白竜 ハクリュウ

  • 出身地:佐賀県伊万里市
  • 生年月日:1952/10/03

白竜の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 任侠学園

    今野敏の小説『任侠』シリーズのうち『任侠学園』を西島秀俊と西田敏行のW主演で実写化した人情喜劇。地元密着型ヤクザ・阿岐本組の組長は社会貢献に目がなく、No.2の日村は振り回されてばかり。今度は経営不振の高校の再建を引き受け、日村は学園へ向かう。監督は「劇場版 ATARU」や『民王』などのテレビドラマを手がけた木村ひさし。次々に厄介な案件を引き受ける組長の阿岐本を西田敏行が、組長の気まぐれで高校の理事となる羽目になるNo.2の日村を西島秀俊が演じる。
  • アウトレイジ 最終章

    北野武監督が手掛けるバイオレンスシリーズ最終章となる3作目。大友が身を寄せる韓国の張会長を相手に、花菱会の花田がトラブルを起こす。花菱会会長の野村と若頭の西野による覇権争いは張会長襲撃にまで発展し、張会長に恩義を感じる大友は帰国を決意する。前作に続きビートたけし、西田敏行、塩見三省、金田時男、白竜、名高達男、光石研、中村育二、松重豊らが出演するほか、「ミュージアム」の大森南朋、「エヴェレスト 神々の山嶺」のピエール瀧、「TAP THE LAST SHOW」の岸辺一徳、「シン・ゴジラ」の大杉蓮、「ボクの妻と結婚してください。」の原田泰造、「レイルロード・タイガー」の池内博之、「シン・ゴジラ」の津田寛治らがシリーズ初出演する。
  • CONFLICT コンフリクト 最大の抗争

    数々の映像コンテンツを製作してきたオールイン エンタテインメントの20周年を記念して製作された任侠映画。日本最大のやくざ組織・天道会傘下の組長が殺された事件をきっかけに、半グレや警察、国家までも巻き込んだ一大抗争が幕を開ける。「25 NIJYU-GO」の小沢仁志、哀川翔、「表と裏 最終章」の本宮泰風、「アウトレイジビヨンド」の中野英雄など任侠作品でお馴染みの顔ぶれが総出演。
  • 民暴

    ドラマや映画などで名バイプレイヤーとして活躍する木下ほうか主演で描く、民暴(民事介入暴力=暴力団が民事紛争に介入する事案)を題材にした作品。
  • 日本やくざ抗争史 絶縁 第一章

    ヤクザ社会に名を馳せる男たちの抗争劇を描く群像任侠ドラマ第1弾。監督は渋谷正一。出演は白竜、小沢和義、古井榮一、小沢仁志ほか。
  • 日本やくざ抗争史 西成抗争

    昭和30年代を舞台に、侠客成長談を描く昭和残侠ロマン。監督は浅生マサヒロ。出演は原田龍二、水元秀二郎、清水宏、白竜ほか。
  • 新・極道の紋章

    極道の息子として生まれながら堅気として生きてきた男が復讐のため修羅の世界に足を踏み入れる…「極道の紋章」シリーズのスタッフが的場浩司主演で贈る任侠アクション。監督は山本芳久。共演は虎牙光揮、宇崎竜童、白竜ほか。
  • 極道(やくざ)の紋章(だいもん) 外伝

    白竜主演による任侠シリーズの前史を描く外伝。監督・脚本は片岡修二。出演は白竜、松田一三、宮村優、諏訪太朗ほか。2014年2月22日より、東京・下北沢トリウッドにて1週間公開。
  • 日本統一

    ヤクザと抗争を繰り広げる二人の不良を軸に全国極道統一の争いを描く任侠映画。監督は山本芳久。出演は本宮泰風、山口祥行、小沢仁志、誠直也、白竜、哀川翔、梅宮辰夫、千葉真一ほか。
  • 真夏の方程式

    「容疑者Xの献身」に続き、福山雅治が天才物理学者を演じる人気シリーズの劇場版第2弾。美しい海が残る海辺の町を舞台に、ある事件に巻き込まれていく湯川と一人の少年の姿を描く。原作は東野圭吾。監督は前作に続き、西谷弘が担当する。共演は「横道世之介」の吉高由里子、「龍が如く 劇場版」の北村一輝、「映画 妖怪人間ベム」の杏。
  • 阿修羅への道

    白竜と小沢仁志が共演したアクションエンタテインメント。監督・脚本は片岡修二。2012年8月18日より、東京・下北沢トリウッドにて上映。
  • 仁義の戦い

    組織の内部抗争に巻き込まれた男たちが仁義のために戦う姿を描く任侠アクション。監督は、OV『傷だらけの侠達 完結編』の城島想一。出演は、「ラブポリス ニート達の挽歌」の波岡一喜、「罪と罰」の岡崎二朗、「仁義の聖戦 ジャックナイフ」の倉見誠、「マッドドッグ」の加納竜、「追跡者 Shot Gun」の白竜。2012年6月23日より、東京・下北沢トリウッドにて上映。
  • 追跡者 Shot Gun

    韓国で収監された日本人組長と日本育ちの韓国マフィア幹部の闘いを、韓国と日本を舞台に描くアクション映画。脚本・編集・監督は、「湾岸ミッドナイト THE MOVIE」の室賀厚。出演は、「仁義の聖戦 ジャックナイフ」の小沢仁志、「仁寺洞スキャンダル 神の手を持つ男」の白竜、「アウトレイジ」の中野英雄。
  • 仁義の聖戦 ジャックナイフ

    岡山を舞台に、一本独鈷を貫く組織の熾烈な戦いを描く任侠アクション。監督は、「マッドドッグ」の辻裕之。脚本は、「不良の神様~瑠璃の鳴く頃に~」の井上たかし。出演は、「FAMILY」の木村一八、「マッドドッグ」の小沢仁志、「彩愛 saiai」の金子賢、「あにき」のKoji、「修羅の覇道」の倉見誠。
  • ハードロマンチッカー

