• TOP
  • ロビー・ライアン

ロビー・ライアン

ロビー・ライアンの関連作品 / Related Work

映画館で観る

  • 女王陛下のお気に入り

    第75回ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞・女優賞受賞の歴史ドラマ。18世紀初頭、フランスと戦争中のイングランドで虚弱な女王アンを幼馴染のレディ・サラが操っていた。そこにサラの従妹で没落したアビゲイルが召使いとして参内し、サラと女王を惹きつける。監督は、「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」のヨルゴス・ランティモス。出演は、「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーン、「否定と肯定」のレイチェル・ワイズ、「ロブスター」のオリヴィア・コールマン。
  • アイム・ノット・シリアルキラー

    社会的病質者“ソシオパス”と連続殺人鬼“シリアルキラー”の対決を描くサスペンス。周囲の人間を傷つけてしまうことを恐れ、孤独に生きるソシオパスの16歳の少年ジョンが暮らす街で、残忍な連続殺人事件が発生。独自に調査を開始するジョンだったが……。出演は、「かいじゅうたちのいるところ」のマックス・レコーズ、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のクリストファー・ロイド。

Blu-ray/DVDで観る

映画館で観る

  • 女王陛下のお気に入り

    第75回ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞・女優賞受賞の歴史ドラマ。18世紀初頭、フランスと戦争中のイングランドで虚弱な女王アンを幼馴染のレディ・サラが操っていた。そこにサラの従妹で没落したアビゲイルが召使いとして参内し、サラと女王を惹きつける。監督は、「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」のヨルゴス・ランティモス。出演は、「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーン、「否定と肯定」のレイチェル・ワイズ、「ロブスター」のオリヴィア・コールマン。
  • アイム・ノット・シリアルキラー

    社会的病質者“ソシオパス”と連続殺人鬼“シリアルキラー”の対決を描くサスペンス。周囲の人間を傷つけてしまうことを恐れ、孤独に生きるソシオパスの16歳の少年ジョンが暮らす街で、残忍な連続殺人事件が発生。独自に調査を開始するジョンだったが……。出演は、「かいじゅうたちのいるところ」のマックス・レコーズ、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のクリストファー・ロイド。
  • わたしは、ダニエル・ブレイク

    ケン・ローチ監督が二度目のカンヌ国際映画祭パルムドールに輝いた社会派ドラマ。ダニエルは心臓疾患により医師から仕事を止められるが、複雑な制度に翻弄され支援を受けられない。手助けしたシングルマザーの家族と交流を深め、貧しくとも支え合うが……。一貫して社会問題に目を向けてきたケン・ローチ監督は「ジミー、野を駆ける伝説」を最後に劇映画からの引退を表明していたものの、拡がる格差や貧困を鑑み、引退を撤回し本作を制作した。2017年第91回キネマ旬報ベスト・テン外国映画1位、外国映画監督賞(ケン・ローチ)。
  • スロウ・ウエスト

    「スティーブ・ジョブズ」のマイケル・ファスベンダーが主演・製作総指揮を務めたウエスタンアクション。第31回サンダンス映画祭ワールド・ドラマ部門グランプリを受賞した。日本ではWOWOWで初公開。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。
  • ジミー、野を駆ける伝説

    「天使の分け前」のケン・ローチ監督が、1930年代のアイルランドを舞台に、庶民のために戦った無名の活動家ジミー・グラルトンの姿を描いたドラマ。出演は「めぐり逢う大地」のバリー・ウォード、「Hamlet」のシモーヌ・カービー、「恋人たちのパレード」のジム・ノートン。カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作。
  • ラスト・デイズ・オン・マーズ

    シドニー・J・バウンズの短編小説をベースにしたSFスリラー。近未来の火星で微小生物の発見から始まる恐怖を描く。出演は、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」のリーヴ・シュレイバー。監督は、短編アニメ「Fifty Percent Grey」がアカデミー賞にノミネートされた俊英ルアイリ・ロビンソン。