リー・ピンビン リーピンビン

リー・ピンビンの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 妻の愛、娘の時

    台湾の大女優シルヴィア・チャンが監督、脚本、主演を兼任した三世代の女性たちのドラマ。母の死を機に、両親のお墓を自宅の近所に移そうと父の故郷を訪れたフイイン。だが、父の先妻ツォンがこれに反対。そこへ、フイインの娘ウェイウェイも絡んできて……。共演は「呉清源 極みの棋譜」などで活躍する映画監督のティエン・チュアンチュアン、「ミッション:アンダーカバー」のラン・ユエティン。
  • 長江 愛の詩(うた)

    アジア最長の大河・長江を舞台にした第66回ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞作。父親が遺した手書きの詩集を発見したおんぼろ貨物船の船長ガオ・チュン。上海から長江を遡る旅に出発したガオは、その詩集に導かれるようにミステリアスな女性と恋に落ちていく……。出演は「ブラインド・マッサージ」のチン・ハオ、「長江哀歌」のワン・ホンウェイ、「コンシェンス 裏切りの炎」のタン・カイ。撮影は「黒衣の刺客」のリー・ピンビン。監督・脚本は、本作が長編二作目となるヤン・チャオ。
  • エタニティ 永遠の花たちへ

    『本を読むひと』がフェミナ賞最終候補作となったアリス・フェルネの原作小説を、「ノルウェイの森」のトラン・アン・ユンが映画化。19世紀、フランス。ヴァランティーヌは親が決めた婚約を破棄するが、それでも諦めない彼の純粋さに惹かれ、結婚を決める。出演は、「ココ・アヴァン・シャネル」のオドレイ・トトゥ、「イングロリアス・バスターズ」のメラニー・ロラン、「アーティスト」のベレニス・ベジョ、「SAINT LAURENT サンローラン」のジェレミー・レニエ。
  • あの場所で君を待ってる

    韓国の人気アイドルグループ“EXO”の元メンバー、クリス・ウーが映画初出演で初主演を飾ったラブストーリー。傷心を抱えて亡き祖母がかつて暮らしていたプラハを訪れたジンティエンは、シングルファーザーのチェリスト、ズーヤンと恋に落ちるが……。共演は『美人心計 一人の妃と二人の皇帝』のワン・リークン。メガホンを取ったのは、「ウォーロード/男たちの誓い」などで女優として活躍するシュー・ジンレイ。
  • 黒衣の刺客

    「悲情城市」のホウ・シャオシェン監督が手掛けた初の武侠映画。出演は「西遊記 はじまりのはじまり」のスー・チー、「グランド・マスター」のチャン・チェン、「バンクーバーの朝日」の妻夫木聡。日本公開版には、「許されざる者」(13)の忽那汐里の出演シーンも含まれる。2015年のカンヌ国際映画祭監督賞受賞作。
  • ルノワール 陽だまりの裸婦

    印象派の巨匠ルノワールが生涯の最高傑作『浴女たち』を創作した晩年の実話を描く人間ドラマ。監督は、「メッセージ そして、愛が残る」のジル・ブルドス。出演は、「トト・ザ・ヒーロー」のミシェル・ブーケ、「La brindille」のクリスタ・テレ。第65回カンヌ国際映画祭ある視点部門クロージング作品。
  • ハーバー・クライシス<湾岸危機>Black & White Episode1

    台湾エミー賞5部門受賞の『ブラック&ホワイト』の映画版。新米の熱血刑事がチンピラとコンビを組み、国家をも巻き込む巨大な陰謀に立ち向かっていく姿を描く。監督・脚本はTV版を手掛け、本作が映画デビューとなるツァイ・ユエシュン。出演は「モンガに散る」のマーク・チャオ、「レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳」のホァン・ボー、「些細なこと」のアンジェラベイビー。
  • ノルウェイの森 エクステンデッド版

    村上春樹による同名のベストセラー小説を映像化した青春映画。劇場公開オリジナル版より16分長い、監督による別編集版。監督は、「青いパパイヤの香り」のトラン・アン・ユン。出演は、「GANTZ」シリーズの松山ケンイチ、「バベル」の菊地凛子。第67回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。
  • ノルウェイの森

    1987年に刊行された村上春樹の同名ベストセラー小説を「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」のトラン・アン・ユン監督が映画化。自殺した親友の恋人と、大学の同窓生との間で揺れ動く青年の姿を描く。出演は「誰かが私にキスをした」の松山ケンイチ、「ナイト・トーキョー・デイ」の菊地凛子、「おにいちゃんのハナビ」の高良健吾、「君へのメロディー」の霧島れいかなど。
  • メッセージ そして、愛が残る

