カレン・ブラック カレンブラック

  • 生年月日:1939/07/01
  • 没年月日:2013/08/08

カレン・ブラックの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ダーク・ブラッド

    「スタンド・バイ・ミー」のリヴァー・フェニックスの遺作。彼の死で未完となっていたが、「マイセン幻影」のジョルジュ・シュルイツァー監督が自らの手で完成させた。共演は、「マリー・アントワネット」のジュディ・デイヴィス、「エビータ」のジョナサン・プライス。2013年ベルリン国際映画祭ほかで公式上映。
  • マーダー・ライド・ショー

    「マトリックス」や「ミッション:インポッシブル」のサントラを手がけ、オジー・オズボーンなど数々のミュージック・ビデオ監督もこなすヘヴィ・ロック界の大御所ロブ・ゾンビの監督デビュー作。出演に、「SPIDER BABY」(未・64)のシド・ヘイグを始め、「悪魔のいけにえ2」(86)のチョップトップ役が強烈な印象を残すビル・モーズリイ、「ファイブ・イージー・ピーセス」(70)でオスカーにノミネートされたカレン・ブラックなど。
  • クローン・オブ・エイダ

    デジタル・クローンをテーマに、記憶・生命の可能性に挑戦するふたりの女性を、アート界出身の女流監督リン・ハーシュマン=リーソンが描く異色のSFドラマ。
  • クライム タイム

    猟奇殺人事件の再現番組を通じて交錯する連続殺人者を演じる新進俳優と本物の殺人者の姿を描いたニューロティック・スリラー。監督は「マイセン幻影」「失踪 妄想は究極の凶器」のジョルジュ・シュルイツァー。脚本はブレンダン・ソマーズ。撮影はジュリス・ヴァン・デン・スティーンホーヴェン。音楽はデイヴィッド・A・スチュワートで、主題歌をマリアンヌ・フェイスフルが歌う。出演は「サブダウン」のスティーヴン・ボールドウィン、「ブラス!」のピート・ポスルスウェイト、「ショッピング」のセイディ・フロスト、「ザ・プレイヤー」のカレン・ブラック、「アジアの瞳」のジェラルディン・チャップリンほか。
  • アーバン・ハーベスト2

    過去から甦った少年の怨念が平和な田舎町を血に染めていくさまを描いたホラー。モダン・ホラーの巨頭スティーブン・キングの小説『トウモロコシ畑の子供たち』(邦訳・サンケイ文庫)の4度目の映画化。監督はグレッグ・スペンス、製作は「アーバン・ハーベスト」のゲイリー・デピュー。脚本はスティーヴン・ビーガーとスペンス、撮影はリチャード・クレイボー、音楽はデイヴィッド・ウィリアムス、編集はクリス・シベリーがそれぞれ担当。出演は「タンク・ガール」のナオミ・ワッツ、「ファミリー・プロット」「ザ・プレイヤー」のベテラン女優、カレン・ブラックほか。
  • 新チェーンヒート 戦慄の女刑務所

    女囚となった恋人を救おうとするヤクザ男の悪戦苦闘を描いたヴァイオレンス・アクション。監督はボビー・ヒューストン、製作はテリー・カーンとエド・エルバートとグレゴリー・ヴァンガー、エグゼクティヴ・プロデューサーはローレンス・ヴァンガーとマーティン・バラブ、脚本はボビー・ヒューストンとリサ・サットン、原案はヒューストンとエド・エルバートとテリー・カーン、撮影はアラン・カーン、音楽はトビー・フィッチが担当。
  • 天使が降りたホーム・タウン

    少し頭の弱い男と人間不信の女が、旅を経て心を通いあわせる姿を描くロード・ムーヴィー。製作はモーリッツ・ボーマンとジム・キャディ、監督は「デッドフォール」のアンドレイ・コンチャロフスキー、脚本はパトリック・シリーロ、撮影はラヨシュ・コルタイ、音楽はエデュアルド・アルテミエフが担当。出演はジェームズ・ベルーシー、ウーピー・ゴールドバーグほか。
  • 想い出のデキシー・レーン

    第2次世界大戦直後、戦死したとばかり思われていたある男の復員によって引き起こされる騒動を描くコメディ映画。製作はデイヴィッド・ブラディ、監督は本作が長編第1作になるドン・カート、脚本はジョン・ハウブルック、撮影はビル・ウェイジス、音楽はパット・コールマンとポール・ノヴォトニーが担当。出演はクリストファー・ライデル、カレン・ブラックほか。
  • スペースインベーダー

