クララ・S・ベランジャー

クララ・S・ベランジャーの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 浮気征伐

    フレディリック・ロンスデール氏作の舞台劇をクララ・べランジャー女史が脚色し「返り咲く花」「グラムピー」等と同じくウィリアム・C・デミル氏が監督したもので、「駅馬車(1925)」「性の敵」等出演のベティー・カンプソン嬢と「子の心親知らず」「禁断の楽園」等出演のアドルフ・マンジュウル氏と「ステラ・マリス」「自由結婚」等出演のエリオット・デクスター氏とが共演し、ザス・ピッツ嬢、クレア・アダムス嬢等が助演している。
  • 応報

    デイヴィッド・グラハム・フィリップス氏原作の社界劇をクララ・ベランジャー女史が脚色し、ハーレー・ノールズ氏が監督したもの、主役は「エヴリー・ウーマン」主演のヴァイオレット・ヘミング嬢と「陸軍のバール」出演のラルフ・ケラード氏である。「動きの少ない筋であるため失望させられる。」とニュース誌は評している。
  • 何うやら斯うやら

    「馬蹄の響」に共演したカーライル・ブラックウェル氏とエヴェリン・グリーリー嬢とが主役を演じて居る人情喜劇で、フランク・ドーン氏に下男が面白い芸風を見せる。「三つの嫉妬の眼」と同じくデル・ヘンダーソン氏の監督である。
  • 汚れなき若者

    「絶海の名花」「牧場の小公女」等の主役エディス・ロバーツ嬢が主役を演じた映画で、「東京の妖婦」等の監督者ノーマン・ドーン氏の映画である。ニュー・オルリーンズ州に住むフランス人の家庭を背景にしてある人情劇で、トーマス・ジェファーソン氏やアーノルド・グレッグ氏が相手である。
  • マダムと踊子

    「力と栄光」のコリーン・ムーアが主演する映画で、無声映画時代才物としてその名を知られていたマーシャル・ニーランが監督製作したものである。原作はジョン・エマーソン、アニタ・ルース合作の舞台劇で、改作脚色にはクララ・S・ベランジャーが「キング・コング(1933)」のジェームズ・アシュモア・クリールマンと協力して当り、撮影は「昨日」「蒼白い瞼」のメリット・B・ガースタッドが担任。助演者は「悪魔の富籤」「地獄特急」のアレクサンダー・カークランドを始めとし「夜の看護婦」のチャールズ・ウィニンジャー、「夜の大統領」「ミス・ダイナマイト」のマーガレット・リヴィングストン、「わがまま者」のポーリン・フレデリック、ロバート・ベンチリー、ロス・アレクサンダー、2人組のピアノの曲弾きフレイとブラジオッティー、等である。
  • 非凡の凡人

    「海の壮漢」「子煩悩」同様パ社トーマス・ミーアン氏主演映画で氏のスターとしての第一回作品である。トンプソン・ブカナン氏の原作を名女流作家クララ・S・ベランジャー女史脚色し「家治まりて」「幽谷の叫声」等同様ヒュー・フォード氏が監督した。相手役は「狂える悪魔」等で忘れられぬマーサ・マンスフィールド嬢。
  • 氷に閉ざされて

    オーウェン・デイヴィス氏原作の舞台劇に基づき、クララ・S・ベランジャー女史が脚色し、「返り咲く花」「グラムピー」等と同じくウィリアム・C・デミル氏が監督した。主役は「最後の一人迄(1923)」「懐しの谿」等と同じくリチャード・ディックス氏と、ロイス・ウィルソン嬢の2人で、その他新進のヴェラ・レイノルズ嬢が共演している。
  • 亭主入用

    サミュエル・ホプキンス・アダムスの原作を、クララ・S・ベランジャーが脚色し、ローレンス・C・ウィンドンの監督した人情喜劇で、主役は「エリザベスの教育」そのほかでおなじみのビリー・バーク。相手役は新顔のジェームズ・クレインである。
  • ジェキル博士とハイド氏(1920)

    文豪ロバート・ルイス・スティーヴンソン氏である。人の霊魂には善悪両様があるといういわゆる二重人格を取り扱った氏の説に基づき、ジョン・バリモア氏の明確なる演出によって深い印象を与えられる。感情と心理の表現に巧みなるバリモア氏の演出を、死せる作者のスティヴンソン氏が見たら恐らくは歓喜の声を挙げるであろうとまで言われている。「良妻賢母」を監督したジョン・S・ロバートソン氏の監督で、バリモア氏の相手は名女優マーサ・マンスフィールド嬢である。バリモア氏の円熟した技芸の閃きを期待すべきであろう。
  • グラムピー

    1913年9月19日始めてグラスゴーのローヤル座に上演され、同年秋ニューヨークにも100回の連続上演されたホレース・ホッジス、トーマス・ウィグニー・パーシヴァル共作の舞台劇を、クララ・S・ベランジャー女史が脚色し、「クラレンス」「世界の喝采」等を作ったウィリアム・C・デミルが監督したもので、主役には「ふるさとの家」その他でお馴染みのセオドア・ロバーツ、「キック・イン」「センチメンタル・トミー」等出演のメイ・マカヴォイ、「白絹の女」「愚か者の楽園」等出演のコンラッド・ネーゲルが共演する。探偵喜活劇とでもいうべき愉快なる映画である。
  • 夫の商標