    「プルコギ THE 焼肉 MOVIE」のグ・スーヨン監督が自らの原作を映画化。山口県下関を舞台に、閉塞感に苛まれ、強がりのみで刹那的な暴力に生きる若者たちの姿を描く。出演は「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」の松田翔太、「マザーウォーター」の永山絢斗、「七瀬ふたたび」の芦名星、「モテキ」の真木よう子、「忍たま乱太郎」の中村獅童。
  • マリン・ボーイ

    麻薬の運び屋たちのスリリングな攻防劇を描いたサスペンス。監督はユン・ジョンソク。出演は「食客」のキム・ガンウ。2010年8月21日よりシネマート新宿/シネマート心斎橋にて開催された「韓流シネマ・フェスティバル2010~新しい風~」にて上映。
  • さよなら夏休み

    岐阜の郡上八幡を舞台に、この土地で少年時代を過ごした男が30年後に再訪し、かつての思い出を蘇らせてゆく姿を通じ、人と人とのつながりを考える。出演は「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の緒方直人、本作主題歌も歌う「クローズ・ユア・マインド ~馬熊横町~/TWILIGHT FILE III」の立花美優。2010年3月6日より、岐阜県群青市にて先行上映。
  • 仁寺洞スキャンダル 神の手を持つ男

    韓国一の骨董品街、仁寺洞を舞台に400年前の絵画を巡る様々な人たちの騙しあいを描くサスペンス。監督・脚本は、本作がデビューとなるパク・ヒゴン。出演は「花影」のキム・レウォン、「今、愛する人と暮らしていますか?」のオム・ジョンファ、「裸足のギボン」のイム・ハリョン、「映画は映画だ」のホン・スヒョンなど。
  • グッド・バッド・ウィアード

    1930年代の混沌とした満州を舞台に、日本軍が残した「宝の地図」をめぐって三人の男が争奪戦を繰り広げるアクション映画。チョン・ウソン、イ・ビョンホン、ソン・ガンホという韓国を代表する俳優が出演。監督は「反則王」のキム・ジウン。本作は中国ゴビ砂漠などで苛酷なロケを敢行、CGを用いずリアルなアクションを実現している。
  • 黒帯 KURO-OBI

    昭和初期、空手の修行に勤しむ若き三人の男たちと“黒帯”をめぐる、真の武道アクション映画。監督は「闇打つ心臓」「死国」の長崎俊一。脚本は「らせん」の飯田譲治。主演は明武舘剛柔流空手道の八木明人、(社)日本空手協会の師範の中達也、他。
  • 龍神 LEGENDARY DRAGON

    週刊実話で連載され、“ヤクザ”と“チャイニーズ・マフィア”の生態をリアルに描き話題となった小説「龍神」が原作者自らの監督・主演で映画化。本作の製作にあたって国際ジャーナリストの顔を持つ高木淳也は捨て身の取材を敢行。その成果を反映し、作品にリアルさと迫力を持たせることに成功している。また高木淳也はすべてのアクションをノースタントでこなしている。共演は、香港若手人気アクションスターのテレンス・インを筆頭に、小沢仁志、白龍、大和武士、中野英雄、岡崎二朗。
  • 新 日本の首領III 激闘篇

    超豪華ゲストで贈る一大ヤクザ抗争劇、「新 日本の首領」シリーズのパート3。
  • HEAT 灼熱

    人種の坩堝と化した新宿を舞台に、自分の生き方を貫き通すアウトローの姿を描いたヴァイオレンス・アクションのシリーズ第1作。監督は「飼育の部屋 終のすみか」の横井健司。武論尊と池上遼一による同名コミックを基に、「餓狼の群れ」の伊藤秀裕と「陰陽師II」の江良至が共同で脚色。撮影を「零 ゼロ」の今井裕二が担当している。主演は「ROUTE58」の笠原紳司。DLP上映。
  • 実録ヒットマン 北海の虎 望郷

    故郷でカタギとなって生きる決意をしたものの、再び抗争へと巻き込まれていく伝説のヤクザの生き様を描いた任侠映画。監督は「実録 ヒットマン ~妻 その愛~」の岡田主。山之内幸夫の原案を基に、「組葬 KUMISO」の香月秀之が脚本を執筆。撮影監督に「鈴の音の誘い」の下元哲があたっている。主演は「爆竜戦隊アバレンジャー DELUXE アバレサマーはキンキン中!」の誠直也。
  • ロッカーズ ROCKERS(2003)

    博多を舞台にロックに青春をかける若者たちの姿を描く青春映画。ストーリーは、これが長編デビュー作となる陣内孝則監督の実体験に基づいている。
  • 首領への道(2003)

    激しい抗争と謀略渦巻く中で、極道社会のトップを目指して突き進む男の姿を描いたヤクザ映画。監督は「必殺!三味線屋勇次」の石原興。村上和彦による劇画を基に、「新・第三の極道・」の大津一瑯と『首領への道19』の高田拓土彦が共同で脚色。撮影をなり・とが担当している。主演は「龍虎兄弟」の清水健太郎。
  • KT

    73年に実際に起こった金大中事件の真実に迫ったポリティカル・サスペンス。監督は「新・仁義なき戦い」の阪本順治。中薗英助による原作を基に、「皆月」の荒井晴彦が脚色。撮影を「ELECTRIC DRAGON 80000V」の笠松則通が担当している。主演は、「新・仁義なき戦い」の佐藤浩市と「太白山脈」のキム・ガプス。第76回『キネマ旬報』ベスト・テン第3位、助演男優賞(香川照之)受賞、第52回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品、第24回ヨコハマ映画祭2002年日本映画第4位、日本芸術文化振興会映画芸術振興事業、日韓合作作品。
  • 荒ぶる魂たち

    極道社会に生きる男たちの壮絶なまでの生き様を描いたバイオレンス群像劇。監督は「カタクリ家の幸福」の三池崇史。自らの原案を基に、「獅子の血脈」の武知鎮典が脚本を執筆。撮影を伊藤潔が担当している。主演は「BROTHER」の加藤雅也。スーパー16ミリからのブローアップ。R-15。第14回東京国際映画祭ニッポン・シネマ・ナウ出品作品。
  • 溺れる魚

