• TOP
  • ティム・クラッベ

ティム・クラッベ

ティム・クラッベの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ザ・バニシング 消失

    1988年オランダ映画祭で最優秀作品賞を受賞したサイコ・サスペンスが劇場初公開。休暇でフランスへ向かうカップルのレックスとサスキア。途中、忽然とサスキアが姿を消し、以来3年間彼女の行方を捜し続けているレックスのもとに犯人らしき人物から手紙が届く。出演は「幸せはシャンソニア劇場から」のベルナール・ピエール・ドナデュー、「ロフト.」のジーン・ベルヴォーツ、「サージェント・ペッパー ぼくの友だち」のヨハンナ・テア・ステーゲ。監督は「マイセン幻影」「ダーク・ブラッド」のジョルジュ・シュルイツァー。1993年に公開された「失踪」は本作のハリウッド・リメイク。
    86
    • 手に汗握る
    • 感動的な
  • 失踪(1993)

    作家志望の男が3年掛かりで行方不明になった恋人を探すうち、驚くべき真実を発見するサイコ・スリラー。監督はオランダ出身のジョージ・スルイザー。原作はティム・クラッベが書いた「ゴールデン・エッグ」という小説。それを共同制作のトッド・グラフが脚色した。その他、「グッドモーニング・ベトナム」のラリー・ブレズナーと「ヤングガン2」のポール・シッフが共同で製作した。撮影は「裸のランチ」のピーター・サシツキー。美術は「ミュージックボックス」のジャニーヌ・クラウディア・オップウォール。編集は「ドクター」のブルース・グリーン。音楽は「オーメン」でアカデミー作曲賞を受賞した巨匠ジェリー・ゴールドスミスが担当した。別邦題「失踪 妄想は究極の凶器」。