J・スチュアート・ブラックトン

J・スチュアート・ブラックトンの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 嵐の花嫁

    ジェームズ・フランシス・ドワイヤー氏作の小説をマリアン・コンスタンス・ブラックトン女史が映画脚色し、「奔流天に騰る」「極楽トンボ三人連」等と同じくジエー・ステユアート・ブラックトン氏が監督したもので、主役は「知略三段返し」「海の野獣」等出演のドロレス・コステロ嬢が勤め、「知略三段返し」「奔流天に騰る」等出演のジョン・ハロン氏が相手役を演じ、オツトー・マテイーソン氏、シエルドン・ルイス氏、タイロン・パワー氏、ジュリア・スウエイン・ゴドン嬢等は助演している。
  • 死途の小唄

    ベイジル・キング氏作の小説からチャールズ・L・ガスキル氏が脚色し「洪水! 洪水」「路傍の人」等と同じくJ・スチュアート・ブラックトン氏が監督制作したもので主役は「三人の女」「燻ゆる情炎」等主演の名優ポーリン・フレデリック嬢が演じ「ナジモヴァの妖女」等出演のルー・テリジェン氏「情熱の悪鬼」等出演のヘレナ・ダルジー嬢及び舞台に名あるレスリー・オースティン氏モーリス・コステロ氏等が助演している。
  • 悪魔の罵る声

    ロバート・W・チェンバース氏原作の小説に基づき「洪水!洪水!」等と同じ く・J・スチュアート・ブラックトン氏が監督した三角恋愛劇である。主役は「死途の小唄」「ナジモアの妖女」等出演のルー・テリジェン氏と「オペラの怪人(1925)」「蕃地のロレイン」等出演のノーマン・ケリー氏「人生の舞台裏」等出演のアンナ・Q・ニルソン嬢及び「山猫ならし」等出演のアリス・カルホーン嬢でスチュアート・ホームズ氏も助演している。
  • 通行の人々

    J・スチュアート・ブラックトン氏監督で、「血の堡壘」に続いて製作された映画。ハッドン・チャムバース氏の有名な舞台劇の「通行の人々」をスタンレー・オルムステッド氏が脚色したもので、主役には「空中魔」その他ユ社映画で御馴染のハーバート・ローリンソン氏が扮して居る。スチュアート・ブラックトン氏令息チャールズ君が子役、その他の俳優に御馴染みは少ない。撮影が素晴らしく美しいそうである。
  • 鐘の鳴る家

    ルイジアナ州を背景とし、迷信と恋愛とを題材としたミステリー・ドラマで、J・スチュアート・ブラックトン氏が自身監督をした。主役2人は吾国には未だ知られていないブルース・ゴードン氏とメイ・マカヴォイ嬢である。そして「血の堡壘」に出演したウィリアム・R・ダン氏が敵役を勤めている。
  • 奔流天に騰る

    1923年度のピュリツァ賞を得たハッチャー・ヒューズ氏の戯曲を映画化したもので、ヴィイタグラフ誌がウォーナァ・ブラザース社に併合されると共に制作者として入社したジュー・スチュアート・ブラックトン氏が第1作品として監督製作した。因みに脚色はブラックトン氏令妹マリアン・コンスタンス・ブラックトン女史が擔任した。主役は「娘は踊る」「陽気な巴里っ子」等出演のパッシー・ルス・ミラー嬢で對手役は「知略三段返し」「白牙に衂りて」等出演のジョン・ハロン氏「白牙に衂りて」「男は度胸」等出演のゲイン・ホィットマン氏及び「夢の街」等出演のガードナー・ジェームズ氏が演じ、エヴェリン・セルビー嬢ジェームズ・マーカス氏等が助演している。
  • 洪水!洪水!

    ポール・ドレッサー氏の詩を基として「日没の悲歌」「路傍の人」と同じくJ・スチュアート・ブラックトン氏が監督製作したメロドラマである。「良人の危険時代」「冬の蝴蝶」等出演のメアリー・マクラレン嬢を始めメアリー・カー夫人、マッジ・エヴァンス嬢、ラムスデン・ヘーア氏等が出演する。
  • 情熱の高浪

    ベイジル・キング氏作の小説「チャイティの園にて」を映画化したものでマリアン・コンスタンス・ブラックトン女史が脚色し、「死途の小唄」「ホリウッドに来た山男」等と同じくJ・スチュアート・ブラットン氏が監督した。主役は「ホワイト・ローズ」「廻り会う迄」等出演のエンク氏と「地獄花」等出演のベン・ヘンドリックス氏が演じ、ラスカ・ウィンター嬢が助演している。
  • 男とその女

    「通行の人々」に続いて製作されたJ・スチュアート・ブラックトン映画で、主役はハーバート・ローリンソン氏と、新進の花形メイ・マカヴォイ嬢とである。ウァールド誌は筋は梢混乱せる傾向があるが監督と演技とが立派なため快い映画を作っていると評している。
  • 月光の道

