーンの映画たち2019』にて上映。
  • トラウマ・ゲーム 恐怖体験アトラクション

    究極の恐怖を体験するアトラクション施設を舞台にしたホラー。精神的・身体的苦痛によって恐怖を味わう施設・パーディション。ルールは途中棄権禁止、時間制限無し。父親から虐待を受けたアリソンは、そのトラウマを克服するためにパーディションに参加する。監督は、「死への招待状」のアンソニー・ディブラシ。特殊メイクのスーパーバイザーとして「シン・ゴジラ」の西村喜廣が参加。また、インタビュアー役で「娼年」の冨手麻妙が出演。【未体験ゾーンの映画たち2019】にて上映。
  • シャッター 写ると最期

    レンズを向けられた人の最期の姿を写すカメラをめぐる恐怖を描出するロシア発ホラー。事故により、深い森に建つ山小屋にたどり着いた7人の若者たち。彼らはそこで古いポラロイドカメラを発見するが、それは軍事兵器として作られたいわくつきのカメラだった。イリーナ・テミチェヴァ、アナスタシヤ・ゼンコヴィッチといったロシア映画の未来を担う若手が総出演。監督は『ミラーズ 呪怨鏡』『シャドウ・チェイサー』などの撮影を手がけたアントン・ゼンコヴィッチ。特集企画【未体験ゾーンの映画たち2019】にて上映。
  • チャンブラにて

    アカデミー賞外国語映画賞イタリア代表選出作品。イタリアのレッジョ・カラブリア県にあるスラム、チャンブラには、大昔から差別を受けているロマが住んでいる。14歳で酒も煙草もたしなむ少年ピオは、アフリカの移民アイヴァの協力で金を稼ぎ始めるが……。監督は、「地中海」のジョナス・カルピニャーノ。ノルウェーベルゲン国際映画祭Cinema Extraordinaire Awardほか国際映画祭で受賞。
  • ダーク・スクール

    ドラマ『マンハッタンに恋をして~キャリーの日記~』のアナソフィア・ロブ主演の学園ホラー。素行不良で高校を退学になったキットは、両親によって森の奥の名門寄宿学校に入れられる。やがて、生徒たちに異変が起き始め、キットは隠された学校の過去を知る。出演は、「キル・ビル」シリーズのユマ・サーマン。監督は、「レッド・ライト」のロドリゴ・コルテス。未体験ゾーンの映画たち2019で上映。
  • ファースト・コンタクト

    ドキュメンタリー的手法を取り入れたSF映画。衛星軌道上に現れた“ヴォイド”という現象から、生命の存在を示唆する電波を受信する。調査を進めるため、国防機関が秘密裏に開発した人工の合成ボディーに生きている人間の脳を移植する技術の利用に踏み切る。出演は、「ファントム・スレッド」のジェーン・ペリー。未体験ゾーンの映画たち2019で上映。
  • 黒人魚

    ロシアで長年伝わるルサールカ<水の霊>伝説をモチーフにしたファンタジー・ホラー。湖畔にある別荘に友人たちと静養にやって来たローマ。深夜、一人で湖を泳いでいると謎の女に出会うが、それ以来、彼は恐ろしい幻想に襲われ、日ごとに体力が衰えていく……。監督・脚本は「ゴースト・ブライド」のズヴィヤトスラフ・ポドゲイフスキー。出演は「ゴースト・ブライド」に続き、ポドゲイフスキー監督と再びタッグを組むヴィクトリア・アガラコヴァ。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2019』にて上映。
  • マフィオサ

    ロサンゼルス世界国際映画祭最優秀ドラマ賞ほか多数の映画祭で受賞したクライムサスペンス。非行少女であったサマンサは父親がマフィア関連の事件に巻き込まれたことを知り、ニューヨーク市警刑事で元ボーイフレンドのタッカーとともに事件の解明に乗り出す。出演は、「チャイルド・プレイ」シリーズのフィオナ・ドゥーリフ、「ゴッドファーザーPARTII」のカルメン・アルジェンジアーノ。監督は、ショートフィルムなどを手掛けてきた溝口友作。未体験ゾーンの映画たち2019で上映。
  • テリファイド

    各国のファンタスティック映画祭で上映され、ギレルモ・デル・トロ製作でハリウッド・リメイクが決定したオカルト・ホラー。ブエノスアイレスの住宅で怪奇現象が発生。警察官マザはパラノーマル現象を研究するチームと共に乗り込むが、悪霊たちが襲い掛かる。監督は、「ザ・ホスピタル」脚本のデミアン・ラグナ。第18回ロサ・サングレ国際映画祭最優秀作品賞・主演男優賞受賞。未体験ゾーンの映画たち2019で上映。
  • ゼイカム 到来

    ある家族を謎の知的生命体が襲うSFホラー。クリスマスに集まったミルグラム一家。翌朝、家が黒いメタルのようなものに覆われ、監禁状態であることに気づく。一家はリビングのテレビ画面に映し出されるテロップに従うが、指示は次第にエスカレートして行く。出演は、「ハリー・ポッター」シリーズのデイヴィッド・ブラッドリー、ドラマ『炎の英雄 シャープ』のアビゲイル・クラッテンデン。未体験ゾーンの映画たち2019で上映。
  • BUYBUST/バイバスト

    フィリピンのベテラン監督エリック・マッティによるバイオレンスアクション。新人麻薬捜査官ニーナは組織撲滅のため、無法地帯と化したスラム街に部隊と共に乗り込むが、作戦は失敗。組織だけでなく、不満を爆発させた街の住民たちまでもが攻撃を仕掛けてくる。麻薬捜査官ニーナを演じるのは、デビュー以来、フィリピンを中心に活動を続けるオーストラリア出身の女優アン・カーティス。共演は総合格闘家のブランドン・ヴェラ。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2019』にて上映。
  • ディアマンティーノ 未知との遭遇

    第71回カンヌ国際映画祭で国際批評家週間グランプリを受賞した奇想天外なファンタジードラマ。ポルトガルのサッカー選手でスーパースターのディアマンティーノは、国の期待を背負った試合で結果を出せず引退。失意の彼は、人生の意味を探す旅に出発するが……。ネオナチや難民問題、クローン問題など、現代のポルトガルを炙り出す旅を繰り広げるディアマンティーノを「熱波」のカルロト・コッタが演じる。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2019』にて上映。
  • シークレット・チルドレン 禁じられた力

    「君の名前で僕を呼んで」のティモシー・シャラメ主演による青春SFスリラー。瞬間移動=テレポーテーション能力を操るザックとエヴァの兄妹。だが父ダニエルは、病弱な妻エリザベスの病気は、子供たちが使う反自然的な能力に対する神からの罰だと信じていた。共演は「フェブラリィ 悪霊館」のキーナン・シプカ、「400デイズ」のグラント・バウラー、「トワイライト」シリーズのエリザベス・リーサー。「A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー」の撮影を手がけたアンドリュー・ドロス・パレルモによる長編劇映画監督デビュー作。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2019』にて上映。
  • トゥ・ヘル

    ニコラス・ケイジが3人の女性に翻弄されるトラック運転手を演じるスリラー。妻メアリーと幼い娘の事故死から立ち直れないジョーは、ある日、生者と死者の世界を行き来できるというジュリーと出会い、昏睡状態のジュリーの一人娘ビリーを救うために手を貸す。共演は「死霊館 エンフィールド事件」のフランカ・ポテンテ、「ZIPPER/エリートが堕ちた罠」のペネロペ・ミッチェル。監督は、本作のプロデュース・脚本も手がけた新鋭マリア・プレラ。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2019』にて上映。

2019年2月公開の映画

  • メリー・ポピンズ・リターンズ

    P.L.トラヴァースの児童文学を原作にしたミュージカル・ファンタジー「メリー・ポピンズ」の20年後を描く続編。大恐慌時代のロンドン。妻を亡くし悲しみに暮れるマイケル一家のもとに、以前と変わらぬ姿の魔法使いメリー・ポピンズが舞い降りてくる。監督は、舞台演出家・振付師として活躍する一方、「イントゥ・ザ・ウッズ」「シカゴ」などでメガホンを取ったロブ・マーシャル。子供たちを厳しくも優しく包み込むメリー・ポピンズを「クワイエット・プレイス」のエミリー・ブラントが演じる。また、1964年の「メリー・ポピンズ」でバート役を演じたディック・ヴァン・ダイクがカメオ出演。「ヘアスプレー」(2007)のマーク・シェイマンとスコット・ウィットマンが新曲を含む音楽を担当する。
  • アリータ:バトル・エンジェル

    木城ゆきと原作の漫画『銃夢』を「アバター」のジェームズ・キャメロン製作・脚本で実写化。数百年後の未来、すべての記憶を失った状態で発見されたサイボーグの少女アリータ。あるとき、自分の並外れた戦闘能力に気づくと、自らの出生の秘密を探す旅に出る。監督は、「シン・シティ」シリーズのロバート・ロドリゲス。出演は、「メイズ・ランナー:最期の迷宮」のローサ・サラザール、「ジャンゴ 繋がれざる者」のクリストフ・ヴァルツ、「ビューティフル・マインド」のジェニファー・コネリー、「ムーンライト」のマハーシャラ・アリ。
  • 40万分の1

    第29回ジュノンスーパーボーイコンテスト審査員特別賞を受賞した副島和樹の初主演作。三流大学に通う徹は、恋人の真美にフラれた腹いせに、大手広告代理店への就職を狙っていると嘘をつく。後に引けない徹は、伝説のOB・荻野の指導を受けることに……。共演は「動物戦隊ジュウオウジャー」の立石晴香。監督は「パニック4ROOMS 劇場版」の井上博貴。
  • トラさん 僕が猫になったワケ

    板羽皆による人気コミック『トラさん』をKis-My-Ft2の北山宏光主演で実写化。売れない漫画家・高畑寿々男は、気ままな生活を送るなか、ある日突然、交通事故で死んでしまう。あの世が下した判決は、猫の姿で現世に戻り、愚かな人生を挽回せよというものだった。共演は「日日是好日」の多部未華子、「ミックス。」の平澤宏々路、「暗黒女子」の飯豊まりえ、「U-31」の富山えり子、「スマホを落としただけなのに」の要潤、バカリズム。脚本を「海月姫」の大野敏哉、音楽を「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の渡邊崇が担当。監督は「サビ男サビ女」の筧昌也。
  • あの日のオルガン

    戦時中に多くの園児たちを疎開させ東京大空襲を逃れた保育園を、戸田恵梨香と大原櫻子のダブル主演で映画化。1944年、空襲が激しさを増す中、東京・品川にある戸越保育所の保母は幼い園児たちの命を守るため、親たちを説得し、埼玉の寺に集団疎開させる。監督は、長らく山田洋次監督との共同脚本や助監督を務め、「ひまわりと子犬の7日間」で初めてメガホンを取った平松恵美子。久保つぎこの『君たちは忘れない­疎開保育園物語』(2018年、『あの日のオルガン 疎開保育園物語』に改題、加筆・修整され復刻)をもとに、園児たちの命を守り育てた保育士たちの物語を描く。
  • 洗骨

    照屋年之(ガレッジセール・ゴリ)が自らの短編「born、bone、墓音。」を原案に監督・脚本を手掛けた長編映画。風葬された死者の骨を洗う風習“洗骨”が残る沖縄諸島・粟国島を舞台に、バラバラだった家族が絆を取り戻す姿や祖先とのつながりを描く。出演は、「散り椿」の奥田瑛二、「ママレード・ボーイ」の筒井道隆、「光」の水崎綾女。2018年JAPAN CUTS観客賞受賞。2019年1月18日より沖縄先行公開。
  • PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2「First Guardian」

    罪を犯す前の潜在犯を刑事が追う近未来を描くオリジナルTVアニメの劇場版三部作第2弾。2112年夏の沖縄。国防軍第15統合任務部隊のパイロット・須郷は軍事作戦に参加していた。三ヶ月後、無人の武装ドローンが東京の国防省を攻撃する事件が発生する。原案・監督は、TV版や『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』を手掛けた塩谷直義。声の出演は、「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」シリーズの東地宏樹、「宇宙兄弟#0」の有本欽隆。
  • ねことじいちゃん

