ケリー・ラッセル ケリー・ラッセル

ケリー・ラッセルの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

    1977年から続くSFシリーズ「スター・ウォーズ」完結編。祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継ぎ、銀河の圧倒的支配者となったカイロ・レン。一方、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの想いを引き継ぐレイ。光と闇の戦いは、最終決戦に託される。監督・脚本は、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のJ・J・エイブラムス。エピソード7から出演しているデイジー・リドリー、アダム・ドライバー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、ルピタ・ニョンゴのほか、エピソード4~6で主演を務めたマーク・ハミル、同6以来の登場となるランド・カルリジアン役のビリー・ディー・ウィリアムスらが出演。
    93
    • 感動的な
    • 泣ける
    • かっこいい
  • ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男

    南北戦争時に黒人と白人を率いて戦ったニュートン・ナイトの実話に基づく人間ドラマ。ニュートンは甥の遺体を家族に届けるため軍を脱走し、農民から物資を奪う南軍と衝突する。身を隠した湿原で逃亡奴隷たちと友情を築いた彼は、自由を求め反乱軍を結成する。監督は、「シービスケット」のゲイリー・ロス。出演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」のマシュー・マコノヒー、「砂上の法廷」のググ・ンバーター=ロー、「ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション」のマハーシャラ・アリ、「奇跡のシンフォニー」のケリー・ラッセル。
    80
  • 猿の惑星:新世紀(ライジング)

    高度な知性を持つ猿たちによる人類への反乱を描いた「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編。前作から10年後、別々のコミュニティを築き上げた猿たちと人類の間に一触即発の事態が勃発、“共存”と“対立”の狭間で葛藤するそれぞれのリーダーの姿を描く。監督は「モールス」のマット・リーヴス。出演は「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」のアンディ・サーキス、「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェイソン・クラーク、「裏切りのサーカス」のゲイリー・オールドマン、「ダークスカイズ」のケリー・ラッセル。2D/3D同時上映。2014年9月13~15日、2D字幕版を先行上映。
  • ダークスカイズ

    「プリースト」のスコット・スチュワート監督と「パラノーマル・アクティビティ」のプロデューサー、ジェイソン・ブラムが手掛けたホラー。怪現象に襲われた家族が体験する恐怖を描く。出演は「M:i:III」のケリー・ラッセル、「ボーン・アイデンティティー」のジョシュ・ハミルトン、「リアル・スティール」のダコタ・ゴヨ。
    60
  • 小さな命が呼ぶとき

    難病の子供を救うため、キャリアを捨てて製薬会社を起業したビジネスマンの実話を映画化。監督は、「ベガスの恋に勝つルール」のトム・ヴォーン。出演は、「インディ・ジョーンズ」シリーズのハリソン・フォード、「ハムナプトラ」シリーズのブレンダン・フレイザー、「ベッドタイム・ストーリー」のケリー・ラッセル。
    80
  • ベッドタイム・ストーリー

    「ヘアスプレー」のアダム・シャンクマンが手掛けたファンタジー。毎夜、子供たちに語って聞かせた空想物語が次の日に現実になるという、ディズニーらしいおとぎ話を最先端のVFXを駆使して描く。主演は「再会の街で」のアダム・サンドラー。「奇跡のシンフォニー」のケリー・ラッセル、「メメント」のガイ・ピアースが共演。
    80
  • 奇跡のシンフォニー

    見知らぬ両親との再会を信じ、音楽の才能を開花させていく少年が起こした奇跡を描く。監督は「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」脚本のカーステン・シェリダン。出演は、「チャーリーとチョコレート工場」のフレディ・ハイモア、「ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた」のケリー・ラッセル。第80回アカデミー賞主題歌賞ノミネート。
  • ウェイトレス おいしい人生のつくりかた

    結婚生活への不満と妊娠・出産への不安、そして自らの夢をかなえたいという願い。人生の節目を迎えて揺れ動く女性の姿を、合計200個のパイがカラフルに彩ったハートウォーミングコメディ。監督・脚本・出演の3役をこなしたエイドリアン・シェリーはこれが遺作となった。主演は「M:i:III」のケリー・ラッセル。
    70
  • M:i-III

