アンソニー・マン

  • 出身地:アメリカ、カリフォーニア州サン・ディエーゴ
  • 生年月日:1906年6月30日

略歴 / Brief history

ステージ・マネジャーを経て、ブロードウェイ劇の演出家となる。38年、セルズニック・プロでスクリーン・テストを監督する仕事を得た。その後、助監督となり、42年に監督に昇格し低予算のスリラーを主に手掛けた。47年のセミ・ドキュメンタリー・タッチの犯罪スリラー“T-Men”と翌48年の“Raw Deal”で注目され、50年の西部劇「ウィンチェスター銃73」で一躍有名になった。この後は、「ウィンチェスター銃73」と同じジェームズ・スチュアート主演で「裸の拍車」(53)、「雷鳴の湾」(53)、「グレン・ミラー物語」(54)、「遠い国」(55)、「戦略空軍命令」(55)などを続けて手掛けた。61年の史劇「エル・シド」は後半の代表作といっていい。「殺しのダンディ」撮影中の67年4月29日にベルリンで死亡し、あとは主演者のローレンス・ハーヴェイが演出を引きついで完成させた。

アンソニー・マンの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • グレイト・フラマリオン

    助手のために彼女の夫を事故に見せかけて撃ち殺した曲撃芸人の悲劇を描くサスペンス。監督はアンソニー・マン。出演はエリッヒ・フォン・シュトロハイム、メアリー・ベス・ヒューズほか。2012年9月22日より、東京・シネマヴェーラ渋谷にて開催された「フィルム・ノワールの世界」で日本初上映。(デジタル上映)
  • 殺しのダンディー

    デレック・マーロウの小説を、彼自身がシナリオ化し「エル・シド」のアンソニー・マンが製作・監督した、彼の遺作。撮影はクリストファー・チャリス、音楽は、クインシー・ジョーンズ、衣装をピエール・カルダンが担当している。出演は「ダーリング」のローレンス・ハーヴェイ、「ローズマリーの赤ちゃん」のミア・ファロー、「魚が出てきた日」のトム・コートネイなど。
  • テレマークの要塞

    クヌート・ハウケリードの“原子爆弾を阻止したスキーの男たち”とジョン・D・ドラモンドの“これらの男たちがいなかったら”を、「大脱走」のアイヴァン・モファットと「ローマ帝国の滅亡」のベン・バーズマンが共同で脚色、「ローマ帝国の滅亡」のアンソニー・マンが監督したセミ・ドキュメントなレジスタンス・ドラマ。撮影は「ローマ帝国の滅亡」のロバート・クラスカー、音楽は「戦場にかける橋」のマルコム・アーノルドが担当した。出演は「危険な道」のカーク・ダグラス、「ダンディー少佐」のリチャード・ハリス、「ズール戦争」のウーラ・ヤコブソン、「丘」のマイケル・レッドグレイヴ、ほかにデイヴィッド・ウェストン、アントン・ディフリングなど。製作はS・ベンジャミン・フィッツ。なお、重水とは化学名をデュートリューム・オキサイド(重水素酸化物)といい、核分裂のさいに重要な役割を演じる、中性子の減速剤で、核分裂および連鎖反応の修正をするもの。
  • ローマ帝国の滅亡

    「エル・シド」のベン・バーズマン、バシリオ・フランチナ、フィリップ・ヨーダンのシナリオを「エル・シド」のアンソニー・マンが演出した歴史スペクタクルドラマ。撮影は「エル・シド」のロバート・クラスカー、音楽は「北京の55日」のディミトリ・ティオムキンが担当した。製作は「北京の55日」のサミュエル・ブロンストン。出演は「エル・シド」のソフィア・ローレン、「ジャンボ」のスティーブン・ボイド、「アラビアのロレンス」のアレック・ギネス、「潜水艦ベターソン」のジェームズ・メイスン、「女優志願」のクリストファー・プラマー、「アラビアのロレンス」のアンソニー・クェイル、「北京の55日」のジョン・アイアランド、「史上最大の作戦」のメル・ファーラー、ほかに、オマー・シャリフ、エリック・ポーター、ダグラス・ウィルマーなど。
  • エル・シド

