ジェームズ・P・ホーガン

ジェームズ・P・ホーガンの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 干潮

    「愛国者」「真紅の恋」に出演後英国ゴーモン・ブリティッシュの専属となっているオスカー・ホモルカ、「富豪一代」「愉快なリズム」のフランセス・ファーマーおよび「天使の花園」「夜霧の怪盗」のレイ・ミランドが主演するテクニカラー映画でロバート・ルイ・スチブンソン、ロイド・オスボーン合作の小説に基づいて「偽者紳士」「相寄る魂」のバートラム・ミルハウザーが脚本を書き、「マドリッド最終列車」「夜霧の怪盗」のジェームズ・P・ホーガンが監督に当たり、「パリで逢った男」「セイルムの娘」のレオ・トーバーと「虚栄の市(1935)」のレイ・レナハンとが協力撮影した。助演者は「犯罪王」「ニューヨークの顔役」のロイド・ノーラン、愛国アベイ劇場付きのバリー・フィッツジェラルドを始め、チャールズ・ジューデルス、デイヴィッド・トーレンス、チャールズ・スティーヴンス、リナ・バスケット等の面々である。
  • 命を売る男(1925)

    B・P・シュールバーグ氏の原案によりジョン・グッドリッチ氏が脚色し新進監督ジェームズ・P・ホーガン氏が監督製作したもので、エリオット・デクスター氏、ロバート・エリス氏、ジョージ・ハッカーソン氏、マーガレット・リヴィングストン嬢、クララ・ボウ嬢、メアリー・カー夫人等が競演する。
  • 喧嘩舞踏会

    「愛馬の功名」「地獄極楽」と同じくジェームズ・ピー・ホーガン氏が監督した映画でマーレー及びマック両氏合作の舞台劇を脚色したものである。出演者は「処女時代」「懦夫奮起せば」のカレン・ランディ氏、かつてフート・ギブソン西部活劇に出演したブランシュ・メハフィー嬢、「海浜狂騒曲」のマック・スウェーン氏、チャールズ・マックヒュー氏、アギー・ヘリング嬢等である。
  • 沙漠の黄金

    「血戦騎銃隊」と同じくラリー・バスター・クラブが出演するゼーン・グレイ物で、同様にスチュアート・アンソニーとロバート・ヨーストが脚色し、「マドリッド最終列車」「干潮」のジェームズ・P・ホーガンが監督した。助演は「ハリウッド大通り」のマーシャ・ハント、「麦秋」のトム・キーン、「Gメン」のモント・ブルー、ロバート・カミングス、レイモンド・ハットン等で、撮影は「麗人遁走曲」のジョージ・クレメンスが担当した。
  • 風浪の一夜

    ハリー・ヴァン・ティルザー氏とアーサー・J・ラム氏合作の流行歌「悩める人々の住家」に基づき、フレデリック・ストワース氏が脚色し、本年度プリファード映画監督者の一人に選まれたジェースム・P・ホーガン氏の第二回監督作品で、主役は一時映画界を退いていた前パラマウントのスターなるエセル・クレイトン嬢、「懦夫奮記せば」「漂泊える吾子今宵何処?」等出演のカレン・ランディス氏、「アラビアの恋」「モヒカン族の最後(1920)」等出演のバーバラ・ベッドフォード嬢、「ロビン・フッド(1922)」「怒涛の彼方へ」等出演のサム・ド・グラッス氏等で、その他にもプリシラ・ボナー嬢、フィロ・マッカロー氏、エディ・フィリップス氏等が出演している。
  • 英雄街道

    「荒野の巨人」「強行肉弾隊」と同じくチャールズ・スターレット主演映画で、ジェームス・P・ホーガンのストーリーをフランセス・ガイハンが脚色し、新人フォルマー・ブラクステッドが監督に当たり、「暁の総攻撃」のベンジャミン・H・クラインが撮影したもの。相手は「空のギャング」のロサリンド・キースが演じ、「オペラは踊る」のエドワード・キーン、「札つき女」のベン・ウェルデン、「ミイラの殺人」のアーサー・ストーン、アル・ブリジス等が助演している。
  • マドリッド最終列車

    「ジャングルの女王」「スイング」のドロシー・ラムーア、「写真の殺人」「嵐の戦捷旗」のルー・エイヤース、「あたしは別よ」のギルバート・ローランド、「黎明の丘(1937)」「爆破光線」のカレン・モーリー、「スペイン狂想曲」「再び逢う日」のライオネル・アトウィル、「ロイドの牛乳屋」のヘレン・マック、「麗人遁走曲」のロバート・カミングス、新顔のオランプ・ブラドナ、「スイング」のアンソニー・クイン、「パリで逢った男」のリー・ボウマンが共演する映画で、ポール・ハーヴェイ・フォックスとエルシー・フォックスとが共作したオリジナルを「Gウーマン」のルイス・スティーヴンスとロバート・ワイラーが協力脚色し、「夜霧の怪盗」のジェームズ・P・ホーガンが監督に当たり「医者の日記」のハリー・フィッシュベックが撮影した。
  • 鋼鉄軍曹