    動物写真家の岩合光昭が、落語家・立川志の輔を主演に迎え、同名人気コミックを実写映画化。猫と老人ばかりの小さな島。飼い猫タマと暮らす70歳の大吉は、幼なじみの巌や気心知れた友人たちと共にのんびり毎日を過ごしていたが、ある日、突然倒れてしまい……。共演は「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」の柴咲コウ、「きみの鳥はうたえる」の柄本佑、「ぼくのおじさん」の銀粉蝶、「菊とギロチン」の山中崇、「恋は雨上がりのように」の葉山奨之、「家路」の田中裕子、「深夜食堂」シリーズの小林薫。脚本を「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」の坪田文、音楽を「孤狼の血」の安川午朗が務める。
  • ナポリの隣人

    「最初の人間」のジャンニ・アメリオ監督によるヒューマンドラマ。ナポリのアパートに独り暮らす元弁護士ロレンツォと、母の死をきっかけに父と不仲になった娘エレナ。だが、父の隣家の家族に起きた予期せぬ事件をきっかけに、その関係を見つめなおすことになる。出演は、本作でイタリアの国内主要映画賞三冠を達成した「親愛なる日記」のレナート・カルペンティエーリ、「愛の勝利を ムッソリーニを愛した女」のジョヴァンナ・メッゾジョルノ、「我らの生活」のエリオ・ジェルマーノ、「ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀」のグレタ・スカッキ、「歓びのトスカーナ」のミカエラ・ラマッツォッティ。撮影を「グランドフィナーレ」のルカ・ビガッツィ、音楽を「孤独な天使たち」のフランコ・ピエルサンティが担当。原作は、現代イタリア文学を代表するロレンツォ・マローネのベストセラー小説。イタリア映画祭2018にて『世情』のタイトルで上映。
  • 劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ

    北条司原作の同名コミックのアニメ放送30周年記念として制作された新作長編アニメーション。何者かに襲われたモデルの亜衣からボディーガードを依頼された獠と香。撮影現場で出会った、亜衣がCMモデルを務めるIT企業の社長・御国は、香の幼馴染だった。冴羽獠役の神谷明、槇村香役の伊倉一恵をはじめオリジナル声優が再集結し、「きょうのキラ君」の飯豊まりえ、「シュガー・ラッシュ」シリーズの山寺宏一がゲスト出演する。総監督は、TVシリーズ初代監督のこだま兼嗣。
  • 凜 りん

    芥川賞作家・又吉直樹が2007年に書き下ろした舞台『凛』を映画化した青春ミステリー。100年に一度、村から子供が消えるという伝説が伝わる小さな村。高校生・野田耕太の仲間たちが次々と消えていくなか、疑惑の目は、東京から来た転校生・天童義男に向けられる。出演は「走れ!T校バスケット部」の佐野勇斗、「いぬやしき」の本郷奏多、「パーフェクトワールド 君といる奇跡」の須賀健太、「ここは退屈迎えに来て」の亀田侑樹、「EVEN(イーブン) 君に贈る歌」の櫻井圭佑、TV『仮面ライダーゴースト』の大沢ひかる、「honey」の平祐奈。監督は、TV『小さな巨人』などの演出を手がけた池田克彦。2018年10月12日、京都国際映画祭2018にて上映。
  • お前ら全員めんどくさい!

    累計45万部の人気コミックを人気声優・俳優陣で実写映画化。国語教師の國立は友達のいない女子生徒・一宮の相談に乗り、一宮の友達を作ろうと奮闘する。しかし、一宮は一向に友達を作る気配を見せず、さらにめんどくさい女子生徒たちにも振り回されていく。出演は、アニメ『黒子のバスケ』の小野賢章、アニメ『ラブライブ! サンシャイン!!』の小宮有紗、アニメ『プリパラ』の茜屋日海夏、元Dream5の大原優乃、「人狼ゲーム インフェルノ」の都丸紗也華。監督は、「ちょっとまて野球部!」の宝来忠昭。
  • 翔んで埼玉

    魔夜峰央が1982年に発表した同名コミックを実写映画化。埼玉県民は東京都民から迫害を受け、身を潜めて暮らしていた。そんななか、東京トップの高校の生徒会長で都知事の息子・百美は、アメリカ帰りの転校生・麗と惹かれ合う。だが、麗は埼玉出身だった。出演は、「リバーズ・エッジ」の二階堂ふみ、ドラマ『風林火山』のGACKT。監督は、「テルマエ・ロマエ」シリーズの武内英樹。
  • 書くが、まま

    「ばぁちゃんロード」の脚本を手掛けた上村奈帆の長編劇場用映画監督デビュー作。中学2年生の松木ひなのは、自分の想いを書くことでしか表現できずにいた。クラスでいじめに遭っていた彼女は、保健室で出会った教師の進藤有紀に心を開いていくが……。主演は秋元康プロデュースの“ラストアイドル”グループから派生したユニット“Love Cocchi(ラブコッチ)”の 中村守里。新進監督とアーティストがコラボする音楽×映画プロジェクトの映画祭『MOOSIC LAB 2018』長編部門にて観客賞および最優秀女優賞を受賞。
  • フォルトゥナの瞳

    百田尚樹による同名小説を原作に「坂道のアポロン」の三木孝浩監督が神木隆之介&有村架純共演で映画化。孤独を抱える慎一郎は、ある日、死を目前にした人間が透けて見える能力を持っていることに気付く。そんな折、明るく優しい葵と出会い、惹かれ合っていく。脚本を「恋は雨上がりのように」の坂口理子と三木孝浩が担当。「走れ!T校バスケット部」の志尊淳、「嘘を愛する女」のDAIGO、「青空エール」の松井愛莉、「響 HIBIKI」の北村有起哉、「三度目の殺人」の斉藤由貴、「グッドモーニングショー」の時任三郎が脇を固める。音楽は「となりの怪物くん」の林ゆうき。
  • 半世界

    「エルネスト」の阪本順治が、地方都市を舞台に39歳の男3人の友情物語を綴る人間ドラマ。紘は妻子とともに、父から受け継いだ山中の炭焼き窯で製炭をして暮らしている。ある日、中学からの旧友で、自衛隊員として海外派遣されていた瑛介が町に帰ってくる。出演は、「クソ野郎と美しき世界」の稲垣吾郎、「シン・ゴジラ」の長谷川博己、「きらきら眼鏡」の池脇千鶴、「泣き虫しょったんの奇跡」の渋川清彦。
  • 七つの会議

    直木賞作家・池井戸潤によるクライムノベルを「祈りの幕が下りる時」の福澤克雄監督が野村萬斎主演で映画化。ある日、中堅メーカーのトップセールスマン・坂戸がパワハラで訴えられ、異動処分が下される。訴えた当事者は、所謂ぐうたら社員の部下・八角だった。共演は「クリーピー 偽りの隣人」の香川照之、「相棒」シリーズの及川光博、「MOTHER マザー」の片岡愛之助、「孤狼の血」の音尾琢真。脚本を「シャカリキ!」の丑尾健太郎と「祈りの幕が下りる時」の李正美が担当。音楽は「HERO」の服部隆之。
  • 僕の彼女は魔法使い

    「さらば青春、されど青春。」の千眼美子が主演を務めるファンタジードラマ。高校3年生の優一のクラスに転校生・風花がやって来る。そのときから、優一の周囲で不思議な現象が起き始めるが、実は風花は魔法使いで、しかも世界で最後の“白魔術の継承者”だった。共演は「君のまなざし」の梅崎快人、春宮みずき、「紅い襷 富岡製糸場物語」の佐伯日菜子。音楽を「宇宙の法 黎明編」の水澤有一が担当。監督は、本作が劇場映画デビューとなる清田英樹。
  • あなたはまだ帰ってこない

    1944年、ナチス占領下のパリ。若く優秀な作家マルグリットは、夫とともにレジスタンス運動のメンバーとして活動していた。ある日、夫がゲシュタポに逮捕される。マルグリットは夫を取り戻すために、ゲシュタポの手先であるラビエと危うい関係を築き、情報を得る。愛する夫の長く耐えがたい不在はパリの解放後も続き、心も体もぼろぼろになりながら夫の帰りを待つマルグリットだったが…。近代フランスを代表する小説家、マルグリット・デュラスの若き日の愛と苦悩を綴った原作『苦悩』を基にした壮大な愛の物語。
  • 英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/2019 ロイヤル・バレエ「くるみ割り人形」

    ロンドンの名門歌劇場ロイヤル・オペラ・ハウスの公演に、舞台裏でのインタビューや特別映像を交えて映画館で上映。手品師で発明家のドロッセルマイヤーは、ねずみ退治の罠を発明する。だが、彼の甥ハンス・ピーターが、くるみ割り人形の姿に変えられてしまう。出演は「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2018/19/ロイヤル・バレエ 『ラ・バヤデール』」のギャリー・エイヴィス&アナ・ローズ・オサリヴァン、「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2018/19/ロイヤル・バレエ 『うたかたの恋』のマルセリーノ・サンベ。
  • 劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか オリオンの矢

    同名ライトノベルが原作のテレビアニメの劇場版。神時代以前より受け継がれている神月祭に沸き立つ迷宮都市・オラリオ。リトル・ルーキーとして都市を賑わせた冒険者ベル・クラネルと主神ヘスティアもその喧騒の中にいたが、新たな冒険が始まろうとしていた。声の出演は、「Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow」の水瀬いのり、「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」の松岡禎丞、「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」の坂本真綾。監督は、「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」演出の桜美かつし。脚本は、原作も手掛けている大森藤ノ。
  • 雪の華

    中島美嘉のラブソング『雪の華』を、三代目J Soul Brothersの登坂広臣と「ニセコイ」の中条あやみ主演で映画化。余命を宣告された美雪は、困ったところを助けてくれた悠輔に、100万円出す代わりに1ヶ月間恋人になってほしいと持ちかける。「羊と鋼の森」の橋本光二郎監督が、東京とフィンランドを舞台に儚い恋物語を描く。「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の岡田惠和が脚本を、ヴァイオリニストの葉加瀬太郎が音楽を担当。
  • LAPSE

    映像プロダクションBABEL LABELによる近未来SFオムニバス。VRシミュレーションに辛い未来を予知される「SIN」、自分がクローン人間の失敗作だと知る「失敗人間ヒトシジュニア」、延命治療を巡る「リンデン・バウム・ハウス」の3篇を収録。オムニバス「TOKYO CITY GIRL」内の「LOCAL → TOKYO」を手がけた志真健太郎が「SIN」を、俳優としても活動するアベラヒデノブが「失敗人間ヒトシジュニア」を、数々のアーティストのミュージックビデオを手がけるHAVIT ART STUDIOが「リンデン・バウム・ハウス」を監督。
  • ファースト・マン

    「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼルとライアン・ゴズリングのコンビが、人類初の月面着陸を成し遂げた宇宙飛行士ニール・アームストロングの偉業を映画化。NASAの宇宙計画に選ばれたアームストロングは、過酷な訓練を経て宇宙へと飛び立つが……。共演は「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」のジェイソン・クラーク、「蜘蛛の巣を払う女」のクレア・フォイ。
  • 女王陛下のお気に入り

    第75回ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞・女優賞受賞の歴史ドラマ。18世紀初頭、フランスと戦争中のイングランドで虚弱な女王アンを幼馴染のレディ・サラが操っていた。そこにサラの従妹で没落したアビゲイルが召使いとして参内し、サラと女王を惹きつける。監督は、「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」のヨルゴス・ランティモス。出演は、「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーン、「否定と肯定」のレイチェル・ワイズ、「ロブスター」のオリヴィア・コールマン。
  • コードギアス 復活のルルーシュ

    『ガンダム』のサンライズ制作でCLAMPがキャラクター原案を手掛けた人気ロボットアニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』『コードギアス 反逆のルルーシュR2』の続編。ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア亡き後の世界を舞台に、新たな戦いが幕を開ける。声の出演は「映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」のゆかな、「GODZILLA 星を喰う者」の櫻井孝宏、『それいけ!アンパンマン』の戸田恵子。
  • METライブビューイング2018-19 ヴェルディ「椿姫」