    落ちこぼれ刑事コンビが巻き込まれる荒唐無稽な事件の顛末を描いたコメディ・ミステリー。監督は「ケイゾク/映画」の堤幸彦。戸梶圭太による同名小説を基に、「クロスファイア」の横谷昌宏が脚色。撮影を「新生 トレイの花子さん」の唐沢悟が担当している。主演は、「風花」の椎名桔平、「富江 replay」の窪塚洋介、「リング0 バースデイ」の仲間由紀恵、「映画クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦」のIZAM、「ざわざわ下北沢」の渡辺謙。
  • 浅草を舞台に、花形ストリッパーである母とその娘の心の交流を描いた下町人情ドラマ。監督は「おしまいの日。」の君塚匠。脚本は、本作で第7回シナリオ作家協会大伴昌司賞の佳作に入選した『命の現場から』の鍋島久美子。撮影を「おしまいの日。」の前田米造が担当している。主演は、「すずらん 少女萌の物語」の黒木瞳と「もう、ひとりじゃない」の今村理恵。
  • 週刊バビロン

    芸能人や著名人の下ネタばかりを扱う女性週刊誌の内幕を描いたコメディ。監督は「やくざ道入門」の山城新伍。脚本は「どチンピラ」の前川洋一。撮影を「Nile」の鈴木耕一が担当している。主演は「新サラリーマン専科」の三宅裕司。スーパー16ミリからのブローアップ。
  • 極道血風録 無頼の紋章

    対立するふたりの武闘派ヤクザの生きざまを描いたバイオレンス・ロマン。監督は「ドルフィン・スルー」の伊藤秀裕。脚本はOV『疵血の黙示録4』の武和鎮典。撮影を「月光の囁き」の小松原茂が担当している。主演は「御法度」の的場浩司と「DOA」の竹内力。スーパー16ミリからのブローアップ。
  • 極道の妻たち 死んで貰います

    跡目争いの陰謀に立ち向かう極妻の活躍を描いた、人気シリーズの通算第12作。監督は「極道の妻たち 赤い殺意」の関本郁夫。家田荘子による原作を基に、「極道の妻たち 決着」の高田宏治が脚本を執筆。撮影を「極道の妻たち 赤い殺意」の水巻祐介が担当している。主演は「EM EMBALMING」の高島礼子。スーパー16ミリからのブローアップ。
  • 凶犯

    ヤクザの裏金を巡り、欲と裏切りが交錯する争奪戦を描いたクライム・アクション。監督はHIDE。脚本は「報復 REVENGE」の齊藤猛。撮影を「銃爪」の小川洋一が担当している。主演は「報復 REVENGE」の野本美穂と『仁義9』の中村綾。スーパー16ミリからのブローアップ。
  • BLOOD 狼血

    裏切られた組織への復讐を誓ったヒットマンの、血塗られた運命と絆を描いたバイオレンス・ロマン。監督は「Happy People」の鈴木浩介。脚本は「カンゾー先生」の天願大介。撮影を「心霊2」の金谷宏二が担当している。主演は「チャカ LONELY HITMAN」の竹内力。スーパー16ミリからのブローアップ。
  • 大いなる完 ぼんの

    むせかえるような熱き時代に、強い意志と情熱を持って生き抜いてゆく主人公の一生を描いたドラマ。故・田中角栄首相をモデルにした本宮ひろ志の原作を高橋伴明が監督。脚本は高橋と佐々木乃武良。撮影は佐野哲郎。主演は的場浩司。
  • がんばっていきまっしょい

    20数年前の四国・松山を舞台に、ボートに青春をかけた女子高生たちの姿を瑞々しく描いた青春ドラマ。監督は「目を閉じて抱いて」の磯村一路。第4回坊ちゃん文学賞を受賞した敷村良子の同名小説を、磯村監督自身が脚色。撮影を「ちんなねえ」の長田勇市が担当している。主演は新人・田中麗奈でキネマ旬報日本映画新人女優賞を受賞した。芸術文化振興基金助成作品。キネマ旬報日本映画ベスト・テン第3位。
  • Heavenz

    現在の自分に満足出来ず苦悩する若きDJが、恋やスゴ腕のDJとの出会いを通して成長していく姿を描いた青春ストーリー。監督・脚本は、OV「鍵師 KACHIRI」の井出良英で、これが本編デビュー作となる。撮影を「緑の街」の今井裕二が担当している。主演は、「ACRI」の山下徹大と「スキヤキ」の関谷理香。16ミリからのブローアップ。
  • 激しい季節(1998)

    ヤクザの妻とサラリーマンの許されない愛を描いたシリアスな恋愛ドラマ。監督は「ルビーフルーツ」の君塚匠。「よるべなき男の仕事・殺し」の永原秀一が実話を基に脚本を執筆。撮影は「BEAT」の長谷川元吉。主演は「ブルース・ハープ」の田辺誠一と、これが映画デビュー作となる高橋理奈。
  • 安藤組外伝 群狼の系譜

    14年振りに出所した伝説のヤクザが、時代に翻弄されてもがく様を描いた極道映画。監督は「赤と黒の熱情」の工藤栄一。安藤昇の原作を「BLUES HARP」の森岡利行と「文学賞殺人事件 大いなる助走」や、最近ではテレビで活躍しているベテランの志村正浩が監督と共同で脚本に仕上げた。撮影は「BREAK HEAT -バクの胃袋を開け!-」の下元哲があたった。音楽は全編にヴィヴァルディの旋律がちりばめられた。主演は「極道の妻たち 決着(けじめ)」の中条きよしと「修羅がゆく8 首都血戦」の濱田のり子。
  • HANA-BI

    妻や同僚の生と死を目の当たりにした、孤独な刑事の生き様を描いたドラマ。監督・脚本は「キッズ・リターン」の北野武。撮影を「岸和田少年愚連隊血煙り純情篇」の山本英夫が担当している。主演は「GONIN2」のビートたけし。97年ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞、サンパウロ映画祭バンデイラ・パウリスタ賞、ヨーロピアン・アカデミー賞スクリーン・インターナショナル賞受賞。
  • なにわ忠臣蔵