    アンカー映画社発売のクレセント映画で「地獄極楽」「燃ゆる復讐」等と同じくジェームズ・P・ホーガン氏が監督したもので、「野球成金」「金髪の歌」のライラ・リー嬢、「野球王」「雨製造者」のウェード・ボトラー氏、「ワイルド・ギース」「そばかす拳闘士」のウェズリー・バリー氏、「大陸大王」「鍍金広小路」のシェルドン・ルイス氏「デニーの薮医者」のホイラー・オークマン氏「燃ゆる青春」のギャレス・ヒューズ氏等が共演する戦争喜劇である。
  • 燃ゆる復讐

    エワート・アダムソン民の書き卸した台本により「救助信号」と同じくジェームズ・P・ホーガン氏が監督し、名犬レインジャーが主演する映画。チャールズ・デラニー氏、ベティ・メイ嬢、「女知事閣下」出演のボリス・カーロフ氏などが助演している。
  • 救助信号

    トム・J・ホプキンス氏の原作によって「愛馬の功名」「地獄極楽」等と同じくジェームズ・P・ホーガン氏が監督したもので、主役は「恋愛講座」「深夜の特急」等出演のエレン・ハンマーシュタイン嬢で、対手役は「カイロの酒場」「女ロビンフッド」等出演のロバート・エリス氏が演じ、ウィリアム・フラニー氏、J・C・ファウラー氏等が助演している。
  • 愛馬の功名

    リート・レニック・ブラウン氏の原作をマリオン・ジャクソン氏が脚色し、「激怒震天」「巨弾霹靂」等と同じくジェームズ・P・ホーガン氏が監督したもので、主役は近来米国で西部劇のスターとしての多大の人気を博している新進のフレッド・トムソン氏で相手役も新進のヘレン・フォスター嬢が勤めハリー・ウッズ氏が共演するほかトムソン氏の愛馬シルバー・キング及び子役のメアリー・ルイズ・ミラー嬢が重要な役割を演じている。
  • 激怒震天

    ジェームズ・ビー・ホーガン氏が原作を書き自ら監督したものでベティー・グレース・ハートフォード女史が脚色の任に当った。主役は「起てよ!戦士」等出演のフランク・メイオ氏と「金色の野に立つ女」等出演のシルヴィア・ブリーマー嬢でフランキー・ダーロ君助演。
  • 夜霧の怪盗

    「天使の花園」「ジャングルの女王」のレイ・ミランドが主役を勤める映画で、H・C・マクニール、ジェラード・フェアリー合作の探偵小説をエドワード・T・ロウが脚色し、「アリゾナ突撃隊」のジェームズ・P・ホーガンが監督に当たり、「平原児」「恋のナポリ」のヴィクター・ミルナーが撮影した。共演者は「さらば海軍兵学校」のサー・ガイ・スタンディング、「男の敵」のヘザー・エンジェル、「平原児」のポーター・ホール、「撮影所の惨劇」のレジナルド・デニー「オペラは踊る」のウォルター・キングスフォード、E・E・クライヴ等の面々である。
  • テキサス人

    「幸福は空から」「結婚の贈物」のジョーン・ベネットと「たくましき男」「浮気名女優」のランドルフ・スコットが主演する映画で、エマーソン・ホウの原作に基づいて「干潮」のバートラム・ミルハウザーが監督者のポール・H・スローン及び「黒の秘密」のウィリアム・W・ヘインズと協力し、「干潮」「夜霧の回答」のジェームズ・P・ホーガンが監督にあたり、「新天地」「たくましき男」のシオドア・スパークールが撮影した。助演は「躍り込み花嫁」のメイ・ロブソン、「膝にバンジョウ」のウォルター・ブレナン、「新天地」のロバート・カミングス、「札つき女」のレイモンド・ハットン、「山の法律」のロバート・バラット、「セイルムの娘」のハーヴェイ・スティーブンス、「虎鮫島脱獄」のフランシス・フォード等である。
  • 蒼空の人

    1920年8月2日の夜墜落惨死した「空中の脅威」の主役オーマー・ロックリアー中尉がその当時撮影していたのはこの映画であった。中尉及び同時に惨死したミルトン・エリオット氏の遺族に対しフォックス社長ウィリアム・フォックス氏はこの映画からの純益の一割を提供すると発表したことは当時発表した通りである。飛行機の宙返り、汽車の上へ飛行機から飛び降り、また反対に汽車から飛行機の縄梯子に飛び移り、あるいは火炎に包まれた飛行機の逆落とし等の妙技が示される。中尉の対手役はウィリアム・ファーナム氏の対手を暫くしていたルイズ・ラヴリー嬢である。その他ユ社映画等で度々紹介されたサム・ド・グラッス氏が悪役をしている。
  • 地獄極楽