    自分の命の期限を知った男が、失われた家族との絆を取り戻そうとする感動のドラマ。出演は「PARIS」のロマン・デュリス、「チェンジリング」のジョン・マルコヴィッチ。「花様年華」のカメラマン、リー・ピンビンによる美しい映像も見どころ。原作はフランスで120万部を売り上げたギヨーム・ミュッソのベストセラー小説。
  • 殺人犯

    アジア各国で物議を醸したサスペンス・スリラー。記憶を失っている間に連続殺人の疑いをかけられた刑事が、自ら真相に迫る。監督は、本作が初監督となるロイ・チョウ。出演は、「父子」のアーロン・クォック、「ビバ! 監督人生!!」のチャン・チュンニン。第29回香港電影金像奨主演男優賞、新人監督賞ノミネート。日本ではデジタル上映。
  • トロッコ

    芥川龍之介の同題小説を翻案し、台湾を舞台に描く家族の物語。監督は、篠田正浩監督などの助監督を経て本作でデビューを果たす川口浩史。撮影は、「春の雪」のリー・ピンビン。出演は、「殯の森」の尾野真千子、「戯夢人生」のホン・リウ。台北金馬奨映画祭正式招待、ムンバイ映画祭インターナショナル・コンペ部門出品。
  • 空気人形

    カンヌ映画祭で最優秀男優賞を受賞した「誰も知らない」の是枝裕和監督が、業田良家の短編漫画を映画化。心を持ってしまったラブドールの恋の行方を通して、空虚な現代人の姿と、生きることの喜びと悲しみを描くファンタジー。出演は「リンダ リンダ リンダ」のペ・ドゥナ。第62回カンヌ映画祭“ある視点”部門正式出品作品。
  • 言えない秘密

    俳優としても、ミュージシャンとしても大活躍。決して現状に満足せず、常に新たな領域に挑戦するジェイ・チョウの主演作にして、初監督作。音楽学校を舞台にした、淡く切ない恋の行方を描いた静謐な青春映画だ。既にアジア諸国で公開され、20億円以上の興行収入を記録し、台湾金馬奨では最優秀台湾映画賞をはじめとする3部門を受賞している。劇中でジェイ・チョウが見せる卓越したピアノ演奏は大きな見どころで、自身の出身校を撮影場所に使うといったこだわりも。また、ある“秘密”を抱えた難しい役どころを、持ち前の憂いに満ちた瞳で演じ切ったグイ・ルンメイの魅力はこの映画での大きな“発見”だ。
  • ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン

    「百年恋歌」の監督ホウ・シャオシェンがアルベール・ラモリス監督の「赤い風船」にオマージュを奉げた作品。変化に富む現代の中、自分を保とうと生きるパリの住人たちの姿を描く。出演は「こわれゆく世界の中で」のジュリエット・ビノシュ、「レディ・チャタレー」のイポリット・ジラルドほか。
  • 百年恋歌

    1911年、1966年、2005年と三つの時代のそれぞれの男と女の恋を描くラブストーリー。監督は「悲情城市」「珈琲時光」のホウ・シャオシエン。出演は「夢翔ける人 色情男女」のスー・チー、「2046」のチャン・チェン、「冬冬の夏休み」のメイ・ファン。2005年東京国際映画祭第2回黒澤明賞受賞作品。
  • 幻遊伝

    台北に暮らす日本人の少女が遠い昔にタイムスリップし、盗賊の少年と不思議な冒険を繰り広げるファンタスティック・アドベンチャー。監督は「運転手の恋」のチェン・イーウェン。出演は「容疑者 室井慎次」の田中麗奈と「アバウト・ラブ/関於愛」のチェン・ボーリン。
  • 春の雪

    大正初期の貴族社会を舞台に、愛し合いながらも結ばれぬ男女の悲恋を描いた文芸ドラマ。監督は「北の零年」の行定勲。三島由紀夫による原作を基に、「世界の中心で、愛をさけぶ」の伊藤ちひろと「COSMIC RESCUE The Moonlight Generations」の佐藤信介が共同で脚色。撮影を「珈琲時光」の李屏賓が担当している。主演は「ローレライ」の妻夫木聡と「いま、会いにゆきます」の竹内結子。
  • 珈琲時光

    東京を舞台に、女性フリーライターと彼女を巡る人々の心の交流を描いたドラマ。監督は「ミレニアム・マンボ」の侯孝賢。脚本は、侯監督と「ミレニアム・マンボ」の朱天文の共同。撮影を「ミレニアム・マンボ」の李屏賓が担当している。主演は、映画初出演となる歌手・一青窈。第61回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門出品、第9回釜山国際映画祭Asian Filmmaker of the year受賞、小津安二郎百年誕辰紀念作品。
  • 春の惑い