    NYメトロポリタン歌劇場のオペラ公演を上映するシリーズ。マイケル・メイヤーによる新演出のもと、18世紀のパリを舞台に、社交界を魅了する病身の高級娼婦がめぐり逢った真実の恋とその後の悲痛な運命を、現代を代表する歌姫ディアナ・ダムラウが歌い上げる。出演は「METライブビューイング2016-17 グノー《ロメオとジュリエット》」のディアナ・ダムラウ、「METライブビューイング2014-2015 ロッシーニ《湖上の美人》」のフアン・ディエゴ・フローレス、「METライブビューイング2018-19 ヴェルディ《アイーダ》」のクイン・ケルシー。指揮は、2018年よりMET音楽監督を務めるヤニック・ネゼ=セガン。演出は「METライブビューイング2012-2013 ヴェルディ《リゴレット》」のマイケル・メイヤー。2018年12月15日の舞台を上映。
  • METライブビューイング2018-19 チレア「アドリアーナ・ルクヴルール」

    ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場のオペラ公演を上映するシリーズの一作。18世紀前半にパリで活躍したコメディ・フランセーズの人気女優アドリアーナ・ルクヴルールの劇的華麗な人生を、現代オペラ界を牽引するプリマ・ドンナ、アンナ・ネトレプコが絶唱。オペラと演劇、両方の分野で活躍する人気演出家デイヴィッド・マクヴィカーが、伝統美あふれる新演出でバロックの劇場を再現。指揮は2007年から18年までトリノ王立歌劇場の音楽監督を務めたジャナンドレア・ノセダ。出演は「METライブビューイング2018-19 ヴェルディ《アイーダ》」のアンナ・ネトレプコ、アニータ・ラチヴェリシュヴィリ、「METライブビューイング2017-18 ヴェルディ《ルイザ・ミラー》」のピョートル・ベチャワ、「METライブビューイング2013-2014 ヴェルディ《ファルスタッフ》」のアンブロージョ・マエストリ、「METライブビューイング2014-2015 ロッシーニ《セヴィリャの理髪師》」のマウリツィオ・ムラーロ、「METライブビューイング2018-19 プッチーニ《西部の娘》」のカルロ・ボージ。2019年1月12日の舞台を上映。
  • 21世紀の女の子

    「溺れるナイフ」の山戸結希監督が企画・プロデュースを務めるオムニバス。1980年代後半~90年代生まれの新進監督15名が集結。「自分自身のセクシャリティあるいはジェンダーが揺らいだ瞬間が映っていること」を共通テーマに各監督が8分以内の短編で表現する。参加監督は、山戸結希、「真っ赤な星」の井樫彩、「少女邂逅」の枝優花、「おんなのこきらい」の加藤綾佳、「おばけ」の坂本ユカリ、「なっちゃんはまだ新宿」の首藤凛、「みちていく」の竹内里紗、「雪女(2016)」で記録を担当した夏都愛未、ファッションブランド『縷縷夢兔』デザイナーの東佳苗、「父の結婚」のふくだももこ、「脱脱脱脱17」の松本花奈、「Dressing Up ドレッシングアップ」の安川有果、「あみこ」の山中瑶子、監督公募で選出された金子由里奈、エンドロールアニメーションを担う玉川桜。出演は「ここは退屈迎えに来て」の橋本愛、「四月の永い夢」の朝倉あき、「きみの鳥はうたえる」の石橋静河、「パンとバスと2度目のハツコイ」の伊藤沙莉、「寝ても覚めても」の唐田えりか、「友罪」の北浦愛、「あゝ、荒野」の木下あかり、「茅ヶ崎物語 MY LITTLE HOMETOWN」の倉島颯良、「二十六夜待ち」の黒川芽以、「彼女の人生は間違いじゃない」の瀧内公美、「銃」の日南響子、「セブンティーン、北杜 夏」の堀春菜、「輪違屋糸里 京女たちの幕末」の松井玲奈、「素敵なダイナマイトスキャンダル」の三浦透子、「少女邂逅」のモトーラ世理奈、「ミスミソウ」の山田杏奈。第31回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ特別上映作品。
  • 赤い雪 Red Snow

    永瀬正敏と菜 葉 菜のダブル主演で、人の記憶の曖昧さを浮き彫りにしたサスペンス。30年前に弟が失踪し心に深い傷を負った一希のもとに、当時事件の容疑者として浮かびながら無罪となった女の娘・小百合が見つかったとの知らせが入り、運命が動き始める。監督は、短編「オンディーヌの呪い」で山形国際ムービーフェスティバル2014準グランプリやSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2015短編部門奨励賞を獲得した甲斐さやか。長編デビュー作となる本作では、かつて実際に起きた事件に着想を得て、不確かな記憶に依らざるをえない人間の儚さを雪景色に重ねて描く。
  • アクアマン

    「ワイルド・スピード SKY MISSION」のジェームズ・ワンによる海中バトル・アクション。人間として育てられた海底王国アトランティスの末裔アクアマン。アトランティスが人類の支配を狙い侵略を始めたとき、彼は地上と海、どちらを守るのか……。出演は、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のジェイソン・モモア、「リリーのすべて」のアンバー・ハード、「LION ライオン 25年目のただいま」のニコール・キッドマン。
  • 血まみれスケバンチェーンソーRED 前編ネロの復讐

    2016年に公開された「血まみれスケバンチェーンソー」の新章2部作の前編。自前のチェーンソーを持ち歩く女学生・鋸村ギーコは、ある日、同級生の碧井ネロが創り出した改造死体たちに襲われ始め、ネロや新生徒会総長ネメシスとの対決に身を投じていく。4DX上映。主人公・鋸村ギーコを演じるのはアイドルグループSUPER☆GiRLSのメンバーで、「咲 Saki」「honey」など女優としても活躍する浅川梨奈。共演は、ニューウェイヴ・アイドルグループゆるめるモ!のあの、「飢えたライオン」の日高七海、「トリノコシティ」の替地桃子、「SCOOP!」の護あさな、「私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第」の範田紗々、「5つ数えれば君の夢」の椿かおり。前作に続き、脚本を福原充則、監督を山口ヒロキが務める。原作は、三家本礼による痛快アクション漫画『血まみれスケバンチェーンソー』。
  • 劇場版「王室教師ハイネ」

    2017年にテレビ放映されミュージカル化もされた同名アニメが、原作者・赤井ヒガサ監修のオリジナルストーリーにて映画化。王室教師ハイネの指導のもと苦難を乗り越え成長する4人の王子たちの前に、ロマーノ王国からきたというドSな双子の王子が現れる。菊池カツヤ監督や声優や舞台などで幅広く活躍する植田圭輔、安里勇哉、安達勇人、廣瀬大介、蒼井翔太らがテレビ版に引き続き続投。
  • 劇場版「リケ恋 理系が恋に落ちたので証明してみた。」

    山本アリフレッドのコミックを実写化したTVドラマ『リケ恋 理系が恋に落ちたので証明してみた。』の劇場版。大学の同じ研究室に所属する氷室から告白された雪村は、理論的に好きを証明できなければ好きとは言えないと考え、“恋”の定義に関する証明実験を始める。氷室を演じる浅川梨奈、雪村の西銘駿、研究所メンバーの矢野優花、藤田富、荻野可鈴といったドラマ版キャストが続投。劇場版では新たに「君の膵臓をたべたい」の桜田通、ダンス&ヴォーカルグループlolメンバーの佐藤友祐、「ポエトリーエンジェル」の鈴木つく詩らが顔を揃える。
  • 映画コラショの海底わくわく大冒険!

    ベネッセコーポレーションの通信教育講座『進研ゼミ小学講座』のマスコットキャラクター“コラショ”誕生20周年を記念して制作されたアニメーション。JAMSTEC(国立研究開発法人海洋研究開発機構)全面協力のもと、主人公たちの冒険を通して深海の謎に迫る。声の出演は「ポケットモンスター」シリーズの大谷育江、「ONE PIECE ワンピース」シリーズの岡村明美、「宇宙戦艦ヤマト」シリーズの森谷里美。脚本を「デジモンアドベンチャー tri.」シリーズの広田光毅が担当。監督は、数々のTVアニメで演出や絵コンテを手がけてきた奥村よしあき。
  • 母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

    宮川サトシによる自伝エッセイ漫画を「日日是好日」の大森立嗣監督が「愛しのアイリーン」の安田顕主演で映画化。平凡でユーモラスな宮川家の日常は、母が突然ガンを宣告されたことで変化していく。息子サトシは恋人・真里に励まされながら母のために奔走する。共演は、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の松下奈緒、「パンク侍、斬られて候」の村上淳、「孤狼の血」の石橋蓮司、「あやしい彼女」の倍賞美津子。脚本は大森立嗣。撮影を「日日是好日」の槇憲治、音楽を「俳優 亀岡拓次」の大友良英が務める。
  • ともしび(2017)

    シャーロット・ランプリングが、第74回ヴェネチア国際映画祭で主演女優賞を受賞したヒューマンドラマ。ベルギーの小都市で夫と老後を慎ましく暮らすアンナ。だが夫が犯したある罪によって、その生活の歯車は狂い始め、不安と孤独の冷たい雫が彼女に流れ込む。共演は「ル・アーヴルの靴みがき」のアンドレ・ウィルム。監督は、本作が長編2作目となるイタリア出身の俊英アンドレア・パラオロ。
  • アイアンガール FINAL WARS

    荒廃した近未来を舞台に、特殊強化服を身に纏い、失われた記憶を求めて旅を続けるヒロインの戦いを映し出すSFアクション最終章。孤独な戦いに身を投じる早乙女クリスは、ある日、謎の少女サラと運命的な出会いを果たすが、彼女は超大量破壊兵器SARAであった。ヒロインの早乙女クリスを演じるのは人気セクシーアイドルの明日花キララ。共演は「LADY NINJA 青い影」の赤井沙希、TV『ウルトラマンオーブ』の青柳尊哉、グラビアアイドルの天木じゅん。監督は、前作「アイアンガール ULTIMATE WEAPON」に続き藤原健一。
  • デッドエンドの思い出

    よしもとばななの同名短編小説を原作に、新鋭チェ・ヒョンヨン監督が映画化。遠距離恋愛中の婚約者を追って韓国から名古屋へやって来たユミ。だが彼のアパートには見知らぬ女性の姿があった。街を彷徨うユミはゲストハウスを兼ねた古民家カフェにたどり着く。主人公ユミを韓国の女性アイドルグループ少女時代のチェ・スヨンが、カフェのオーナー・西山を名古屋発のエンターテイメントグループBOYS AND MENの田中俊介が演じる。2019年2月2日よりシネマスコーレ(名古屋)にて先行公開。
  • We Margiela マルジェラと私たち

    2008年に表舞台から姿を消したデザイナー、マルタン・マルジェラの秘密に迫るドキュメンタリー。顔を見せず、インタビューは書面のみで、「私」ではなく「私たち」と答えるファッション業界の異端児の真実を、数々のアーカイブと証言から浮き彫りにする。
  • 劇場版 幼女戦記

    原作シリーズの累計発行部数が300万部を突破した戦争ファンタジー小説の劇場版新作アニメ。幼い少女でありながら軍を率いる少佐のターニャは南方大陸で勝利を上げるが、本国で待ち受けていたのは、連邦国境付近で大規模動員の兆しがあるとの知らせだった。TVアニメに引き続き、監督は「劇場版『フリクリ オルタナ』」の上村泰、脚本は「ヒトコワ」シリーズの猪原健太が務める。声の出演は、「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」の悠木碧。
  • 笑顔の向こうに

    歯科医療の現場を舞台に、若者たちの成長を描いた青春映画。大地は周囲からの評判も良く、その端麗な容姿から“王子”とも呼ばれる若手歯科技工士。だがある日、歯科技工所を営む父にその仕事ぶりを否定され、患者からも義歯を突き返されてしまう……。出演は「ギャングース」の高杉真宙、「ポエトリーエンジェル」の安田聖愛。
  • あまのがわ

    哀川翔の娘・福地桃子の初主演映画。母との関係が上手く行かず、不登校になった高校生・琴浦史織は、祖母が暮らす屋久島を訪れる。そこで出会ったのは、会話ができるAIロボット。ロボットと交流を深めていく史織だったが、そのロボットには秘密が……。共演は『仮面ライダーゴースト』の柳喬之。監督は「ノー・ヴォイス」の古新舜。
  • ジャンクション29

    BOYS AND MENのメンバー主演のTVドラマ3話に映画版オリジナルストーリーを加えて上映。親のすねをかじりながら映画を作る自主映画監督、結婚相談所のカリスマ仲人、動画投稿を続ける男、落選続きの漫画家志望の“等身大の29歳”の青春物語。出演は、「人狼ゲーム インフェルノ」の水野勝、「ダブルミンツ」の田中俊介、「海すずめ」の小林豊、「燐寸少女 マッチショウジョ」の本田剛文。監督は、「谷崎潤一郎原案/TANIZAKI TRIBUTE『富美子の足』」のウエダアツシ、「0093女王陛下の草刈正雄」助監督の山田晃久。
  • バーニング 劇場版