    11世紀スペインの救国の闘将エル・シドの生涯を描いた70ミリ映画で、「キング・オブ・キングス(1961)」のサミュエル・ブロンストンが製作。監督は「シマロン(1960)」のアンソニー・マン。脚本は「地上最大のショウ」のフレドリック・M・フランクと「キング・オブ・キングス(1961)」のフィリップ・ヨーダン。撮影は「びっくり大将」のロバート・クラスカーが、音楽は「ベン・ハー(1959)」のミクロス・ローザがそれぞれ担当。出演は、「ベン・ハー(1959)」のチャールトン・ヘストン、「ふたりの女」のソフィア・ローレン、ラフ・ヴァローネ、ジュヌヴィエーヴ・パージュ、ジョン・フレイザーなど。
  • シマロン(1960)

    エドナ・ファーバーの同名長編小説の映画化。「波も涙も暖かい」のアーノルド・シュルマンが脚色し、「真昼の欲情」のアンソニー・マンが監督した西部開拓魂を描いたドラマ。撮影は「ナポリ湾」のロバート・サーティース、音楽をフランツ・ワックスマンが担当。出演は「奥様の裸は高くつく」のグレン・フォード、「縛り首の木」のマリア・シェル、「生きていた男」のアン・バクスター、ほかにアーサー・オコンネル、ラス・タンブリンら。製作エドモンド・グレインジャー。
  • 流血の谷

    インディアンの側に立ってつくられた西部劇。ガイ・トロスパーの脚本を、「西部の人」のアンソニー・マンが監督した。撮影はジョン・アルトン。音楽はダニエル・アンフィシアトロフ。出演は主人公のインディアンの青年にロバート・テイラーが扮するほか、新星ポーラ・レイモンド、ルイス・カルハーンら。製作ニコラス・ネイファック。
  • 真昼の欲情

    アースキン・コールドウェル原作小説「神の小さな土地」を映画化した作品。25年前に書かれたこの小説は、以来1000万部近くを売り、たえず検閲や風俗問題で話題をよんだものである。原作者コールドウェルは、ロケハンに随行したほか、しばしば撮影に助言を与え、主題歌の作詞もおこなっている。監督にあたったのは「最前線」「西部の人」のアンソニー・マン、脚色を「無頼の群」のフィリップ・ヨーダンが担当している。撮影は「西部の人」のアーネスト・ホーラー。音楽エルマー・バーンスタイン。出演者は「最前線」のロバート・ライアン、「裸者と死者」のアルド・レイ、「拳銃の罠」のティナ・ルイス、新人フェイ・スペイン、バディ・ハケット、ジャック・ロード、ヴィック・モロー、ヘレン・ウェスコット等。製作シドニー・ハーモン。黒白・スタンダードサイズ。1958年作品。
  • 西部の人

    「秘めたる情事」のゲイリー・クーパーと「西部の旅がらす」のジュリー・ロンドンを主演に、「胸に輝く星」のアンソニー・マンが監督した西部劇。ウイル・C・ブラウンの原作をレジナルド・ローズが脚色し、「理由なき反抗」のアーネスト・ホーラーが撮影を担当している。カリフォルニアのレッド・ロック・キャニオンにロケが行なわれた。音楽リー・ハーライン。他に「カラマゾフの兄弟」のリー・J・コッブ、「モンテカルロ物語」のアーサー・オコンネル、ジャック・ロード等が出演する。ジュリー・ロンドンがラストシーンのバックに1曲歌っている。製作はウォルター・M・ミリッシュ。
  • 胸に輝く星

    バーニー・スレイターの原作を「太陽に向って走れ」のダドリー・ニコルズが脚色、「最前線」のアンソニー・マンが監督した異色西部劇。撮影監督は「三人のあらくれ者」のロイヤル・グリグス、音楽は「最前線」のエルマー・バーンスタイン。主演は「間違えられた男」のヘンリー・フォンダ、「ロンリーマン」のアンソニー・パーキンス。「ミスタア・ロバーツ」のベッツィ・パーマー、「黒い牡牛」のマイケル・レイ少年、「六番目の男」のジョン・マッキンタイア、それにネヴィル・ブランドらが助演する。
  • 最前線

    作家ヴァン・ヴァン・プラアグの小説「戦闘」から「殴られる男」のフィリップ・ヨーダンが脚本を執筆、「シャロンの屠殺者」のアンソニー・マンが監督した戦争映画。撮影は「理由なき反抗」のアーネスト・ホーラー、音楽は「黄金の腕」のエルマー・バーンスタイン。主演は「地獄の翼」のロバート・ライアン、「俺達は天使じゃない(1955)」のアルド・レイ、「ならず者部隊」のロバート・キースなど。
  • シャロンの屠殺者