    名作歌舞伎『忠臣蔵』を現代のヤクザの世界に置き換えて、豪華キャストで描いた群像ドラマ。監督は「難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版PARTXIV」の萩庭貞明。脚本は「コギャル喰い/大阪テレクラ篇」の友松直之。撮影を「難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版PARTX」の三好和宏が担当している。主演は「三たびの海峡」の岩城滉一。
  • 極道三国志

    東京へ流れ着いたひとりの極道が、ふたりの義兄弟とともに、裸一貫から全国制覇の狼煙を上げるまでを描く極道サクセス・ストーリー。監督は「リストラ代紋 史上最強の公務員」の金沢克次。鈴川鉄久の原案をもとに、「修羅がゆく5 広島代理戦争」の板倉真琴が脚本を執筆。撮影は「実録新宿の顔 新宿愚連隊物語」の鈴木耕一が担当した。主演は「修羅がゆく5 広島代理戦争」の清水宏次朗。共演に「獅子王たちの最后」の清水健太郎と、「ガメラ2 レギオン襲来」の石橋保。
  • 極道修行 決着

    故国を離れ、日本の暴力団に身を寄せるふたりの韓国人ヤクザの生きざまを描いた、日韓合作の異色極道映画。スタッフ・キャストとも日韓混合によるもので、監督は「金を持って飛べ」の金想辰。脚本は金満坤と朴桂沃の共同。撮影は「エイジアン・ブルー 浮島丸サコン」の林淳一郎が担当している。主演は韓国の代表的映画俳優で「トゥー・カップス」の朴重勲と、「将軍の息子」シリーズの朴尚民。日本側からは白竜、大杉漣、哀川翔らが出演している。韓国での公開時には異例の大ヒットを記録した。
  • 修羅がゆく4 東京大戦争

    場外馬券場の利権争いにつけこんで関東進出を企む関西ヤクザが仕掛けた戦争に立ち向かっていく男たちの姿を描いた極道アクションの第4弾。監督は前作までの和泉聖治に代わり、「餓狼伝」の佐々木正人が担当している。川辺優と山口正人による同名コミックを、佐々木と「修羅がゆく2 戦争勃発」の井上鉄勇が共同脚色。撮影には菊池亘があたっている。主演は「勝手にしやがれ!! 英雄計画」の哀川翔。スーパー16ミリからのブローアップ。
  • リストラ代紋 史上最強の公務員

    ヤクザをリストラされた男が地方公務員に転職したことから巻き起こる事件を描いたアクション・コメディ。監督は「首都高速トライアル」の金沢克次。『リイドコミック』に連載中の土光てつみと原麻紀夫による同名コミックを、「ヤンキー烈風隊」の森岡利行が脚色。撮影を佐藤徹が担当している。R指定。
  • 迅雷 組長の身代金

    クズはクズでも、チンピラでも極道でもないど素人の男たちが、やくざを敵に回して戦いを挑む姿を描いたピカレスク。サントリーミステリー大賞作家の黒川博行の小説『迅雷』を原作に、「セラフィムの夜」の高橋伴明監督と「首領になった男」の西岡琢也脚本という、「TATOO<刺青>あり」の名コンビが“コテコテの大阪映画”を目指して顔を揃えた。撮影は「CAB」の栢野直樹。初めは弱気だったが次第に相棒を引っ張って行くようになる主人公に「きけ、わだつみの声(1995)」の仲村トオルがふんし、「極道の妻たち 危険な賭け」の石橋凌と、このところ進境著しい「犯人に願いを」の金山一彦がその仲間で共演している。
  • 男たちのかいた絵

    性格の全く違うふたりの人格を抱えた男がたどる運命を描いたドラマ。監督は「ハネムーンは無人島」の伊藤秀裕。脚本は、筒井康隆の同名連作小説の映画化に情熱を燃やしていた故・神代辰巳と伊藤秀裕、本調有香の共同。撮影を「BeRLiN」の篠田昇が担当している。主演は「トイレの花子さん(1995)」の豊川悦司で、二重人格者を表情の違いで見事に演じ分けてみせた。R指定。
  • 岸和田少年愚連隊

    喧嘩ばかりを繰り返す少年たちを主人公に、大阪・岸和田の個性的な人々の姿をノスタルジックに描いた青春コメディ。監督は「突然炎のごとく」の井筒和幸。中場利一の同名小説を、「平成無責任一家 東京デラックス」の鄭義信と「復讐の帝王」の我妻正義が脚色。撮影を「女優霊」の浜田毅が担当している。主演は吉本興業の人気若手漫才コンビ“ナインティナイン”の矢部浩之と岡村隆史。全篇を70年代の流行歌が彩る。96年度キネマ旬報ベストテン第6位。1996年3月9日より大阪・松竹角座にて先行上映。
  • セラフィムの夜

    医学上、自分が実は男であったことを知らされた女と、韓国と日本のハーフの男という、自らのアイデンティティーについて悩み、彷徨するふたりの人間を中心に展開されるドラマ。監督は「愛の新世界 Le_Nouveau_Monde_Amoureux」の高橋伴明。原作は花村萬月の同名小説で、これを「おさな妻(1980)」の鹿水晶子と剣山象(高橋監督のペンネーム)のふたりが脚色している。撮影は「勝手に死なせて!」の長田勇市。主演は「極道の妻たち 赫い絆」の大沢逸美と「三たびの海峡」の白竜。タイトルのセラフィムとは、熾天使、即ち九天使の最上位、最高の愛の焔の所持者のことをさす。R指定。
  • 三たびの海峡