    「ポエトリー アグネスの詩」のイ・チャンドン監督による第71回カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞受賞作。村上春樹の短編『納屋を焼く』を大胆に脚色、幼馴染のヘミから正体不明の男ベンを紹介された小説家志望のジョンスがたどる不可思議な運命を映し出す。出演は「ベテラン」のユ・アイン、TV『ウォーキング・デッド』シリーズのスティーブ・ユァン、オーディションで選ばれた新人チョン・ジョンソ。
  • ちいさな独裁者

    「RED レッド」のロベルト・シュヴェンケがドイツ敗戦直前の混乱期に起こった実話を映画化。偶然ナチス将校の軍服を手に入れた脱走兵ヘロルトは、言葉巧みに道中で出会った兵士たちを服従させていく。やがて、その傲慢な振る舞いはエスカレートして……。出演は、「まともな男」のマックス・フーバッヒャー、「僕とカミンスキーの旅」のミラン・ペシェル、「陽だまりハウスでマラソンを」のフレデリック・ラウ、「顔のないヒトラーたち」のアレクサンダー・フェーリング。2017年サンセバスチャン国際映画祭撮影賞受賞。
  • 金子文子と朴烈(パクヨル)

    大正期の日本に実在した無政府主義者・朴烈と金子文子の愛と闘いを活写する歴史ドラマ。1923年、関東大震災直後に広がった噂をきっかけに、日本政府は朝鮮人青年・朴烈と彼の同志で恋人の金子文子を逮捕。大逆罪で起訴された二人は歴史的な裁判に身を投じていく。出演は「探偵ホン・ギルドン 消えた村」のイ・ジェフン、「空と風と星の詩人 尹東柱(ユンドンジュ)の生涯」のチェ・ヒソ、「アイアムアヒーロー」の山野内扶、「朝日のあたる家」の金守珍。脚本を「私は王である!」のファン・ソング、音楽を「監獄の首領」のパン・ジュンソクが務める。監督は「ソウォン 願い」のイ・ジュンイク。第13回大阪アジアン映画祭にて「朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト」のタイトルでオープニング上映。
  • 山<モンテ>

    イランの巨匠アミール・ナデリが、中世イタリアを舞台に1人の男と壮大な山の対峙を描くドラマ。南アルプスの山の麓で、家族と暮らすアゴスティーノ。だが、巨大な山が太陽の光を遮るこの村では、思うように作物が育たず、満足な暮らしが送れずにいた……。第73回ヴェネチア国際映画祭では、「監督・ばんざい!賞」を受賞。出演は「バスターズ」のアンドレア・サルトレッティ。
  • がんになる前に知っておくこと

    日本人の2人に1人が罹患すると言われるがんと向き合うドキュメンタリー。検診で乳がんの疑いありと判定されたことのある女優・鳴神綾香をナビゲーターに据え、がん治療専門の医療従事者やがん経験者ら15人との対話を通し、がんについて一から学んでいく。義妹をがんで亡くしたプロデューサー・上原拓治の、がんに関する基本的な知識や治療をめぐる医療システムや制度の全体像を映画を通して伝えたいとの思いから本作の製作がスタートした。監督は「躍る旅人―能楽師・津村禮次郎の肖像」の三宅流。
    100
    • 考えさせられる
  • Back Street Girls ゴクドルズ

    1970年代に人気を博した東映ピンキーバイオレンスの流れを汲むアウトローコメディー。組長の思い付きで性転換&全身整形をさせられアイドルとしてデビュー、思いがけず大人気となった若き極道3人組の姿を活写したジャスミン・ギュ原作による異色漫画を実写化。出演は「リンキング・ラブ」の白洲迅、「ゆずりは」の柾木玲弥、TV『陸王』の花沢将人、「女流闘牌伝 aki アキ」の岡本夏美、TV『仮面ライダーエグゼイド』の松田るか、TV『ウルトラマンX』の坂ノ上茜、「22年目の告白 私が殺人犯です」の岩城滉一。2018年に急逝した大杉漣が友情出演。脚本を「月光ノ仮面」の増本庄一郎と「必死剣鳥刺し」の伊藤秀裕が担当。監督は「私の人生なのに」の原桂之介。
  • カラヤン・シネマ・クラシックス シーズン2018~2019「感情の波」

    世界的なマエストロであるヘルベルト・フォン・カラヤンが生前に収録したコンサートを映画館でスクリーン上映するシリーズ。ファーストシーズンとなる2018~2019年は、カラヤンが指揮した5本のコンサートで構成され、生前のカラヤンが自ら設立した映像制作会社テレモンディアル社により収録・制作されたもの。第四弾「感情の波」の曲目は、ブルックナー『交響曲第9番』、ドビュッシー 交響詩「海」「牧神の午後への前奏曲」、ラヴェル『ダフニスとクロエ』第2組曲。
  • 誰がための日々

    実在の事件をヒントに、介護うつの果てに母を亡くした青年の苦悩を描いたドラマ。寝たきりの母の介護を1人で行って来たトンは、やがてうつ病を発症。ある事件を起こし、母を亡くす。1年後、うつ病の治療を終えたトンは、疎遠だった父と暮らし始めるが……。「インファナル・アフェア」のショーン・ユーとエリック・ツァンが再共演。監督のウォン・ジョンは本作で長編デビュー。
  • フロントランナー

    1988年に起きた政治スキャンダルを基に「マイレージ、マイライフ」のジェイソン・ライトマン監督が、ヒュー・ジャックマン主演で映画化。アメリカ大統領選挙で当選確実とされていたゲイリー・ハート。だが、たったひとつの報道が彼を失脚へと追い込んでゆく。共演は「トレイン・ミッション」のヴェラ・ファーミガ、「セッション」のJ.K.シモンズ、「人生は小説よりも奇なり」のアルフレッド・モリーナ。原作は、マット・バイ著『All the Truth is Out』。
  • ノーザン・ソウル

    1970年代のイングランド北部を舞台に、音楽ムーヴメント“NORTHERN SOUL”に魅了された若者たちが織りなす青春ドラマ。退屈な毎日にうんざりしていた高校生ジョンは、ユースクラブでソウル・ミュージックに合わせて踊る青年マットと出会う。出演は、「バーチャル・ウォーズ」のエリオット・ジェームズ・ラングリッジ、「モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト」のジョシュ・ホワイトハウス、「24アワー・パーティ・ピープル」のスティーヴ・クーガン。2015年英国アカデミー賞英国デビュー賞ノミネート、2015年ロンドン批評家協会賞ブレイクスルー英国フィルムメイカー賞ノミネート、2015年トロント国際映画祭オフィシャルセレクション。
  • THE GUILTY ギルティ(2018)

    第34回サンダンス映画祭観客賞受賞のサスペンス。警察の一線を退き、現在は緊急通報司令室のオペレーターとして勤務するアスガーは、今まさに誘拐されている女性自身から通報を受ける。微かに聞こえる音だけを手がかりに、アスガーは誘拐事件の解決に挑む。監督は、本作が長編デビュー作となるグスタフ・モーラー。出演は、「光のほうへ」のヤコブ・セーダーグレン。
  • サタデーナイト・チャーチ 夢を歌う場所

    実在するLGBTの支援プログラムを舞台にしたヒューマンドラマ。トランスジェンダーの青年ユリシーズは、同じ境遇の仲間と語らう場として開放された土曜の夜の教会で、少しずつ自分を解放していく。しかし、家族に秘密を知られてしまい、家を追い出される。監督・脚本は、本作がデビュー作となるデイモン・カーダシス。出演は、ブロードウェイの若手俳優ルカ・カイン、ドラマ『Pose/ポーズ』のMJ・ロドリゲス。オースティンゲイ・レズビアン映画祭最優秀長編作品賞、サンフランシスコLGBT国際映画祭新人監督作品賞ほか受賞多数。
  • 道草

    知的障害者たちの一人暮らしの実情に迫ったドキュメンタリー。2014年に重度訪問介護制度の対象が拡大され、重度の知的・精神障害者もヘルパー付きで一人暮らしが出来る可能性が大幅に拡大。それにより、知的障害者たちの一部が、新しい暮らしを始める。監督・撮影・編集を担当したのは「風は生きよという」の宍戸大裕。
  • ドキュメンターテイメント AD-LIVE

    人気声優・鈴村健一が総合プロデューサーを務める舞台公演『AD-LIVE 2017』の裏側に迫ったドキュメンタリー。ヒミツ”をテーマに全12公演、異なる世界観・シナリオで行われた『AD-LIVE 2017』の舞台裏に声優・津田健次郎が潜入。津田は監督と脚本を兼任している。
  • サムライマラソン

    「超高速!参勤交代」の脚本家・土橋章宏による小説『幕末まらそん侍』を豪華スタッフ・キャストで映画化。幕末。迫る外国の脅威に備え、安中藩主・板倉勝明は藩士を鍛えるため、十五里の山道を走る大会を開催。そんななか、藩士不在の城に刺客が送り込まれる。出演は「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の佐藤健、「恋は雨上がりのように」の小松菜奈、「怒り」の森山未來、「きみの鳥はうたえる」の染谷将太、「来る」の青木崇高、「レオン」の竹中直人、「淵に立つ」の筒井真理子、「止められるか、俺たちを」の門脇麦、「海を駆ける」の阿部純子、「リングサイド・ストーリー」の奈緒、「覚悟はいいかそこの女子。」の中川大志、「ワンダーウーマン」のダニー・ヒューストン、「パンク侍、斬られて候」の豊川悦司、「シン・ゴジラ」の長谷川博己。監督は「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」のバーナード・ローズ。企画・プロデュースは「ラストエンペラー」のジェレミー・トーマスと「おくりびと」の中沢敏明。脚本は「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の斉藤ひろし、バーナード・ローズ、「喰女 クイメ」の山岸きくみ。音楽を「めぐりあう時間たち」のフィリップ・グラス、衣装デザインを「乱」のワダエミが担当。
  • 盆唄

    「ナビィの恋」の中江裕司監督によるドキュメンタリー。先祖代々守り続けていた伝統“盆唄”の消滅を危惧しながら避難所生活を送る福島県双葉町の人々が、福島から伝わった盆踊りがハワイの日系人に愛されていることを知り、伝統を絶やすまいと奮闘する姿を追う。アニメーションパートの声の出演は「武士の献立」の余貴美子、「悪人」の柄本明、「パンク侍、斬られて候」の村上淳。第19回東京フィルメックス特別招待作品。
  • FIGHTERS THE MOVIE Challenge with Dream

    北海道日本ハムファイターズが、15thプロジェクトの一環として、球団が北海道に誕生してから15年の歴史を回顧するドキュメンタリー。映画製作は球団初の試み。『スポーツ・コミュニティ』という企業理念、『ファンサービス・ファースト』という活動指針、『チャレンジ・ウィズ・ドリーム』という経営理念のもと、『既成概念に縛られない、夢を持った挑戦をする』心意気を実践してきた15年。この間、5度のリーグ優勝、2度の日本一を達成している。
  • ビール・ストリートの恋人たち

    「ムーンライト」のバリー・ジェンキンスが、ジェームズ・ボールドウィンの小説を映画化したラブストーリー。1970 年代のニューヨーク。ティッシュとファニーは幼い頃から強い絆で結ばれた恋人同士。だがある日、ファニーが無実の罪で逮捕されてしまう。出演は、本作が長編映画デビューとなるキキ・レイン、「栄光のランナー/1936ベルリン」のステファン・ジェームズ。レジーナ・キング(「デンジャラス・ビューティー2」)は、ゴールデン・グローブ賞助演女優賞を始め、数々の賞に輝いた。
  • 眠る村

    「ヤクザと憲法」、「人生フルーツ」などで注目を集める東海テレビドキュメンタリー劇場第11弾。自白の信憑性の問題や決定的な物証の不在にも関わらず、戦後唯一、一審の無罪判決から二審で逆転死刑判決が下された“名張毒ぶどう酒事件”の謎に迫る。ナレーションを担当するのは、「約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯」で本事件の被告、奥西勝を演じた仲代達矢。
  • おっさんのケーフェイ