    田壮壮(ティエン・チュアンチュアン)が、前作「青い凧」以来10年ぶりに監督した作品。舞台出身の実力派キャストが集い、濃密な精神的三角関係を緊張感をもって構成する。2002年ヴェネチア国際映画祭コントロコレンテ部門のグランプリを受賞。
  • ミレニアム・マンボ

    新世紀の台北で刹那的に生きる若者たちを描いた青春映画。監督は「フラワーズ・オブ・シャンハイ」のホウ・シャオシェン。製作・脚本はシャオシェン作品常連のチュー・ティエンウェン。製作総指揮・美術は「好男好女」以降のシャオシェン作品常連であるホワン・ウェンイン。撮影は「夏至」のリー・ピンビン。音楽は「憂欝な楽園」のリン・チャン、人気グループのフィッシュ、「フラワーズ・オブ・シャンハイ」の半野喜弘。編集はシャオシェン作品常連のリャオ・チンソン。出演は「クローサー」のスー・チー、「フラワーズ・オブ・シャンハイ」のガオ・ジェ、「現実の続き 夢の終り」のトゥアン・ジュンハォほか。2001年カンヌ国際映画祭高等技術院賞、同年台湾金馬奨撮影賞、オリジナル作曲賞、音響賞を受賞。
  • 夏至

    3姉妹を中心とした家族の絆を静かな語り口で描くドラマ。監督・脚本は「シクロ」のトラン・アン・ユン。撮影は「花様年華」のリー・ピンビン。出演は監督夫人でもあるトラン・ヌー・イエン・ケー、「季節の中で」のゴー・クアン・ハイほか。
  • 花様年華

    既婚男女の切ない恋をスタイリッシュに描いたラヴ・ストーリー。監督・製作・脚本は「ブエノスアイレス」のウォン・カーウァイ。撮影は「孔雀」のクリストファー・ドイルと「フラワーズ・オブ・シャンハイ」のリー・ピンビン。音楽はマイケル・ガラッソ。美術・編集・衣裳は「ブエノスアイレス」のウィリアム・チャン。出演は「フラワーズ・オブ・シャンハイ」のトニー・レオン、「ひとめ惚れ」のマギー・チャン、「フラワーズ・オブ・シャンハイ」のレベッカ・パン、「欲望の街 古惑仔」シリーズのライ・チン、本業は小道具係のスー・ピンランほか。2000年カンヌ国際映画祭主演男優賞、高等技術賞、モントリオール映画祭最優秀作品賞、台湾金馬奨主演女優賞、撮影賞、衣裳賞、ヨーロッパ映画賞最優秀非ヨーロッパ映画賞、2001年セザール賞外国語作品賞ほか受賞。
    95
    • おしゃれな
    • かっこいい
  • フラワーズ・オブ・シャンハイ

    19世紀末の上海を舞台に、清朝末期の高級遊郭で繰り広げられる男と女の愛憎劇を描いた文芸ロマン。監督は「悲情城市」「憂鬱な楽園」などで独特な映像美学を追究するホウ・シャオシェン。製作はヤン・ダンクイと市山尚三。原作は、ハン・チーユンが1894年に上海の遊郭に関する光景を蘇州語で客観的に描き出した奇書『海上花』で、中国文学の代表的女流作家チャン・アイリンが北京語に訳し、中国全土に一大ブームを起こした一作。脚本は「冬冬の夏休み」などでホウ監督と手を組むチュウ・ティンウェン。撮影は「女人、四十」のリー・ピンビン。音楽はジャパニーズ・ヒップホップの雄である半野喜弘で、本作が映画音楽デビューとなる。美術は「好男好女」のホァン・ウェンイン。録音は「カップルズ」のドゥ・ドゥージ。編集は「好男好女」のリャオ・チンソン。出演は「ブエノスアイレス」のトニー・レオン、「RAMPO」の羽田美智子、「天使の涙」のミッシェル・リー、「楽園の瑕」のカリーナ・ラウ、「憂鬱の楽園」のガオ・ジェほか。
  • 憂鬱な楽園

