• TOP
  • グッド・ヴァイブレーションズのユーザーレビュー詳細

グッド・ヴァイブレーションズ のユーザーレビュー詳細

グッド・ヴァイブレーションズ

1970年代の北アイルランドは紛争の真っ只中にあった。1975年、北アイルランドをツアー中のアイルランドのバンド、マイアミ・ショーバンドがアルスター義勇軍によって虐殺された事件をきっかけに北アイルランドにやって来るミュージシャンは激減し、北アイルランドの音楽産業は壊滅状態となっていた。そんななか、客のいないナイトクラブでDJを続けていたテリー・フーリー(リチャード・ドーマー)は、運命的な出会いを果たしたルース(ジョディ・ウィッテカー)と結婚を決める。生計を立てるためにベルファストにレコード店・GOOD VIBRATIONSを開店させ、何とか商売を軌道に乗せる。ある日、若者たちは自分が好きな60年代の音楽よりもパンクロックに夢中になっていて、夜な夜なライヴハウスで演奏していることを知ると、興味本位でライヴハウスに顔を出す。そこで、理不尽な警察官に若者がパンクロックで団結し、抵抗する姿を目撃したテリーは、今までにない興奮と感動を覚える。そこで出会ったバンド、ルーディの演奏に惚れ込み、彼らのレコードをリリースすべく、レコード・レーベルの立ち上げを決意する。レーベル・GOOD VIBRATIONSの名前は北アイルランドのパンクバンドに一気に広まり、テリーの元には様々なバンドが集うようになる。しかし情勢不安のなか、商売もうまくいかなくなる。そんなとき、アンダートーンズという新人バンドが、解散を覚悟でテリーの元を訪ねてくる。彼らの最高の楽曲を録音したテリーはプロモーションのためにロンドンに行くが、大手のレコード会社には門前払いにされる。唯一音源を受け取ってくれたのは、BBCラジオの有名なDJ、ジョン・ピールだった……。
80
  • かっこいい
  • EIGA FAN

    2019年7月31日に投稿
    • 鑑賞方法
    • 映画館
    • Blu-ray
      DVD
    • インター
      ネット
    • テレビ
    80
    • 手に汗握る
    • 感動的な
    • 怖い
    • おしゃれな
    • 泣ける
    • 可愛い
    • 笑える
    • 重厚感のある
    • かっこいい
    • ほのぼのとした
    • セクシーな
    • スカッとする
    • 親子で楽しめそう
    • 考えさせられる
    ネタバレ