児玉高志 コダマタカシ

  • 出身地:東京都中野区野方
  • 生年月日:1951年4月7日

略歴 / Brief history

父は映画評論家の児玉数夫。東京学芸大付属高校を経て、75年千葉大学人文学部人文科学科を卒業と同時に日活に助監督として入社する。白鳥信一、白木伸明、藤井克彦、西河克巳らにつく。82年「受験慰安婦」で監督デビュー、この作品で一関映画祭新人監督賞を受賞。以後ロマンポルノを三本監督したほか、遊園地用の3-D映画「バブルガムブラザーズ・イン・エスケイプ」、「ワンダフルロード」(ポピンズ出演)を監督している。84年にっかつを退社、87年にフィルム・シティ所属となる。88年には日活ロマン・ポルノの歴史をふりかえる「ザッツ・ロマンポルノ/女神たちの微笑み」を手がけた。他にプロデューサーとして川崎善広の「踊る乳房」、すずきじゅんいちの「妖艶・肉縛り」を手がけた。83年11月15日結婚、一男あり。

児玉高志の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 女帝 Super Queen

    男たちへの復讐を誓い、ホステスの女帝を目指す女の闘いを描いたドラマ。監督は「極道三国志3 血染めの九州死闘篇」の金澤克次。倉科遼と和気一作による原作コミックを基に、「A・LI・CE」の吉本昌弘が脚色。撮影監督に「難波金融伝ミナミの帝王 劇場版PARTXIII/リストラ(Restructuring)の代償」の三好和宏があたっている。主演は、「ろくでなしBLUES」の小沢真珠と「BLOOD」の高知東生。スーパー16ミリからのブローアップ。
  • 誘う女(1995・日本)

    人気バイオレンス作家にレイプされたという妄想が次第にエスカレートしていく女性の姿を描くサスペンス・スリラー。監督は「熱血ゴルフ倶楽部」の児玉高志。原作は、鎌田敏夫の角川ホラー文庫『ルージュ』に収録の小説 『レイプ』。主演は、「WINDS OF GOD」の今井雅之、「東雲楼・女の乱」の森崎めぐみ、「さわこの恋 1000マイルも離れて」の喜多嶋舞。
  • 熱血ゴルフ倶楽部

    社会人トーナメント優勝を目指すおちこぼれサラリーマンの活躍を描くゴルフ映画。鏡丈二・作、石井まさよし・画による劇画『サクセス辰平』(双葉社・刊)を原作に、「ザッツ・ロマンポルノ 女神たちの微笑み」の児玉高志が監督。脚本は前川洋一、撮影は福沢正典が担当。
  • ザッツ・ロマンポルノ 女神たちの微笑み

    5月28日公開の「ベッド・パートナー BED PARTNER」「ラブ・ゲームは終わらない」を最後に17年間の幕を閉じたロマン・ポルノのアンソロジー映画。全1100本の中から76本をセレクトし、女優を中心に名場面を紹介している。取り上げられた主な作品は「色暦大奥秘話」「団地妻 昼下りの情事」「ラブ・ハンター 恋の狩人」「白い指の戯れ」「一条さゆり 濡れた欲情」「四畳半襖の裏張り」「(秘)色情めす市場」「実録阿部定」「江戸川乱歩猟奇館 屋根裏の散歩者」「女教師」「桃尻娘 〈ピンク・ヒップ・ガール〉」「天使のはらわた 赤い教室」「もっとしなやかにもっとしたたかに」「妻たちの性体験 夫の眼の前で、今…」「ラブレター」「キャバレー日記」「ピンクのカーテン」。構成・監督は「実録ソープ嬢スキャンダル 裂く!」の児玉高志、撮影は「花と蛇 究極縄調教」の佐藤徹がそれぞれ担当。
  • 冴島奈緒 アクメ記念日

    女の子のアクメ体験を沖縄と東京を舞台に繰りひろげられるサスペンスの中で描く。脚本は「美味しい女たち」の桂千穂と、若月ユウ陽が共同で執筆。監督は「スペシャルONANIE」の瀬川正仁、撮影は「街は虹いろ子ども色」の野田悌男がそれぞれ担当。
  • 妖艶・肉縛り

    かつてSMプレイで誤って夫を殺してしまった女と、やはり妻を植物人間にしてしまった男の究極のSMプレイを描く。脚本は関澄一輝(にっかつシナリオコンクール入賞作品)と「スケバン肉奴隷」の斉藤猛の共同、監督は「令嬢肉奴隷」のすずきじゅんいち、撮影は「蕾の眺め」の森勝がそれぞれ担当。
  • 実録ソープ嬢スキャンダル 裂く!