    ハーシェル・S・ホール氏作の小説に基づいてエリオット・J・クローソン氏が脚色し、「巨弾霹靂」「命を売る男(1925)」等と同じくジェームズ・P・ホーガン氏が監督したもので主役は「金色の寝床」「女人禁制」等出演のヴェラ・レイノルズ嬢と新進のウィリアム・ボイド氏で、「君が名呼べば」「富に群がる者」等出演のナイジェル・バリー氏を始めウォルター・ロング氏、ベン・ターピン氏、チャールズ・マレイ氏、ホバート・ボスウォース氏、ウィリアム・V・モング氏等が出演している。
  • 巨弾霹靂

    ジョン・モロソ氏の原作によりフランク・ハワード・クラーク氏が脚色し、ジェー ムス・P・ホーガン氏が監督したものである「鉄壁突破」「大敵粉砕」等主演のリチャード・タルマッジ氏が主役で、ベティー・フランシスコ嬢、ブリンスリー・ショウ氏、リーモーラン氏が助演している。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/24

ジェニファー・ロペス(1969)

ハスラーズ

ニューヨーク・マガジンに掲載された記事を原案に、ウォール街を震撼させた驚愕の実話を映画化。ストリップクラブで働くデスティニーとラモーナは、リーマン・ショックの影響で客の入りが激減するなか、薬物を入れた酒を客に飲ませて大金を奪う計画を企てる。出演は、「クレイジー・リッチ!」のコンスタンス・ウー、「PARKER パーカー」のジェニファー・ロペス、「ボーン」シリーズのジュリア・スタイルズ。監督は「エンド・オブ・ザ・ワールド」のローリーン・スカファリア。

PARKER パーカー

ドナルド・E・ウェストレイクの小説『悪党パーカー』の映画化。強盗の復讐劇を描く犯罪アクション。出演は「トランスポーター」のジェイソン・ステイサム、「メイド・イン・マンハッタン」のジェニファー・ロペス。監督は「Ray/レイ」のテイラー・ハックフォード。脚本は「ブラック・スワン」のジョン・マクラフリン。
ガス・ヴァン・サント(1952)

ドント・ウォーリー

ガス・ヴァン・サント監督が風刺漫画家ジョン・キャラハンの半生を映画化。酒浸りのジョンは自動車事故により胸より下が麻痺し車いす生活を余儀なくされる。ますます酒に溺れ荒れる彼だったが、やがて持ち前の辛辣なユーモアを活かして風刺漫画を描き始める。俳優ロビン・ウィリアムズがジョン・キャラハンの自伝『Don't Worry He Won't Get Far on Foot: The Autobiography of Dangerous Man』の映画化権を得ており、当初からガス・ヴァン・サントを監督にと相談を持ち掛けていた。不屈のジョン・キャラハンを「ビューティフル・デイ」のホアキン・フェニックスが演じる。

追憶の森

富士山麓に広がる青木ヶ原樹海を舞台に、ガス・ヴァン・サント監督が豪華スターを迎え紡いだミステリードラマ。死に場所を求めて樹海に入ったアメリカ人男性が、瀕死の男性を助けようと出口を探しさまよう中で、人生を見つめ直していく。絶望の淵に立つアメリカ人男性を「インターステラー」のマシュー・マコノヒーが、妻子の元に戻ろうとする男性を「硫黄島からの手紙」の渡辺謙が、アメリカ人男性の妻を「インポッシブル」のナオミ・ワッツが演じる。第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。

NEW今日命日の映画人 7/24

イーゴリ・タランキン(2010)

セルギー神父

監督作「戦争と平和」で米アカデミー賞最優秀外国語映画賞を獲得、俳優としても活躍したセルゲイ・ボンダルチュクが主演したトルストイ原作の人間ドラマ。婚約者の裏切りを知った近衛士官スチェパン・カサツキーは修道僧になるが、女性地主に誘惑され……。監督は「チャイコフスキー」のイーゴリ・タランキン。2008年、トルストイ生誕180周年記念ロシア名画フェスティバルにて上映(上映タイトル「司祭セルギー(神父セルギー)」)。2020年9月18日より開催のセルゲイ・ボンダルチュク生誕100周年記念特集にて2Kデジタル版が劇場上映される。

チャイコフスキー

ロシアの大地が生んだ偉大な作曲家チャイコフスキーの愛と苦悩を掘りさげる感動の人間ドラマであり、ソビエトのベストメンバーをよりすぐった名演奏による不滅のメロディが奏でられる音楽映画。総指揮・音楽監督を「ハイヌーン」「アラモ」「OK牧場の決闘」のメロディで名高いディミトリ・ティオムキン、監督・脚本はイーゴリ・タランキン、撮影はおそく世界にただ一人の女性撮影監督であろう、マルガリータ・ピリーヒナ、ほかに来日したボリショイ・オペラ、ボリショイ・バレエのメンバー、レニングラード管弦楽団、ボリショイ劇場管弦楽団、至宝ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー等々ソビエト音楽界のベストメンバーが演奏・出演している。出演は「ハムレット(1964)」のインノケンティ・スモクトゥノフスキー、「戦争と平和」のアントニーナ・シュラーノワ、世界バレエ界のプリマ・バレリーナのマイヤ・プリセツカヤ、「戦争と平和」のウラジスラフ・ストルジェリチクなど。カラー、七〇ミリ。