エンリコ・ロ・ヴェルソ

エンリコ・ロ・ヴェルソの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 神聖ローマ、運命の日 オスマン帝国の進撃

    17世紀のヨーロッパを舞台に、イスラム教勢力のオスマン・トルコ軍がキリスト教勢力である神聖ローマ帝国支配下のウィーンを包囲した事件“第二次ウィーン包囲”を描いた歴史スペクタクル。出演は「アマデウス」のF・マーレイ・エイブラハム、「エッセンシャル・キリング」など映画監督として活躍するイエジー・スコリモフスキ。
  • アラトリステ

    17世紀のスペインを舞台に、剣客アラトリステの活躍を描いた同名小説の映画化。ゴヤ賞15部門ノミネート、ヴェネチア国際映画祭正式出品作品。監督は「ウェルカム! ヘブン」のアグスティン・ディアス・ヤネス。出演は、「イースタン・プロミス」のヴィゴ・モーテンセン、「トーク・トゥ・ハー」のハヴィエル・カマラ。
  • いつか来た道(1998)

    シチリア島から大都市へやって来た兄弟の物語を、1958年から1964年まで各年の6章構成で描くドラマ。監督は「小さな旅人」のジャンニ・アメリオ。出演は、エンリコ・ロ・ヴェルソ、フランチェスコ・ジェフリッダほか。1998年ベネチア映画祭金獅子賞受賞作。
  • カストラート

    18世紀のヨーロッパで、ボーイソプラノを維持するために去勢された歌手=カストラートの中でも伝説的な人物ファリネッリの生涯を、バロック調の荘厳な絵巻に仕立てた人間ドラマ。監督はベルギーのテレビで音楽関係の番組を手掛け、劇映画でも「仮面の中のアリア」「めざめの時」と、一貫して音楽を主題とした作品を発表しているジェラール・コルビオ。彼とアンドレ・コルビオの共同脚本を、マルセル・ボーリューが加わって脚色。製作はヴェラ・ベルモント、撮影は「仮面の中のアリア」「無伴奏『シャコンヌ』」のワルテル・ヴァンデン・エンデ、音楽監督・指揮・編曲は、古楽アンサンブル“レ・ラタン・リリック”を率いて世界的に高く評価されているクリストフ・ルセ。衣装は「可愛いだけじゃダメかしら」のオルガ・ベルルーティ。出演は本作で初の本格的主演を果したステファノ・ディオニジ、「小さな旅人」のエンリコ・ロ・ヴェルソ、「ミナ」のエルザ・ジルベルシュタイン、「愛と死と」のカロリーヌ・セリエ、「逃亡者」のジェローン・クラッペほか。
  • 小さな旅人

    孤児院に送られる幼い姉弟と護送する若い警官が、イタリア縦断の旅をする姿を描く人間ドラマ。一九九二年度カンヌ国際映画祭審査員グランプリ受賞作。監督・脚本はテレビ出身で、日本では第一回イタリア映画祭で長編デビュー作の「心のいたみ」が上映されたジャンニ・アメリオ。製作は「みんな元気」のアンジェロ・リッツォーリ。エグゼクティヴ・プロデューサーはエンツォ・ポルチェッリ。共同脚本は「永遠のマリー」のサンドロ・ペトラリアとステファーノ・ルッリ。撮影はトニーノ・ナルディと「女テロリストの秘密」のレナート・タフリ。音楽はフランコ・ピエルサンティが担当。主演は、ミラノに住む実際の移民の子どもたちの中から選ばれたヴァレンティナ・スカリーチとジュゼッペ・イエラチターノ、ローマの国立映画実験センター出身で「ハドソン・ホーク」のエンリコ・ロ・ヴェルソ。
  • ミラノ・コネクション

    イタリア・ミラノを舞台にした本格マフィア・アクション。組織を裏切り服役していたマフィアの元会計係・テューリ。11年の刑期を終えて出所した彼は、海外で新たな人生を歩もうとするが…。主演はイタリアの名優、ジャンカルロ・ジャンニーニ。【スタッフ&キャスト】監督:クラウディオ・フラガッソ 脚本:ロッセラ・ドルーディ 製作・出演:ラウル・ボヴァ 音楽:ピノ・ドナッジオ 出演:ジャンカルロ・ジャンニーニ/エンリコ・ロー・ヴェルソ/ロミーナ・モンデロ/リベロ・デ・リエンゾ
  • ローマ、愛の部屋

