キャスリン・ビグロー キャスリンビグロー

  • 出身地:アメリカ、カリフォーニア州サン・カーロス
  • 生年月日:1951/11/27

略歴 / Brief history

サンフランシスコ・アート・インスティチュートに学び、79年にコロンビア大大学院フィルム・スクールを卒業した。モンティ・モンゴメリーと共同で暴走族を描く“The Loveless”(84)を監督。87年に吸血鬼をテーマにした「ニア・ダーク/月夜の出来事」で単独監督としてデビューした。89年、“Blue Steel”を監督。

キャスリン・ビグローの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • デトロイト

    「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグローが、1967年暴動発生時のデトロイトで実際に起きた事件を映画化。暴動発生から2日目の夜、銃声の通報があったモーテルに警察が乗り込む。何人かの警官が捜査手順を無視し、宿泊客に不当な尋問を始める。出演は、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のジョン・ボイエガ、「レヴェナント 蘇えりし者」のウィル・ポールター、「トランスフォーマー ロストエイジ」のジャック・レイナー、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のアンソニー・マッキー。
    70
  • カルテル・ランド

    「ハート・ロッカー」の監督キャスリン・ビグローが製作総指揮を執ったドキュメンタリー。麻薬カルテルが蔓延るメキシコで、一人の外科医が市民による自警団を結成する。彼らはギャングたちを追い詰めていくが、やがて組織は思わぬ方向へ暴走する。2015年サンダンス映画祭ドキュメンタリー部門最優秀撮影賞・最優秀監督賞W受賞。第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート。
    80
  • ゼロ・ダーク・サーティ

    「ハート・ロッカー」でアカデミー賞を受賞したキャスリン・ビグロー監督と脚本のマーク・ボールが再びタッグを組んだサスペンスドラマ。アメリカ同時多発テロ事件の首謀者オサマ・ビンラディンの捕縛、暗殺計画の裏側に隠された真実を描く。出演は「ヘルプ 心がつなぐストーリー」のジェシカ・チャスティン、「キリング・フィールズ 失踪地帯」のジェイソン・クラーク。
    70
  • ハート・ロッカー

    イラクの最前線に駐留を続ける米軍爆弾処理班の危険で過酷な任務の実態を描く。「告発のとき」の原案担当マーク・ボールの現地取材に基づく脚本を、「K-19」のキャスリン・ビグローが監督。全米監督協会賞などで監督賞を受賞したほか、オスカー9部門にノミネート。主演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のジェレミー・レナー。
    100
    • 手に汗握る
    • 重厚感のある
    • かっこいい
  • K-19

    ソ連の原子力潜水艦K-19で1961年に実際に起った放射能事故を基に、「ストレンジ・デイズ/1999年12月31日」のキャスリン・ビグローが映画化した骨太のサスペンス。米ソによる核戦争に発展しかねない原潜事故に命懸けで立ち向かう乗組員たちの姿を、緊張感たっぷりに描く。主演は「エアフォース・ワン」のハリソン・フォード。
    80
  • ストレンジ・デイズ 1999年12月31日

    新世紀前夜の混沌と狂騒に満ちたロサンゼルスを舞台に、他人の五感を記録・再現するディスクを扱う闇商人が殺人事件に巻き込まれるSFハードボイルド。1万5千人のエキストラを動員した、ラストのカウントダウンのモブシーンが圧巻。原案・脚本・製作は「トゥルーライズ」のジェームズ・キャメロンで、監督には彼の公私に渡るパートナーである「ハートブルー」のキャスリン・ビグローがあたり、パワフルな演出を見せている。共同脚本はジェイ・コックス、共同製作はビグローの出世作「ニア・ダーク 月夜の出来事」も手掛けたスティーヴン=チャールズ・ジャフィ、撮影は「愛と死の間で」のマシュー・F・レオネッティ。音楽は「ストリートファイター」のグレアム・レヴェルがスコアを書き、伝統のエスニック・ミュージックを現代的に再生する2人組ユニット〈ディープ・フォレスト〉が追加作曲を担当。美術は「レジェンド・オブ・フォール 果てしなき想い」のリリー・キルヴァート、SFXは、「トゥルーライズ」などに参加したキャメロン主宰のSFX工房デジタル・ドメイン社が担当。出演は「クイズ・ショウ」のレイフ・ファインズ、「ティナ」のアンジェラ・バセット、「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のジュリエット・ルイスとトム・サイズモア、「デッドマン」のマイケル・ウィンコット、「エド・ウッド」のヴィンセント・ドノフリオ、「刑事ジョン・ブック 目撃者」のジョゼフ・ソマーほか。
    95
  • ハートブルー

    サーフィンのメッカ、カリフォルニアを舞台に連続銀行強盗事件を追う若手FBI捜査官の愛と友情を描くアクション映画。日本ビクターと「ダイ・ハード」のプロデューサーとして知られるローレンス・ゴードンとの提携によるラルゴ・エンターテインメントの第1回作品。エグゼクティブ・プロデューサーはジェームズ・キャメロン、製作はピーター・エイブラムスとロバート・L・レヴィ、監督は「ブルー・スチール」のキャスリン・ビグロー、脚本はピーター・イリフ、撮影をドナルド・ピーターマン、音楽をマーク・アイシャムが担当。出演は「マイ・プライベート・アイダホ」のキアヌ・リーブス、パトリック・スウェイジほか。
  • ブルー・スチール(1990)

    ニューヨークを舞台に、殺人鬼の恐怖に立ち向かう新米警官の姿を描くサスペンス映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはローレンス・カサノフ、製作はエドワード・R・プレスマンとオリヴァー・ストーン、監督・脚本は「ニア・ダーク 月夜の出来事」のキャスリン・ビグロー、共同脚本はエリック・レッド、撮影はアミール・モクリ、音楽はブラッド・フィーデルが担当。出演はジェイミー・リー・カーティス、ロン・シルヴァーほか。
    80
  • ニア・ダーク 月夜の出来事

    吸血鬼の少女に恋をした少年の恐怖と苦悩を描く。製作はスティーヴン・C・ジャフェ、監督・脚本は本作品がデビューとなるキャスリン・ビグロー、共同脚本はエリック・レッド、撮影はアダム・グリーンバーグ、音楽はタンジェリン・ドリームが担当。出演はジェニー・ライトほか。
  • 悪魔の呼ぶ海へ

    『アイ・アム・サム』のS・ペン出演、『ハートブルー』のK・ビグロー監督で描くサスペンススリラー。1世紀前に起きた殺人事件をリポートするために、写真家・ジーンが夫とともに訪れた島では、過去と現在を結びつける恐ろしい惨劇が待っていた。【スタッフ&キャスト】監督:キャスリン・ビグロー 製作:ジャネット・ヤン 脚本:アリス・アーレン 音楽:デヴィッド・ハーシュフェルダー 出演:ショーン・ペン/エリザベス・ハーレー/キャサリン・マコーマック/カトリン・カートリッジ
  • ラブレス(1982)

    「スパイダーマン」のウィレム・デフォーの初主演作であり、「K-19」のキャスリン・ビグロー監督のデビュー作にあたるバイクアクション。リーダーのヴァンスを筆頭に暴走族軍団が小さな町に立ち寄る。彼らの出現のおかげで平和な町が修羅場と化し…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:キャスリン・ビグロー 製作:A・キットマン・ホー 脚本:モンティ・モンゴメリー 撮影:ドイル・スミス 出演:ウィレム・デフォー/J・ドン・ファーガソン/マリン・カンター/ティナ・ロツキー
    70



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/25

円谷英二(1970)

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。