    近頃流行の心理的西部劇の1つ。リチャード・エメリー・ロバーツのベスト・セラー小説から、「折れた槍」でアカデミー賞を得た、フィリップ・ヨーダンと「平原の落雷」のラッセル・ヒューズが共同脚色し、「戦略空軍命令」のアンソニー・マンが監督した。撮影は「裸の拍車」のウィリアム・メラー、音楽は「長い灰色の線」のモリス・W・ストロフ。主な出演者は、「恐怖の土曜日」のヴィクター・マチュア、「コマンド」のガイ・マディソン、「荒野の三悪人」のロバート・プレストン、「マッコーネル物語」のジェームズ・ウィットモア、新星アン・バンクロフトなど。ウィリアム・ファディマン製作。
  • 戦略空軍命令

    「グレン・ミラー物語」同様、主演ジェームズ・スチュワート「ララミーから来た男」=ジューン・アリソン「もず」、監督アンソニー・マン「ララミーから来た男」、脚本ヴァレンタイン・デイヴィース「トコリの橋」、テクニカラー色彩撮影ウィリアム・ダニエルス「もず」のチームによる色彩航空軍事映画でサミュエル・J・ブリスキンが製作した1955年作品である。原作は「頭上の敵機」のバーン・レイ・ジュニア、脚色はデイヴィスとレイ・ジュニアの共同である。音楽は「野性地帯」のヴィクター・ヤング。共演者は「第八ジェット戦闘機隊」のフランク・ラヴジョイ、「幌馬車隊」のバリー・サリヴァン、「ララミーから来た男」のアレックス・ニコル、「突然の恐怖」のブルース・ベネット、ジェイ・C・フリッペン、ジェームズ・ミリカンなど。
  • ララミーから来た男

    「ジェーン・エア」のウィリアム・ゲーツが1955年に製作した色彩西部劇。トマス・T・フリンの小説から「暴力団(1955)」のフィリップ・ヨーダンと「海賊船長」のフランク・バートが脚色、「遠い国」のアンソニー・マンが監督した。テクニカラー撮影は「麗しのサブリナ」のチャールズ・ラング、音楽は「長い灰色の線」のジョージ・ダニングである。主演は「裏窓」のジェームズ・スチュアートで、以下「探偵物語」のキャシー・オドネル、「赤い山」のアーサー・ケネディ、「長い灰色の線」のドナルド・クリスプ、アレックス・ニコル、アリーン・マクマホン、ウォーレス・フォードらが出演。
    80
  • 遠い国

    「ウィンチェスター銃'73」とまったく同じく、主演ジェームズ・ステュワート(「グレン・ミラー物語」)、製作アーロン・ローゼンバーグ(「グレン・ミラー物語」)、脚本ボーデン・チェイス(「怒りの河」)、監督アンソニー・マン(「グレン・ミラー物語」)、撮影ウィリアム・ダニエルス(「グレン・ミラー物語」)、音楽ジョセフ・ガーシェンソン(「ジョニイ・ダーク」)などのティームによる西部劇映画1954年作品。共演者は「暗黒街脱出」のルース・ローマン、「栄光何するものぞ」のコリンヌ・カルヴェ、「死の砂塵」のウォルター・ブレナン、「ミシシッピの賭博師」のジョン・マッキンタイア、ジェイ・C・フリッペン、ヘンリー・モーガンなど。色彩はテクニカラー。
  • グレン・ミラー物語

    「怒りの河」「雷鳴の湾」のトリオ、製作アーロン・ローゼンバ ーグ、監督アンソニー・マン、主演ジェームズ・スチュアートによるテクニカラーの音楽映画1953年作品で、バンド・リーダーとしてまたトロンボーン奏者として高名の故グレン・ミラーの生涯を描く。脚本は「夫は偽物」のヴァレンタイン・デイヴィース、撮影は「雷鳴の湾」のウィリアム・ダニエルス、音楽監督はジョセフ・ガーシェンソンの担当。共演者はMGMをはなれたジューン・アリソン、「白昼の脱獄」のヘンリイ・モーガン、「ウィンチェスター銃'73」のチャールズ・ドレイク、マリオン・ロス、ジョージ・トビアス、シグ・ルーマンらで、それにルイ・アームストロング、ジーン・クルーパ、ベン・ポラックらのジャズメンが特別出演する。
    90
  • 雷鳴の湾