    中年間近のチンピラと、弟分と彼の恋人のその日暮らしの毎日を描いた一編。監督は「悲情城市」「戯夢人生」「好男好女」の“台湾現代史三部作”など、台湾ニューウェーヴの名匠ホウ・シャオシェン。主演は「好男好女」のガオ・ジェ、台湾のカリスマ的ロック・ミュージシャンでもあるリン・チャン、同作のヒロインの伊能静。現場での即興を多く取り入れ自在に撮りあげ、リン・チャンが手掛けた斬新な音楽に乗せて、前作と一転した作品世界を造り上げている。製作の水野勝博、市山尚三、ホァン・チェン、キン・ジェウェン、シェ・ピンハン、製作総指揮の奥山和由(「栄光と狂気」)、ヤン・ダイクイ、美術のホァン・ウェンイン、編集のリャオ・チンソン、録音のドゥ・ドゥージは「好男好女」に続いて参加。「好男好女」に出演したガオ・ジェとキン・ジェウェン(出演も)の原案を基に、ホウ・シャオシェンとコンビを組むチュウ・ティエンウェンが脚本を執筆。撮影は「好男好女」など監督の常連チェン・ホァイエンに加え、追加撮影部分を「戯夢人生」のリー・ピンビンが手掛けた。共演は『唐朝綺麗男』(日本未公開)などのシュウ・グイイン、「熱帯魚」のリェン・ピートンほか。特別出演として、ホウ・シャオシェン作品の顔である台湾の人間国宝リー・ティエンルーがちらりと顔を見せる。
  • 電光飛龍 方世玉2

    中国、清王朝時代の漢民族の伝説的武道家、方世玉の活躍を描く武術アクションの続編。監督は前作「格闘飛龍・方世玉」に続きコーリィ・ユン、撮影はリー・ピンビン、音楽は「ゴッド・ギャンブラー 完結編」など多作なローウェル・ロー、編集はアンジー・ラム、美術はジェームズ・レオン、武術指導は監督のユンとユエン・タクのコンビがそれぞれ担当。前作に続き、主演はリー・リンチェイ、共演はジョゼフィン・シャオ、ミシェル・リー、アダム・チェンほか。新たなヒロインでエイミー・クォックが起用された。ちなみに、国内では続編である本作が先に公開・ビデオリリースされた。別邦題「レジェンド・オブ・フラッシュ・ファイター 電光飛龍」。
  • 戯夢人生

    前作「悲情城市」を第二部とする、侯孝賢監督の「台湾現代史三部作」の第一部に当たる作品。台湾が日本の支配下にあった一八九五年からの一九四五年までの五十年間の歴史を、候作品には欠かせぬ李天祿の人生を正面に据えて描く。李天祿の回想を元に、呉念眞、朱天文が脚色。撮影は「恋恋風塵」の李屏賓、音楽は「恋恋風塵」の陳明章とチャン・ホンダ。出演は李天祿本人を中心に、その青年時代を演じるロック歌手の林強のほか、「恋恋風塵」の楊麗音、日本の人形劇団・ひとみ座の伊東史郎ら。キネマ旬報ベストテン第九位。
  • 恋恋風塵

    幼い時から兄弟のように育った一組の少年と少女の淡い恋と別れを描く。監督は「童年往事 時の流れ」の侯・孝賢、脚本は呉念眞と朱天文の共同、撮影は李屏賓が担当。出演は王晶文、辛樹芬ほか。英語題名は“Dust in the Wind”。2016年5月21日デジタルリマスター版ユーロスペースにて公開。
  • 童年往事 時の流れ

    阿孝という少年の成長の年代記を、彼と家族の日常をめぐるささやかな出来事で綴る。監督・脚本は「風櫃から来た人」の侯孝賢、共同脚本は「おじいちゃんとこの夏」の朱天文が担当。出演は游安順ほか。
  • チャイニーズ・フェアリー・ストーリー

    『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』と同じ原作の怪異譚小説「聊斎志異」の「画壁」を映画化したファンタジーアクション。散華天女の壁画の世界に迷い込んだ書生の朱孝廉が、仙女たちに翻弄され、争いに巻き込まれながらも真実の愛を見つけていく。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・製作:ゴードン・チャン 撮影:リー・ピンビン 視覚効果:クリストファー・ブレンブル 出演:ドン・チャオ/スン・リー/ジェン・シュアン/イェン・ニー
  • 見知らぬ女からの手紙

    『最後の恋,初めての恋』などで知られる中国の大女優、シュー・ジンレイが監督・脚本・主演を務めたラブロマンス。30~40年代の北京を舞台に、ひとりの男を愛し続ける女の姿を描いた一大叙事詩。共演は『紅いコーリャン』のチアン・ウェン。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:シュー・ジンレイ 総括プロデューサー:ドン・ピン 撮影:マーク・リー・ピンビン 美術:ツァオ・ジュウピン 音楽:久保田修/リン・ハイ 出演:チアン・ウェン
  • プリンセスD

    ダニエル・ウーら香港のトップスターが共演したラブストーリー。グラフィックデザイナーのジョーカーは、クラブで出会ったリンという女性に開発中のCGキャラクターのモデルを依頼するのだが…。ヒロインは『the EYE【アイ】』のアンジェリカ・リー。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・製作:シルヴィア・チャン 監督・脚本:アラン・ユエン 製作総指揮:ウィリー・チャン 撮影:リー・ピンビン 出演:ダニエル・ウー/エディソン・チャン/アンジェリカ・リー/アンソニー・ウォン