• TOP
  • 古田新太

古田新太 フルタアラタ

  • 出身地:兵庫県神戸市
  • 生年月日:1965/12/03

略歴 / Brief history

兵庫県神戸市の生まれ。本名・古田岳史。大阪芸術大学芸術学部ミュージカル科在学中の1984年、“劇団☆新感線”に参加。同年の『宇宙防衛軍ヒデマロ』で初舞台を踏み、以後、同劇団の看板俳優として活躍を続けつつ、大阪・読売テレビの深夜番組『現代用語の基礎体力』89、『ムイミダス』90などで人気者となる。95年の関本郁夫監督「極道の妻(おんな)たち・赫い絆」で映画初出演。市川準監督「トキワ荘の青春」96では夢破れてトキワ荘を去る漫画家・森安直哉を繊細に演じて新たな一面を覗かせ、山本政志監督「アトランタ・ブギ」96では町内運動会に燃える社長を熱演。ドラッグの売人役を怪演した山本監督「ジャンク・フード」98、命懸けで戦う農民を演じた神山征二郎監督「郡上一揆」00などで、多彩な顔を見せる。2002年、宮藤官九郎脚本のTBS『木更津キャッツアイ』で謎めいた“オジー”役を演じて知名度も急上昇し、以後も宮藤脚本のTBS『マンハッタンラブストーリー』03、『タイガー&ドラゴン』05や、NHK『新選組!』04、日本テレビ『夢をかなえるゾウ』08、TBS『専業主婦探偵・私はシャドウ』11などのドラマで活躍が続く。映画も、宮藤監督「真夜中の弥次さん喜多さん」05、堤幸彦監督「20世紀少年」09などで特異な個性を瞬時に放つほか、退廃的なムード漂う元自衛官を巧演した篠原哲雄監督「昭和歌謡大全集」03、なぜか女にはモテる甲斐性なしを飄々と演じた根岸吉太郎監督「サイドカーに犬」07、独自の美学で暴君暗殺計画に加わる槍の名手を力演した三池崇史監督「十三人の刺客」10などでの丹念な役作りも光る。舞台も、『五右衛門ロック』08、『薔薇とサムライ』10など新感線の公演のほか、歌に踊りに殺陣もこなすスケール豊かな実力派としてオファーが相次ぐ。98年に読売演劇大賞優秀賞、10年に紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。

古田新太の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • プロメア

    TV『天元突破グレンラガン』を手がけた監督・今石洋之×脚本・中島かずきによるオリジナルアニメ。炎を操る人種バーニッシュが出現し、世界の半分が焼失してから30年。攻撃的な一部の面々が再び襲いかかり、高機動救命消防隊バーニングレスキューが立ち向かう。声の出演は「聖の青春」の松山ケンイチ、「BLEACH」の早乙女太一、「DESTINY 鎌倉ものがたり」の堺雅人。
  • ゲキ×シネ「髑髏城の七人 Season花」

    何度も再演されてきた劇団☆新感線の代表作『髑髏城の七人』のうち、2018年に小栗旬、山本耕史らが出演した「Season花」を“ゲキ×シネ”として映画館で上映。天正十八年。関東各地を荒らす髑髏党を率いる天魔王の前に、捨之介と名乗る男が現れる。共演は「チワワちゃん」の成河、「パーフェクト・レボリューション」の清野菜名、「サムライマラソン」の青木崇高。
    88
    • 感動的な
  • パディントン2

    英作家マイケル・ボンドのロングセラー児童文学を実写映画化した「パディントン」の続編。ルーシーおばさんの100歳の誕生日プレゼントを探していたパディントンは、骨董品屋でユニークな絵本を見つけ、絵本代を稼ごうと窓ふきのアルバイトを始めるのだが……。パディントンの声を「007 スペクター」のベン・ウィショーが続投。ほか、「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」のヒュー・グラント、「ヒトラーへの285枚の葉書」のブレンダン・グリーソンが出演。監督は、前作に続きポール・キングが務める。日本語版キャストには「ユリゴコロ」の松坂桃李、「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」の古田新太、「恋する・ヴァンパイア」の三戸なつめが参加。
  • DESTINY 鎌倉ものがたり

    山崎貴が『三丁目の夕日』に続いて西岸良平のベストセラーコミック『鎌倉物語』を映画化。幽霊や物の怪が生息する鎌倉。ある日、この地で殺人事件が発生。ミステリー作家の一色正和は、犯罪研究の腕を買われ、警察から捜査への協力を求められるが……。出演は大河ドラマ『真田丸』の堺雅人、『とと姉ちゃん』の高畑充希。
  • 阿修羅少女(アシュラガール) BLOOD-C異聞

    日本刀を携えた少女・小夜の戦いを活写した「BLOOD」シリーズから生まれ、アニメや舞台など多角展開する「BLOOD-C」シリーズの実写アクション。山奥の村で特高警察が殺され、横暴な捜査から村人との対立が激化。逃げ出した蓮の前に小夜が現れる。戦前の日本を舞台に、寒村で起こる惨劇をオリジナルストーリーで描く。「星座」の奥秀太郎監督が、同じく「BLOOD-C」シリーズの舞台『BLOOD-C The LAST MIND』の演出に続き本作を担当。