マイケル・ジャクソン

マイケル・ジャクソンの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの素顔

    2009年6月25日に急逝した音楽界のスーパースター、マイケル・ジャクソンの素顔に迫るドキュメンタリー。マネージメント会社マイケル・ジャクソン・コーポレーションのCEO、マーク・シャフェルがメガホンを取り、今まで明かされなかった彼の私生活に迫る。ビヨンセやアヴリル・ラヴィーンなどのミュージシャンも登場。
  • マイケル・ジャクソン THIS IS IT

    2009年6月に急死したポップス界のスーパースター、マイケル・ジャクソン。彼が生前計画していたロンドンでのコンサートのリハーサル風景などを収めたドキュメンタリー。同公演を監督し、「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」でも知られるケニー・オルテガが本映画でも監督を担当。2週間限定の世界同時公開も話題に。
    90
  • アンダーカバー・ブラザー

    最強のエージェントが、陰謀を企む白人至上主義の悪の組織に敢然と立ち向かう姿をスパイ映画のパロディをふんだんに盛り込んで描く。主演は「ジョンQ-最後の決断-」の人気コメディアン、エディ・グリフィン。
    80
  • プラハからのものがたり

    アニメーションの鬼才ヤン・シュヴァンクマイエルの独特の妄想世界のルーツに迫ったドキュメンタリー。シュヴァンクマイエル自身のインタビュー、作品の抜粋映像、製作スタジオの様子などを交えて、英国の映像評論家マイケル・オプレイが解き明かす構成となっている。
  • フリー・ウィリー2

    オルカ(シャチ)と少年の友情を描いたジュヴナイル・タッチの動物映画の続編。監督は「死の標的」「ラピッド・ファイアー」のアクション派ドワイト・リトルに交代。製作は前作に続き「デーヴ」のローレン・シュラー・ドナーと、「ラジオ・フライヤー」のジェニー・ルー・トゥジェンド。エグゼクティヴ・プロデューサーは前作にも参加したリチャード・ドナー、アーノン・ミルチャン、ジム・ヴァン・ウィック。脚本はカレン・ジャンセン、コーリー・ブレックマン、ジョン・マットソンの共同。撮影は「ベスト・キッド4」のラズロ・コヴァックス、美術はポール・シルバート。音楽は「ジャングル・ブック(1994)」のバジル・ポールドゥリスで、主題歌は前作に続きマイケル・ジャクソン。オルカの造形と特殊効果監修は「アビス」「ターミネーター2」のウォルト・コンティ。また海洋生物専門の高名な写真家ボブ・タルボットが前作同様、オープニングとクロージングに、オルカの映像を提供している。出演は前作に続き「ネバーエンディング・ストーリー3」のジェーソン・ジェームズ・リクター、「ワイアット・アープ」のマイケル・マドセン、『ブランク・チェック』(V)のジェーン・アトキンソンら。
    100
  • ムーンウォーカー

    子供たちを悪の手から助けるために活躍するマイケル・ジャクソン=「ムーンウォーカー」の姿をSFXを駆使し、コンサート風景も交えながら描く。製作総指揮は主演のマイケル・ジャクソンとフランク・ディレオ、製作はデニス・ジョーンズ、ジェリー・クレイマー、監督はクレイマーとコリン・チルヴァース、ジャクソンの原案を基にデイヴィッド・ニューマンが脚色、撮影はジョン・ホラ、オリジナル音楽はブルース・ブロートン、SFX総指揮はリック・ベイカーが担当。出演はほかにジョー・ペシ。
    90
  • ウイズ

    1939年に映画化された「オズの魔法使い」が、75年にブロードウエイの舞台にミュージカルとして登場した。これはその舞台の映画化で、現代のニューヨークを背景に、1人の女教師が仲間たちと経験する不思議な旅を描くミュージカル映画。エグゼクティブ・プロデューサーはケネス・ハーパー、製作はロブ・コーエン、監督は「狼たちの午後」のシドニー・ルメット。L・フランク・ボームの原作を基にウィリアム・ブラウンが脚色したブロードウェイ・ミュージカル「ザ・ウイズ」をジョエル・シュメッチャーが脚色。撮影はオズワルド・モリス、音楽はチャーリー・スモールズ、製作デザイン・衣装はトニー・ウォルトン、特殊効果はアルバート・ウィトロック、音楽監督はクインシー・ジョーンズが各々担当。出演はダイアナ・ロス、マイケル・ジャクソン、ニプシー・ラッセル、テッド・ロス、メーベル・キング、テレサ・マリット、セルマ・カーペンター、リナ・ホーン、リチャード・プライアー、スタンリー・グリーンなど。
    90
  • ベン

