マルコ・アルミリアート マルコアルミリアート

マルコ・アルミリアートの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • METライブビューイング2018-19 プッチーニ「西部の娘」

    ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場のオペラ公演を上映するシリーズの一作。ゴールドラッシュに沸く19世紀カリフォルニアの酒場に咲いた看板娘とギャングとの運命の恋を、プッチーニの甘美にしてスリリングな音楽が物語る。2018年10月27日上演の舞台を収録。出演は、オランダ出身のソプラノ、エヴァ=マリア・ヴェストブルック、“キング・オブ・テノール”ヨナス・カウフマン、セルビアのバリトン、ジェリコ・ルチッチ。指揮は「METライブビューイング2017-18 プッチーニ《ラ・ボエーム》」のマルコ・アルミリアート。演出は、往年の名テノール歌手マリオ・デル・モナコを父に持つジャンカルロ・デル・モナコ。
  • 3大テノール 夢のコンサート

    オペラ界を代表する世界的テノール歌手、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラス、ルチアーノ・パヴァロッティの3人が顔を揃えたコンサート映像に貴重なインタビューやリハーサル映像を交えたドキュメンタリー。全29曲に及ぶパフォーマンスが楽しめる。監督は『007/ジェームズ・ボンド・ストーリー』などを手掛けたクリス・ハント。
  • METライブビューイング2017-18 プッチーニ「ラ・ボエーム」

    ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で上演されるオペラを映画館で上映する“METライブビューイング”の2017~18年版。1830年頃のパリ。屋根裏暮らしを送る芸術家仲間の詩人ロドルフォと画家のマルチェッロは、それぞれ恋に落ちるが……。出演は「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17 ロイヤル・オペラ「ホフマン物語」」のソニア・ヨンチェヴァ、「METライブビューイング2016-17 ヴェルディ《椿姫》」のマイケル・ファビアーノ。演出を担当したのは、「ロミオとジュリエット」(68)のフランコ・ゼフィレッリ。
  • METライブビューイング2015-2016 ヴェルディ「イル・トロヴァトーレ」

    ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(MET)で上演されるオペラを5.1chサラウンドの音響や10台以上のHDカメラを駆使し撮影、舞台裏の模様も盛り込み上映するシリーズ。本作では、2015年10月3日に人気の高いアンナ・ネトレプコや実力派バリトン、ディミトリ・ホヴォロストフスキーらスター歌手を迎え上演される、ヴェルディ中期の傑作のひとつを収録。『見よ、恐ろしい炎を』をはじめ数々の情熱的な名曲により紡がれていく一人の女性を巡り争う貴族と吟遊詩人の悲しい運命を、ゴヤの絵に着想を得たデイヴィッド・マクヴィカーの力強い演出で魅せる。
  • METライブビューイング2012-2013 ザンドナーイ《フランチェスカ・ダ・リミニ》

    ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(MET)で上演されるオペラを映画館で上映するシリーズ。ザンドナーイのドラマティックな音楽を、イタリア生まれの演出家ピエロ・ファッジョーニが耽美的に視覚化。指揮は「ヴェルディ《エルナーニ》』」のマルコ・アルミリアート。出演は「ワーグナー〈ニーベルングの指輪 第1夜〉《ワルキューレ》」のエヴァ=マリア・ヴェストブルック、「ヴェルディ《エルナーニ》」のマルチェッロ・ジョルダーニ。
  • METライブビューイング2011-2012 ヴェルディ《エルナーニ》

    ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(MET)のオペラ公演を映画館で上映する“METライブビューイング”。激しい感情表現でセンセーションを巻き起こしたヴィクトル・ユゴーの戯曲に基づいた、若きヴェルディの醍醐味が味わえる傑作オペラ。オーディションから現れた新星アンジェラ・ミードに加え、現代最高のヴェルディ歌手たちが愛と復讐のドラマを歌い上げる。
  • METライブビューイング2011-2012 ドニゼッティ《アンナ・ボレーナ》

    メトロポリタン歌劇場の最新オペラを字幕付きで上映する“METライブビューイング”に、ドニゼッティ作曲の英国王朝を舞台にした歴史悲劇をラインナップ。「フィガロの結婚」などで活躍するソプラノ、アンナ・ネトレプコ主演で王に裏切られる王妃の物語が綴られる。演出は「イル・トロヴァトーレ」のデイヴィッド・マクヴィカー。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?