    日本に強制連行された朝鮮人男性の半生を描く大河ロマン。監督は「ひめゆりの塔(1995)」の神山征二郎。原作は吉川英治文学新人賞を受賞した帚木蓬生の同名小説で、「君といつまでも」の加藤正人と神山との共同脚色。撮影は「ひめゆりの塔(1995)」の飯村雅彦、音楽は「EAST MEETS WEST」の佐藤勝がそれぞれ担当している。「釣りバカ日誌7」の三國連太郎、「東雲楼・女の乱」の南野陽子ほか、オールスター・キャストによる、日本映画初の本格的韓国ロケーションを敢行した作品。
  • 狼たちのカーニバル CARNIVAL OF WOLVES

    仕事にあぶれ、明日への希望を失った四人の男たちがしでかした犯罪と、マフィアとの戦いの顛末を、オール・アメリカ・ロケで描いたクライム・アクション。監督は「凶銃ルガーP08」でその手腕を発揮してみせた渡辺武。主演は「サンクチュアリ」の永澤俊矢。チャック・ノリスの長男マイク・ノリスと、マイケル・ジャクソンの従兄弟ストーニー・ジャクソンが共演している。
  • みんな~やってるか!

    カー・セックスがしたい!と妄想をつのらせた冴えない男が、紆余曲折を経て、バッタ男となって死ぬまでを描いた奇想天外なナンセンス・コメディ。何かと話題の耐えない“天才”北野武の第5回監督作品にして、ビートたけし第1回監督作品。脚本、編集も北野が担当。撮影は「3-4x10月」以来コンビを組んでいる柳島克己。主演は「銀玉マサやん」に主演した“たけし軍団”のダンカン。
  • 修羅の帝王

    全く異なる人生を歩む極道の兄弟の愛憎を描く、溝口敦原作の同名小説(徳間書店・刊)の映画化。監督は「愛の新世界 Le_Nouveau_Monde_Amoureux」の高橋伴明、脚本は高田純と剣山象の共同、撮影は長田勇市。
  • 棒の哀しみ

    自分を″棒のように生き、棒のようにくたばる″ような男だと冷めた目で見つめる、ひとりのヤクザの生き様を描くドラマ。「噛む女」(88)以来6年ぶりとなる神代辰巳監督作品。北方謙三の同名小説を原作に、脚本は神代と伊藤秀裕の共同、撮影は「ゴト師株式会社II」の林淳一郎が担当。R指定。94年度キネマ旬報日本映画ベストテン第4位、同読者選出日本映画ベストテン第9位。
  • 熱帯楽園倶楽部

    タイ・バンコクを舞台に、会社勤めに嫌気がさした女性添乗員が、詐欺師に仲間入りして巻き起こす騒動を描くコメディ。監督は滝田洋二郎、原案・脚本は一色伸幸という93年の「僕らはみんな生きている」に続く東南アジアを舞台にしたコンビ作で、「おこげ」の清水美砂が主演。撮影も「僕らはみんな生きている」の浜田毅が担当。
  • 首領を殺った男

    18年の刑に服していた筋金入りの極道と、今や巨大組織の首領となって彼をなき者にしようとする兄弟分との戦いを描くやくざ映画。「人生劇場 飛車角」以来30年になる東映やくざ映画の総決算と謳い製作されたもので、監督は「極道戦争・武闘派」の中島貞夫、桂木薫の原案を元に脚本は「新・極道の妻たち 惚れたら地獄」の高田宏治、撮影は北坂清が担当。「仁義なき戦い」シリーズをはじめ東映やくざ映画30年に関わり続けた松方弘樹が主演。
  • 姐 極道を愛した女・桐子

    組長の妻でありながら、別のヤクザの男を愛したヒロインの姿を、ヤクザ組織の内部抗争の戦いの中で描くドラマ。エグゼクティブ・プロデューサーを務めた家田荘子の同名原作(祥伝社ノンノベルス・刊)をもとに、「人間交差点・道」の磯村一路が監督。脚本は「事件屋稼業」の橋本裕志が担当。東千代之介が特別出演。スーパー16ミリ。
  • シンガポールスリング

    オーストラリアを舞台に、日本人新婚カップルが組織と政府との陰謀に巻き込まれる姿を描くハードボイルド・アクション。歌手の徳永英明が原案・企画した作品の映画化で、徳永はエグゼクティブ・プロデューサーと音楽も手がける。監督は「寝盗られ宗介」の若松孝二。脚本は若松と「われに撃つ用意あり」の丸内敏治、上野火山との共同。出演は「ニューヨークUコップ」の加藤雅也。オール・オーストラリア・ロケにより製作された。
  • 極道記者

    酒と博打と女に目がない競馬記者の生き様を描くギャンブル・ドラマ。塩崎利雄の原作(白夜書房・刊)をもとに、「スキンレスナイト」の望月六郎が監督。脚本は望月と前川洋一が担当し、「ありふれた愛に関する調査」の奥田瑛二が主演する。
  • 人間交差点・不良

    昭和三〇年代後半のある地方都市を舞台に、一人の不良少年が、ヤクザや若い娼婦との交流を通して成長していく姿を描く。『ビッグコミック・オリジナル』(小学館刊)に掲載された連作劇画『人間交差点』シリーズ(原作・矢島正雄/作画・弘兼憲史)の一編の映画化で、監督は「獅子王たちの最后」の高橋伴明。脚本は「BEST GUY」の高田純。撮影は「愛について、東京」の安藤圧平が担当。主役の男女二人にこれが本格的映画デビューとなる志村東吾と森崎めぐみが扮した。
  • 寒椿(1992)

    昭和初期の土佐高知の色街を舞台に、原色の男女が織りなす愛と侠気の世界を描く、宮尾登美子原作の映画化。脚本は「代打教師 秋葉、真剣です!」の那須真知子が執筆。監督は「首領になった男」の降旗康男。撮影は「略奪愛」の木村大作がそれぞれ担当。
  • 夜逃げ屋本舗

    借金苦の人々を救うべく活躍する夜逃げ屋の面々の姿を描いた社会派コメディ。脚本・監督は「べっぴんの町」の原隆仁。共同脚本は真崎慎と長崎行男。撮影は「バカヤロー!4 YOU! お前のことだよ」の前田米造がそれぞれ担当。
  • 修羅の伝説

