チャールズ・キング

チャールズ・キングの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 恋愛放送局

    クライド・ノース、アルバート・C・フラー、ジャック・ネルソン3人の合作による舞台劇より「俺は渡り鳥」「モンタナの月」のフランク・バトラーとシルヴィア・サルバーグとが改作し「グレイト・ガッポ」のF・ヒュー・ハーバートとロバート・E・ホプキンスとが台詞を付し、F・ヒュー・ハーバートが撮影台本にまとめ上げたものに基づいて「キートンの決死隊」「キートンのエキストラ」のエドワード・セジウィックが監督にあたった映画で、主演者は「世界の与太者」「エロチック艦隊」のウィリアム・ヘインズ。助演者として「ブロードウェイ・メロディー」「ホリウッド・レビュー」のチャールズ・キング、「結婚双紙」「紐育の囁き」のメアリー・ドーラン、「スピードウェイ」のジョン・ミルジャン、ポリー・モーラン、J・C・ニュージェント、エドワード・ヌージェント、ウィルバー・マック、ジェームズ・ドンラン、エドワード・プロフィーが出演する。カメラは「肉体の呼ぶ声」「黎明の剣士」のメリッド・B・ガースタットが担任。
  • ブロードウェイ・メロディー

    「アンナ・カレーニナ」「三人の踊子」等の監督者エドモンド・グールディング氏が書下ろしたストーリーに基づきサラー・メーソン女史が撮影基本を作り「踊る娘たち」「本町通り」のハリー・ボーモン氏が監督したもの。主役を演ずるのは「踊る娘たち」「世界に告ぐ」のアニタ・ペイジ嬢と「情焔の曲」「人類の破滅」のベッシー・ラブ嬢とニューヨークミュージカル・コメディーの俳優チャールズ・キング氏の3人で、他にジェッド・プラウティー氏、ケネス・トンプソン氏、エドワード・ディロン氏、メアリー・ドーラン嬢、エディ・ケーン氏が助演している。カメラは「風」「活動役者」のジョン・アーノルド氏が担任。
    80
  • ホリウッド・レビュー

    発声映画創始以来最初の純粋なレビュー映画でメトロ・ゴールウィン・メイヤー社のスターが総出演している。即ちマリオン・デイヴィース嬢、ジョン・ギルバート氏、ノーマ・シアラー嬢、ウィリアム・ヘインズ氏、ジョーン・クローフォード嬢、バスター・キートン氏の6大スターをはじめ、ベシー・ラヴ嬢、チャールズ・キング氏、ライオネル・バリモア氏、アニタ・ペイジ嬢、マリー・ドレッスラー嬢、ガス・エドワード氏、ディーン及びアーサー、アルバーティナ・ラッシュ・バレー団、ナターシャ・ナットーヴァ一座が出演する。全2部に分けられ約20場面のレヴューが演ぜられる。
  • ヘルダミアン

    20世紀を代表する幻想怪奇作家、H.P.ラヴクラフト原作によるモンスターホラー。魔物の伝説が残る館に忍び込んだ大学生のランドルフたちは、屋根裏部屋に潜んでいた魔物に襲われる。彼らは魔道書“ネクロノミコン”に記された忌まわしい伝説を知り…。【スタッフ&キャスト】監督・製作・脚本:ジャン=ポール・ウーレット 原作:H.P.ラヴクラフト 製作・脚本:ディーン・ラムザー 撮影:トム・フレイザー 出演:チャールズ・キング/マーク・キンゼイ・スティーヴンソン/アレクサンドラ・デュレル/ローラ・アルバート
  • 虹を追って

    「ブロードウェイ・メロディー」と同じくベシー・ラヴとチャールズ・キングの共演映画で原作は「女の秘密」「恋多き女」の脚色者ベス・メレディス、それを「嵐」のウェルズ・ルートが脚色し、「ホリウッド・レビュー」「俺は渡り鳥」のチャールズ・F・ライズナーが監督した。助演者は「ホリウッド・レビュー」のジャック・ベニー、「俺は渡り鳥」のジョージ・K・アーサー、ポリー・モーラン、グウェン・リー、ニタ・マルタン、エディ・フィリップス等で、カメラは「グレイト・ガッポ」「海魔」等のアイラ・モーガンが担任。
  • 獅子奮迅

    ユ社得意の西部活劇の一つで、主役はピート・モリソン氏とトリルビー・クラーク嬢である。トム・ギブスン氏が脚色及び監督をしたもの。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?