アルバート・ハート

アルバート・ハートの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 勇気百倍

    「独立独歩」「勇猛突進」と同じくフート・ギブスン氏主演のユ社映画。リート・レニック・ブラウン氏の原作を例によりレイモンド・L・シュロック氏が脚色し雪洲物やユ社でお馴染みのウィリアム・ウォーシントン氏が監督した。相手役はビートリス・バーナム嬢。
  • 国なき人

    1863年に出版されたエドワード・エベット・ヘール氏原作の愛国小説に基づき、ロ バート・エヌ・リー氏が脚色し、「戦禍」「永遠の嘆き」等と同じくローランド・V・リー氏が監督した愛国劇である。主役は新進のエドワード・ハーン氏で、相手には「パレスの騎士」「田園壊し」等出演のポーリン・スターク嬢が出演している。フォックス社の超特作品として「アイアン・ホース」と共に期待すべき大作品である。
  • 北国の暗影

    エディソン・マーシャル氏原作の小説「樅の林」“The Skyline of Spruceからポール・ショーフィールドが脚色し、「ロビンソン・クルーソー」「社交界の怪賊」等と同じくロバート・F・ヒル氏が監督したもので、主役は「幽霊財賓」等の連続物に主演したウィリアム・デスモンド氏が5巻劇スターとしての第2回作品である。相手役は「北国の春」等出演のヴァージニア・ブラウン・フェアー嬢である。
  • 青春の頬杖

    「青春罪あり」「競馬天国」と同じくアール・C・ケントンが監督した映画で、「ブルースを唄う女」「六百万交響楽」のリカルド・コルテス、「百万円貰ったら」「頬は薔薇色」のリチャード・ベナット、新人エリザベス・ヤングが主演なる役を勤める。アリス・デュアー・ミラーが書き下ろした原作によりローレンス・ストーリングスが脚色にあたり、撮影には「鷲と鷹(1933)」「彼女の用心棒」のハリー・フィッシュベックがあたっている。助演者は「ラジオは笑う」のシャロン・リン、「生の創め」のドロシー・ピーターソン、バートン・マクレーン、チャールズ・ミドルトン等である。
  • モダン出世鏡

    ジョージ・エイド氏の原作を「夜の囁き」「無償の罪」と同じくアルフレッド・E・グリーン氏が監督したもので主演者は「懐しのアリゾナ」「闇より光へ」のエドモンド・ロウ氏と「輝く天国」「大河の奇賊」のロイス・モーラン嬢でアルバート・ハート氏、ジェームズ・フォード氏、ルシェン・リットルフィールド氏、シャーマン・ロス氏その他が助演している。カメラは「四人の悪魔」「ファジル」のL・ウィリアム・オコンネル氏が担当。
  • 男を磨いて

    ウィリアム・ウォーレス・クック氏の原作をブラッドリー・キング氏が脚色し、「第奮闘家」「名馬の鉄蹄」等と同じくジェームズ・W・ホーン氏が監督し、同上2映画出演のダグラス・マックリーン氏主演になる喜活劇で、相手は「良人の危険時代」「狂恋の唄女」等出演のエディス・ロバーツ嬢。子役のミュリエル・フランセス・ダナ嬢が男の子に扮して御愛敬を振りまいている。
  • 怪騎手

    「快傑義涙」「森の男(1926)」に続いて発表されたジャック・ホルト氏主演西部劇で前記二映画と同じくゼーン・グリイ氏作の小説をジョン・ウォーターズ氏が監督したもの。脚色者はフレッド・マイトン氏とポール・ガングロン氏である。相手役は新進のベテイー・ジユウエル嬢が勤め、トム・ケネディー氏、デイヴィッド・トーレンス氏、ガイ・オリヴァー氏、アーサー・ホイト氏、チャールズ・セロン氏等が共演している。
  • 快傑義涙

    レディース・ホーム・ジャーナル誌に連載されたゼーン・グレイ氏作の西部小説を映画化したもので、ジョージ・C・ハル氏が脚色し「西部魂(1926)」と同じくジョン・ウォーターズ氏が監督した。主役は「西部魂(1926)」「海馬」等主演のジャック・ホルト氏が演じ、相手役は「西部魂(1926)」「イスラエルの月」等出演のアルレット・マルシェル嬢で、「西部魂(1926)」「弥次喜多従軍記」等出演のレイモンド・ハットン氏を始め、エドモンド・パーンズ氏、トム・サンチ氏、ジョセフ・W・ジラード氏等が助演してる。
  • 怪探偵ブレーク

