ハリー・リー

ハリー・リーの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • しののめ

    「野の蜜」に続いて製作されたドリス・ケニヨン嬢主演の恋物語で、対手は新顔のフランク・ミルス氏である。「七羽の白鳥」「嘘言」等を監督したJ・サール・ドウリー氏が監督である。
  • 男の魂(1922)

    ジャスパー・ユーイング・ブレイディの原作を、チャールズ・ミラーが監督したもので、主役はアール・フォックスとドリス・ミラーとである。カナダ乗馬警官隊の物語である。
  • 地獄の罠(1960)

    ハリー・リーの原案をハーバート・クレッツマーが脚本化、「ナイルを襲う嵐」のテレンス・ヤングが監督したストリップ・ショウを舞台とする犯罪映画。撮影オットー・ヘラー、作曲エリック・スピア。出演は「ギャング紳士録」のジェーン・マンスフィールド、「ローマで夜だった」のレオ・ゲン、「黙示録の四騎士」のカール・ハインツ・ベーム、ほかにクリストファー・リーなど。製作セリム・キャタン。
  • 天はすべて許し給う

    ダグラス・サーク監督、ジェーン・ワイマン主演の日本劇場未公開作品。世間の目や、環境の違いなど様々な葛藤を抱えながら、そっと育まれた色合い豊かな純粋なラブロマンス。
  • 歩み疲れて

    「愛を盗む男」「霧の中の顔」等の原作者なるジャック・ボイルの原作を、「神の変えし女」と同じくドティー・ホバートが脚色し、「死人無言」「喇叭島」等と同じくトム・テリスが監督した。主役は「魂を追う影」「霧の中の顔」等に主演したライオネル・バリモアで対手役には「法に直面して」等出演のマーゲリット・マーシュ。その他「改造」「血涙に咽ぶ人々」等出演のマーガレット・セッドンや「ユーモレスク(1920)」に出た子役のミリアム・バティスタ等が共演する。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/29

十七代目中村勘三郎(1909)

シネマ歌舞伎クラシック 身替座禅

名優達の至高の芸が、銀幕(スクリーン)によみがえる。シネマ歌舞伎第2弾クラシック。上演月:1982年(昭和57年) 11月、上演劇場:歌舞伎座

シネマ歌舞伎クラシック 勧進帳

名優達の至高の芸が、銀幕(スクリーン)によみがえる。シネマ歌舞伎第2弾クラシック。上演月:1980年(昭和55年)11月、上演劇場:歌舞伎座
ケヴィン・チャップマン(1962)

アンストッパブル(2010)

2001年にオハイオ州で発生した列車暴走事故を、「サブウェイ123 激突」のトニー・スコットが映画化したアクション巨編。危険物質を積んだまま暴走する貨物列車を止めるために、ベテラン機関士と新米車掌のコンビが奮闘する。出演は「ザ・ウォーカー」のデンゼル・ワシントン、「スター・トレック」のクリス・パイン。

サンシャイン・クリーニング

「リトル・ミス・サンシャイン」のプロデュースチームが手がけた人間ドラマ。ある姉妹が始めた一風変わった仕事を通じて、家族が新たな希望を見いだしていく姿を綴る。監督は「シルヴィア」のクリスティン・ジェフズ。出演は「ダウト あるカトリック学校で」のエイミー・アダムス、「ジェイン・オースティンの読書会」のエミリー・ブラントなど。