    さまざまな利権をめぐって企業と大物政治家と暴力組識が絡む中で、仁義を貫くひとりのヤクザの壮絶な生きざまを描いた任侠ロマン。勝目梓原作『掟の伝説』の映画化で、脚本は黒田義之が執筆。監督は「シャイなあんちくしょう」の和泉聖治。撮影は「無能の人」の佐々木原保志がそれぞれ担当。
  • 必殺!5 黄金の血

    問答無用で悪を斬る仕事人の活躍を描く時代劇シリーズ第五弾。脚本は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の吉田剛が執筆。監督は「動天」の舛田利雄。撮影は「必殺4 恨みはらします」の石原興がそれぞれ担当。
  • 撃てばかげろう

    やくざ組織の浮き沈みをかけての抗争に身を投じた男たちの壮絶な生きざまを描くドラマ。企画・原作・脚本は「斬殺せよ 切なきもの、それは愛」の野村秋介。共同脚本は「新・童貞物語 ホンコンバージンボーイ」の加藤正人。監督は「仔鹿物語」の沢田幸弘。撮影は「斬殺せよ 切なきもの、それは愛」の宗田喜久松がそれぞれ担当。
  • 陽炎(1991)

    昭和初期の熊本を舞台に、愛憎がうずまく料亭を巡って一人の女胴師の活躍を描く任侠アクション。脚本は「極道の妻たち 最後の戦い」の高田宏治が執筆。監督は「226」の五社英雄。撮影は「利休」の森田富士郎がそれぞれ担当。
  • 獅子王たちの夏

    大組織系列下の末端のチンピラと、その総長をねらう対立組織の組員との非情な生きざまを描く。「ちょうちん」の金子正次の遺稿シナリオの映画化で、共同脚本に「マリアの胃袋」の西岡琢也が参加。監督は「危ない話」(第三話)の高橋伴明。撮影は「1990牡丹燈篭」の三好和宏がそれぞれ担当。
  • 女がいちばん似合う職業

    連続惨殺事件の犯人を追う中年女刑事と、その容疑者として浮かび上がった若者との奇妙な葛藤を描くハードボイルド・アクション。脚本は「きんぴら」の丸山昇一が執筆、監督は「ころがし涼太 激突!モンスターバス」の黒沢直輔、撮影は「バカヤロー!3 「へんな奴ら」」の仙元誠三がそれぞれ担当。
  • モンゴリアンB・B・Q

    現実と伝統のはざまで悩み、苛立ち、青春を彷徨う男女の姿を描く。脚本・監督は新人の三輪誠之。撮影は「鉄拳」の笠松則通がそれぞれ担当。
  • その男、凶暴につき

    ヤクザに雇われた殺し屋と、それを執拗に追う刑事との争いを描く。脚本は「STAY GOLD ステイ・ゴールド」の野沢尚が執筆。監督はビートたけしこと北野武、撮影は「この胸のときめきを」の佐々木原保志がそれぞれ担当。挿入歌は、トレイシー(「ガール・ユー・ニード」)。
  • 彼女が水着にきがえたら

    マリン・スポーツが好きなOLとヨットマンの恋と冒険を描く。ホイチョイ・プロダクションの原作を元に「ほんの5g」の一色伸幸が脚本を執筆。監督は「私をスキーに連れてって」の馬場康夫、撮影は同作の長谷川元吉がそれぞれ担当。主題歌は、サザンオールスターズ(「さよならベイビー」)。
  • 橋(1988)

    弁護士と工芸デザイナーの恋に、冤罪事件を絡めながら描く。脚本は「必殺4 恨みはらします」の中原朗、監督は「嵯峨野の宿」の島宏、撮影は同作の鈴木耕一がそれぞれ担当。
  • いつか誰かが殺される

    父親の失踪とともに謎の事件に巻き込まれた女子高校生が、いろいろな人間に出合い成長していく姿を描く。赤川次郎原作の同名小説をモチーフに「お嬢さんの股ぐら」の高田純が脚本化、監督は「性的犯罪」の崔洋一、撮影は「晴れ、ときどき殺人」の浜田毅がそれぞれ担当。
  • 十階のモスキート

    妻に離婚され、サラ金地獄に陥った警察官が郵便局強盗を企てるまでを描く。脚本はロックシンガーながら「水のないプール」など俳優としても注目を集める内田裕也とこの作品が監督デビューとなる崔洋一の共同執筆、撮影は「あんねの日記(1983)」の森勝がそれぞれ担当。
  • 影と呼ばれた男たち3

    白竜主演によるクライムアクション第3弾。財務省の決裁文書改ざん疑惑を追っていた記者・山崎は、身の危険を感じて紀藤の会社に相談していたが、数人の男たちに襲われ殺されてしまう。事件に大物政治家が絡んでいると睨んだ紀藤は調査を開始する。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:片岡修二 エグゼクティブプロデューサー:河本善鎬 撮影:瀬川龍 製作総指揮・企画・出演:白竜 出演:中村獅童/國本鍾建/水元秀二郎/リリー・フランキー
  • 覇者の掟 第五章

    白竜主演による任侠アクション第5弾。竜仁会若頭補佐の東堂憲伸は、自分の命を狙った男から依頼人を聞き出していた。明石組の仕業ではないかと疑う東堂は、京浜連合にも明石組傘下の話がきていることを知り、兄弟分の本部長・桜井真三に事情を伺う。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:片岡修二 撮影:瀬川龍 チーフプロデューサー:夏山牧子 プロデューサー:上野順司 出演:白竜/阿部亮平/本宮泰風/小沢和義
  • 覇者の掟 第四章

    白竜主演による任侠アクション第4弾。山際組がケツ持ちをしている三栄建設が、明石組傘下の兵藤組から強請りを掛けられていると聞いた組長の山際は、東堂組組長・東堂に相談を持ち掛ける。東堂は山際に明石組との戦争覚悟で兵藤組と話すよう言うが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:片岡修二 撮影:瀬川龍 チーフプロデューサー:夏山牧子 プロデューサー:上野順司 出演:白竜/阿部亮平/本宮泰風/小沢和義
  • 覇者の掟 第三章

