松井香奈 マツイカナ

松井香奈の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • みをつくし料理帖

    「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。
  • ビブリア古書堂の事件手帖

    三上延による同名ミステリーを、黒木華×野村周平主演で「幼な子われらに生まれ」の三島有紀子監督が映画化。夏目漱石の『それから』に記されたサインと、太宰治の『晩年』の希少本に隠された謎をビブリア古書堂の店主・篠川栞子と店員の五浦大輔が解き明かす。共演は「海街diary」の夏帆、「菊とギロチン」の東出昌大、「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」の成田凌。脚本は「3月のライオン」の渡部亮平と「少女」の松井香奈。
  • 紅い襷 富岡製糸場物語

    2014年に世界遺産登録された日本初の本格的な器械製糸工場、富岡製糸場を題材にした歴史ドラマ。明治初期、全国から集まった名もなき工女たちが、それぞれの不安や葛藤を抱えながらも、次第に身分や国境を超え、近代化という扉を自ら開いていく姿を映し出す。出演は、本作品が映画デビューとなる水島優、「罪の余白」の吉本実憂、「スクール・オブ・ナーシング」の桐島ココ、「アタシラ。」の木村夏子、「新宿スワンII」の豊原功補、「家族はつらいよ」の西村まさ彦、「母」の大空眞弓。2017年10月7日より群馬県先行ロードショー。
  • 傷だらけの悪魔

    澄川ボルボックスの原作コミックを映画化。田舎の高校に転校した舞は、中学時代の同級生・詩乃と再会する。舞は詩乃のことを覚えていないものの、舞のグループからひどいイジメを受けていた詩乃は復讐を決意。詩乃の策略によって、舞はイジメの標的とされる。出演は、「でーれーガールズ」の足立梨花、モデルの江野沢愛美。監督は、「あさはんのゆげ」の山岸聖太。
  • 少女(2016)

    湊かなえ原作のベストセラー小説を映画化。親友の死体を見たという転校生の話を聞いて以来、人が死ぬ瞬間を見たいと思うようになった由紀は小児科病棟でボランティアを始める。一方、陰湿ないじめに遭っている敦子も老人ホームのボランティアに出かけていた。出演は、「アオハライド」の本田翼、「貞子vs伽椰子」の山本美月。監督は、「繕い裁つ人」の三島有紀子。
  • 浄霊探偵

    浄霊をテーマとした心霊ホラー。心霊番組のヤラセ調査のために撮影に潜り込んだ探偵が、人気霊能師の裏の顔を暴く。浄霊師として実際に活躍する神島千尋が監修を務め、浄霊師役で出演もしている。主演は、SKE48の高柳明音、「窓辺のほんきーとんく」の今野悠夫。監督は、「刀狩るもの 二本松の冒険」の都築宏明。