    街をパニック状態に陥し入れる恐怖のねずみベンと孤独な少年ダニーの間に芽生えた友情を描く。「ウイラード」の続編。製作はモート・ブリスキン、監督は「要塞」のフィル・カールソン、スティーブン・ギルバードの原作をギルバート・A・ラルストンが脚本化した。撮影はラッセル・メティ、音楽はウォルター・シャーフが各々担当し、「ベンのテーマ」をマイケル・ジャクソンが歌っている。出演はリー・H・モンゴメリー、ジョセフ・カンパネラ、アーサー・オコンネル、メレディス・バクスター、カズ・ガラスなど。
    80
  • マイケル・ジャクソン 衝撃の死の真相

    2009年6月25日に急逝したキング・オブ・ポップ、マイケル・ジャクソンの死の真相に迫ったドキュメンタリー。コンサート直前の専属医師の変更、専属医師の金銭問題、不自然な通報など、彼の死にまつわる疑問をひとつひとつ検証していく。
  • ネバーランディングストーリー

    裁判中のマイケル・ジャクソンが逮捕直前に主演した貴重な作品。彼の邸宅・ネバーランドで撮影された、名作へのオマージュとアクション満載のアドベンチャー。日本へ向かう飛行機が操縦不能になり、聖書の“ノアの箱舟”が眠る謎の小島に不時着する。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・製作:ブライアン・マイケル・ストラー 製作総指揮:リチャード・H・シンタク 撮影:ブライアン・イングランド 音楽:グレッグ・エドモンソン 出演:マイケル・ジャクソン/エリック・ロバーツ/スチュワート・パンキン/コリーン・シャノン

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/26

エイブ・ヴィゴーダ(2016)

アンダーワールド(1996)

自分と父親を陥れた真犯人を見つけるため、正体不明の謎の男に接近する青年のパラノイアックな復讐劇を描いた異色サスペンス。本作の後「マッド・ドッグス」(日本では98年1月公開)で監督デビューも果たしたヴェテラン俳優ラリー・ビショップ(本作で助演も)の脚本を、「スター・ウォーズ」(美術監督としてアカデミー装飾部門最優秀賞を受賞)、『The Sender』(日本未公開、監督作)のロジャー・クリスチャンの監督で映画化。美術はアキ・カウリスマキ監督作品(「ラ・ヴィ・ド・ボエーム」ほか)でも知られるジョン・エブデン。出演は「ネオン・バイブル」のデニス・レアリー、「アンカーウーマン」のジョー・モントーニャ、「フューネラル」のアナベラ・シオラ、「ゴッドファーザー」のアベ・ヴィゴダ、「シリアル・ママ」のトレイシー・ローズほか。

シュガー・ヒル

ニューヨーク・ハーレムの暗黒街で、ドラッグ売買のトップにのし上がった2人の兄弟の葛藤を軸に展開する、愛と暴力に彩られたブラック・ムービー。監督はキューバ出身で、カンヌ国際映画祭で上映された「クロスオーバー・ドリーム」やテレビ映画「心臓が凍る瞬間」(日本では劇場公開)などの作品があるレオン・イチャソ。脚本はバリー・マイケル・クーパー。製作は「ラブ・クライム 官能の罠」のルディ・ラングレイスと、グレゴリー・ブラウン。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ザ・コミットメンツ」のアーミヤン・バーンスタインとトム・ローゼンバーグ、マーク・エイブラハムズの共同。撮影は「ディープ・カバー」「カリフォルニア(1993)」のボージャン・バゼリ。音楽はテレンス・ブランチャードで、ジャズ、ファンク、ソウル、ラップ、ヒップホップ、ブラック・コンテンポラリー、アフリカン・ミュージックからゴスペルに至るまで、さまざまなブラック・ミュージックの挿入曲が全編に流れる。美術は「再会の時」のマイケル・ヘルミー、主人公兄弟の人物造形や作品世界の上でも重要な要素を占める衣装は、「ディック・トレイシー」のエドゥアルド・カストロで、ヴェルサーチ、ヨージ・ヤマモトなどのスーツが使用されている。主演は「ニュー・ジャック・シティ」「デモリションマン」「ドロップ・ゾーン」など出演作が相次ぐウェズリー・スナイプスと、「ストリーマーズ 若き兵士たちの物語」『ファイブ・ハートビーツ』(V)のマイケル・ライト。「クロウ 飛翔伝説」のアーニー・ハドソン、「ビバリーヒルズ・コップ3」のテレサ・ランドルらが共演。