グンテル・ヘルソ

グンテル・ヘルソの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 愛なき女

    憎しみ合う兄弟の悩みと和解を描く家族劇。製作はセルヒオ・コーガン、監督は「昇天峠」のルイス・ブニュエル、原作はギイ・ド・モーパッサンの小説『ピエールとジャン』、脚本はハイメ・サルバドール、撮影はラウル・マルティネス・ソラレス、音楽はラウル・ラヴィスタ、美術はグンテル・ヘルソ、編集はホルヘ・ブストスがそれぞれ担当。出演はロサリオ・グラナドス、フリオ・ビリャレアルほか。
  • スサーナ

    悪魔的な女性と、彼女に翻弄される家族を描く。製作はセルヒオ・コーガン、監督は「欲望のあいまいな対象」のルイス・ブニュエル、脚本はマヌエル・レアーチの原案を基にブニュエル、ハイメ・サルバドール、ロドルフォ・ウシグリが共同執筆、撮影はホセ・オルティス・ラモス、音楽はラウル・ラヴィスタ、美術はグンテル・ヘルソ、編集はホルヘ・ブストスがそれぞれ担当。出演はロシータ・クィンタナ、フェルナンド・ソレールほか。
  • 偉大なる野獣

    この映画はメキシコのレスラー達を扱ったもので、監督のチャーノ・ウルエータはアマチュアのレスラーをしたことがある。ダヴィッドを演じるクロックス・アルヴァラードは前ヨーロッパ・チャンピオンで、後俳優に転向し「情熱のしぶき」ではロッサーナ・ポデスタの相手役を勤めている。カルロスを演じるウォルフ・ルビンスキもプロ・レス出身。ミロスラヴァはメキシコの人気女優である。
  • 狂熱の孤独

    「奇蹟は一度しか起らない」のイヴ・アレグレが脚色監督した仏墨合作の一九五三年映画で、メキシコの一漁村に住む世をはかなんだ若いフランス男と、気品あるフランス婦人との恋愛を、実存主義的な手法で描くもの。ジャン・オーランシュのオリジナル・ストーリーは、J・P・サルトルの小説『チフス』を土台にかかれた。台詞担当はジャン・オーランシュ(「青い麦」)とジャン・クルウゾーである。撮影はメキシコのアレックス・フィリップス、音楽は「愛情の瞬間」のポール・ミスラキ。「愛憎の瞬間」のミシェル・モルガンと「夜ごとの美女」のジェラール・フィリップが主演し、メキシコからカルロス・ロペス・モクテスマとヴィクトル・マヌエル・メンドーサが共演、ほか、ミシェル・コルドゥ、アンドレ・トフェルらが出演している。この映画は一九五三年ヴェニス映画祭で優秀作品賞を得た。
  • 乱暴者(らんぼうもの)

    力持ちで優しい用心棒に起こる悲劇的な結末に終るメロドラマ。製作はセルヒオ・コーガン、監督は「嵐が丘(1953)」のルイス・ブニュエル、脚本はブニュエルとルイス・アルコリサ、撮影はアグスティン・ヒメネス、美術はグンテル・ヘルソとロベルト・シルヴァ、編集はホルヘ・ブストス、音楽はラウル・ラヴィスタがそれぞれ担当。出演はペドロ・アルメンダリス、カティ・フラードほか。

Blu-ray/DVDで観る