    密かに地底王国を作り地球を侵略しようと企む火星人たちから地球を守ろうとする少年デイヴィッドの活躍を描くSF映画。53年の「惑星アドベンチャー」のリメイク。製作はメナハム・ゴランとヨーラム・グローバス。監督は「スペースバンパイア」のトビー・フーパー。53年作のリチャード・ブレイクの脚本に基づいてダン・オバノンとドン・ジャコビーが脚本を占いた。撮影はダニエル・バール、音楽はクリストファー・ヤング、特殊効果はジョン・ダイクストラ、インベーダー・デザインはスタン・ウィンストンが担当。出演はカレン・ブラック、ハンター・カースンの母子、ティモシー・ボトムズ、53年作で主人公を演じたジミー・ハントなど。
  • ココ・シャネル(1981)

    世界のファッション界に大きな影響を与えたココ・シャネル、その87年間に渡る生涯は波瀾に満ち謎の部分も少なくない。この映画はクロード・ドレの評伝『ココ・シャネル』(サンリオ出版)を下敷にして、シャネルがパリのファッション・ショウで成功するまでを描いている。製作はラリー・スパングラー、エグゼキュティヴ・プロデューサーはエリク・ロシャ。監督は「官能の夜」(79)のジョージ・カツェンダー、脚本はジュリアン・モア、撮影はリカルド・アロノヴィッチ、音楽はジャン・ミュジー、衣装はロジーヌ・ドラマレが担当。主題歌『ワン・アンド・オンリー』をピーター・アレンが歌っている。出演はマリー・フランス・ピジェ、ティモシー・ダルトン、ルトガー・ハウアー、「官能の夜」にも出ていたカレン・ブラックなど。
  • ブルー・エクスタシー 官能の夜

    同じ年頃の女の子より年上の女性とのセックスの方が満足できる男の遍歴を描く恋愛映画。製作総指揮はスティーブン・ロスとハロルド・グリーンバーグ。製作はロバート・ラントスとクロード・エイルー。監督はジョージ・カッツェンダー。脚本はポール・ゴットリーブ。原作はスティーヴン・ビジンツェー。撮影はミクロス・レンテ。音楽はティボール・ポルガー。出演はトム・ベレンジャー、カレン・ブラック、スーザン・ストラスバーグ、アレクサンドラ・スチュワルトなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。日本での公開時は成人映画館での上映となった。
  • カプリコン・1

    人類初の有人火星宇宙船カプリコン計画をめぐるNASAの国家的陰謀と、それに対する男達の姿を描く。製作はポール・N・ラザルス3世、監督・脚本は「破壊!」のピーター・ハイアムズ、撮影はビル・バトラー、音楽はジェリー・ゴールドスミスが各々担当。出演はエリオット・グールド、ジェームズ・ブローリン、ブレンダ・ヴァッカロ、サム・ウォーターストン、O・J・シンプソン、ハル・ホルブルック、テリー・サヴァラス、カレン・ブラックなど。
  • 家(1976)

    高校教師一家が貸別荘を訪れる。だがその家は彼らに対して……。76年全米恐怖映画協会最優秀監督賞受賞作品。製作・監督は「血の唇」のダン・カーティス。脚本はウィリアム・F・ノーランとD・カーチス、原作はロバート・マラスコ(早川書房刊)、撮影はジャック・マルクェ、特殊効果はクリフ・ウェンジャー、音楽はロバート・コバートが各々担当。出演はカレン・ブラック、オリバー・リード、バージェス・メレディス、ベティ・デイヴィスなど。
  • ヒッチコックのファミリー・プロット

    監督生活50年を迎えるアルフレッド・ヒッチコック監督の53作目の作品で、手数料目当てに資産家の遺産相続人を捜す若い男女と、ダイヤモンドを狙う誘拐犯の男女、の2組が織りなすサスペンス映画。監督は「フレンジー」のアルフレッド・ヒッチコック、脚本はアーネスト・リーマン、原作はビクター・カニング、撮影はレナード・J・サウス、美術はヘンリー・バムステッド、音楽はジョン・ウィリアムス(2)、衣裳デザインはイーディス・ヘッド、編集はJ・テリー・ウィリアムスがそれぞれ担当。出演はカレン・ブラック、ブルース・ダーン、バーバラ・ハリス、ウィリアム・ディベイン、エド・ローター、キャスリーン・ネスビット、キャサリン・ヘルモンドなど。
  • ナッシュビル