    第13回CO2の助成企画として道頓堀プロレスの全面協力を得て完成した人間ドラマ。11歳のヒロトは将来の夢もなく、冴えない日々を過ごしていた。そんなある日、たまたま入ったプロレス会場で人気レスラーの引退試合を観戦し、今までにない興奮を覚える。フェイクドキュメンタリー「あの娘はサブカルチャーが好き」の谷口恒平による長編デビュー作。出演は、「菊とギロチン」の川瀬陽太、「いつまた、君と 何日君再来」の松田優佑。第12回大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門、第17回ニッポン・コネクションニッポンヴィジョンズ部門、カナザワ映画祭2017期待の新人監督部門、第18回TAMA NEW WAVEある視点部門上映作品。
  • 怪盗キッドの宝石の夜(Jewel Night)

    『名探偵コナン』に登場する、主人公・江戸川コナンのライバルで、警察を手玉に取り鮮やかに盗みを成功させる人気キャラクター、怪盗キッドの放送エピソードを厳選し日替わりで上映。本編前には怪盗キッドの声を担う山口勝平が登場するスペシャル映像がつく。怪盗キッドがキーパーソンとなる『名探偵コナン』シリーズ劇場版第23弾「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」の公開を記念し開催。
  • ナディアの誓い On Her Shoulders

    自らの過酷な体験に基づいて世界中にISISの非道を訴え、ノーベル平和賞2018を受賞した23歳の女性ナディア・ムラドの活動を追ったドキュメンタリー。イラク北部の小さな村で家族と幸せに暮らしていたナディアの人生は、ISISの出現で一変する。監督は、これまで数々のドキュメンタリーを手掛けてきたアレクサンドリア・ボンバッハ。
  • 空の瞳とカタツムリ

    TV『深夜食堂』シリーズを手がけた荒井美早によるオリジナル脚本を、父・荒井晴彦企画のもと映画化。不特定多数の男性と行きずりの行為を繰り返す夢鹿と、ある出来事がきっかけで潔癖症となった十百子が互いを求めながら傷つけ合う姿を繊細なタッチで映し出す。夢鹿役の縄田かのん、十百子役の中神円は本作が映画初主演。ほか出演は「栞」の三浦貴大、「兄友」の藤原隆介、「人魚の眠る家」の利重剛、「名前のない女たち うそつき女」のクノ真季子、「万引き家族」の柄本明。撮影を「スティルライフオブメモリーズ」の石井勲が担当。「空の瞳とカタツムリ」というタイトルは、故・相米慎二監督の遺作「風花」のタイトル変更案として最終候補まで残ったもので、相米監督の弟子筋である「なにもこわいことはない」の斎藤久志が監督を務める。第19回東京フィルメックス特別招待作品。
  • 清澄

    「きみの鳥はうたえる」の俳優・染谷将太が監督・脚本・出演を務めた自主制作短編映画。東京の東側に位置する川沿いの地区。取り留めない会話を交わす中年の男と若者。漂流する男たちが繰り広げるファンタジー。出演は、「おっさんのケーフェイ」の川瀬陽太。
  • ブランク

    山口情報芸術センターが実施する映画制作プロジェクトYCAM Film Factory第三弾招聘監督として「きみの鳥はうたえる」の俳優・染谷将太が監督・出演した短編映画。山口を舞台に、ある警備員の不可思議な一日をめぐり、虚構と現実が交差する。主演は「ばかのハコ船」の山本剛史。脚本は、染谷の妻で「パシフィック・リム」シリーズ出演の菊地凜子。
  • ザ・スリープ・カース

    「八仙飯店之人肉饅頭」などで脚光を浴びた監督ハーマン・ヤウと主演アンソニー・ウォンのコンビによるホラー。睡眠を研究するDr.ラムの元に、元婚約者が助けを求めてやってくる。彼女の家族は、攻撃的になり人肉を欲するという異様な不眠症に陥っていた。睡眠を研究する一方で自ら不眠症を抱えるサイコパスのDr.ラムをアンソニー・ウォンが演じるほか、「少女たち」のミシェル・ワイ、「SPL 狼たちの処刑台」のラム・カートンらが出演。特集『未体験ゾーンの映画たち2019』にて上映。
  • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 南北英雄

    清朝末期に実在した医師で洪家拳の達人であるウォン・フェイホンを主人公にしたアクションシリーズの一作。フェイホンの道場に、謎の猛毒に侵され筋肉や血管が異様に強靭化した男が乱入。さらに不審な出来事が頻発する中、事件を追うフェイホンに危機が迫る。「IV/天地覇王」「V/天地撃攘」で主演したチウ・マンチェクが、24年ぶりに「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズに復帰。特集『未体験ゾーンの映画たち2019』にて上映。
  • タンク・ソルジャー 重戦車KV-1

    第二次世界大戦当時、世界最強と言われたドイツ軍ティーガー重戦車部隊に戦いを挑んだソ連戦車兵たちの実話を映画化。1942年、KV-1戦車部隊8号車の指揮官に任命されたソ連第15戦車団のコノワロフは、部下と共に修理した戦車を駆り、出撃してゆく。出演は「SEXドールズ」のアンドレイ・チェルニショフ。【未体験ゾーンの映画たち2019】にて上映。
  • 血まみれスケバンチェーンソーRED 後編ギーコの覚醒

    2016年に公開された「血まみれスケバンチェーンソー」の新章2部作の後編。自前のチェーンソーを持ち歩く女学生・鋸村ギーコは、ある日、同級生の碧井ネロが創り出した改造死体たちに襲われ始め、ネロや新生徒会総長ネメシスとの対決に身を投じていく。4DX上映。浅川梨奈、あの、日高七海、替地桃子、護あさなといった前編のメインキャストに加え、「セーラー服無宿~無情の荒野~」の佐野いずみ、「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の蒼波純が参加。前編に続き、脚本を福原充則、監督を山口ヒロキが務める。原作は、三家本礼による痛快アクション漫画『血まみれスケバンチェーンソー』。
  • グラビティ 繰り返される宇宙

    「トータル・リコール」のマイケル・アイアンサイドらが出演するSFパニック・アクション。元刑事コールがデッド・ゾーンで消息を絶った宇宙船アトロパ号を発見し乗船したところ、不明船と衝突。その船とは過去のアトロパ号で、中には自分らの死体があり……。優れた配信動画を表彰するストリーミー賞にて2018年ヴィジュアル&スペシャルエフェクト賞を獲得。特集『未体験ゾーンの映画たち2019』にて上映。
  • ザ・カニバル・クラブ

    イタリアのルッカ映画祭など、ヨーロッパの映画祭を中心に話題を集めたブラジル発のホラー。素性の不確かな人物を使用人として雇い入れ、快楽のために殺害を繰り返す大富豪オタビオとギルダの夫婦。2人は人肉食を楽しむ秘密クラブにも加わっていたが……。出演はブラジルで俳優として活躍するアナ・ルイザ・リオス、タビンホ・テイクセイラ。【未体験ゾーンの映画たち2019】にて上映。
  • デス・ショット

    ブルース・ウィリスと「スカイライン 奪還」のフランク・グリロ共演によるクライム・アクション。全米を震撼させる正体不明の連続銀行襲撃事件が発生。容疑をかけられた銀行員ジェイコブは、隣家に住む元警官のジェームスに協力を求め、独自に捜査を開始する。脇を固めるのは「キング・ホステージ」のジョナサン・シェック、「レスラー」のワス・スティーヴンス、「ストレンジャー・プロジェクト」のコリン・エッグレスフィールド。撮影は「ネイビーシールズ:チーム6」のピーター・ホランド。音楽を「リメインズ 死霊の棲む館」のジオナ・オスティネッリと新進女性コンポーザーのソニヤ・ベロウソワが担当。監督は「コードネーム:プリンス」「デッド・シティ2055」のブライアン・A・ミラー。
  • ジ・アリンズ/愛すべき最高の家族

    過激なパフォーマンスを繰り広げ全身でハードコアを体現した伝説のパンクロッカー、GGアリンの家族に焦点をあてたドキュメンタリー。1993年に急逝した彼の魂を引き継ごうともがく兄、温かい眼差しで子供たちを支える母のたくましく生きる姿を映し出す。ミュージシャン、トミー・シーバッチの生涯を追った「Tommy」(未)や、映画「ドッグヴィル」撮影現場の裏側をとらえた「メイキング・オブ・ドッグヴィル~告白~」を手がけたサミ・サイフ監督が、ロック史上最大の破壊者GGアリンの家族の物語を記録した。
  • パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)

    『セサミストリート』で知られるジム・ヘンソンカンパニー製作によるアクション・コメディ。人間とパペットが共存する世界で、前代未聞のパペット連続殺害事件が発生。アグレッシブなおばさん刑事コニー&パペット刑事フィルの凸凹コンビが事件解明に乗り出す。主人公の刑事コニーを演じるのは「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたメリッサ・マッカーシー。その相棒フィルの声を、伝説のパペット操作師ビル・バレッタが務める。共演は「マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ」のマーヤ・ルドルフ、「NY心霊捜査官」のジョエル・マクヘイル、「ハンガー・ゲーム」シリーズのエリザベス・バンクス。監督はジム・ヘンソンの息子、ブライアン・ヘンソン。
  • NUMBER37 ナンバー37

    ファンタジア国際映画祭2018最優秀監督賞を獲得したバイオレンス・サスペンス。大金欲しさに麻薬取引に手を出し失敗、借金を抱え下半身不随となったランダルは、ギャングのロイヤーが警官を殺したところを双眼鏡越しに目撃。これをネタに強請ろうとする。2014年に制作された短編が高評価を得たのを受け、長編化された。特集『未体験ゾーンの映画たち2019』にて上映。
  • スネーク・アウタ・コンプトン

    コンプトンを舞台に、ラッパーたちが巨大スネーク退治に挑むパニック映画。ラップで一発当てようと目論むキャムと仲間たちは、オーディションを受ける機会を得る。だが、キャムが悪徳刑事に理不尽に拘束され、さらにラップ好きの巨大スネークが街に出現する。未体験ゾーンの映画たち2019で上映。
  • リーサル・ソルジャーズ

    父であるメル・ギブソン監督作「ハクソー・リッジ」で映画デビューを飾ったマイロ・ギブソン主演による傭兵アクション。元ネイビーシールズで賞金稼ぎのジャックは、CIAの依頼を受け、機密裏に結成されたチームのもと、国際テロ組織のボス暗殺任務を始動する。共演は「蜘蛛の巣を払う女」のシルヴィア・フークス、「ホース・ソルジャー」のウィリアム・フィクトナー、「ザ・デッド:インディア」のジョセフ・ミルソン。監督・脚本は『VANGUARD』のマシュー・ホープ。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2019』にて上映。
  • コントロール 洗脳殺人

    クリスティーナ・リッチ&ジョン・キューザック共演のアクション・スリラー。息子を亡くし、辛い日々を送るローレンは夫と共に、最新のセキュリティシステムを備えた郊外のマンションに引っ越す。だが、やがてローレンは不可解な現象に悩まされることに……。共演は「レヴェナント:蘇えりし者」のブレンダン・フレッチャー。
  • オッズ

    ふたりの人物が密室で繰り広げる生死を賭けた拷問ゲームを映し出すワンシチュエーション・ホラー。ある日、女は100万ドルの賞金を獲得しようとそのゲームに参加する。だがそれは「激痛」と「人間性の崩壊」に特化した危険なアンダーグラウンド・ゲームだった。主人公の女プレイヤーを、元プロ野球選手ブレット・バトラーを父に持つアビー・バトラーが演じる。監督・脚本は、新鋭ボブ・ジョルダーノ。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2019』にて上映。
  • シロウオ 原発立地を断念させた町

    建設計画が撤回された徳島県阿南市椿町の蒲生田原発と和歌山県日高町の日高原発について、当時反対運動を行った住民にインタビュー。紀伊水道を挟み協力しあった彼らの証言を中心に、原発マネーを拒否し故郷や家族などを守るため動いた人々の思いをまとめる。監督はカメラマン&ライターのかさこ。環境雑誌『奔流』の編集人・矢間秀次郎がプロデューサーを務める。2014年1月18日小金井市民交流センターを皮切りに各地で上映会が開催され、2014年4月12日より大阪・シアターセブンにて劇場公開。
  • いのちの岐路に立つ 核を抱きしめたニッポン国

