ピョートル・ベチャワ ピョートルベチャワ

  • 出身地:ポーランド,チェホビツェ=ジェジツェ
  • 生年月日:1966/12/28

ピョートル・ベチャワの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • METライブビューイング2018-19 チレア「アドリアーナ・ルクヴルール」

    ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場のオペラ公演を上映するシリーズの一作。18世紀前半にパリで活躍したコメディ・フランセーズの人気女優アドリアーナ・ルクヴルールの劇的華麗な人生を、現代オペラ界を牽引するプリマ・ドンナ、アンナ・ネトレプコが絶唱。オペラと演劇、両方の分野で活躍する人気演出家デイヴィッド・マクヴィカーが、伝統美あふれる新演出でバロックの劇場を再現。指揮は2007年から18年までトリノ王立歌劇場の音楽監督を務めたジャナンドレア・ノセダ。出演は「METライブビューイング2018-19 ヴェルディ《アイーダ》」のアンナ・ネトレプコ、アニータ・ラチヴェリシュヴィリ、「METライブビューイング2017-18 ヴェルディ《ルイザ・ミラー》」のピョートル・ベチャワ、「METライブビューイング2013-2014 ヴェルディ《ファルスタッフ》」のアンブロージョ・マエストリ、「METライブビューイング2014-2015 ロッシーニ《セヴィリャの理髪師》」のマウリツィオ・ムラーロ、「METライブビューイング2018-19 プッチーニ《西部の娘》」のカルロ・ボージ。2019年1月12日の舞台を上映。
  • METライブビューイング2017-18 ヴェルディ「ルイザ・ミラー」

    NYメトロポリタン歌劇場のオペラを上映するシリーズ。2018年4月14日上演の、シラーの戯曲『たくらみと恋』を下地にしたヴェルディ作曲の悲劇を収録。領主の息子と知らずにロドルフォと恋に落ちた村娘ルイザは、父を盾に、恋人を諦めるよう迫られる。三大テノールの一人として知られるプラシド・ドミンゴや花形ソプラノ、ソニア・ヨンチェヴァらスター歌手が集結。国際的指揮者ベルトラン・ド・ビリーがタクトを振る。
  • METライブビューイング2014ー2015 チャイコフスキー「イオランタ」

    ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(MET)で上演されるオペラを、舞台裏の模様も盛り込み5.1chサラウンドの音響や10台以上のHDカメラを駆使し撮影するシリーズ。本作では2015年2月14日に上演される、アンデルセンの童話を基にしたチャイコフスキー晩年の作品を収録。本作はMETでは初めての演目で、バルトーク『青ひげ公の城』と2本立てで上演される。目が見えないことを知らずに育った王女と彼女に惹かれた伯爵が呼んだ奇跡を、ロシアが誇る名指揮者ワレリー・ゲルギエフと名ソプラノであるアンナ・ネトレプコのコンビで贈る。演出は映画「秋への別れ」を手がけたマリウシュ・トレリンスキ。
  • METライブビューイング2013-2014 ドヴォルザーク《ルサルカ》

    ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(MET)で上演されるオペラを、舞台裏の模様を含め映画館で上映するシリーズ。本作では、2014年2月8日に上演される、オペラ版『人魚姫』と言える水の精の悲恋を収録。オットー・シェンクの伝統を尊重した演出が幻想的なオペラを彩る。指揮は、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団やフィラデルフィア管弦楽団の音楽監督を務め世界中で活躍するヤニック・ネゼ=セガン。人間に命がけの恋をする水の精を、数多くのMETの舞台に立ち本シリーズの案内役も担うルネ・フレミングが演じる。ほか、『リゴレット』のピョートル・ベチャワ、『イル・トロヴァトーレ』のドローラ・ザジックらが出演。
  • METライブビューイング2013-2014 チャイコフスキー《エフゲニー・オネーギン》

    ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(MET)で上演されるオペラを、映画館で上映するシリーズ。取り戻せない恋の痛みを描いたチャイコフスキーの傑作オペラを、世界をリードする巨匠ワレリー・ゲルギエフのタクトで上演。出演は「METライブビューイング2012-2013 ドニゼッティ《愛の妙薬》」のアンナ・ネトレプコ、マリウシュ・クヴィエチェン。
  • METライブビューイング2012-2013 ヴェルディ《リゴレット》

    NYメトロポリタン歌劇場(MET)のオペラを映画館で上映する“METライブビューイング”。複雑な内面を抱えた醜い道化師を主人公に、彼の娘と放蕩者が繰り広げる愛と死のドラマ。舞台を20世紀のラスベガスに置き換え、ミュージカル『春のめざめ』でトニー賞を受賞したマイケル・メイヤーが演出。指揮はイタリアの俊英ミケーレ・マリオッティ。
  • METライブビューイング2011-2012 マスネ《マノン》

    アヴェ・プレヴォーの恋愛小説『マノン・レスコー』が、マスネの甘い音楽で傑作オペラへと生まれ変わった。男たちを滅ぼしていく無邪気な小悪魔マノンを演じるのは「METライブビューイング2011-2012 ドニゼッティ《アンナ・ボレーナ》」のアンナ・ネトレプコ。指揮は「METライブビューイング2011-2012 モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》」のファビオ・ルイジ。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?