    「ウィンチェスター銃'73」「怒りの河」の製作者アーロン・ローゼンバーグ、監督アンソニー・マン「裸の拍者」、主演ジェームズ・スチュアートのトリオになる海底石油採掘の色彩開拓劇1953年作品で、G・W・ジョージとG・F・スレーヴィンの原案をジョン・マイケル・ヘイズがストーリーにし、これにジル・ダウドが協力して脚色している。撮影は「ウィンチェスター銃'73」のウィリアム・ダニエルス、音楽は「砂漠部隊」のフcランク・スキナーの担当。主演のスチュアートの相手に、「赤い河」のジョーン・ドルウ、「無宿者」のダン・デュリエ、「悪人と美女」のギルバート・ローランドが共演し、以下ジョイ・C・フリッペン「怒りの河」、新人マーシャ・ヘンダースン、アントニオ・モレノ「征服への道」、ロバート・モネットが助演。
  • 裸の拍車

    「怒りの河」と同じく、アンソニー・マンが監督しジェイムス・ステュアートが主演するテクニカラー西部劇で、「暴力行為」のウィリアム・H・ライトが製作した1953年作品。脚本はラジオやTVの新進ライター・チーム、サム・ロルフとハロルド・ジャック・ブルーム、撮影は「ミズーリ横断」のウィリアム・C・メラー、音楽は「北の狼」のブロニスロー・ケイパー」の担当。共演者は「血闘」のジャネット・リー、「荒野の三悪人」のロバート・ライアン、「ジープの四人」の新人ラルフ・ミーカー、「雨に唄えば」のミラード・ミッチェル。
  • 怒りの河

    「ウィンチェスター銃'73」と同じく、アーロン・ローゼンバーグが製作、ボーデン・チェイスが脚本を書き、アンソニー・マンが監督、ジェームズ・スチュアートが主演する色彩西部劇1951年作品。原作はビル・ガリック。撮影はアーヴィング・グラスバーグ、音楽はハンス・J・サルターの担当である。主演はジェイムズ・スチュワートの他、「チャンピオン」のアーサー・ケネディ、他に新進スターのジュリー・アダムス、ロック・ハドソン、ロリー・ネルソンらが紹介される。
  • ウィンチェスター銃’73

    「愛と血の大地」の助監督などを経て製作者となアーロン・ローゼンバーグ製作になる1950年度西部劇。「暴力行為」のロバート・リチャーズと、「赤い河」のボーデン・チェイスが脚本を書き、「草原の帝王」のアンソニー・マンが監督した。撮影は「ハーヴェイ」のウィリアム・ダニエルス、音楽監督はジョゼフ・ガーシェンソンの担当。「ハーヴェイ」のジェームズ・ステュワートを中心に、「二重生活」のシェリー・ウィンタース、「サハラ戦車隊」のダン・デュリエ、「鉄路の弾痕」のスティーブン・マクナリーらが共演、以下ミラード・ミッチェル、チャールズ・ドレイク、ジョン・マッキンタイアらが助演する。
    90
  • サイド・ストリート

    『ウィンチェスター銃'73』のアンソニー・マン監督によるフィルムノワール。出来心から弁護士事務所の金を盗んでしまった郵便配達員・ジョー。だが、それは悪徳弁護士が恐喝で得た金だった。子供と妻のために改心したジョーは、金を返そうとするが…。【スタッフ&キャスト】監督:アンソニー・マン 出演:ファーリー・グレンジャー/キャシー・オドネル/ジム・クレイグ
  • 復讐の荒野

    アンソニー・マン監督による心理西部劇。牧場主のジェフォーズは娘・ヴァンスとふたり暮らし。ある日、父が見知らぬ貴婦人を招いたことに苛立ったヴァンスは、彼女の顔を傷付けてしまい…。ジョン・ヒューストンの父、ウォルター・ヒューストンの遺作。【スタッフ&キャスト】監督:アンソニー・マン 製作:ハル・B・ウォリス 原作:ニーヴェン・ブッシュ 脚本:チャールズ・シュニー 出演:バーバラ・スタンウィック/ウォルター・ヒューストン/ウェンデル・コーリイ/ジュディス・アンダーソン
  • 秘密指令