    ロバート・F・ヒル氏が書き卸した探偵連続劇をウィリアム・ロード・ライト氏がジョージ・モーガン氏とが脚色し、「冒険娘」「北国の暗影」等と同じく原作者のヒル氏が監督したもので、主役には「大学生活」「新大学生活」出演のヘイドン・スティーヴンソン氏が扮し、「処女時代」「誉れの鉄腕」等出演のグロリア・グレイ嬢を始め、ハーバート・ブライアー氏、ウィルバー・マック氏、アルバート・ハート氏、グレイス・キュナード嬢等が助演している。
  • アメリカの悲劇

    現在のアメリカ文壇に重きをなすセオドア・ドライザーが代表作の同名小説を映画化したもので脚色には、ハリウッド在住の詩人サミュエル・ホッフェンシュタインが当たり、監督は「モロッコ」「間諜X27」のジョセフ・フォン・スタンバーグが受け持った。主演者は「悪魔の日曜日」「盗まれた天国」のフィリップス・ホームズ、「市街」のシルヴィア・シドニー。助演者として「巴里選手」「恋とお月様」のフランセス・ディー、「愛する権利(1930)」のアーヴィング・ピチュル、クレア・マクドウェル、ルシル・ラ・ヴァーン、フレデリック・バートン、ウォーレス・ミドルトン、その他が出演。撮影を「市街」「間諜X27」のリー・ガームスが担当している。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 8/6

キャサリン・ヒックス(1951)

乱気流 タービュランス

凶悪犯にハイジャックされたジャンボ・ジェット機を舞台に、スチュワーデスの決死の活躍を描いたパニック・サスペンス。航空パニックものにサイコ・サスペンスの要素を加えた趣向がおもしろい。キビキビした演出を見せた監督は「ジャグラー/ニューヨーク25時」のロバート・バトラー。脚本はジョナサン・ブレット、製作は「ギルティ/罪深き罪」のマーティン・ランソホフと「パーフェクト・ワールド」のディヴィッド・ヴァルデス、製作総指揮はキース・サンプルズ。撮影はロイド・アハーン、音楽はシャーリー・ウォーカー、美術はメイリン・チェン、編集はジョン・ダフィ、衣裳はロバート・ターテュリス、特殊視覚効果と第二班の監督は「アウトブレイク」のマーク・ヴァーゴが担当。主演は「ビューティフル・ガールズ」のローレン・ホリーと「アンフォゲタブル」のレイ・リオッタ。共演は「トゥルーナイト」のベン・クロス、「ザ・ファン」のヘクター・エリゾンドほか。

テンプテーション15才

娘のヴァージンを守ろうとする父親の獅子奮戦ぶりを描くコメディ。製作はスティーブン・ドイッチ、監督は「ミスター・マム」のスタン・ドラゴッティ、脚本はセス・ウィンストンとマイケル・J・ナサンソン、撮影はドナルド・ピーターマン、音楽はアラン・シルヴェストリが担当。出演はトニー・ダンザ、アミー・ドレンツほか。
中田花奈(1994)

あさひなぐ

こざき亜衣による同名漫画をアイドルグループ乃木坂46出演で舞台化&映画化するプロジェクトの映画版。二ツ坂高校なぎなた部に入部した東島旭。圧倒的な強さを誇る先輩・真春ら部員たちと過酷な練習の日々を送るなか、旭はひたむきになぎなたと向き合っていく。主人公の東島旭役には映画初出演にして初主演の西野七瀬、旭の憧れの先輩でなぎなた部のエース・宮路真春役に白石麻衣、ほかに桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華、生田絵梨花ら乃木坂46メンバーが出演。「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の富田望生、「愚行録」の中村倫也、「ちはやふる」の森永悠希、「くちびるに歌を」の角替和枝、「PとJK」の江口のりこが脇を固める。監督・脚本は「ヒロイン失格」の英勉。

デスブログ 劇場版

“そのブログで扱われた人物や国、団体には必ず不幸が訪れる”と噂される都市伝説“デスブログ”を題材にしたホラー。ある女子高生が始めたブログをきっかけに、周囲の人々に不幸が訪れる様子を描く。出演はアイドルグループ“乃木坂46”の中田花奈、「風切羽 かざきりば」の秋月三佳、「ハイキック・エンジェルス」の宮原華音。

NEW今日命日の映画人 8/6

該当する人物がいません