    クララ・S・ベランジャーの原作を、「旋風迅雷」と同じくサム・ウッドが監督した。「瞬間の瞬間」と同じくグロリア・スワンソンが主演し、相手としてリチャード・ウェイン、スチュアート・ホームズなどが出演する。
  • 狭霧の中より

    「暗黒の妖星」の原作者ロバート・チャムバース氏の社界小説をクララ・S・ベランジャー女史が脚色し、チャールズ・メイン氏が監督した映画である。有名なる舞踏家であり、墜死して有名となった米国飛行中尉ヴァーノン・キャッスル氏の夫人であったアイリーン・カッスル嬢の本邦に紹介された最初の特撮映画で、対手は「踊り狂いて」出演のデイヴィッド・パウエル氏である。ユ社でスターになったアン・コーンウォール嬢も端役を演じている。「その力強き点によりてばかりでなく、美術的の映画としても永く記憶される」とニュース社は評している。
  • 返り咲く花

    A・E・トーマス原作の舞台劇をクララ・S・ベランジャーが脚色し、「世界の喝采」「嵐の散る花」等と同じくウィリアム・C・デミルの監督したもので、「キック・イン」「センチメンタル・トミー」のメイ・マカヴォイ、「真夏の狂乱」のロイス・ウィルソン及び「アダムス・リブ」のエリオット・デクスターの共演である。
  • 嵐に散る花

    ラケル・クローザース原作の舞台劇をクララ・S・ベランジャーが脚色したもので、「世界の喝采」「クラレッス」のウィリアム・C・デミルが監督。主役はウォーレス・リード、ビービー・ダニエルス、共演にコンラッド・ネーゲル、ジュリア・フェイら花形揃いである。
  • 割れても末に

    ウォッシバーン喜劇「禁酒御免」其他の原作者でお馴染みの舞台喜劇作者ジョージ・ブロードハースト氏原作の舞台劇をクララ・S・ベランジャー女史が脚色し、ウィリアム・C・デミル氏が監督したパ社映画である。「黎明の大河」等のジャック・ホルト氏、「運命の孤児」等のアグネス・エイアース嬢の共演で、尚最近同社スターに昇進した報のある愛嬌者ウォルター・ハイアース君が主要な1役を演じている。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/28

ジョン・デヴィッド・ワシントン(1984)

TENET テネット

「ダンケルク」のクリストファー・ノーラン監督によるSFスリラー。ある男に、現在から未来に進むという時間のルールから脱出するミッションが課せられる。時間に隠された秘密を解き明かし、第三次世界大戦を止めるミッションのキーワードは『TENET』だった。突如一大任務に巻き込まれた男を「ブラック・クランズマン」のジョン・デヴィッド・ワシントンが、相棒を「ハイ・ライフ」のロバート・パティンソンが演じる。

ブラック・クランズマン

鬼才スパイク・リー監督が手がけた第71回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作。黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKKに潜入捜査する顛末を克明に綴った同名ノンフィクション小説を、デンゼル・ワシントンを父にもつジョン・デヴィッド・ワシントン主演で映画化。共演は「パターソン」のアダム・ドライバー、「スパイダーマン:ホームカミング」のローラ・ハリアー、「アンダー・ザ・シルバー・レイク」のトファー・グレイス、「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」のアレック・ボールドウィン。音楽は「マルコムX」「25時」「セントアンナの奇跡」など、スパイク・リー作品を数多く手がけてきたテレンス・ブランチャード。
チョ・インソン(1981)

安市城 グレート・バトル

唐の侵略に立ち向かった高句麗の武将ヤン・マンチュンの戦いを描く歴史アクション。西暦645年。唐の太宗皇帝は20万を超える大軍を率いて高句麗への進撃を開始。各地で敗走が続く中、安市城城主ヤン・マンチュンは、わずか五千の兵と共に戦いを決意する。出演は「ザ・キング」のチョ・インソン、『ハベクの新婦』のナム・ジュヒョク、「スウィンダラーズ」のパク・ソンウン。

ザ・キング

韓国の賞レースを席巻したクライム・エンタテインメント。地方都市の新人検事テスは、ソウル中央地検のエリート部長ガンシクと出会う。他人を踏み台にして出世し、大統領選挙を利用して権力をつかんだガンシクの正体を知ったテスは、悪の魅力に染まっていく。出演は、ドラマ『大丈夫、愛だ』のチョ・インソン、「アシュラ」のチョン・ウソン、「インサイダーズ 内部者たち」のペ・ソンウ、ドラマ『恋のスケッチ~応答せよ1988~』のリュ・ジュンヨル。監督は、「観相師 かんそうし」のハン・ジェリム。第53回百想芸術大賞助演女優賞(キム・ソジン)、新人男優賞(リュ・ジュンヨル)受賞。第54回大鐘賞助演男優賞(ペ・ソンウ)、助演女優賞(キム・ソジン)、シナリオ賞、編集賞受賞。