ウォン・カーウァイ ウォン・カーウァイ

  • 出身地:上海
  • 生年月日:1958/07/17

略歴 / Brief history

【香港返還後も独自の映像美学を貫き通すオンリーワン】中国、上海の生まれ。5歳の時に香港に移住し、香港理工学院に進学してグラフィック・デザインを学ぶ。テレビ界で脚本家・助監督として活動したのち、1982年に脚本家として映画界入り。88年の「いますぐ抱きしめたい」で監督デビューを果たし、香港ノワールというジャンル映画に新鮮な映像美学を開花させた同作は、カンヌ映画祭の批評家週間でも上映された。90年の「欲望の翼」では60年代の香港を詩情豊かに描き、香港電影金像奬でグランプリ・監督賞を含む5部門を受賞、国際的な評価も得る。続いて92年に異色武侠映画「楽園の瑕」の製作に入るが幾度となく撮影が中断され、94年にようやく完成。一部に称賛されるも興行的には惨敗した。その「楽園の瑕」の仕上げ作業の間に撮り上げた「恋する惑星」(94)は日本でも大ヒット。姉妹篇「天使の涙」(95)では、前作から連続登板の金城武をスターダムに押し上げた。香港返還前最後の作品「ブエノスアイレス」(97)では、アルゼンチンに流れ着いたふたりの男同士の愛と葛藤を描き、カンヌ映画祭監督賞を受賞。名実ともに巨匠の領域に。00年の「花様年華」は「『欲望の翼』の続篇とみなすことも可能」とカーウァイ自身語っているが、同じく60年代を舞台に既婚男女のやるせない愛を描き、トニー・レオンにアジア人初のカンヌ映画祭主演男優賞をもたらした。日本では木村拓哉の出演が話題となった「2046」(04)は、過去にとらわれた作家が現在と未来を行き来する集大成的ラブストーリーである。次なる一手が、初の英語作品「マイ・ブルーベリー・ナイツ」(07)。長編映画のほかにも、BMW社のショート・フィルムや、DJ ShadowのPV、オムニバス映画「愛の神、エロス」(04)の一編を手がけるなど、その活動は多岐にわたる。【即興演出と独特の映像世界】香港ニューウェーヴの第二世代に位置し、香港返還後は拠点を海外に移す監督も目立つなか、ペースを崩さず我が道を突き進む異才。現場でたびたび台詞に変更を加える即興的演出で知られ、大幅に延びる撮影のため、出演者ですら完成までは概要がわからないことも多々あるという。2年がかりで完成した「楽園の瑕」は、大量の未使用フィルムを用いた再編集バージョンが08年のカンヌでお披露目され、好評を博した。映像面では、美術・衣裳・編集などを担ってきたウィリアム・チョンと、「欲望の翼」以降、撮影監督をつとめるクリストファー・ドイルと共同で、独特の世界を形成。浮遊しつつ疾走する手持ちカメラは自在に時空を飛び越え、時間や記憶、距離などカーウァイ好みのモチーフを巧みに映像に変換する。しかし、香港返還後最初の作品「花様年華」ではフィックス撮影が増え、画作りにも微妙な変化が見られた。完成まで5年を要した「2046」を挟んで「マイ・ブルーベリー・ナイツ」をアメリカで撮影したが、ブルース・リーの師匠をトニー・レオンが演じる企画も浮上、これをいわゆるハリウッド進出と捉えるのは早計だろう。

ウォン・カーウァイの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • メットガラ ドレスをまとった美術館

    NYメトロポリタン美術館で開催されるファッション界最大のイベント“メットガラ”に迫るドキュメンタリー。主催者であるVOGUE編集長アナ・ウィンターに密着、ゴージャスな一夜を生み出すまでの8か月と、セレブがレッドカーペットを彩る当日の模様を映し出す。監督は『学歴の値段 集金マシーン化した米大学の真実』のアンドリュー・ロッシ。出演は、アナ・ウィンター、キュレーターのアンドリュー・ボルトン、アーティスティック・ディレクターを担当したウォン・カーウァイ、ファッションデザイナーのジョン・ガリアーノ、ジャン=ポール・ゴルチエ、カール・ラガーフェルド、「華麗なるギャツビー」などの監督を務めたバズ・ラーマン、ポップスターのリアーナほか。
  • 大英雄