    女性同士の美しく官能的な愛を描いたエロスドラマ。ローマのバーで知り合ったアルバとナターシャは、離れがたい気持ちを抑え切れずその夜を共に過ごすことに。互いに悲しい過去を抱えていたふたりは、欲望のままに身も心もひとつに重なり合い…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・製作総指揮・編集:フリオ・メデム 製作総指揮・製作:アルバロ・ロングリア 撮影:アレックス・カタラン 美術:モンセ・サンス 出演:エレーナ・アナヤ/ナターシャ・ヤロヴェンコ/エンリコ・ロー・ヴェルソ
    80
  • アンルーリー 復讐の街

    『アレックス』で話題を呼んだモニカ・ベルッチとヴァンサン・カッセル主演による、復讐に燃える男の姿を描いたクライムアクション。刑務所から出所し、マルセイユへ帰郷したピトゥだが、恋人は兄と結婚、親友はマフィアのボスになっていた…。【スタッフ&キャスト】監督:フィリップ・ベレンジャー 出演:モニカ・ベルッチ/ヴァンサン・カッセル/エンリコ・ロー・ヴェルソ/リシャール・ボーランジェ
  • チェ・ゲバラ 革命と戦いの日々

    『バンテージ・ポイント』のエドゥアルド・ノリエガが、チェ・ゲバラを演じた戦争アクション。グアテマラ革命に失敗したゲバラはメキシコへ亡命。そこで彼は、バティスタ独裁政権打倒を目指すカストロと出会う。リバーシブルジャケット仕様。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ジョシュ・エヴァンス 出演:エドゥアルド・ノリエガ/エンリコ・ロー・ヴェルソ/ポーラ・ガーセス/ソニア・ブラガ

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/26

サンドラ・ブロック(1964)

オーシャンズ8

スティーブン・ソダーバーグ監督、ジョージ・クルーニー主演の「オーシャンズ11」を元に主要キャラクターをオール女性キャストでリブートする新作。2018年6月8日全米公開予定。

ミニオンズ

ユニバーサル・スタジオとクリス・メレダンドリ率いるアニメーションスタジオ、イルミネーションが贈るアトラクション3Dアニメーション「怪盗グルー」シリーズの人気キャラクター、ミニオンズを主役に描いた作品。ミニオンたちが仕えるべき最強のボスを探す旅を描く。前2作のピエール・コフィンに加え、「ロラックスおじさんの秘密の種」のカイル・バルダが監督を務める。「スピード」のサンドラ・ブロック、「バットマン」のマイケル・キートンらが声の出演。日本語吹替版では「アマルフィ 女神の報酬」の天海祐希、「009 RE:CYBORG」の声優・宮野真守らが参加。「怪盗グルーのミニオン危機一髪」の主題歌『Happy』が第86回アカデミー賞歌曲賞にノミネートされたファレル・ウィリアムスが引き続き音楽を担当している。
スーザン・ジョージ(1950)

J&S さすらいの逃亡者

かの『ボニー&クライド』に材をとり、腐れ縁で結ばれた男と女をめぐるマカロニ・ウェスタン風味のラブ・ストーリー。監督は「続荒野の用心棒」「情無用のジャンゴ」など、ひねりの効いたマカロニ・ウェスタンのほか、「史上最大の喜劇 地上最笑の作戦」はじめ様々なジャンルの映画を手がけた名職人セルジオ・コルブッチ。製作はロバート・ロヨラ、脚本はコルブッチ、マリオ・アメンドラ、アドリアーノ・ボルツォーニ、ホセ・マリア・フォルケ、サバティーノ・チウフィーニの共同、撮影はルイス・カドラード、編集はユージェニオ・アラビソ、美術はピエトロ・フィリッポがそれぞれ担当。音楽は「荒野の用心棒」はじめマカロニ・ウェスタンのテーマ曲で名を高めた巨匠エンニオ・モリコーネ。主演はコルブッチとは「情無用のジャンゴ」でも組んだトマス・ミリアンと「わらの犬」「マンディンゴ」などのスーザン・ジョージ。共演はTV「刑事コジャック」でおなじみの「特攻大作戦」などのテリー・サヴァラス、ゲストとして「テオレマ」「1900年」のラウラ・ベッティほか。ちなみに、本作は〈マカロニ・ウェスタン復活祭〉と題して、監督を同じくコルブッチが手がけた問題作「殺しが静かにやってくる」と連続上映された。

タイガーシャーク(1978)

夏のバカンス・シーズンで賑わう中米カリブ海の保養地を舞台に、風俗と、男女の恋を描きながら、人食いザメと人間の戦いを促えたパニック映画。製作はジェラルド・グリーン、監督・脚本はルネ・カルドナ・ジュニア、音楽はバージル・ポルドゥーリスが各々担当。出演は「マンディンゴ」のスーザン・ジョージ、フィオナ・ルイス、ジェニファー・アシュレー、アンドレス・ガルシア、ヒューゴー・スティグリッツなど。