    ヒロシマ・ナガサキ、第五福竜丸が被曝したビキニ環礁水爆実験、原発労働者の被曝など、核による厄災を繰り返してきた戦後日本の隠された真実に迫るドキュメンタリー。被爆・被曝者や研究者らが登場、核を巡る歴史、さらには現在進行する核の問題を見据える。監督は「無音の叫び声」など数々のドキュメンタリーを手がけてきた原村政樹。長らく環境問題に取り組んできた俳優・中村敦夫が作中の語りを担当。環境雑誌『奔流』の編集人・矢間秀次郎がプロデューサーを務める。2017年9月9日東京での上映会を皮切りに各地で上映。2017年9月23日より大阪・シアターセブンにて、10月21日より愛知・シネマスコーレにて劇場公開。
  • ラストラブレター

    第11回田辺・弁慶映画祭で映画.com賞、キネマイスター賞を受賞したSFラブストーリー。事故で妻を失い、2年が過ぎても大きな喪失感を抱える隆は、妻をヒューマノイドとして蘇らせることを決意する。だが“彼女”が起動しているのは2週間のみだった。監督・脚本は、「カラガラ」の森田博之。出演は、「さくらになる」のミネオショウ、「名前のない女たち うそつき女」の影山祐子。
  • ナショナル・シアター・ライブ2019「マクベス」

    英国ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を各国の映画館で上映するナショナル・シアター・ライブ2019。W・シェイクスピアの四大悲劇の一つを、英国ナショナル・シアター芸術監督ルーファス・ノリス演出で上演した2018年5月10日の公演を収録。出演は、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のローリー・キニア、「未来を花束にして」のアン=マリー・ダフ。

2019年3月公開の映画

  • Noise(2018)

    2008年に無差別殺傷事件が起きた秋葉原で繰り広げられる人間模様を通じて、日本の今を浮き彫りにする群像劇。8年前の無差別殺傷事件で母親を亡くした桜田美沙は、秋葉原で地下アイドル活動をする一方、所属事務所が経営するJKリフレ店で働くが……。監督は本作が劇場公開映画デビューとなる松本優作。出演はファッションモデル、アイドルとして活動する篠崎こころ、アイドルグループ“オトメブレイヴ”のメンバーとして活躍する安城うらら。
  • スパイダーマン:スパイダーバース

    新たなスパイダーマンの誕生を描くアニメーション。ニューヨークである日、何者かによって時空が歪められる事故が発生。スパイダーマンでありながら、その力をうまく制御できずにいたマイルスの前に、異なる次元で活躍するスパイダーマンたちが姿を現す……。声の出演は「DOPE/ドープ!!」のシャメイク・ムーア、「バンブルビー」のヘイリー・スタインフェルド。監督は、「リトルプリンス 星の王子さまと私」の脚本家ボブ・ペルシケッティ、「ガーディアンズ 伝説の勇者たち」のピーター・ラムジー、「リベンジ・マッチ」の脚本家ロドニー・ロスマンの3人が共同で務める。
  • 移動都市/モータル・エンジン

    イギリスの作家フィリップ・リーヴによるファンタジー小説『移動都市』を、ピーター・ジャクソン製作・脚本で映画化。都市が移動し、都市を喰う世界を舞台に、亡き母の復讐と人類の希望を胸に抱く一人の少女と、その思いに共鳴する反逆者たちの冒険を映し出す。出演は「殺意の誓約」のヘラ・ヒルマー、「ムーン・ウォーカーズ」のロバート・シーアン、「ハクソー・リッジ」のヒューゴ・ウィーヴィング、「ドント・ブリーズ」のスティーヴン・ラング。共同脚本に「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット」シリーズのフィリッパ・ボウエンとフラン・ウォルシュ。監督は、ピーター・ジャクソンの右腕として「キング・コング」で第78回アカデミー賞視覚効果賞を受賞したクリスチャン・リヴァーズ。日本語吹替え版では『進撃の巨人』の石川由依、『Free!』の島﨑信長、「宇宙戦艦ヤマト」シリーズの大塚芳忠といった声優陣が出演。
  • きばいやんせ!私

    「百円の恋」の監督・武正晴と脚本家・足立紳による、鹿児島県肝属郡南大隅町を舞台にした人間ドラマ。テレビアナウンサーの貴子は、命じられた南大隅町・御崎まつりの取材を嫌々ながら進めるうちに、伝統文化を守り抜こうとする人々の思いに動かされていく。きばいやんせとは、鹿児島弁で頑張ってという意味。将来を見失っていたアナウンサー・貴子を「友罪」の夏帆が演じ、相手役を「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の太賀が務める。
  • PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3「恩讐の彼方に__」

    罪を犯す前の潜在犯を刑事が追う近未来を描くオリジナルTVアニメの劇場版三部作第3弾。2116年の東南アジア連合・SEAUnでの事件後、放浪の旅を続けていた狡噛は、武装ゲリラに襲われていた難民を乗せたバスを救い、その中の少女テンジンと出会う。原案・監督は、TV版や『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』を手掛けた塩谷直義。声の出演は、TVアニメ『ドラえもん』の関智一、「シュガー・ラッシュ」シリーズの諸星すみれ。
  • 九月の恋と出会うまで

    松尾由美の同名小説を「嘘を愛する女」の高橋一生、「一週間フレンズ。」の川口春奈のW主演で映画化。マンションに引っ越してきた志織は、部屋で自分を強盗殺人から助けようとする一年後の未来からの声を聞く。相談を受けた隣人・平野は、あることに気づく。監督は、「わたしに××しなさい!」の山本透。
  • 君がまた走り出すとき

    『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭』15周年を記念し、地元である埼玉県川口市を舞台に制作されたヒューマンドラマ。日本人男性で初めて世界6大マラソンを走破した川口在住の市民ランナーの実話をモチーフに、人生に行き詰まった男女6人の出会いと再生を綴る。出演は「菊とギロチン」の寛一郎、「寝ても覚めても」の山下リオ、「ケアニン あなたでよかった」の菜葉菜、「えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。」の辻本祐樹、「破裏拳(はりけん)ポリマー」の長谷川初範、「あん」の浅田美代子、「ゆずの葉ゆれて」の松原智恵子。脚本を「25 NIJYU-GO」の岡芳郎、撮影を「覚悟はいいかそこの女子。」の栢野直樹、音楽を「触れたつもりで」の大橋征人が担当。監督は「4/猫 ねこぶんのよん」の中泉裕矢。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018 オープニング作品。2019年2月8日よりMOVIX川口にて先行上映。
  • L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。

    2014年に公開され壁ドンブームを巻き起こした「L♡DK」のキャストを一新し、原作コミック中でも絶大な人気を誇る『玲苑編』を実写化。久我山柊聖との秘密の同居生活を送っていた高校生・西森葵。だがある日、彼の従兄弟・玲苑が押しかけてきて3人同居が始まる。出演は「ちはやふる」シリーズの上白石萌音、「春待つ僕ら」の杉野遥亮、「愛唄 約束のナクヒト」の横浜流星、「黒崎くんの言いなりになんてならない」の高月彩良、「OVER DRIVE オーバードライブ」の町田啓太。脚本を「ガールズ・ステップ」の江頭美智留、音楽を「ラプラスの魔女」の遠藤浩二が担当。監督は前作に続き、川村泰祐が手がける。原作は『別冊フレンド』に長期連載された渡辺あゆによる少女コミック『L♡DK』。
  • PRINCE OF LEGEND

    「HiGH&LOW」シリーズの製作陣が再集結、EXILE TRIBEのメンバーらが出演する学園ラブバトル。名門校・聖ブリリアント学園で伝説の王子選手権が開催されることに。個性豊かな王子たち14人が三代目伝説の王子を目指しかつてない闘いを繰り広げる。2018年放映のテレビドラマ版、ゲーム、ライブなどといったメディアミックス展開する『プリンスバトルプロジェクト』のひとつ。監督は『仮面ティーチャー』シリーズの守屋健太郎。エグゼクティブプロデューサーをEXILE HIROが務める。
  • ソローキンの見た桜

    日露戦争時代に愛媛県松山市に設けられた全国初の捕虜収容所をモチーフにした、日露合作の悲恋物語。弟を戦争で亡くしロシア兵を憎む日本人看護師ゆいは、ロシア兵将校ソローキンの手当てをすることに。いつしか惹かれ合う二人だったが、彼には密命があった。第1回日本放送文化大賞ラジオ部門グランプリに輝いたラジオドラマ『~松山ロシア人捕虜収容所外伝~ソローキンの観た桜』を映画化。監督はオールロシアロケ作品「レミニセンティア」の井上雅貴。「2つ目の窓」「海を駆ける」の阿部純子が、ロシア人将校と運命的な出会いをする日本人看護師とその子孫のTVディレクターの二役を演じる。2019年3月16日より愛媛県先行ロードショー。
  • 天国でまた会おう

    2013年、フランスで最も権威のある文学賞のひとつ、ゴンクール賞に輝いたピエール・ルメートルの小説『天国でまた会おう』を、俳優のアルベール・デュポンテルが映画化。西部戦線から帰還したエドゥアールとアルベールは、声を失ったエドゥアールの思いを通訳する少女を加え、国を相手に詐欺をはたらこうと計画する。御曹司で画才に恵まれたエドゥアールを「BPM ビート・パー・ミニット」のナウエル・ペレーズ・ビスカヤートが、彼を手伝う小心者のアルベールをアルベール・デュポンテルが演じる。2018年セザール賞にて監督賞など5部門受賞。
  • 英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/2019 ロイヤル・オペラ「スペードの女王」

    ロンドンのコヴェント・ガーデン、ロイヤル・オペラ・ハウスで上演されたロイヤル・バレエ団、ロイヤル・オペラによる世界最高峰のバレエとオペラをスクリーン上映するシリーズの一作。ロシアの小説家アレクサンドル・プーシキンの短編小説『スペードの女王』をもとに、チャイコフスキーとその弟がドラマチックに作り替えた野心的なオペラ。
  • KING OF PRISM Shiny Seven Stars 劇場編集版I プロローグ×ユキノジョウ×タイガ

    真のプリズムスタァを目指し成長する少年たちを描く「KING OF PRISM」シリーズのアニメ『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』が2019年春よりテレビ放映されるのに先駆けて劇場上映する劇場編集版第一弾。「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」に続き菱田正和が監督。
  • 歯まん

    モンスターになってしまった少女の悲劇を描いた、“生と性と愛”がテーマのダークファンタジー。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015オフシアター・コンペ部門北海道知事賞、日本芸術センター第7回映像グランプリ若獅子賞を受賞するなど様々な映画祭で評価を得る。特集『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2018』にて上映(上映日:2018年8月11日、22日)後、2019年3月2日よりロードショー。
  • 俺は前世に恋をする

    「妄想少女」の荒木憲司が手掛けたファンタジー。自分が女性になったような奇妙な夢に悩まされる大学生の越坂高次はある日、女子高生の枝野凛香と出会う。だがそれは、例の夢で見たのと同じ状況だった。やがて、高次と凛香の意外な関係が明らかになり……。出演は舞台を中心に活躍する薫太、「馬の骨」の河上英里子。
  • METライブビューイング2018-19 ビゼー「カルメン」

    NYメトロポリタン歌劇場のオペラ公演を上映するシリーズ。〈ハバネラ〉〈闘牛士の歌〉〈花の歌〉などヒットメロディ満載のビゼーの名作。ローレンス・オリヴィエ賞に輝くリチャード・エア演出のもと、真面目な兵士の人生を狂わせる奔放なジプシー女の姿を映し出す。出演は、フランスの若手メゾ、クレモンティーヌ・マルゲーヌ、現代を代表するスター・テノールのロベルト・アラーニャ、ポーランド出身のソプラノ、アレクサンドラ・クルジャック、若手バスの筆頭格アレクサンダー・ヴィノグラドフ。指揮は、シンシナティ交響楽団の音楽監督も務めるルイ・ラングレ。
  • 月夜釜合戦

    2017年12月23日より大阪のシネ・ヌーヴォを皮切りに各地で上映。
  • えいがのおそ松さん

    赤塚不二夫のギャグ漫画『おそ松くん』を原作に、成長したおそ松たち六つ子を描いたアニメ『おそ松さん』の劇場版。同窓会に出席したおそ松たちだったが、社会人になった同級生の前で冴えない現状を曝され、落ち込んでしまう。翌朝、彼らが目を覚ますと……。アニメ『銀魂』シリーズの藤田陽一監督、「珍遊記」などを手がけた脚本家・放送作家の松原秀、櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由ら声優陣がテレビ版に引き続き続投。
  • グリーンブック