    大ヒットした「ミッション・インポッシブル」シリーズ第三弾のアクション映画。6年ぶりにイーサン・ハントを演じるのは、誰もが認めるハリウッドのトップスター、トム・クルーズ。敵役には名優フィリップ・シーモア・ホフマン(「カポーティ」)が扮している。その他、ローレンス・フィッシュバーンなど個性的な演技陣が脇を固めているのも見どころ。監督はテレビ界で活躍する俊英J.J.エイブラムス。
    90
    • 手に汗握る
    • おしゃれな
    • かっこいい
  • ママが泣いた日

    父親が突然失踪し、残された母と四姉妹が困惑しながらも新生活を築く過程を温かく描写する家族ドラマ。監督は俳優としても活躍するマイク・バインダー。出演は「ボーン・スプレマシー」のジョアン・アレン、「ワイルド・レンジ 最後の銃撃」のケヴィン・コスナー。
  • ワンス・アンド・フォーエバー

    ベトナム戦争のもう一つの側面にある真実を描いた感動のノンフィクション。監督・脚本・製作は「パール・ハーバー」のランドール・ウォレス。製作は「ハート・オブ・ウーマン」のブルース・デイヴィとスティーヴン・マケヴィティ。原作はジョー・ギャロウェイとハル・ムーア。撮影は「ハートブレイカー」のディーン・セムラー。音楽は「仮面の男」のニック・グレニー=スミス。出演は、「パトリオット」のメル・ギブソン、「クローン」のマデリーン・ストウほか。
  • マンボ!マンボ!マンボ!

    平凡な青年がひょんなことから憧れの女性のダンスパートナーとして大会を目指すことになる、イギリス版「SHALL we ダンス?」ともいうべき青春ロマンチック・コメディ。製作総指揮は、舞台となるアイルランド出身のガブリエル・バーン。
  • デッドマンズ・カーブ

    学生が自殺するとそのルームメイト全員がオールAをもらえるという米国の大学で実際に採用されている極秘の制度を利用して、偽装殺人を計画した男女学生の騒動を描いたブラック・コメディ。監督は『最後の晩餐』(V)の脚本家で、本作が監督デビューとなるダン・ローゼン。「エマニエル夫人」などのヴェテラン製作者のアレン・シリツキーが製作総指揮(ピエール・カルフォンと共同)をつとめた。製作はマイケル・アマート。撮影は『ネイキッド・イン・ニューヨーク』(V)のジョーイ・フォーサイト。音楽はシャークで、音楽監修はパジャマ・パーティ・プロが担当。美術はロバート・ハーバー。編集はグレン・ガーランド。衣裳はシャナ・ゴールド。出演は「マッド・ラブ」のマシュー・ラリード、「ハッピィブルー」のマイケル・ヴァルタン、「ミクロ・キッズ3」のケリー・ラッセル、「グース」のダナ・ディレイニーほか。
  • ジャイアント・ベビー

    1990年に公開された「ミクロキッズ」の第2弾。3年前、電磁物体縮小機でわが子を6ミリに縮めてしまった天才発明家ウェイン・サリンスキーが、今度は電磁物体拡大機で2歳半の息子を、34メートルにしてしまう。ウェイン役にコメディーでおなじみのリック・モラニスが、研究所長スターリング役にロイド・ブリッジスが扮する。巨大ベビーを演じるのはニュージャージー生まれの双子、ダニエル&ジョシュア・シャリカー。監督は「グリース」のランダル・クレイザー。製作は女性プロデューサーのドーン・スティールと「刑事ジョン・ブック 目撃者」のエドワード・S・フェルドマン。脚本はテレビ界出身のトーム・エバハードットとピーター・エルブリング、俳優出身のゲリー・グッドロウの3人。視覚効果は、ILMで修行を積んだトーマス・G・スミスが担当した。撮影は「ハウリング」のジョン・ホラ。プロダクション・デザインは「レイダース 失われた聖櫃<アーク>」のレスリー・ディレイ。音楽はブルース・ブロートン、ブライアン・アダムス、ビージーズなど。
  • ワンダーウーマン(2009)

    最強の美女戦士・ワンダーウーマンの活躍を描いたアニメ。アマゾンの女性戦士の種族は、神秘の島・セミッシラに隔離されていた。アメリカ人パイロットを救助した彼女たちは、軍神・アレスを追ってアメリカへ向かうが…。【スタッフ&キャスト】監督:ローレン・モントゴメリー 出演(声):ケリー・ラッセル
  • マッド・ブラザー