    白竜主演による任侠アクション第3弾。関東の2大組織である竜仁会と弘和会による抗争は、竜仁会若頭補佐・東堂と弘和会若頭補佐・佐伯との間で一応の終息を迎えたかに見えたが、両陣営の確執は深まる一方だった。そんな中、関西の明石組が動き出す。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:片岡修二 撮影:瀬川龍 チーフプロデューサー:夏山牧子 プロデューサー:上野順司 出演:白竜/阿部亮平/本宮泰風/小沢和義
  • 覇者の掟 第二章

    『極道の紋章』のスタッフが新たな白竜ワールドを展開する任侠アクション第2弾。竜仁会山際組若頭・東堂は、山際組から分家して東堂組組長として新たなスタートを切った。そんな中、山際組に復讐心を抱く弘和会黒岩組幹部・影山が出所し…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:片岡修二 撮影:斎藤幸一 チーフプロデューサー:夏山牧子 プロデューサー:河野博明 出演:白竜/阿部亮平/伊吹剛/小沢和義
  • 影と呼ばれた男たち

    白竜主演によるクライムアクション。元公安刑事の紀藤竜次は、セキュリティコンサルタントの社長という表の顔と、重大事件の容疑者を始末する仕置人としての裏の顔を持っていた。アポ電強盗犯を追っていた紀藤は、謎の男・風間耕平と遭遇し…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:片岡修二 エグゼクティブプロデューサー:河本善鎬 撮影:瀬川龍 製作総指揮・企画・出演:白竜 出演:中村獅童/國本鍾建/水元秀二郎/リリー・フランキー
  • 大激突2 果てなき抗争

    山口祥行主演による任侠アクション第2弾。京浜連合の森貞組と黒川組の藤岡総業による抗争は終焉したかに見えたが、森貞組若頭・安田は黒川組組長・西野の暗殺を誓う。一方、既に黒川組に寝返っていた森本は、若頭の成田の指示で安田暗殺に動き出す。【スタッフ&キャスト】監督:港雄二 企画:武知鎮典 脚本:村田啓一郎 撮影:田中一成 出演:山口祥行/長谷直美/白竜/小沢仁志
  • 新書 ワル 激情篇 Vol.3

    真樹日佐夫原作の人気コミックを実写化した第3弾。大日本新宿同盟の幹部・堂本は氷室抹殺のため、かつて極左集団のリーダーとして鳴らした蒼倉を呼び寄せた。だが、蒼野は敵対するはずの氷室と共に同盟傘下の甲州会、明治一家と次々と組織を破壊し…。
  • 新書 ワル 決着篇 Vol.4

    真樹日佐夫原作の人気コミックを実写化した第4弾。大日本新宿同盟傘下の甲州会、明治一家など次々と組織を破壊し、同盟本部長・堂本までをも倒した氷室。そして、“大雪の二十九人刺し”の異名を持つ同盟総裁・会津は自ら氷室との果し合いを決断する。【スタッフ&キャスト】監督:宮坂武志郎 原作・脚本:真樹日佐夫 劇画:影丸譲也 プロデューサー:吉田晴彦 出演:白竜/飯島直子/望月太郎/大伴修
  • 新・極道の紋章2

    「極道の紋章」シリーズのスタッフが的場浩司主演で贈る任侠アクション第2弾。武満の仲介により抗争は終結し、頼三を組長とする新生美濃部組が発足した。そんな中、美濃部家の次男である礼二が出所し、美濃部組々長の座を狙い頼三と衝突する。【スタッフ&キャスト】監督・プロデューサー:山本芳久 企画:山本ほうゆう 脚本:松平章全 撮影:小山田勝治 出演:的場浩司/虎牙光揮/宇崎竜童/白竜
  • 新書 ワル 挑戦篇 Vol.2

    真樹日佐夫原作の人気コミックを実写化した第2弾。新宿は大日本新宿同名傘下の靖国興業と台湾マフィアの二大勢力がぶつかり合う一触即発の状態。そこへ飛び込み暴れ回る氷室。ふたつの巨大暴力組織とワルの異名をとる男がついに戦争へと突入した。【スタッフ&キャスト】監督:中田信一郎 原作・監督:真樹日佐夫 劇画:影丸譲也 プロデューサー:内田貴夫 出演:白竜/飯島直子/根岸大介/大場久美子
  • 新・極道の紋章5

    「極道の紋章」シリーズのスタッフが的場浩司主演で贈る任侠アクション第5弾。堅気の人たちを巻き込んだ襲撃に遭った頼三と武満は警察に身柄を拘束された。そんな中、トップ不在の美濃部組の隙を突き、関東斯道睦連合会総長・大鳥が動き出す。【スタッフ&キャスト】監督・プロデューサー:山本芳久 企画・原案:山本ほうゆう 脚本:松平章全 撮影:小山田勝治 出演:的場浩司/小沢和義/宇崎竜童/白竜
  • 悪(ワル)と呼ばれた男

    的場浩司原案・主演によるアクション。修行中の身でありながら酒と女が大好きな僧侶・修造。ある日、見るからに極道の若者ふたりが寺に駆け込んで来て、修造は教育係を命じられる。やがて、ふたりが黒姫一家の内部抗争を起こした主犯だと判明し…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:片岡修二 原案・出演:的場浩司 企画:松田貢 プロデューサー:渋谷正一 出演:松田一三/来栖あつこ/伊達みきお(サンドウィッチマン)/白竜
  • 新書 ワル 復活篇 Vol.1

    真樹日佐夫原作の人気コミックを実写化した第1弾。“ワル”の異名をとる剣の使い手・氷室洋二は、道場で麗子と同居し無頼の生活を送っていたが、一方で巨大暴力組織との闘いを企てていた。警察はそんな氷室の逮捕に躍起になっていたが…。【スタッフ&キャスト】監督:佐々木正人 原作・脚本・アクション監督:真樹日佐夫 劇画:影丸譲也 撮影:田中一成 出演:白竜/飯島直子/山本昌平/大場久美子
  • 制覇3