    2018年トロント国際映画祭で最高賞を受賞した実話に基づく人間ドラマ。1962年、天才黒人ピアニストが差別の残る南部でのコンサートツアーを計画し、イタリア系の用心棒トニーを雇う。ふたりは黒人用旅行ガイド『グリーンブック』を頼りに旅を始める。監督は、「愛しのローズマリー」のピーター・ファレリー。出演は、「はじまりへの旅」のヴィゴ・モーテンセン、「ムーンライト」のマハーシャラ・アリ、「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」のリンダ・カーデリーニ。
  • 家族のレシピ

    日本、シンガポール、フランスの合作で、日本とシンガポールに跨る家族の絆を描いたドラマ。家業のラーメン屋で働く真人は、店主だった父の死をきっかけに、亡き母と父が出会ったシンガポールを訪れる。そこで、知られざる両親の過去が明らかになるが……。出演は「のみとり侍」の齋藤工、『平清盛』の松田聖子、「超高速!参勤交代 リターンズ」の井原剛志、「手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~」の別所哲也。監督は「TATSUMI マンガに革命を起こした男」のエリック・クー。
  • 運び屋

    「グラン・トリノ」以来、10年ぶりにクリント・イーストウッドが監督・主演を兼任した作品。90歳で孤独な生活を送る男アール・ストーンは、クルマの運転さえすればいいという仕事を持ちかけられる。だがそれは、メキシコの麻薬カルテルの運び屋だった。共演は「アリー/ スター誕生」のブラッドリー・クーパー、「30年後の同窓会」のローレンス・フィッシュバーン。
  • サッドヒルを掘り返せ

    およそ49年もの間、人知れず眠り続けていた「続・夕陽のガンマン 地獄の決斗」のロケ地サッドヒルを復元しようとする有志たちを追ったドキュメンタリー。スタッフやキャストによる撮影当時のエピソードを交え、奇跡的ともいえる一大プロジェクトの顛末に迫る。監督は、本作が初長編作品となるスペイン出身のギレルモ・デ・オリベイラ。出演は「続・夕陽のガンマン 地獄の決斗」の音楽を担当したエンニオ・モリコーネ、主人公ジョーを演じたクリント・イーストウッド、編集を務めたエウヘニオ・アラビソ、映画歴史家のクリストファー・フレイリング、映画監督のアレックス・デ・ラ・イグレシア、ジョー・ダンテ、ヘヴィメタルバンド『メタリカ』のジェイムズ・ヘットフィールド、「サンゲリア」などのキャメラマン、セルジオ・サルヴァティ。第30回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門にて上映。
  • 君は月夜に光り輝く

    第23回電撃小説大賞を受賞した佐野徹夜の恋愛小説を、連続テレビ小説『半分、青い』の永野芽郁、「君の膵臓をたべたい」の北村匠海らの出演により映画化。卓也は不治の病・発光病に罹り余命わずかな同級生まみずのため、彼女の願いを代わりに体験していく。「響 -HIBIKI-」や「君の膵臓をたべたい」(2017)の月川翔監督が、死と向き合い、前を向いて精一杯生きる命の輝きを描く。
  • 映画ドラえもん のび太の月面探査記

    直木賞受賞作『鍵のない夢を見る』の作家・辻村深月が脚本を手掛けた「映画ドラえもん」シリーズ39作目。のび太はドラえもんのひみつ道具“異説クラブメンバーズバッジ”で月の裏側にウサギ王国を作る。そんなある日、不思議な少年ルカが転校してきて……。声の出演は、テレビシリーズの水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一に加え、「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」の広瀬アリス、ロッチの中岡創一、サバンナの高橋茂雄、「響 HIBIKI」の柳楽優弥、「OVER DRIVE オーバードライブ」の吉田鋼太郎がゲスト声優として登場する。監督は、「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」の八鍬新之介。
  • 岬の兄妹

    生活のため犯罪に手を出す障碍を持つ兄妹を描き、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018国内コンペティション長編部門優秀作品賞・観客賞をW受賞した人間ドラマ。仕事を干され生活が困窮する中、兄は罪悪感を抱きながら自閉症の妹への売春斡旋を始める。「はなちゃんのみそ汁」など数々の作品で助監督を務めてきた片山慎三が、家族の本質に切り込んでいく。足に障碍を持つ兄・良夫を「ローリング」の松浦祐也が、自閉症の妹・真理子を「菊とギロチン」の和田光沙が、産婦人科医を多くの日活ロマンポルノ作品に出演した風祭ゆきが演じる。
  • 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章「新星篇」

    TVアニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』の続編として1978年に公開された映画「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」を再構築したシリーズ最終章。最後の戦いが始まり、ヤマトはガトランティスを滅ぼす力“ゴレム”を奪うため、都市帝国中枢へと突撃する。声の出演は、『おそ松さん』の小野大輔、「リズと青い鳥」の桑島法子、「Free!」シリーズの鈴村健一。
  • 映画しまじろう 「しまじろうとうるるのヒーローランド」

    ベネッセコーポレーションの通信教育教材『こどもちゃれんじ』の人気キャラクター、しまじろうが活躍する劇場版シリーズ第7作。憧れのヒーローやヒロインに会える“ヒーローランド”にやって来たしまじろうと仲間たちが、数々の危機に立ち向かう姿を映し出す。南央美、高橋美紀、山崎たくみ、杉本沙織、稲葉実といったシリーズおなじみの声優陣が集結。さらに、ももいろクローバーZのプロジェクトユニット“ももくろちゃんZ”が主題歌を担当、たこっぴい役で声優としても参加している。しまじろう30周年記念映画第2弾。
  • ウトヤ島、7月22日

    単独犯としては史上最多の犠牲者を生んだ、ノルウェー連続テロ事件を映画化。2011年7月22日。オスロから40キロ離れたウトヤ島でサマーキャンプに参加していた若者たちが次々に殺害された凶行を、実際に事件発生から終息に要した72分ワンカットで映し出す。「ヒトラーに屈しなかった国王」のエリック・ポッペ監督が、キャンプで初めて出会った若者たちが極限の恐怖の中でいかに行動していったかを、実際の生存者の証言に基づいて描く。第68回ベルリン国際映画祭エキュメニカル審査員賞スペシャルメンション受賞作。
  • エマの瞳

    イタリア映画祭2018上映作品(映画祭タイトル「Emma 彼女の見た風景」)。
  • ふたりの女王 メアリーとエリザベス

    アカデミー賞ノミネート女優が16世紀英国に生きる2人の女王を演じた歴史ドラマ。スコットランド女王でフランス王妃のメアリーは、18歳で未亡人になると母国で王位に戻る。だが当時のスコットランドは、イングランド女王エリザベス1世の強い影響下にあった。出演は、「レディ・バード」のシアーシャ・ローナン、「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビー、「ダンケルク」のジャック・ロウデン、「女王陛下のお気に入り」のジョー・アルウィン。監督は舞台演出を数多く手掛け、本作で長編映画デビューを果たしたジョージー・ルーク。
  • 探偵なふたり:リターンズ

    マンガ喫茶の店長とベテラン刑事のコンビが活躍する「探偵なふたり」の続編。念願の探偵事務所を開業させたデマンとテス。だが、高額の成功報酬を提示された最初の依頼は、結婚を控えた男性の不審死に端を発し、やがて彼らを前代未聞の窮地に落とし込んでいく。デマンとテスを、前作に続きクォン・サンウとソン・ドンイルが演じ、元サイバー捜査隊のヨチ役で「フィッシュマンの涙」のイ・グァンスが初参加。監督は「肩ごしの恋人」「女は冷たい嘘をつく」のイ・オンヒ。
  • シスターフッド

    「わたしの自由について SEALDs 2015」の西原孝至監督による、ドキュメンタリーと劇映画が混在した実験的なモノクロ映画。フェミニズムに関するドキュメンタリーの監督・池田は、ヌードモデルの兎丸、歌手のBOMIらにインタビューをしていく。出演は、ヌードモデルの兎丸愛美、シンガーソングライターのBOMI、「無伴奏」の遠藤新菜、「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の秋月三佳、「走れ!T校バスケット部」の戸塚純貴、「緑色音楽」の栗林藍希、「リバーズ・エッジ」のSUMIRE、「ひと夏のファンタジア」の岩瀬亮。
  • 劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル

    2018年7月より放送の特撮TV『ウルトラマンR/B』の劇場版。突如綾香市に現れた謎のウルトラマン、ウルトラマントレギアの問いかけに、湊カツミは自分の夢を模索する。そんななか、怪獣が出現。カツミ・イサミ兄弟はウルトラマンに変身して激闘を繰り広げる。TV版に続き、カツミ役を平田雄也・イサミ役を小池亮介が演じるほか、前作『ウルトラマンジード』の主人公・朝倉リク役の濱田龍臣も参加。また、1997年から98年にかけて放送された『ウルトラマンダイナ』の主人公アスカ・シンを演じた、つるの剛士が主題歌を担当する。
  • シンプル・フェイバー

    ダーシー・ベルのミステリー小説『ささやかな頼み』をアナ・ケンドリックとブレイク・ライブリー共演で映画化。シングルマザーのステファニーはある日、親しくなった人妻エミリーから学校に通う息子の迎えを頼まれる。だが、そのままエミリーが失踪し……。メガホンを取ったのは、「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」、「ゴーストバスターズ」(16)のポール・フェイグ。
  • ハッピーアイランド

    福島県須賀川市出身の渡邉裕也が、原発事故の風評被害の中、農業を続ける祖父の姿にインスパイアされて作り上げた商業映画デビュー作。東京で中途半端な生活を送っていた青年・真也は、知人の紹介を受け、住み込みで福島の農家を手伝うことになるが……。出演は「モリのいる場所」の吉村界人、「桐島、部活やめるってよ」の大後寿々花、「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」の萩原聖人。
  • 目撃者(2018)

    「新感染 ファイナル・エクスプレス」などを手掛けた名プロデューサー、キム・ウテクが贈る衝撃のサスペンス・スリラー。深夜に帰宅した会社員のサンフンは、マンションの前で女性が殺害される現場を目撃。それを知った殺人鬼の影が、彼に忍び寄る……。出演は「リアル」のイ・ソンミン、「焼き肉ドラゴン」のキム・サンホ。
  • ヨーゼフ・ボイスは挑発する

    第二次世界大戦後のドイツで「社会を彫刻する」ことを掲げ、世界中を攪乱した芸術家ヨーゼフ・ボイスの人生に迫るドキュメンタリー。膨大な数の資料映像と新たに撮影された関係者へのインタビューを交え、その様々な芸術活動とボイスの知られざる傷を見つめる。出演は、ヨーゼフ・ボイス、美術評論家のキャロライン・ティズダル、美術史学者のレア・トンゲス・ストリンガリス、美術史学者/アートコレクターのフランツ・ヨーゼフ・ヴァン・デル・グリンテン、作家のヨハネス・シュトゥットゲン、アーティストのクラウス・シュテーク。撮影を「みつばちの大地」のヨーク・イェシェルが担当。監督は『ブラック・ボックス・ジャーマニー』『芝居に夢中』のアンドレス・ファイエル。
  • グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION

    人気PCゲームを原作にしたアニメーション『グリザイア』シリーズの劇場版。秘密組織SORDの一員として、難事件を担当するレナら美浜学園の少女たちは、要人失踪事件の捜査を開始。それはやがて、彼女たちの過去にまつわる壮絶な死闘に発展してゆく……。声の出演は「あした世界が終わるとしても」の内田真礼、「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~」の佐倉綾音。
  • ライズ ダルライザー NEW EDITION

    福島県白河市のご当地ヒーロー・ダルライザーの産みの親である和知健明の半生をモデルにした映画「ライズ ダルライザー THE MOVIE」の再編集版。東京で俳優を志すが夢破れ、白河市に帰郷したアキヒロは、ご当地ヒーロー・ダルライザーを考案する。監督・脚本は、「trash words」の佐藤克則。第1回タイ国際映画祭ベストプロダクションデザイン賞受賞。
  • 映画プリキュアミラクルユニバース