    金輪国を舞台に、王位を狙う男女とそれを阻止しようとする一団との対峙をスピーディーに描く香港スターが共演したアクションコメディ。2013年7月下旬より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋にて開催される「王家衛(ウォン・カーウァイ)監督 スペシャル上映」にて広東語版をデジタル上映。
  • 楽園の瑕 終極版

    ウォン・カーウァイ監督、クリストファー・ドイルが撮影を担当し、レスリー・チャンやトニー・レオンら豪華キャストが出演したアクションドラマ。伝説として語り継がれる剣士たちの壮絶な戦いと青春群像を鮮烈な映像で描く。1994年公開の『楽園の瑕』をカーウァイ監督自身が修正・再編集した<終極版>。2013年7月下旬より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋にて開催される「王家衛(ウォン・カーウァイ)監督 スペシャル上映」にて上映。
  • グランド・マスター

    ブルース・リーの師としても知られる武術家イップ・マンの実話を基に、中国武術を受け継ぎその技と精神を磨き上げ、次代に継承していった宗師(グランド・マスター)たちの闘いを描く。「花様年華」のウォン・カーウァイ監督作。出演は「レッドクリフ」シリーズのトニー・レオン、チャン・チェン、「SAYURI」のチャン・ツィイー。
  • それぞれのシネマ「君のために9千キロ旅してきた」

    『あなたにとって映画館とは』をテーマに、世界の名匠たちが【3分間】で撮ったオムニバスの一遍。カンヌ国際映画祭の60回目の開催を記念し製作された。
  • マイ・ブルーベリー・ナイツ

    都市で出会って心を通いあわせた男女が結ばれるまでの気持ちの変遷を描くラブ・ロードムービー。主演は本作が映画デビュー作となるシンガーのノラ・ジョーンズ。共演に「コールド マウンテン」のジュード・ロウ、「スター・ウォーズ」シリーズのナタリー・ポートマンら。監督は、「2046」のウォン・カーウァイ。
  • 愛の神、エロス

    「花様年華」「2046」のウォン・カーウァイ、「セックスと嘘とビデオテープ」「オーシャンズ12」のスティーヴン・ソダーバーグ、「情事」「欲望」のミケランジェロ・アントニオーニ。それぞれ独自の世界を持つ3人の監督が、愛とエロスをテーマに競作した贅沢なオムニバス映画。
  • 2046

    「ブエノスアイレス」「花様年華」などの若き巨匠ウォン・カーウァイが「花様年華」のたトニー・レオン、マギー・チャン、「恋する惑星」のフェイ・ウォン、現在の中国映画を代表する女優チャン・ツィイー&コン・リー、カリーナ・ラウ、チャン・チェン、そして日本から木村拓哉を結集し手掛けた壮大なSFラブ・ストーリー。過去の恋を引きずる作家が近未来を舞台にした小説を描き、現在と小説世界の物語が同時進行する。撮影は、カーウァイ映画の顔ともいえるクリストファー・ドイル。
    97
    • おしゃれな
    • かっこいい
    • セクシーな
  • 花様年華

    既婚男女の切ない恋をスタイリッシュに描いたラヴ・ストーリー。監督・製作・脚本は「ブエノスアイレス」のウォン・カーウァイ。撮影は「孔雀」のクリストファー・ドイルと「フラワーズ・オブ・シャンハイ」のリー・ピンビン。音楽はマイケル・ガラッソ。美術・編集・衣裳は「ブエノスアイレス」のウィリアム・チャン。出演は「フラワーズ・オブ・シャンハイ」のトニー・レオン、「ひとめ惚れ」のマギー・チャン、「フラワーズ・オブ・シャンハイ」のレベッカ・パン、「欲望の街 古惑仔」シリーズのライ・チン、本業は小道具係のスー・ピンランほか。2000年カンヌ国際映画祭主演男優賞、高等技術賞、モントリオール映画祭最優秀作品賞、台湾金馬奨主演女優賞、撮影賞、衣裳賞、ヨーロッパ映画賞最優秀非ヨーロッパ映画賞、2001年セザール賞外国語作品賞ほか受賞。
    95
    • おしゃれな
    • かっこいい
  • 初恋(1998)

