斎藤工 サイトウタクミ

  • 出身地:東京都
  • 生年月日:1981/08/22

略歴 / Brief history

東京都の生まれ。日本学園高校在学中から“TAKUMI”の名でモデルとして活動。高校卒業後に、山川直人監督「時の香り/リメンバー・ミー」01のプロデューサーにスカウトされ、ヒロイン・吹石一恵が時を超えて無線で心を通わせる相手の優二役で俳優デビューを飾る。その後、テレビ朝日『逮捕しちゃうぞ』02、WOWOW『愛と資本主義』03などのテレビドラマを経て、羽住英一郎監督「海猿」04に、海上保安官の田所慎二役で出演。連続ドラマ版の『海猿』05にも続けて出演した。2005年の河崎実監督「兜王ビートル」では、クワガタと人間を融合した破壊王ディザスターで悪役にも挑戦して強烈なインパクトを残し、ほかにも「ヅラ刑事」06、「ロボゲイシャ」09などのB級テイストな映画や、OV『BOYS LOVE』06、三原光尋監督「スキトモ」07など同性愛をテーマにした作品にも出演するなど、ジャンルを問わない活躍を見せる。また、ジャッキー・チェン主演の「新宿インシデント」09、韓国のキム・ジョンフンとW主演をつとめた武正晴監督「カフェ・ソウル」09など、海外とのコラボレーションにも積極的に参加した。テレビドラマでも、NHK『風の果て』07、『フルスイング』08、テレビ東京『BOYSエステ』07などを経て、08年のNHK時代劇『オトコマエ!』で主役の武田信三郎を好演。翌年には続編も作られ、その存在がクローズアップされた。以後もフジテレビ『不毛地帯』09、NHK『チェイス・国税査察官』『ゲゲゲの女房』10などに重要な役で起用され、映画も堤幸彦監督「20世紀少年/最終章・ぼくらの旗」09、山崎貴監督「SPACE BATTLESHIP ヤマト」10などの大作に相次いで出演。TBS『クロヒョウ・龍が如く新章』10、テレビ東京『最上の命医』11と主演ドラマも続く。ミュージカル『テニスの王子様』05や、『空飛ぶジョンと萬次郎』『THE FAMILY/絆』07、『醜男』10など舞台出演も多く、08年には波岡一貴、福士誠治らとともに演劇ユニット“乱/Run”を結成している。

斎藤工の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 麻雀放浪記2020

    「孤狼の血」の白石和彌監督が斎藤工と組み、阿佐田哲也の小説『麻雀放浪記』を基に大胆なアレンジを加えて映画化。1945年から東京五輪が中止になった2020年にタイムスリップしたギャンブラーの坊や哲。驚きの光景が広がる中、麻雀での死闘が始まる。斎藤工が10年に渡り映画化を熱望し、アプローチを続けた末に実現。主人公の坊や哲を斎藤工が演じるほか、姉妹ユニット『チャラン・ポ・ランタン』のヴォーカル・もも、竹中直人、女性タレントのベッキーらが出演。全編に渡り常時20台のiPhoneで撮影された。
    80
    • 笑える
  • ソローキンの見た桜

    日露戦争時代に愛媛県松山市に設けられた全国初の捕虜収容所をモチーフにした、日露合作の悲恋物語。弟を戦争で亡くしロシア兵を憎む日本人看護師ゆいは、ロシア兵将校ソローキンの手当てをすることに。いつしか惹かれ合う二人だったが、彼には密命があった。第1回日本放送文化大賞ラジオ部門グランプリに輝いたラジオドラマ『~松山ロシア人捕虜収容所外伝~ソローキンの観た桜』を映画化。監督はオールロシアロケ作品「レミニセンティア」の井上雅貴。「2つ目の窓」「海を駆ける」の阿部純子が、ロシア人将校と運命的な出会いをする日本人看護師とその子孫のTVディレクターの二役を演じる。2019年3月16日より愛媛県先行ロードショー。
    82
    • 感動的な
    • 泣ける
  • 家族のレシピ

    日本、シンガポール、フランスの合作で、日本とシンガポールに跨る家族の絆を描いたドラマ。家業のラーメン屋で働く真人は、店主だった父の死をきっかけに、亡き母と父が出会ったシンガポールを訪れる。そこで、知られざる両親の過去が明らかになるが……。出演は「のみとり侍」の斎藤工、『平清盛』の松田聖子、「超高速!参勤交代 リターンズ」の伊原剛志、「手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~」の別所哲也ほか。監督は「TATSUMI マンガに革命を起こした男」のエリック・クー。
    82
    • 感動的な
  • のみとり侍

    歴史小説家・小松重男の短編集『蚤とり侍』を「後妻業の女」の鶴橋康夫が映画化。越後長岡藩藩士・小林寛之進は藩主の機嫌を損ね、床で女性に愛を届ける裏稼業“猫ののみとり”にされてしまう。そこで亡き妻そっくりな女性・おみねが最初の相手となるが……。出演は、「祈りの幕が下りる時」の阿部寛、「幼な子われらに生まれ」の寺島しのぶ、「3月のライオン」前後編の豊川悦司、「昼顔」の斎藤工、「本能寺ホテル」の風間杜夫、「後妻業の女」の大竹しのぶ、「散歩する侵略者」の前田敦子。