    二人の教え子と愛人関係を結びそのうちの一人を殺してしまった高校の美術教師を描く。岐阜市内で実際に起こった事件をもとに、「レイプハンター 通り魔」の斉藤猛が脚本化。監督は「制服ワイセツ犯 性魔」の児玉高志、撮影は遠藤政史がそれぞれ担当。
  • 制服ワイセツ犯 性魔

    淫行容疑で学校を辞めた教師と、女生徒のその後の関係を描く。脚本は斉藤猛、監督は「ケンちゃんちのお姉さん」の児玉高志、撮影は福島正典がそれぞれ担当。
  • 制服肉奴隷

    孤独でロマンチックな女高生が性的ないじめを受け続け、性の淫獣と化していくまでを描く。脚本は矢沢恵美子と夏淳志の共同、監督は「宇能鴻一郎の濡れて学ぶ」の鈴木潤一を改名したすずきじゅんいち、撮影は「高校教師・失神!」の野田悌男がそれぞれ担当。
  • 美姉妹・剥ぐ

    奔放な姉と、その生活を見ながら悩む妹のOL姉妹の姿を描く。脚本は「イヴちゃんの姫」の佐伯俊道、監督は「残酷!少女タレント」の上垣保朗、撮影は「猟色サロメの唇」の鈴木耕一がそれぞれ担当。
  • 踊る乳房

    失跡した夫を探す若妻を描くミステリー・ポルノ。脚本は吉本昌弘、監督は「ズームアップ 卒業写真」の川崎善広、撮影は「姉日記」の水野尾信正がそれぞれ担当。
  • ケンちゃんちのお姉さん

    スパゲッティ屋“ケンちゃんち”に勤める可愛い女の子と、彼女を狙う男たちを描くコミックポルノ。脚本は「ゴールドフィンガー もう一度奥まで」の伴一彦、監督は「受験慰安婦」の児玉高志、撮影は「紅夜夢」の森勝がそれぞれ担当。
  • お嬢さんの股ぐら

    パトロンと別れたばかりの女と、偶然に乗り込んだタクシーの運転手の関係を描く。脚本は「ピンクのカーテン3」の高田純、監督は「温泉芸者 湯舟で一発」の藤浦敦、撮影は「あんねの日記(1983)」の森勝がそれぞれ担当。
  • 武蔵野心中

    作家、太宰治と、晩年の太宰の良き理解者として献身的に尽し、永遠の旅立ちに同行した山崎富栄の二人の姿を描く。長篠康一郎の同名の小説を映画化したもので、脚本は「お嫁にゆきます」の井手俊郎、監督はテレビ界出身でこの作品が映画第一作になる柴田敏行、撮影は「色ざんげ(1983)」の山崎善弘がそれぞれ担当。
  • 女帝(1983)

    一流デパートの社長の座にのし上った男を踏み台に、会社に“女帝”として君臨した女の、挫折するまでの半生を描く。脚本は「襲われる女教師」の桂千穂と「宇能鴻一郎の姉妹理容室」の内藤誠、監督は「ダンプ渡り鳥」の関本郁夫、撮影は「ピンクカット 太く愛して深く愛して」の鈴木耕一がそれぞれ担当。主題歌は、石原圭子(「椿の館」)。
  • あんねの日記(1983)

    少女から大人に移りつつある娘の姿を描く。脚本は「ピンクカット 太く愛して深く愛して」の木村智美、監督は北畑泰啓、撮影は「宇能鴻一郎の姉妹理容室」の森勝がそれぞれ担当。
    100
  • 襲われる女教師

    レイプされたことが原因で恋人とも別れ、その傷を、セックスでうめようとする女教師の姿を描く。脚本は「宇能鴻一郎の姉妹理容室」の桂千穂、監督は「黒い下着の女」の斉藤信幸、撮影は「恥辱の部屋」の野田悌男がそれぞれ担当。
  • 受験慰安婦

    受験勉強に苦しむ学生たちの家庭教師として、勉強と一緒にセックスまで発散させる女子大生の姿を描く。脚本は「白薔薇学園 そして全員犯された」の伴一彦、監督はこの作品がデビューとなる児玉高志、撮影は「鏡の中の悦楽」の山崎善弘がそれぞれ担当。
  • 肉奴隷 悲しき玩具

    大邸宅のサディスティックな主人に仕えるマゾヒストとして調教されたメイドの姿を描く。脚本は佐伯俊道、監督は「団鬼六 蒼い女」の藤井克彦、撮影は「5時から9時まで 女新入社員」の米田実がそれぞれ担当。
  • 団鬼六 蒼い女