    「愛と血の大地」のウォルター・ウェンジャーが製作したフランス革命劇1949年作品。「犯罪王ディリンジャ」のフィリップ・ヨーダンと「海賊バラクーダ」のアニエス・マッケンジーが共同でストーリーを書き卸し、脚色、「ウィンチェスター銃'73」のアンソニー・マンが監督した。撮影は「夜歩く男」のジョン・アルトン、音楽は「脱獄者の秘密」ののソル・カプランの担当。主演は「キッス・タイム」のロバート・カミングス、「アパッチ族の最後」のアーリン・ダール、「夜歩く男」のリチャード・ベースハートで、他にアーノルド・モス、ジェス・バーカー、リチャード・ハート、ビューラ・ボンディらが助演する。
  • 国境事件

    『ウィンチェスター銃"73』のアンソニー・マン監督が、自身の初期の傑作『Tメン』をセルフリメイクしたフィルムノワール。アメリカ・メキシコ国境の町を舞台に、労働者を不法入国させる闇組織を摘発するべく潜入捜査を行うふたりの捜査官を描く。【スタッフ&キャスト】監督:アンソニー・マン 撮影:ジョン・オルトン 出演:リカルド・モンタルバン/ジョージ・マーフィ/ジェームズ・ミッチェル
  • 仮面の女

    西部劇の巨匠として名を馳せるアンソニー・マン監督によるスリラー。研究者のノラは、彼女の婚約者に横恋慕した同僚の女性に襲われ、顔に怪我を負ってしまう。整形手術を受けた彼女は全く別の女性に成り代わって退院するが、警察に追われる身となり…。【スタッフ&キャスト】監督:アンソニー・マン 出演:ブレンダ・マーシャル/ウィリアム・ガーガン/ヒラリー・ブルック
  • 高い標的

    『裸の拍車』のアンソニー・マン監督が実際にあった事件を元に描いたサスペンス。リンカーンの暗殺計画を嗅ぎ付けた警官・ケネディは上司に進言するも無視され、バッジを返上して列車に乗り込む。仲間を殺されたケネディはひとりで暗殺者を追うが…。【スタッフ&キャスト】監督:アンソニー・マン 出演:ディック・パウエル/アドルフ・マンジュー/ポーラ・レイモンド
  • 必死の逃避行

    西部劇の巨匠として名を馳せるアンソニー・マン監督によるフィルムノワール。ギャングのウォルトから指示された毛皮の強奪計画を失敗させたスティーヴ。捕まったウォルトの弟の罪を軽くするため自首するよう脅されたスティーヴは、妻と共に逃亡を図る。【スタッフ&キャスト】監督:アンソニー・マン 出演:スティーヴ・ブロディ/オードリー・ロング/レイモンド・バー
  • Tメン

    西部劇の巨匠として名を馳せるアンソニー・マン監督が、実話に基づいて映画化したフィルムノワール。アメリカ財務省の特別税務調査官たちが、マフィアの偽札ルートを追って潜入捜査を行う姿を通し、闇社会の現実や捜査官の非情な運命を描く。【スタッフ&キャスト】監督:アンソニー・マン 脚本:ジョン・C・ヒギンズ 撮影:ジョン・アルトン 音楽:ポール・ソーテル 出演:デニス・オキーフ/メアリー・ミー/ウォーレス・フォード
  • 脱獄の掟

    『裸の拍車』などで知られるアンソニー・マン監督の名作をDVD化。組織の罠にはめられ、強盗事件の罪をひとりで被る羽目になったジョーは、約束された5万ドルの分け前を要求するため、愛人・パットの手助けで脱獄することに成功するが…。【スタッフ&キャスト】監督:アンソニー・マン 脚本:ジョン・C・ヒギンズ 撮影:ジョン・アルトン 音楽:ポール・ソーテル 出演:デニス・オキーフ/クレア・トレバー/レイモンド・バー
  • 夜のストレンジャー

    『裸の拍車』などで知られるアンソニー・マン監督によるフィルムノワール。海軍に従事するジョニーは、帰国後、文通していた女性・ローズマリーの下を訪ねる。だが家には母親と召使いしかおらず、母親は「ローズマリーは外出中」と話すが…。【スタッフ&キャスト】監督:アンソニー・マン 撮影:レジー・ラニング 出演:ウィリアム・ラリー/ヴァージニア・グレイ/ヘレン・ティーミヒ

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?