    「日没の悲歌」同様シルヴィア・ブリーマー嬢ロバート・ゴードン氏共演のJ・スチュアート・ブラックトン映画で、パテ社から発売された。ブラックストン氏自身が監督した一種の禁酒宣伝映画で、氏及びスタンレー・オルムステッド氏の合作になる原作を扱っている。
  • 極楽トンボ三人連

    E・フィリップス・オッペンハイム作の小説に基づいてマリアン・コンスタンス・ブラックトンが台本を執筆し、「奔流天に騰る」「曲馬団の闘将」等と同じくJ・スチュアート・ブラックトンが監督したもので、主役は「ウインダミア夫人の扇」「三人の女」等出演のメイ・マカヴォイと「放埒新療法」「男は度胸」等出演のウィラード・ルイス及び「バット」「断髪恥ずかし」等出演のルイズ・ファゼンダで「奔流天に騰る」出演のガードナー・ジェームズ、ジェーン・ウィントン、ホームズ・ハーバート、デウイツット・ジェニングズ、ヴェラ・ルイス及びノラ・セシルが助演している。
  • 妖女乱舞

    映画界に復帰したナジモヴァ夫人がヴァイタグラフ社で作った映画でマリアン・コンスタンス・ブラックトン女史の脚本により「洪水!洪水!」「路傍の人」と同じくJ・スチュアート・ブラックトン氏が監督した。「街のマドンナ」「サロメ(1923)」等出演のアラ・ナジモヴァ夫人が出演し、同じく久々で映画に出演するルー・テリジェン氏と「パリの女性」「キッド」等出演のカール・ミラー氏とが共演する。その他オーティス・ハーラン氏ウィリアム・R・ダン氏等が助演している。
  • 鍍金広小路

    W・B・マックスウエル氏作の小説をマリアン・コンスタンス・ブラックトン女史が脚色し、「奔流天に騰る」「極楽トンボ三人連」等と同じく、J・スチュアート・ブラックトンが監督したもので、「六人の嫌疑者」「奔流天に騰る」等出演のジョン・ハロン氏「突飛大将恋の初陣」「監獄行列車」等出演のドロシー・ラヴオーア嬢が主演し、「太平洋横断」「特製鋼鉄人形」等出演のマーナ・ローイ嬢を始め、ガードナー・ジエームズ氏、マックリン・アーバツクル氏、シエルドン・ルイズ氏、マテイルド・コモン嬢等が助演している。
  • 禁断の谷

    「懐かしのケンタッキー(1919)」や「森林の勇者」等と同じように、ケンタッキーの山に住う両家の争いを題材としてあるが、新味ともいうべきは、両家の息子と娘が恋仲にならない事である。ランドルフ・ルイス氏の原作で、J・スチュアート・ブラックトン氏自身監督せる映画。主役2人は「鐘の鳴る家」と同様ブルース・ゴードン氏と、メイ・マカヴォイ嬢とである。敵役のウィリアム・R・ダン氏は今までと異り、違った性格の男に扮している。
  • 身代り結婚

    「日没の悲歌」「怪しいの山道」等と同様シルヴィア・ブリーマー嬢、ロバート・ゴードン氏共演のJ・スチュアート・ブラックトン氏監督作品、パテ発売映画である。フローレンス・ミオット女史の原作をスタンレー・オルムステッド氏が脚色した。ユーラリー・ジェンセン嬢も共演している。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/29

十七代目中村勘三郎(1909)

シネマ歌舞伎クラシック 身替座禅

名優達の至高の芸が、銀幕(スクリーン)によみがえる。シネマ歌舞伎第2弾クラシック。上演月:1982年(昭和57年) 11月、上演劇場:歌舞伎座

シネマ歌舞伎クラシック 勧進帳

名優達の至高の芸が、銀幕(スクリーン)によみがえる。シネマ歌舞伎第2弾クラシック。上演月:1980年(昭和55年)11月、上演劇場:歌舞伎座
ケヴィン・チャップマン(1962)

アンストッパブル(2010)

2001年にオハイオ州で発生した列車暴走事故を、「サブウェイ123 激突」のトニー・スコットが映画化したアクション巨編。危険物質を積んだまま暴走する貨物列車を止めるために、ベテラン機関士と新米車掌のコンビが奮闘する。出演は「ザ・ウォーカー」のデンゼル・ワシントン、「スター・トレック」のクリス・パイン。

サンシャイン・クリーニング

「リトル・ミス・サンシャイン」のプロデュースチームが手がけた人間ドラマ。ある姉妹が始めた一風変わった仕事を通じて、家族が新たな希望を見いだしていく姿を綴る。監督は「シルヴィア」のクリスティン・ジェフズ。出演は「ダウト あるカトリック学校で」のエイミー・アダムス、「ジェイン・オースティンの読書会」のエミリー・ブラントなど。