• TOP
  • ウォルター・マルコネリー

ウォルター・マルコネリー

ウォルター・マルコネリーの関連作品 / Related Work

映画館で観る

  • ベスト・キッド(1984)

    いたいけな少年が、日本人から教えてもらったカラテを通して成長していく姿を描いた青春映画。製作は「ナッシュビル」「ダイナー」のジェリー・ワイントローブ、監督は「ロッキー」のジョン・G・アヴィルドセン、エグゼクティヴ・プロデューサーはR・J・ルイス、脚本はロバート・マーク・ケイメン、撮影はジェームズ・クレイブ、音楽はビル・コンティ。出演はラルフ・マッチオ、ノリユキ・パット・モリタなど。
  • ビッグ・ウェイブ

    サーフィンを中心に、ヨットなどの夏のスポーツに興じるスポーツ・マンたちの姿を描くドキュメンタリー。エクゼクティヴ・プロデューサーはヒロ・フルカワ、製作はリー・E・フォークナー、監督はウォルター・マルコネリー、脚本はマルコネリーとバリー・オブライエン、撮影はビル・デラニー、カメラはダン・マーケル、トヨミチ・クリタ、ボブ・ノップ、音楽は山下達郎が担当。中心に登場するのはサーフィンとウィンドサーフィン、ヨット、水上′アクロバット・スキー、パラ・セールなどで、他にスカイダイビングの面白さ、例えばビルの屋上からのビル・ジャンピングや砂上のスポーツ、サンド・スキー、ローラー・セーリング、ランド・セーラー、サンド・ホットロッド、ウェストコーストで流行っているローラー・スケーティング、ブレイク・ダンスなども取り上げている。映画に収められているサーファーはマーク・リチャーズ、ショーン・トムソン、トミー・キャロルなど。日本版字幕は宍戸正。カラー、ビスタサイズ。1984年作品。(日本ヘラルド映画配給*1時間33分)

Blu-ray/DVDで観る

映画館で観る

  • ベスト・キッド(1984)

    いたいけな少年が、日本人から教えてもらったカラテを通して成長していく姿を描いた青春映画。製作は「ナッシュビル」「ダイナー」のジェリー・ワイントローブ、監督は「ロッキー」のジョン・G・アヴィルドセン、エグゼクティヴ・プロデューサーはR・J・ルイス、脚本はロバート・マーク・ケイメン、撮影はジェームズ・クレイブ、音楽はビル・コンティ。出演はラルフ・マッチオ、ノリユキ・パット・モリタなど。
  • ビッグ・ウェイブ

    サーフィンを中心に、ヨットなどの夏のスポーツに興じるスポーツ・マンたちの姿を描くドキュメンタリー。エクゼクティヴ・プロデューサーはヒロ・フルカワ、製作はリー・E・フォークナー、監督はウォルター・マルコネリー、脚本はマルコネリーとバリー・オブライエン、撮影はビル・デラニー、カメラはダン・マーケル、トヨミチ・クリタ、ボブ・ノップ、音楽は山下達郎が担当。中心に登場するのはサーフィンとウィンドサーフィン、ヨット、水上′アクロバット・スキー、パラ・セールなどで、他にスカイダイビングの面白さ、例えばビルの屋上からのビル・ジャンピングや砂上のスポーツ、サンド・スキー、ローラー・セーリング、ランド・セーラー、サンド・ホットロッド、ウェストコーストで流行っているローラー・スケーティング、ブレイク・ダンスなども取り上げている。映画に収められているサーファーはマーク・リチャーズ、ショーン・トムソン、トミー・キャロルなど。日本版字幕は宍戸正。カラー、ビスタサイズ。1984年作品。(日本ヘラルド映画配給*1時間33分)
  • フラッシュダンス

    ブロのダンサーをめざす19歳の溶接工の愛、友情、そして夢を描く。製作はドン・シンプソンとジェリー・ブラック・ハイマー。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・ピータースとピーター・グーバーがつとめている。監督は「フォクシー・レディ」(80)のエイドリアン・ライン。トム・ヘドリーの原案に基づき、ヘドリー自身と「フィスト」のジョー・エスターハスが脚本を執筆。撮影はドン・ピーターマン、音楽はジョルジォ・モロダー、編曲・指揮はシルヴェスター・リーヴェイが担当。主題歌をアイリーン・キャラが歌っている。振付けはジェフリー・ホーナディが手掛けている。出演は四千人のなかから選ばれたエール大学の1年生のジェニファー・ビールス、マイケル・ヌーリー、リリア・スカラ、ベリンダ・バウアー、サニー・ジョンソンなど。82年10月18日、ピッツバーグのロケ撮影で製作を開始し、LAロケを含む3カ月間で主要場面の撮影を終了した。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は戸田奈津子。イーストマン・カラー、ビスタサイズ。1983年作品。

Blu-ray/DVDで観る