    2019年2月から放映のTV『スター☆トゥインクルプリキュア』のプリキュアたちが、宇宙を舞台に、応援アイテム“ミラクルライト”の謎に迫る劇場版。ある日、突然星の世界へワープした星名ひかる。そこで出会ったのは、ミラクルライトの見習い職人ピトンだった。声の出演はTV『スター☆トゥインクルプリキュア』の成瀬瑛美、小原好美、安野希世乃、小松未可子、TV『HUGっと!プリキュア』の引坂理絵、本泉莉奈、小倉唯、田村奈央、田村ゆかり、TV『キラキラ☆プリキュアアラモード』の美山加恋、福原遥、村中知、藤田咲、森なな子、水瀬いのり、「妖怪ウォッチ」シリーズの小桜エツコ。脚本を「映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリっと!想い出のミルフィーユ」を手掛け、『スター☆トゥインクルプリキュア』ではシリーズ構成を務める村山功が担当。監督は「映画 Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!!」の貝澤幸男。
  • 君の結婚式

    「私のオオカミ少年」のパク・ボヨン、「僕らの青春白書」のキム・ヨングァンがすれ違い続ける男女を演じたラブストーリー。ウヨンは転校生のスンヒに一目惚れ。突然姿を消した彼女の行方を追いついに同じ大学に入学するが、スンヒには恋人ができており……。高校3年の夏に出会った二人の10年に及ぶ恋の行方を綴っていく。監督は、これまで脚色を手がけてきたイ・ソックン。
  • 新宿タイガー

    東京・新宿で40年以上にわたり虎のお面をつけ派手な姿で新聞配達をしている、新宿タイガーと呼ばれる男性に焦点をあてたドキュメンタリー。新聞販売店をはじめ関係者へのインタビューを通し、お面に隠された意図や彼を受け入れる新宿という街の魅力に迫る。監督は「HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話」の佐藤慶紀。女優・寺島しのぶがナレーションを担当する。
  • よあけの焚き火

    大蔵流狂言方として実際に能楽の舞台で活躍する大藏基誠・康誠親子が自身を演じるヒューマンドラマ。10歳の康誠は、師匠である父親とともに冬山の小さな家へと向かう。厳しい稽古が続くなか、近くに住む老人・宮下と災害で両親を亡くした孫の咲子が訪ねてくる。咲子を「幼な子われらに生まれ」の鎌田らい樹、宮下を世界的なジャズサックスプレイヤーである坂田明が演じる。撮影は「眠る男」「ミッドナイト・バス」の丸池納。監督は、ドキュメンタリーを中心にキャリアを積み、本作が長編デビューとなる土井康一。
  • 美しすぎる議員

    「レミングスの夏」の五藤利弘が監督・脚本を務めたドラマ。元タレントで“美しすぎる議員”として話題の政治家・田中愛の元に、ドキュメンタリーディレクターの村上が取材に訪れる。村上は愛の清廉な姿に疑問を抱き、裏の顔を暴こうと執拗に仕掛けるが……。出演は、「ハニー・フラッパーズ」の川村ゆきえ、ドラマ『ウルトラマンオーブ』の青柳尊哉。
  • 疑惑とダンス

    「チワワちゃん」の二宮健が監督、徳永えりら俳優陣がアドリブ芝居を繰り広げる、ワンシチュエーションの短編ドラマ。結婚を控えたカンナとマサオを祝うため、カンナの大学時代の仲間たちがパーティーを開催。しかし当時のカンナとコムラの関係を疑われ……。NHK 連続テレビ小説『わろてんか』の徳永えりが疑惑が持ち上がるカンナを演じるほか、「おんなのこきらい」の木口健太、「凶悪」の小林且弥、「恋愛奇譚集」福田麻由子らが出演。劇場公開に先駆け、新進気鋭の監督たちが集う『SHINPA vol.7 COUNT DOWN 2017→2018』にてイベント上映(上映日:2018年12月31日)。
  • たちあがる女

    初監督作「馬々と人間たち」で注目を集めたベネディクト・エルリングソンが贈るユーモラスなドラマ。セミプロ合唱団講師という顔の裏で、謎の環境活動家としてアルミニウム工場に孤独な闘いを挑むハットラ。彼女が養子を迎えることになり、騒動が巻き起こる。一人二役を演じた主演のハルドラ・ゲイルハルズドッテイルの演技が高評価を得たほか、世界中の映画祭で数々の賞を受賞。ジョディ・フォスター監督・主演でハリウッドリメイクが決定している。
  • 福島は語る

    「沈黙を破る」の土井敏邦が、福島第一原発事故の被災者たちの証言を集めたドキュメンタリー。原発事故から8年近くが経過し、多くの人が事故を“終わったこと”として忘れ去ろうとする現在。被災者たちの言葉から、今なお疼き続ける心の傷の可視化を試みる。4年の歳月を費やして100人近い被災者に取材し、その中から選び抜いた14人の言葉で構成されている。
  • マリオネット 私が殺された日

    「アトリエの春、昼下がりの裸婦」のイ・ユヨン主演のミステリー。14年前、女子高生だったミナは同級生によって強姦され、その動画はネットにアップロードされた。ミナは名前を変え人生を取り戻しつつあったが、彼女を再び悪夢へと誘う一通のメールが届く。出演は、「王様の事件手帖」のキム・ヒウォン。未体験ゾーンの映画たち2019で上映。
  • アンノウン・ボディーズ

    ジェフ・ヒーラールツによるベストセラー・ミステリー小説を映画化。血を抜かれ頭部を持ち去られた6人の女性の全裸死体が発見される。捜査が難航する中、ベテラン刑事フレディは犯人の元から逃げてきたと思われるリナを突破口に独自捜査に突き進むが……。監督は本作と同じくジェフ・ヒーラールツ原作の「HITMAN X. 復讐の掟」(未)などを手がけたヤン・フェルヘイエン。「HITMAN X. 復讐の掟」で監督と組んだケーン・デ・ボーウ、ウェルナー・デスメットが出演する。特集『未体験ゾーンの映画たち2019』にて上映。
  • ギャング・イン・ニューヨーク

    ジョン・トラボルタが伝説的ギャングスター、ジョン・ゴッティを演じ、自ら製作総指揮も務めた実録犯罪ドラマ。イタリア系の貧しい家に生まれ、ファミリーのドンにのし上がったゴッティ。社会に不満を抱く民衆のヒーローとなった彼をFBIが追い込んでいく。「そんな彼なら捨てちゃえば?」など俳優としても活動するケヴィン・コナリーがメガホンを取り、ダッパー・ドン(粋なドン)とも呼ばれたゴッティの血塗られた人生を描いた。ゴッティの妻を、ジョン・トラボルタの実の妻であるケリー・プレストンが演じている。特集『未体験ゾーンの映画たち2019』にて上映。
  • トンビルオ! 密林覇王伝説

    マレーシア発のヒーロー・アクション。醜い顔と自然を操る能力を持って産まれた青年は、育ての父の庇護のもと、山奥で静かに暮らしていた。しかし、土地開発を巡る抗争で父が殺されると、青年は森の守護者トンビルオとして、自然を汚す悪党たちに立ち向かう。未体験ゾーンの映画たち2019で上映。
  • バトル・ドローン

    個性派揃いの傭兵部隊が殺人機械兵団と死闘を繰り広げるSFアクション。ヴィンセント・レイカー率いる傭兵部隊は、アルカサル共和国の反政府軍に銃器を提供する極秘任務を受ける。だが、目的地で彼らを待ち受けていたのは、不死身の殺人機械兵団だった……。出演は「沈黙の粛清」のルイス・マンディロア、「果てなき路」のドミニク・スウェイン、「ストリート・オブ・ファイヤー」のマイケル・パレ。
  • ファイブ・ウォリアーズ

    2018年度アフリカ映画アカデミー賞で作品賞など5部門を受賞した南アフリカ製ウエスタン。暴力的な白人警官が支配する街マルセイユ。そんな街で戦っていたのは5人の少年少女たちだった。20年後、平和が戻った街を跋扈するならず者に、5人が再び立ち向かう。監督は、本作が長編デビューとなるマイケル・マシューズ。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2019』にて上映。
  • イップ・マン外伝 マスターZ

    「イップ・マン 継承」で主人公イップ・マンのライバルとして登場したチョン・ティンチのその後を描くアクション。詠春拳の正統争いでイップ・マンと戦った後、息子と平穏な生活を送っていたチョン・ティンチが、香港裏社会の勢力争いに巻き込まれていく。主演は「グランド・マスター」、「パシフィック・リム:アップライジング」のマックス・チャン。「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のデイヴ・バウティスタ、「トリプルX:再起動」のトニー・ジャー、「クレイジー・リッチ!」のミシェル・ヨーが共演。メガホンを取ったのは「グリーン・ディスティニー」、「グランド・マスター」などでアクション指導を務めてきたユエン・ウーピン。
  • ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡

    デヴィッド・ボウイの名曲の数々に参加してきたギタリスト、ミック・ロンソンの軌跡を辿る音楽ドキュメンタリー。ルー・リード、グレン・マトロック、ロジャー・テイラーらロック界の重鎮たちの証言や貴重なアーカイヴ映像から、知られざる彼の人生を紐解く。生前のデヴィッド・ボウイがナレーションを担当している。監督は、カート・コバーンやジミ・ヘンドリックス、ナット・キング・コール、B.B.キングなどのドキュメンタリーを手掛けてきたジョン・ブルーワー。
  • くもり ときどき 晴れ

    フリーランスで映像製作に携わってきた板橋基之が、文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト」で手掛けた作品。生き別れた父の生活保護扶養照会を受け取った晴子は、両親の離婚以来、25年ぶりに父と再会。優しかった父を思い出すが……。出演は「ニート・ニート・ニート」のMEGUMI、「あん」の浅田美代子。
  • はずれ家族のサーヤ

    冨樫森、佐々部清などの助監督を務めてきた岡本未樹子が、文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト」で手掛けた作品。別の家族との生活を選んだ母と別れ、祖母と暮らす小学三年生の沙綾はある日、古い木箱を売るオモチャ売りの男と出会う。
  • 最後の審判(2019)

    フリーランスで映像製作に携わってきた川上信也が、文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト」で手掛けた作品。日本最高峰の美術大学受験を続けて浪人5年目の稲葉は、今年が最後と決意。そんな彼の前に、圧倒的な画力を持つ初音が現れる。出演は『ワンダーウォール』の須藤蓮、「沈黙 -サイレンス-」の黒沢あすか。
  • サヨナラ家族

    東京藝術大学大学院修了生の眞田康平が、文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト」で手掛けた作品。亡き父の一周忌のため、実家に帰省した洋平。自分なりに父の死を受け止めようとしている母や妹の姿に納得出来ずにいる洋平だったが……。出演は「生きる街」の石田法嗣、「焼肉ドラゴン」の根岸季衣、「退屈な日々にさようならを」の村田唯。
  • うちうちの面達(つらたち)は。

    大阪芸術大学出身の山元環が文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト」で手掛けた作品。鎌田家では、夫婦ゲンカが原因で2週間前にママが失踪。パパと娘の志保には見当もつかなかったが、13歳の浩次朗だけはママの居所を知っていた……。出演は「クロユリ団地」の田中奏生、「マスカレード・ホテル」の田口浩正、「いぬやしき」の濱田マリ。
  • ジョアン・ジルベルト ライブ・イン・トーキョー

    『イパネマの娘』『デサフィナード』などを生み出した“ボサノヴァの法王”ことジョアン・ジルベルト唯一の公式ライブ映像。2006年11月に東京国際フォーラムホールAで開催され2万人が陶酔した伝説の公演の模様を、選りすぐりの90分に凝縮している。東京・大阪・名古屋の3劇場にて1週間限定で劇場上映。
  • アンフレンデッド:ダークウェブ

    「ゲット・アウト」「search/サーチ」の製作陣が仕掛けるスリラーの続編。中古のパソコンを手に入れたマタイアスがSkypeで恋人や友人たちと談笑していると、隠しフォルダを見つける。そこには、監禁された女性など悍ましい動画が保存されていた。監督・脚本は、「呪怨 パンデミック」脚本のスティーヴン・サスコ。出演は、「アンセイン 狂気の真実」のコリン・ウッデル、「パージ 大統領令」のベティ・ガブリエル。
  • 奇跡の小学校の物語 この学校はなくさない!

    2019年3月8日よりフォーラム那須塩原を皮切りに各地で順次公開。

2019年4月公開の映画