    エドワード・ノートンが一人二役で双子を演じるサスペンスアクション。大学教授のビルは双子の弟・ブラディが殺されたと聞き、葬儀のためにオクラホマの実家へ帰省する。しかし、そこで待っていたのは薬でハイになった弟のブラディだった…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ティム・ブレイク・ネルソン 出演:エドワード・ノートン/スーザン・サランドン/ルーシー・デビート/ケリー・ラッセル/ヘンリー・マックス・ネルソン
  • オースティンランド 恋するテーマパーク

    ジェーン・オースティンの小説の世界を体感できるテーマパークを舞台に描くラブコメディ。監督はジェルーシャ・ヘス。出演はケリー・ラッセル、JJ・フィールド、ブレット・マッケンジーほか。
    70
  • エリカにタッチダウン

    チェリーボーイの恋の大作戦を描いたエロティック青春コメディ。さえない童貞高校生・ピーターは、近所に住む美女のエリカに夢中。なんとか彼女を射止めたいピーターは、あの手この手で試行錯誤。果たして、ピーターは彼女を射止めることができるのか!?【スタッフ&キャスト】監督・脚本:マイケル・デイヴィス 出演:ジョシュア・シェイファー/ケリー・ラッセル/R・D・ロブ/マーク・L・テイラー/ジョニー・グリーン

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/26

サンドラ・ブロック(1964)

オーシャンズ8

スティーブン・ソダーバーグ監督、ジョージ・クルーニー主演の「オーシャンズ11」を元に主要キャラクターをオール女性キャストでリブートする新作。2018年6月8日全米公開予定。

ミニオンズ

ユニバーサル・スタジオとクリス・メレダンドリ率いるアニメーションスタジオ、イルミネーションが贈るアトラクション3Dアニメーション「怪盗グルー」シリーズの人気キャラクター、ミニオンズを主役に描いた作品。ミニオンたちが仕えるべき最強のボスを探す旅を描く。前2作のピエール・コフィンに加え、「ロラックスおじさんの秘密の種」のカイル・バルダが監督を務める。「スピード」のサンドラ・ブロック、「バットマン」のマイケル・キートンらが声の出演。日本語吹替版では「アマルフィ 女神の報酬」の天海祐希、「009 RE:CYBORG」の声優・宮野真守らが参加。「怪盗グルーのミニオン危機一髪」の主題歌『Happy』が第86回アカデミー賞歌曲賞にノミネートされたファレル・ウィリアムスが引き続き音楽を担当している。
スーザン・ジョージ(1950)

J&S さすらいの逃亡者

かの『ボニー&クライド』に材をとり、腐れ縁で結ばれた男と女をめぐるマカロニ・ウェスタン風味のラブ・ストーリー。監督は「続荒野の用心棒」「情無用のジャンゴ」など、ひねりの効いたマカロニ・ウェスタンのほか、「史上最大の喜劇 地上最笑の作戦」はじめ様々なジャンルの映画を手がけた名職人セルジオ・コルブッチ。製作はロバート・ロヨラ、脚本はコルブッチ、マリオ・アメンドラ、アドリアーノ・ボルツォーニ、ホセ・マリア・フォルケ、サバティーノ・チウフィーニの共同、撮影はルイス・カドラード、編集はユージェニオ・アラビソ、美術はピエトロ・フィリッポがそれぞれ担当。音楽は「荒野の用心棒」はじめマカロニ・ウェスタンのテーマ曲で名を高めた巨匠エンニオ・モリコーネ。主演はコルブッチとは「情無用のジャンゴ」でも組んだトマス・ミリアンと「わらの犬」「マンディンゴ」などのスーザン・ジョージ。共演はTV「刑事コジャック」でおなじみの「特攻大作戦」などのテリー・サヴァラス、ゲストとして「テオレマ」「1900年」のラウラ・ベッティほか。ちなみに、本作は〈マカロニ・ウェスタン復活祭〉と題して、監督を同じくコルブッチが手がけた問題作「殺しが静かにやってくる」と連続上映された。

タイガーシャーク(1978)

夏のバカンス・シーズンで賑わう中米カリブ海の保養地を舞台に、風俗と、男女の恋を描きながら、人食いザメと人間の戦いを促えたパニック映画。製作はジェラルド・グリーン、監督・脚本はルネ・カルドナ・ジュニア、音楽はバージル・ポルドゥーリスが各々担当。出演は「マンディンゴ」のスーザン・ジョージ、フィオナ・ルイス、ジェニファー・アシュレー、アンドレス・ガルシア、ヒューゴー・スティグリッツなど。