    富豪の家に嫁いだ若い妻が、その家族の淫らな陰謀にはまり肉体をオモチャにされていく姿を描く。団鬼六の原作の映画化で、脚本は「鏡の中の悦楽」の桂千穂、監督は「5時から9時まで 女新入社員」の藤井克彦、撮影は「くいこみ海女 乱れ貝」の水野尾信正がそれぞれ担当。
  • 宇能鴻一郎の人妻いじめ

    郊外にマイホームを買った新婚夫婦の生活を描く。宇能鴻一郎の同名の小説の映画化で、脚本は「冒険者カミカゼ」の桂千穂と同作の内藤誠の共同執筆、監督は「女事務員 色情生活」の白鳥信一、撮影は「悪魔の部屋」の水野尾信正がそれぞれ担当。
  • 黒い下着の女

    会社の金を横領した女とその恋人との逃避行を描く。脚本は「ズームアップ 暴行白書」のいどあきお、監督は「未亡人の寝室」の斉藤信幸、撮影は「マダム・スキャンダル 10秒死なせて」の山崎善弘がそれぞれ担当。
  • 宇能鴻一郎の濡れて騎る

    結婚して数年たつ、欲求不満の人妻のセックス・ライフをコミカルに描く。脚本は池田正一、監督は「婦人科病棟 やさしくもんで」の鈴木潤一、撮影は「セクシープリン 癖になりそう」の米田実がそれぞれ担当。
  • 天使のはらわた 赤い淫画

    不本意にもビニ本のモデルにされてしまい、恋人に去られ、会社も辞めさせられて堕ちていく女の姿を描く。石井隆の原作の映画化で、脚本も石井隆、監督は「ひと夏の体験 青い珊瑚礁」の池田敏春、撮影は「あそばれる女」の前田米造がそれぞれ担当。
    70
  • 肉体保険 ベッドでサイン

    マイホームを建てるために、体を張って保険の勧誘に頑張る人妻を描く。脚本は「女体育教師 跳んで開いて」の伴一彦、監督は「単身赴任 情事の秘密」の白井伸明、撮影は杉本一海がそれぞれ担当。
  • 婦人科病棟 やさしくもんで

    婦人科病棟に入院したスタイリストの女性が、同室の患者たちの生き方に接し愛に目覚めるまでを描く。脚本は「看護婦日記 わいせつなカルテ」の竹山洋、監督はこの作品がデビュー作となる鈴木潤一、撮影は「色情海女 ふんどし祭り」の水野尾信正がそれぞれ担当。
    60
  • 未亡人の寝室

    地方の旅館へ創作に出かけた老小説家と編集者が出逢った、宿を切り盛りする美しい未亡人との不思議な出来事を描く。脚本は「のけぞる女」の池田正一、監督は「スケバンマフィア -恥辱-」の斉藤信幸、撮影は杉本一海がそれぞれ担当。
  • 宇能鴻一郎の開いて写して

    マザーテレサを尊敬する純情な女子高生と彼女に群がる年上の男たちとの騒動を描くコメディ。宇能鴻一郎の原作の映画化で、脚本は「見せたがる女」の三井優、監督は「宇能鴻一郎の修道院附属女子寮」の西村昭五郎、撮影は鈴木耕一がそれぞれ担当。
    40
  • 女教師のめざめ

    理知的で美貌、貞淑な女教師が好色な教頭や生徒たちの凌辱を受け、肉欲に悶える女になるまでを描く。脚本は「後から前から」の那須真知子、監督は「団鬼六 OL縄地獄」の藤井克彦、撮影は鈴木耕一がそれぞれ担当。
  • 欲情まんかい 若妻同窓会

    同窓会と偽り見知らぬ男たちと浮気ツアーに出かける結婚して数年たった若妻たちの姿を描く。脚本は「愛の白昼夢」の中野顕彰、監督は「クライマックス 犯される花嫁」の白鳥信一、撮影はの矢野悌男がそれぞれ担当。
  • 団鬼六 OL縄奴隷

    クリーニング屋の配達係の男に監禁され、やがてSM地獄の倒錯の世界でのたうつ美しいOLの姿を描く。団鬼六の原作の映画化で脚本は「忍者武芸帖 百地三太夫」の鈴木則文、監督は「団鬼六 縄炎夫人」の藤井克彦、撮影は「見せたがる女」の水野尾信正がそれぞれ担当。
  • 見せたがる女