    アメリカで最も保守的な町といわれ、一方ではカントリー&ウエスタンのメッカとして有名なテネシー州の首都ナッシュビルに集まった24人の5日間の行動を通してアメリカの素顔を描く。製作・監督は「ボウイ&キーチ」のロバート・アルトマン、脚本はジョーン・テュークスベリー、撮影はポール・ローマン、音楽編集・監修はリチャード・バスキン、編集はシド・レヴィンとデニス・ヒルが各々担当。出演はデイヴィッド・アーキン、バーバラ・バクスレイ、ネッド・ビーティ、カレン・ブラック、ロニー・ブレイクリー、ティモシー・ブラウン、キース・キャラダイン、ジェラルディン・チャップリン、ロバート・ドキ、シェリー・デュヴァル、アレン・ガーフィールド、ヘンリー・ギブソン、スコット・グレン、ジェフ・ゴールドブラム、バーバラ・ハリス、デイヴィッド・ヘイワード、マイケル・マーフィー、アラン・ニコルズ、デイヴィッド・ピール、クリスティナ・レインズ、バート・レムゼン、リリー・トムリン、グエン・ウェルズ、キーナン・ウィンなど。
  • イナゴの日

    1930年代後半のハリウッドを舞台に、そこで蠢く赤裸々な人間群像を描くナサナエル・ウェストの同名小説の映画化。製作はジェローム・ヘルマン、監督は「日曜日は別れの時」のジョン・シュレシンジャー、脚本はウォルド・ソルト、撮影はコンラッド・ホール、音楽はジョン・バリー、編集はジム・クラーク、美術はジョン・J・ロイド、衣裳はアン・ロスが各々担当。出演はドナルド・サザーランド、カレン・ブラック、バージェス・メレディス、ウィリアム・アザートン、ジェラルディン・ペイジ、ボー・ホプキンス、リチャード・A・ダイサートなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。テクニカラー、ビスタサイズ。1975年作品。
  • エアポート’75

    数百人の乗客を乗せた巨大なジャンボ・ジェット機ボーイング747が、飛行中に小型機と激突、操縦不能となった。乗客の恐怖と地上の救援活動を描くスカイ・アドベンチャー。製作総指揮はジェニングス・ラング、製作はウィリアム・フライ、監督は「殺しの接吻」のジャック・スマイト、アーサー・ヘイリーの原作をドン・インガルスが脚色、撮影はフィリップ・ラスロップ、音楽はジョン・カカバスが各々担当。出演はチャールトン・ヘストン、カレン・ブラック、ジョージ・ケネディ、エフレム・ジンバリストJr、スーザン・クラーク、ヘレン・レディ、マーナ・ローイ、グロリア・スワンソンなど。
  • 華麗なるギャツビー(1974)

    1920年代のアメリカの精神的混乱を上流階級に属する若者たちの生き方を通して描いたF・スコット・フィッツジェラルド原作の映画化。製作はブロードウェイのプロデューサーで初めて映画を手がけるデイヴィッド・メリック、監督は「年上の女」のジャック・クレイトン、脚本はフランシス・フォード・コッポラ、撮影はダグラス・スローカム、音楽はネルソン・リドル、衣装はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はロバート・レッドフォード、ミア・ファロー、ブルース・ダーン、カレン・ブラック、スコット・ウィルソン、サム・ウォーターストン、ロイス・チャイルズなど。
  • 組織

    アメリカの人気作家リチャード・スターク原作の「悪党パーカー」シリーズ中の「犯罪組織」の映画化。製作はカーター・デ・ヘブン、監督・脚本は「愛と死のエルサレム」のジョン・フリン、撮影はブルース・サーティーズ、音楽はジェリー・フィールディング、編集はラルフ・E・ウィンタースが各々担当。出演はロバート・デュヴァル、カレン・ブラック、ジョー・ドン・ベイカー、ロバート・ライアン、ティモシー・ケーリー、ジョアンナ・キャシディ、リチャード・ジェイケル、シェリー・ノース、フェリス・オーランディなど。
  • 生き残るヤツ

    ニューヨークの真中にカメラを据え、街の活気、生活の騒音などを取り入れ、麻薬中毒、アル中、浮浪者など世の中からはみ出した人間たちの悲哀を描く。製作総四季はジェリー・トコフスキー、製作はフィリップ・ラングナー、監督はチャコスロバキア出身のアイヴァン・バサー、脚本はデイヴィッド・スコット・ミルトン、撮影はジャック・プリーストリー、音楽はウィリアム・S・フィッシャー、編集はラルフ・ローゼンバームが各々担当。出演はジョージ・シーガル、ポーラ・プレンティス、カレン・ブラック、ジェイ・フレッチャー、ヘクター・エリゾンド、マーシア・ジャン・クルツ、アーヴィング・セルブスト、エド・マドセンなど。
  • ファイブ・イージー・ピーセス

