• TOP
  • 真木よう子

真木よう子 マキヨウコ

  • 出身地:千葉県印西市
  • 生年月日:1982/10/15

略歴 / Brief history

千葉県印西市の生まれ。本名・片山蓉子(旧姓・金森)。小学2年生の時、安達祐実主演の「REX/恐竜物語」93を観て触発され女優を志す。中学卒業後、仲代達矢が主宰する“無名塾”に入塾。1999年、1年目にして『どん底』のヒロイン・ナターシャ役に抜擢され、仲代の激賞を受けるもすぐに退塾し、以後は独自に女優の道を模索する。2001年、薬物の危険性を解く教育映画「DRUG」で映画初出演。中島哲也監督「下妻物語」04のロリータ・ファッションショップ店員、井筒和幸監督「パッチギ!」05のスケバン韓国人女子高生、本広克行監督「サマータイムマシン・ブルース」05のカメラ部員の女子大生など、脇役ながら印象に残るキャラクターを次々と演じる。06年、堀江慶監督「ベロニカは死ぬことにした」で映画初主演。自殺願望に取り憑かれた主人公・トワに扮し、自分を取り巻く環境に攻撃的な少女が葛藤を経て大人の女性に成長してゆくまでを好演し、終盤の大胆な自慰演技も話題を呼んだ。女優としてさらに大きく注目されたのは、西川美和監督の長篇第2作「ゆれる」06。香川照之とオダギリジョーが兄弟に扮したこの作品で兄から想いを寄せられながら弟を愛するヒロインを演じ、地方に生きる若者の焦燥感と女性の残酷さを生々しく表現して、山路ふみ子映画賞新人女優賞を受賞した。以後も、自らの名が冠された異業種クリエイターらによる競作ドラマのテレビ東京『週刊真木よう子』08で高い評価を得たほか、NHK大河ドラマ『龍馬伝』10では坂本龍馬の妻・お龍役に抜擢。初めての大役ながら、意志の強さを感じさせる存在感でお茶の間にもその名を浸透させた。目力の強さと“無名塾”で鍛えた演技力、中学時代は陸上部だった運動神経を活かし、「バトル・ロワイアルⅡ/鎮魂歌」03の女戦士、「フライング☆ラビッツ」08のバスケットボール選手、映画版も作られたフジテレビ『SP/警視庁警備部警護課第四係』07~08の女性SPといった闘う女性を演じることも多い。08年、元俳優の片山怜雄と結婚、翌09年に第一子を出産した。

真木よう子の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 焼肉ドラゴン

    「血と骨」などの脚本家・鄭義信が原作を手がけ、数々の演劇賞を受賞した同名舞台を自らメガホンをとり映画化。高度経済成長期の1970年代。故郷を奪われ、関西地方都市の一角で小さな焼肉店を営む一家が、時代の波に翻弄されながらも力強く生きる姿を映し出す。出演は「さよなら渓谷」の真木よう子、「白ゆき姫殺人事件」の井上真央、「マンハント」の桜庭ななみ、「探偵はBARにいる」シリーズの大泉洋、「神弓 KAMIYUMI」の大谷亮平、「まんが島」の宇野祥平。
  • 孤狼の血

    第69回日本推理作家協会賞を受賞した柚木裕子の警察小説を「彼女がその名を知らない鳥たち」の白石和彌が映画化。暴力団対策法成立直前の昭和63年。広島の呉原で暴力団関連企業の社員が失踪。ベテラン刑事・大上と新人の日岡は事件解決に奔走するが……。出演者には、「三度目の殺人」の役所広司、「不能犯」の松坂桃李、「天空の蜂」の江口洋介、「海よりもまだ深く」の真木よう子ら豪華キャストが顔を揃えている。
    87
    • 怖い
    • 泣ける
    • 重厚感のある
  • ミックス。

    「くちびるに歌を」の新垣結衣と「殿、利息でござる!」の瑛太がW主演を務めるロマンティックコメディー。恋と仕事に破れ田舎に帰ってきた元天才卓球少女の多満子。家族に見放された元プロボクサーの萩原と男女混合ダブルスを組み、再び卓球に挑むのだが……。共演は「はなちゃんのみそ汁」の広末涼子、「合葬」の瀬戸康史、「ピーチガール」の永野芽郁、お笑いコンビ『トレンディエンジェル』の斎藤司、「アズミ・ハルコは行方不明」の蒼井優、「海よりもまだ深く」の真木よう子、「ちょっと今から仕事やめてくる」の吉田鋼太郎、「疾風ロンド」の生瀬勝久、「うさぎ追いし 山極勝三郎物語」の遠藤憲一、「サバイバルファミリー」の小日向文世。脚本は「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ、「探偵はBARにいる」シリーズの古沢良太。監督は「エイプリルフールズ」の石川淳一。
  • ぼくのおじさん

    北杜夫の同名小説を山下敦弘監督が映画化。自分のまわりにいる大人についてという作文の宿題を課せられた小学生の雪男。いつも万年床でマンガを読み、屁理屈ばかりこねている居候のおじさんをテーマに作文を書き始めるが、そのおじさんに見合い話が持ち上がる。出演は「モヒカン故郷に帰る」の松田龍平、「海よりもまだ深く」の真木よう子、「Miss ZOMBIE」の大西利空、「シェル・コレクター」の寺島しのぶ、「エイプリルフールズ」の戸次重幸、戸田恵梨香、「バクマン。」の宮藤官九郎、「海街diary」のキムラ緑子。
  • 海よりもまだ深く

    「海街diary」の是枝裕和監督が、「歩いても 歩いても」「奇跡」に続き阿部寛とタッグを組んで綴る家族の物語。いつまでも大人になりきれない男とその母、元嫁と息子が、母が独り暮らしをする団地で偶然一晩過ごすことになり……。出演は、「あん」の樹木希林、「脳内ポイズンベリー」の真木よう子。
  • 蜜のあわれ

    老作家と変幻自在な金魚の少女の秘密の恋を綴った室生犀星晩年の幻想小説を、「シャニダールの花」の石井岳龍監督が映画化。老作家と暮らすコケティッシュな少女。彼女の正体は金魚だった。そこへ老作家への愛を募らせた幽霊が現れ……。無邪気な金魚の少女に「私の男」の二階堂ふみが、老境の作家に「HANA-BI」の大杉漣が、過去の女の幽霊に「さよなら渓谷」の真木よう子が扮し、不思議な恋物語を紡ぐ。脚本は「私の奴隷になりなさい」の港岳彦。