    出張がちな夫をもった新妻の悶々とした日々を描く。脚本は「泣く女」の三井優、監督は「妻たちの性体験 夫の眼の前で、今…」の小沼勝、撮影は「後から前から」の水野尾信正がそれぞれ担当。
  • クライマックス 犯される花嫁

    ドライブインで働く身寄りのない若い娘と、彼女をとりまく人の良い人達がまき起こす騒動を描く。脚本は「お母さんのつうしんぼ」の熊谷禄朗、監督は「おさな妻(1980)」の白鳥信一、撮影は「愛の白昼夢」の米田実がそれぞれ担当。
  • スケバンマフィア 恥辱

    気ままに遊び歩く二人の女高生がスケバンマフィアと呼ばれる大組織に戦いを挑む、シリーズ第二作目。高山銀之助の同名の原作の映画化で、脚本は高橋正康と「レイプハンター 狙われた女」の斉藤信幸、監督も斉藤信幸、撮影は「元祖大四畳半大物語」の森勝がそれぞれ担当。
  • 宇能鴻一郎の貝くらべ

    若いお茶のお師匠さんに礼儀作法を仕込んでもらいに来た女子大生の繰り広げるピンクコメディ。脚本は「宇能鴻一郎のホテルメイド日記」の中野顕彰、監督は「おさな妻(1980)」の白鳥信一、撮影は「背徳夫人の欲情」の水野尾信正がそれぞれ担当。
  • 新入社員 (秘)OL大奥物語

    巨大商社を舞台に、新入OL、キャリアウーマンたちが繰り広げるドタバタを描く。脚本は佐藤繁子、監督は「修道女 黒衣の中のうずき」の白井伸明、撮影は「ホールインラブ 草むらの欲情」の米田実がそれぞれ担当。
  • 花街の母

    実の娘を妹と偽らなければ育てられない、特殊なしきたりの花街を舞台に、娘の花嫁姿を夢見て健気に生きていく母親の姿を描く。金田たつえが歌う同名の涙のヒット曲の映画化で、脚本は村尾昭と中島信昭の共同執筆、監督は「お嫁にゆきます」の西河克己、撮影は「MR.ジレンマン 色情狂い」の前田米造がそれぞれ担当。
  • 修道女 黒衣の中のうずき

    捨て子として修道院に育てられた少女が成人して尼僧となり、女の園で弄ばれる姿を描く。脚本は「団地妻 肉欲の陶酔」を監督した伊藤秀裕と「団鬼六 縄と肌」の松本功の共同執筆、監督は「レイプハリケーン 裂く!!」の白井伸明、撮影は「MR.ジレンマン 色情狂い」の前田米造がそれぞれ担当。
  • 団鬼六 花嫁人形

    SMの世界にのめりこんだ少女と、彼女をそこから助けだそうとする一人の男の姿を描く、谷ナオミ引退後、初のSM作品。団鬼六の原作の映画化で脚本は「女教師 汚れた噂」のいどあきお、監督は「レイプショット 百恵の唇」の藤井克彦、撮影は「スーパーGUNレディ ワニ分署」の水野尾信正がそれぞれ担当。
  • 凌辱<こます>

    麻雀のプロで関東一と言われる男にかつて煮え湯を飲まされたことのある女が、もう一人の雀士と組んで、仇を打つまでを描く。脚本は蘇武道夫、監督は「川上宗薫・原作 白いふくらみ」の白井伸明、撮影は「禁じられた体験」の山崎善弘がそれぞれ担当。
  • ミナミの遊侠伝 なんぼのもんやねん 2

    神野幸一郎の同名コミックを、古田新太と彦麿呂主演で実写化した浪速の極道ロマンシリーズ第2弾。裕二と薫は花立花組から宝松組へ出向となるが、宝松組と対立する与田興行の組長の女を薫が奪ってしまい、怒り狂った与田は宝松組を潰しにかかる。【スタッフ&キャスト】監督:児玉高志 原作:神野幸一郎 脚本:前川洋一 プロデューサー:石田幸一 出演:古田新太/彦麿呂/かわのえりこ(ローバー美々)/西守正樹
  • ミナミの遊侠伝 なんぼのもんやねん 1

    神野幸一郎の同名コミックを、今田耕司と東野幸治主演で実写化した浪速の極道ロマンシリーズ第1弾。花立花組の幹部に見込まれてヤクザとなった裕二と薫。だが、実際は兄貴分にこき使われ、婦人警官に追われる日々。そんな中、裕二が鉄砲玉に選ばれ…。【スタッフ&キャスト】監督:児玉高志 原作:神野幸一郎 脚本:前川洋一 プロデューサー:石田幸一 出演:今田耕司/東野幸治/武田久美子/江口尚希

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?