    初恋」にまつわる物語を鮮烈なタッチで綴った一編。監督はDJ・俳優・デザイナーなど幅広い活動で知られる、ラップ・ユニット軟硬天師の一員エリック・コット(出演も)で、本作が長編劇映画デビュー作。製作は本作が初のプロデュース作となる「ブエノスアイレス」のウォン・カーウァイと大里洋吉。製作総指揮はチャン・イーチェン。脚本はオーシャン・チャンとイップ・リムサム、撮影は「ブエノスアイレス」のクリストファー・ドイル。音楽はカール・ウォン。美術はマン・リムチャン。編集はチャン・キーポップ。出演は「世界の果て」の金城武、「kitchen キッチン」のカレン・モク、本作がデビュー作のリー・ウェイウェイほか。
  • ブエノスアイレス

    90年代を代表する映画作家、「欲望の翼」「天使の涙」のウォン・カーウァイが、南米はブエノスアイレスを舞台に、さすらうゲイの男二人の人生模様を鮮烈に綴った一編。デビュー以来一貫して香港を舞台にしてきたウォン監督が、初めて国外、しかもかねて彼が興味を寄せる、南米はブエノスアイレスを主要な舞台としてロケし、さらに初めて同性愛を題材に扱ったことも、話題となった。主演は香港はじめ中華圏を代表する二人の大スター、レスリー・チャンとトニー・レオン。撮影のクリストファー・ドイル、美術・編集のウィリアム・チョンは前作「天使の涙」に引き続いて参加した言わずと知れたカーウァイ組の常連。製作はカーウァイ、製作総指揮はチャン・イーチェン。また、アソシエイト・プロデューサーは、日本で「欲望の翼」以来国内配給を手掛けてきたプレノンアッシュ代表の篠原弘子と、T・J・チョン、クリストフ・ツァンの共同。製作主任はジャッキー・パン。衣裳デザインとして菊池武夫が協力している。音楽はエンド・タイトルの英語題同名歌を演奏するダニー・チョンの名前がクレジットされているが、劇中ではカエターノ・ヴェローゾ、アストル・ピアソラ、フランク・ザッパなど、ヴァラエティに富んだ選曲で聞かせる。「カップルズ」などエドワード・ヤン作品で売る台湾の若手、チャン・チェンがトニー・レオンにからむ若い男として共演。第50回(97年)カンヌ映画祭最優秀監督賞受賞。97年キネマ旬報外国映画ベスト・テン第6位。
  • 楽園の瑕

    90年代を代表する映画作家、「恋する惑星」「天使の涙」のウォン・カーウァイが、伝説の剣士たちの青春群像を鮮烈な感覚で綴った一編。中国の人気武侠小説家、金庸の代表作『射[周鳥]英雄傳』(邦訳・徳間書店刊)を基に、原作では老人である主人公らの若き日の姿を描くという設定で、カーウァイが脚本を執筆。アソシエイト・プロデューサーは「ソウル」などの監督でもあるシュウ・ケイ。エグゼクティヴ・プロデューサーはカーウァイの盟友で「チャイニーズ・オデッセイ」などの監督でもあるジェフ・ラウ、撮影のクリストファー・ドイル、美術・編集・衣装のウィリアム・チョン、音楽のフランキー・チャン、ローウェル・A・ガルシアとカーウァイ作品の常連スタッフが集結。他に編集で「風にバラは散った」などの監督でもあるパトリック・タム、カイ・キッウァイ、コン・ジ・ラウ、武術指導に「カンフー・カルト・マスター/魔教教主」のサモ・ハン・キンポーらが参加。出演は「欲望の翼」のレスリー・チャン、マギー・チャン、トニー・レオン、カリーナ・ラウ、ジャッキー・チュンに加え、「恋する惑星」のブリジット・リン、「黒薔薇VS黒薔薇」のレオン・カーフェイ、当時ほとんど演技経験のないまま、降板したジョイ・ウォンに代わって起用された「天使の涙」のチャーリー・ヤンと香港映画界のスターが競演。94年ヴェネチア映画祭金のオゼッラ賞、第14回香港電影金像奨撮影賞・美術賞、第31回台湾金馬賞撮影賞・編集賞受賞。
  • 天使の涙