    小沢仁志、白竜主演による極道巨編第3弾。難波組四代目射殺をきっかけに中日市を中心に勃発した難波鵠心抗争。近藤、武田を擁する難波組新道会の圧倒的武力による報復は続き、鵠心会は危機的状態に陥る。しかし、長期服役していた宿谷が復帰し…。【スタッフ&キャスト】監督:渋谷正一 企画:山本ほうゆう 脚本:松平章全 撮影:若松茂 出演:小沢仁志/谷村好一/小沢和義/白竜
  • フィクサー THE FIXER

    白竜主演による犯罪サスペンス。戦後間もない闇市で愚連隊として暴れ回った趙優大。数々のヤクザ組織と渡り合い、実業家として日本財界に名を馳せた趙は、大手銀行や政界へコネクションを広げ、やがて日本最大規模といわれる詐欺事件に加担していく。【スタッフ&キャスト】監督:城島想一 企画:山本ほうゆう 脚本:井上たかし 撮影監督:小山田勝治 出演:白竜/石原和海/崔哲浩/宮村優
  • 制覇2

    小沢仁志、白竜主演による極道巨編第2弾。巨大組織・難波組の三代目が死去し、跡目争いに勝利した郷田が四代目に就任する。そんな折、新見組組長・新見が引退を宣言。新見の意思を継いだ若頭の近藤と芹澤組若頭・武田は新道会を立ち上げる。【スタッフ&キャスト】監督:渋谷正一 企画:山本ほうゆう 脚本:松平章全 撮影:若松茂 出演:小沢仁志/水元秀二郎/千葉誠樹/白竜
  • 制覇

    小沢仁志、白竜主演による極道巨編。本州中部の独立ヤクザがひしめき合う激戦区・中日市。その中心街のど真ん中に事務所を構える新見組芹澤組の若頭・武田信八は、同じ中心街の縄張りで鎬を削る成瀬組の襲撃に遭う。武田はすぐ様報復に向かうが…。【スタッフ&キャスト】監督:渋谷正一 企画:山本ほうゆう 脚本:松平章全 撮影:若松茂 出演:小沢仁志/水元秀二郎/千葉誠樹/白竜
  • 制覇6

    小沢仁志、白竜主演による極道巨編第6弾。難波組4代目組長・郷田悠馬が暗殺され、急発進させることとなった桝岡石成5代目体制。そして、時は昭和から平成へ。名実共に中部地方最大組織となった新道会は、本家の難波組を凌ぐ勢いを持ち始める。【スタッフ&キャスト】監督:港雄二 企画:HIDE 脚本:松平章全 撮影:小山田勝治 出演:小沢仁志/谷村好一/野口雅弘/白竜
  • 最強独立組織

    白竜主演による任侠アクション。躊躇なく相手の首を切り落とす“首落としの倉木”と恐れられる極道・倉木徹。そんな倉木を慕う若衆・鮫島。永尾組という一家を構えた彼らは、広域組織によって寡占化の一途を辿る極道社会で一本独鈷を貫いていく。【スタッフ&キャスト】監督:●辻裕之 脚本:松平章全 企画・原案:山本ほうゆう 撮影:小山田勝治 出演:白竜/水元秀二郎/野口雅弘/古井榮一
  • 代紋の墓場4

    木村一八主演による任侠ロマン第4弾。侠和会の若頭・大熊から1,000万の大金を巻き上げた京極はガラをかわすため東京へ。一方、大熊は大瀬組との衝突を利用して鳴門組を吸収し、大瀬組をさらに追い込んでいく。高みの見物をする京極だったが…。【スタッフ&キャスト】監督:金澤克次 原作・脚本:村上和彦 企画:山本ほうゆう 撮影:小山田勝治 出演:木村一八/野口雅弘/武蔵拳/白竜
  • 盃外交

    白竜主演による任侠ドラマ。侠眞会会長・菅原は黒崎組の関東進出に焦りを感じ侠眞会の一本化を図る。しかし、それを不服とする平沼組・荒川や澤井一家・元井らは盃を拒否。菅原は侠眞会の名を守るために関東友好会から脱会するのだが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:片岡修二 企画:山本ほうゆう プロデューサー:渋谷正一 撮影:下元哲 出演:白竜/水元秀二郎/宮村優/誠直也
  • 外道軍団

    白竜と寺島進共演による任侠ドラマ。啓仁会を襲撃し、服役していた仙波組幹部・堂島が刑期を終え、出所する。しかし、仙波組は先代組長が亡くなると同時に啓仁会の傘下となっていた。さらに、黒埼組幹部・金子が出所した堂島の命を狙っており…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:片岡修二 プロデューサー:渋谷正一/山本芳久 撮影:小山田勝治 出演:白竜/松田一三/松田優/寺島進
  • 代紋の墓場3

    木村一八主演による任侠ロマン第3弾。親を弾いて破門された鳴門組幹部・京極鉄次は、侠和会の若頭・大熊鋭二郎から度胸と器量で1,000万円を奪うことに成功する。激高した大熊は鳴門組と大瀬組を恫喝し、三者入り乱れての抗争へと突き進んでいく。【スタッフ&キャスト】監督:金澤克次 原作・脚本:村上和彦 企画:山本ほうゆう 撮影:下元哲 出演:木村一八/野口雅弘/武蔵拳/白竜
  • 残侠伝説 覇王道

    『皆月』の望月六郎監督が、極道に背を向けながらも極道界の激しいうねりの中心に生きる孤高の男の生き様を描いた作品。ヤクザの組を一夜にして潰した男が出所してきた。彼の抹殺を企てる組と取り込もうとする組が入り乱れての攻防戦を繰り広げる。【スタッフ&キャスト】監督:望月六郎 脚本:石川雅也 プレジデントプロデューサー:中村一議 企画・出演:白竜 出演:力也/木村衣里/遠藤憲一/竹内力