ヒルデガード・ニール

  • 出身地:南アフリカ、ケープ・タウン
  • 生年月日:1939年5月26日

略歴 / Brief history

子供の頃から女優に憧れ、21歳でロンドンに渡ってRADAに学び、多くの賞を受賞し、2年後に卒業。リヴァプールの舞台に3年間立った後、69年にRSCに参加、『トロイラスとクレシダ』のトロイのヘレンで注目された。映画も同年に「悪魔の虚像」(V)のロジャー・ムーアの相手役としてデビュー、チャールトン・ヘストンが監督を兼ねた71年の「アントニーとクレオパトラ」のクレオパトラ役に抜擢されて国際的に知られた。その後も舞台中心でTV出演も多い。78年に俳優ブライアン・ブレセッドと結婚、一女ロザリンドがある。

ヒルデガード・ニールの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • レガシー

    恐ろしき運命の糸に操られ、思いもよらぬ遺産を譲られた女性を描く恐怖映画。製作はデビッド・フォスターとラリー・ターマン、監督はBBC放送出身で、これが劇場映画第1作となるリチャード・マーカンド。「吸血鬼ドラキュラ」(58)などで知られるジミー・サングスターの原案に基づき、ジミー・サングスター、ポール・ホイーラー、パトリック・ティリーが脚色。撮影はディック・ブッシュ、音楽はマイケル・J・ルイス、編集はアン・V・コーツ、プロダクション・デザインはディズリー・ジョーンズ、衣裳デザインはシューラ・コーエンが各々担当・主題歌をキキ・ディーが歌っている。出演はキャサリン・ロス、サム・エリオット、ロジャー・ダルトリー、チャールズ・グレー、リー・モンターギュ、ヒルデガード・ニール、ジョン・スタンディング、マーガレット・タイザック、マリアンヌ・ブルームなど。
  • ウィークエンド・ラブ

    都会生活のサラリーマンにとって貴重な憩の時となるウィークエンド。ロンドンを舞台に、妻子ある中年男と離婚歴のある中年女のほろ苦い愛を描く。ロス・ハンターを社長とするブルート・プロの第一回作品。製作・脚本は「お熱い出来事」のメルヴィン・フランク、脚本はフランクとジャック・ローズ、撮影はオースティン・デンプスター、音楽はジョン・キャメロンが各々担当。出演はジョージ・シーガル、グレンダ・ジャクソン、ポール・ソルビン、ヒルデガード・ニール、セック・リンダー、K・カラン、マリー・バークレイ、ミシェル・エラウィンなど。
  • アントニーとクレオパトラ

    ウィリアム・シェイクスピアの名作『アントニーとクレオパトラ』をチャールトン・ヘストンが監督・脚本・主演した作品で、アントニーとクレオパトラとの結ばれぬ恋をクライマックスに、アクテューム大海戦、アレクサンドリア大激突戦を中心に描いた叙事詩。製作は「ジュリアス・シーザー(1969)」のピーター・スネル、撮影はラファエル・パチェコ、美術はホセ・アルグエロ、ホセ・マリア・アラルコン、衣裳はウェンディ・ディクソン、音楽はジョン・スコット、編集をエリック・ボイド・パーキンスが担当。“クレオパトラ”には南アフリカ生まれで英国ロイヤル・シェークスピア劇団の新人女優ヒルデガード・ニールを抜擢、共演は「ローマ帝国の滅亡」のエリック・ポーター、「冬のライオン」のジョン・キャッスル、「フレンチ・コネクション」のフェルナンド・レイ、ジュアン・ルイス・ギャリアルド、カルメン・セヴィラなど。
  • 悪魔の虚像 ドッペルゲンガー

    ロジャー・ムーア主演のホラー。交通事故で瀕死の重傷を負ったペラムは、以来“もうひとりの自分”を感じ始め…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ベイジル・ディアデン 製作・脚本:マイケル・レルフ 音楽:マイケル・J・ルイス 出演:ロジャー・ムーア/ヒルデガード・ニール/アラステア・マッケンジー