    ネオンきらめく香港の街の音と光の中、5人の若者たちの恋と青春群像を描いた一編。監督・脚本は「欲望の翼」「恋する惑星」のウォン・カーウァイ。全編にわたる極端な超ワイドレンズの使用、トレードマークとなったコマ落とし/コマ伸ばしの連続によるアクション場面の躍動感、光と音の斬新な使い方など、その斬新なビジュアル・センスにさらに磨きがかかった。当初、3話から成るはずだった「恋する惑星」で省略したエピソードを発展させたものだが、監督自身は「同じスピリットから生まれたもので、続編ではない」と発言している。製作は「黒薔薇VS黒薔薇」「チャイニーズ・オデッセイ」など娯楽作品の監督でもあるジェフ・ラウ、撮影は「欲望の翼」以来コンビを組むクリストファー・ドイル、美術は「いますぐ抱きしめたい」以降のカーウァイと組むウィリアム・チョンなど、カーウァイ作品の常連スタッフが集結。出演は「妖獣都市・香港魔界篇」「シティー・ハンター」のレオン・ライ、「スウォーズマン/女神伝説の章」のミシェル・リー、「恋する惑星」の金城武、「バタフライ・ラヴァーズ」「トワイライト・ランデブー」のチャーリー・ヤン、「チャイニーズ・オデッセイ」のカレン・モク。
  • 恋する惑星

    90年代を代表する映像作家、「いますぐ抱きしめたい」「欲望の翼」のウォン・カーウァイが、香港は重慶マンション周辺を舞台に、ある二組のカップルの出会いをめぐるドラマを独自の語り口と映像感覚で綴った一編。彼自身の製作会社であるジェット・トーン・プロの第1作で、製作は彼の盟友にして香港映画界で八面六臂の活躍をみせる、「黒薔薇VS黒薔薇 kurobara tai kurobara」「フル・ブラッド」の異才ジェフ・ラウが参加。撮影は前半部をカーウァイの劇場第一作「いますぐ抱きしめたい」のアンドリュー・ラウ(ラウ・ワイキョン)が、後半部を「欲望の翼」のクリストファー・ドイルがそれぞれ担当。音楽は本来は監督も手掛ける映画人である『東邪西毒』のフランキー・チャン、美術はカーウァイの全4作を手掛ける、「スウォーズマン 女神復活の章」のウィリアム・チョンがそれぞれ担当。出演は「悲情城市」「欲望の翼」などのトニー・レオン(本作で香港電影金像奨主演男優賞受賞)、『北京オペラブルース』(V)、「スウォーズマン 女神復活の章」のブリジット・リンの実力派俳優に、本作がスクリーン・デビューとなる新人2人、香港一の若手女性人気歌手フェイ・ウォンと台湾のニューフェイス、日台ハーフの金城武がからむという好対照なキャスティング。加えて「月夜の願い」のチャウ・カーリンがスチュワーデス役で出演。効果的に使用される劇中曲は、デニス・ブラウンの『Sings in Life』、ママス&パパスの『夢のカリフォルニア』、ダイナ・ワシントンの『縁は異なもの』、フェイ・ウォンの『夢中人』(クランベリーズの『Dreams』のカヴァー)ほか。95年香港電影金像奨作品・監督・主演男優賞受賞。
  • アンディ・ラウ 神鳥伝説

    シティハンターである男と女の複雑な恋愛模様を、軽快なタッチの中に描くアクション映画。「欲望の翼」のアンディ・ラウが自ら設立したプロダクション“チームワーク”の第一作。監督はユン・ケイ、デイヴィッド・ライ、ジェフ・ラウの三人。製作はジャッキー・パン。撮影はピーター・パウ。美術はユー・チュンマン。主演はアンディ・ラウ。共演はグロリア・イップ、アニタ・ムイら。
  • 欲望の翼