    仕事も、家族も、女さえも、およそ愛することから離反して彷徨する無目的なヒーローに焦点を合わせ、「イージー・ライダー」で見据えたアメリカの“現在”に再度挑戦する。製作総指揮は「イージー・ライダー」のバート・シュナイダーとリチャード・ウェクスラー、そしてボブ・ラフェルソンの製作、監督はボブ・ラフェルソン、ラフェルソンと女性脚本家のエイドリアン・ジョイスの共作原案をジョイス自身で脚色、撮影は「イージー・ライダー」のラズロ・コヴァックス、音響をオーディオ・トラン、タミー・ウィネットが歌っている。出演は「白昼の幻想」「ワイルド・エンジェル」の脚本家でもある「イージー・ライダー」のジャック・ニコルソン、同じく「イージー・ライダー」のカレン・ブラック。その他、ビリー・グリーン・ブッシュ、「エデンの東」のロイス・スミス、スーザン・アンスパック、ウィリアム・チャーリー、ジョン・ライアン、ラルフ・ウェイトなど。
  • ブルーマン

    『ファイブ・イージー・ピーセス』のカレン・ブラックがヴァンパイア役を務めたホラーサスペンス。映画監督のポールは、幽体離脱したかのような不思議な感覚に悩まされていた。同じ頃に奇妙な殺人事件が起こり、次々と知人が巻き込まれ…。【スタッフ&キャスト】監督:ジョージ・ミハルカ 脚本:ロバート・ジョフリオン 撮影:ポール・ヴァン・ダー・リンデン 音楽:マーヴィン・ドルゲン 出演:ウィンストン・レカート/カレン・ブラック/ジョン・ノヴァク/アンドリュー・ベドナルスキー
  • ザ・ミラー 悪魔の棲む鏡

    テレビ映画「光と闇の十字架 」のマリナ・サージェンティ監督の戦慄ホラー。「イージー・ライダー」のカレン・ブラック主演。
  • 大人になれば

    巨匠フランシス・F・コッポラが67年に撮った日本未公開の青春ラブコメディ。
  • マインドコントロール殺人 ザ・ピクス

    カレン・ブラック×クリストファー・プラマーの共演で贈るサスペンスホラー。ある高級娼婦が変死体で発見され、ヘンダーソン刑事は調査を開始する。彼女が身に着けていた逆さまの十字架を調べているうちに、彼はある新興宗教の存在に気付く。【スタッフ&キャスト】監督:ハーヴェイ・ハート 脚本:ロバート・スクリッヒ 原作:ジョン・ブューアル 撮影:レネ・バージイア 出演:カレン・ブラック/クリストファー・プラマー/ドナルド・ピロン/シャン・ルイ・ルレア
  • 死霊危険地帯(ゾンビハザード)

    『13日の金曜日 PART7 新しい恐怖』のジョン・カール・ビューラーが放つゾンビホラー。150年前に失われた宝石を探し出すため、カリフォル二アの片田舎へ旅に出た6人組。土地の人間の忠告を無視して、廃墟と化した金脈に辿り着くのだが…。【スタッフ&キャスト】監督:ジョン・カール・ビューラー 撮影:ジェームズ・レゴイ 音楽:ピエルパオロ・ティアノ 出演:リチャード・リンチ/ジェフ・コナウェイ/ヴァーノン・ウェルズ/マーティン・コーヴ/カレン・ブラック
  • THE UNDERGROUND COMEDY MOVIE ジ・アンダーグラウンド・コメディ・ムービー

    『ゴッド・ファーザー』『スーパーマン』など過去の名作を、馬鹿馬鹿しさと皮肉たっぷりでコーティングしたパロディおバカムービー。『グリーンマイル』で囚人役を務めたマイケル・クラーク・ダンカンがゲイに扮しハンターに口説かれる。R-15作品。【スタッフ&キャスト】監督:ビンス・オファー 製作総指揮:Maria Levin 脚本:Vince Offer 撮影:マイケル・ホフスタイン 出演:マイケル・クラーク・ダンカン/カレン・ブラック/ブライアン・ヴァン・ホルト/Rebecca Chaney
  • キラーフィッシュ

    イタリアとブラジルの融合が恐怖と混沌を生み出したピラニア映画の金字塔。鉱山から宝石を盗み出したラスキー率いる窃盗グループは、警察の目を逸らすため宝石を湖の底に沈めた。ところが、抜け駆けした仲間のひとりが突如大量のピラニアに襲われ…。【スタッフ&キャスト】監督:アンソニー・M・ドーソン 製作:アレックス・ポンティ 脚本:マイケル・ロジャース 撮影:アルベルト・スパニョーリ 出演:リー・メジャース/ジェームズ・フランシスカス/カレン・ブラック/マーゴ・ヘミングウェイ