    1960年の香港を舞台に6人の若者の青春群像を、オールスター・キャストと独自のスタイリッシュな話法で綴る前衛的大作。脚本・監督は前作「いますぐ抱きしめたい」でデビューしたウォン・カーウァイ、エグゼクティヴ・プロデューサーは70年代香港映画のスター、アラン・タン、撮影は「ソウル」のクリストファー・ドイルが担当。2018年2月3日よりデジタルリマスター版が公開(配給:ハーク)。
    97
    • おしゃれな
    • かっこいい
  • いますぐ抱きしめたい

    香港北部、モンコクの暗黒街に生きる青春群像をスタイリッシュな映像の中に切り取ってみせた、「最後勝利」の脚本家ウォン・カーウェイの監督デビュー作。撮影はアンドリュー・ラウ、音楽をダニー・チャンが担当。出演はアンディ・ラウ、マギー・チャンほか。
  • wkw/tk/1996@/7’55”hk.net

    世紀末の香港に生きる日本人青年のある日常を、モノローグでスタイリッシュに切り取った短編。監督は90年代を代表する映画作家ウォン・カーウァイ。かねてファンだったファッション・デザイナー菊池武夫の打診を受け、彼をエグゼクティヴ・プロデューサーに迎え、短期間で脚本もない状態で即興的に撮り上げた。撮影のクリストファー・ドイル、美術・編集のウィリアム・チャンは「天使の涙」などでおなじみのカーウァイ組の常連スタッフ。出演は「ACRI」の浅野忠信、「天使の涙」のカレン・モク。一部がテレビ各局でワールドのCMとしても放映された。
  • バンパイア・コップ

    町外れの警察署に突如として日本軍人のバンパイア軍団が出現、警察署長と若い刑事がバンパイア狩りに乗り出していく。押したり引いたりのドタバタが繰り広げられるホラーコメディ。『マカオ極道ブルース』のアラン・タンの映画デビュー作。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ジェフ・ラウ 脚本:ウォン・カーウァイ 製作:アラン・タン 製作総指揮:ローヴァー・タン 出演:ジャッキー・チュン/リッキー・ホイ/ビリー・ロウ/チャン・ファット
  • ブエノスアイレス 摂氏零度

    ウォン・カーウァイ監督による、ふたりの男の切ない愛を描いた青春ドラマ『ブエノスアイレス』。本編では描かれなかった“別のドラマ”と、撮影当時のスタッフ、キャストの貴重な独占インタビューなど、映画の舞台裏を綴ったドキュメンタリードラマ。【スタッフ&キャスト】監督:クアン・プンリョン/アモス・リー 出演:レスリー・チャン/トニー・レオン/チャン・チェン/シャーリー・クァン/ウォン・カーウァイ
  • ユン・ピョウ in ポリス・ストーリー

    ジャッキー・チェンと並ぶ香港映画界きってのアクション・スター、ユン・ピョウと、香港人気シンガーソングライターのローウェル・ローをフィーチャーした、クンフーあり、恋ありのコミカル・ポリス・アクション。マンションの壁を使ったアクションやクライマックスの倉庫のシーンで決死のアクションをたたみかけるユン・ピョウの活躍ぶりが見応えある。監督はチェン・タンチュウ、脚本はバリー・ウォンと、のちに「いますぐ抱きしめたい」で監督デビューし、その後も「欲望の翼」「恋する惑星 CHUNGKING EXPRESS」などで世界中から注目を集めているウォン・カーウェイ。レイ役のローウェル・ローは音楽も手掛ける。邦題は「ポリス・ストーリー」となっているが、ジャッキー・チェン主演の「ポリス・ストーリー」シリーズとは全く関連はない。
  • あの日にかえりたい

    没後も衰えることを知らない人気を誇る香港のトップスター、レスリー・チャン主演、ウォン・カーウァイが脚本を手掛けた刑事ドラマ。麻薬取引事件を追っていた刑事のウィンは、台湾の刑事を密売人と間違えて逮捕。彼の接待をするはめになってしまう。【スタッフ&キャスト】製作:フランキー・チャン 監督:ガイ・ライ 脚本:ウォン・カーウァイ/バリー・ウォン 出演:レスリー・チャン/サンディ・ラム/ビリー・ロウ/ジョイス・ガイ