ジョセフ・オーガスト

ジョセフ・オーガストの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 特急二十世紀

    「トパーズ(1933)」「夜間飛行」のジョン・バリモアが主演する映画で「犯罪都市(1931)」「国際盗賊ホテル」を合作したチャールズ・マッカーサーとベン・ヘクトとがチャールズ・ミルホランドの協力を得て書卸した戯曲に基き、マクアーサー、ヘクトが映画用に脚色したものを「暗黒街の顔役(1932)」「今日限りの命」のハワード・ホークスが監督、「青空天国」「十三日の殺人」のジョー・オーガストが撮影した。バリモアの対手役は「ボレロ」「白い肉体」のキャロル・ロムバードを始めとして「青空天国」「或る夜の出来事」のウォルター・コノリー、「ある日曜日の午後」「或る夜の出来事」のロスコー・カーンス、「ケンネル殺人事件」のエチエンヌ・ジラルドオ、ラルフ・フォーブス、デール・フラー、等である。
    80
  • 男の敵

    新興アイルランド文学の第一線に立つライアム・オフラーティーの出世作「密告者」のトーキー化で「肉弾鬼中隊(1934)」を脚色し「戦争と母性」の台詞を書いたダドリー・ニコルズが脚色し「世界は動く」「肉弾鬼中隊(1934)」のジョン・フォードが監督に当たり、「海を嫌う船長」「ますらを」のジョセフ・オーガストが撮影した。主演は「肉弾鬼中隊(1934)」「絢爛たる殺人」のヴィクター・マクラグレンで、「幻の合唱」のヘザー・エンジェル、「苦闘五十年」のプレストン・フォスター、「ソレルとその子」のマーゴット・グラハム、「肉弾鬼中隊(1934)」のウォーレス・フォード、「透明人間」のユーナ・オコナー、ジョセフ・ソーアス、J・M・ケリガン、ドナルド・ミークが助演するほか愛蘭民謡歌手ラリー・バークが特別出演している。
  • 男装

    「小牧師(1934)」「乙女よ嘆くな」につぐキャサリン・ヘプバーン主演映画で、コンプトン・マッケンジー作の小説に基ずいて「幻の合唱」野グラディス・アンガーがジョン・コリアー及びモーティマー・オフナーと協力脚色し、「若草物語(1933)」「孤児ダビド物語」のジョージ・キューカーが監督に当たり、「男の敵」「俺は善人だ」のジョセフ・オーガストが撮影した。助演者は「アメリカの恐怖」「最後の駐屯兵」のケイリー・グランド、「私の行状記」「泉」のブライアン・エイハーン「脱線僧正」のエドモンド・グウェン、欧州映画に出演していたナタリー・ベイリー、映画初出演のデニー・ムーア等である。
  • コレヒドール戦記

    「モガンボ」のジョン・フォードが1945年に海軍に協力して製作監督した海戦映画。ウィリアム・L・ホワイトのベスト・セラー小説を「空の要塞」のフランク・ウィードが脚色した。撮影は「ジェニーの肖像」のジョセフ・オーガスト、音楽はハーバート・ストサートである。出演者は「恋人よ今1度」のロバート・モンゴメリー、「ホンドー」のジョン・ウェイン、「素晴らしき哉、人生!」のドナ・リード、ジャック・ホルト、ウォード・ボンド、マーシャル・トンプソン、ポール・ラングトンなど。
    70
  • ジェニーの肖像

    「レベッカ」のデイヴィッド・O・セルズニック製作になる1947年度作品で、ロバート・ネイザン(「気まぐれ天使」)の同名の小説からレオナルド・バーコヴィッチ(気まぐれ天使)が潤色、「仔鹿物語」のポール・オスボーンがピーター・バーニースと協同で脚色し、「欲望の砂漠」のウィリアム・ディーターレが監督した。撮影は「悪魔の金」のジョセフ・オーガスト、音楽は「西部の男」のディミトリ・ティオムキンで、ドビュッシイの曲を使用している。「ガス燈」のジョセフ・コットン、「聖処女」のジェニファー・ジョーンズをめぐって、「ミネソタの娘」のエセル・バリモア「奥様は魔女」のセシル・ケラウェイ、往年のスター、リリアン・ギッシュが出演する。なお本作品は幻想的雰囲気を強調するため、さまざまな特殊技巧を使用しているので評判となっている。
  • 河上の別荘

    舞台から来たスペンサー・トレイシーと「曠野に叫ぶ(1930)」「最後の一人」のウォーレン・ハイマーの共演映画でモーリン・ワトキンスが原作、脚色並びに台詞を付し、「最後の一人」「最敬礼」のジョン・フォードが監督し、「最後の一人」「名物三羽鳥」のジョセフ・オーガストが撮影した。助演者は舞台出のハンフリー・ボガート、クレア・ルース、シャロン・リン、ノール・フランシス、ウィリアム・コリアー・シニアなどである。
  • 田舎娘

    「水陸競争楽」に主演したマージョリー・ビーブ嬢の主演する映画で、ルー・アレスロウ氏とヘンリー・ジョンソン氏との合作したストーリーを、ギルバート・プラット氏が脚色し、それによって古くはヴァイタグラフの喜劇の監督をしていたノーマン・タウログ氏が監督したものである。ビーブ嬢の相手役は「出世水兵」「痛ましの親心」主演のリンカーン・ステッドマン氏で、その他「親爺若返る」のアーサー・ストーン氏や喜劇でお馴染みのジミー・アダムス氏、等が助演として出演する。
  • 大海の底

    「曠野に叫ぶ(1930)」「海の復讐」のジョージ・オブライエンが主演する映画で、ジェームズ・パーカーの原作を「最後の一人」のダドリー・ニコルズが脚色し、台詞を付し、「河上の別荘」「最後の一人」のジョン・フォードが監督し、「河上の別荘」「哄笑の世界」のジョセフ・オーガストが撮影した。助演者は舞台から来たマリオン・レッシング、「河上の別荘」のウォーレン・ハイマー、「哄笑の世界」「アリゾナ怪盗異聞」のモナ・マリス、ウォルター・C・ケリー、「曠野に叫ぶ(1930)」のウォルター・マッグレイル、「屠殺者」のゲイロード・ペンドルトン、ウィリアム・コリアー・Sr.ナット・ベンドルトン、ラリー・ケント、ヘンリー・ヴィクター、ジョン・ローダー、フランシス・フォードなどの顔ぶれである。
  • 俺は善人だ

    「笑う巨人」「吾れは愛せり」のエドワード・G・ロビンソンが2役を勤めて主演するギャングスター・コメディーで「世界は動く」「肉弾鬼中隊(1934)」のジョン・フォードが監督に当たったもの。原作はW・R・バーネットが書き下ろし「或る夜の出来事」「カーニバル」のロバート・リスキンと「青空天国」「恩讐」のジョー・スワーリングが協力して脚色した。キャメラは「青空天国」「海を嫌う船長」のフォゼフ・オーガストが受け持った。相手役は「町内大人気」「珍暗黒街」のジーン・アーサーで、「青空天国」のアーサー・ホール、「肉弾鬼中隊(1934)」のウォーレス・フォード、「地獄の市長」のアーサー・バイロン、エチエンヌ・ジラルド、ポール・ハーヴェイ等が助演している。
  • 人生の関所

    ウィリアム・S・ハート独立後第1回に発表したパラマウント映画で、原作は氏自身、およびランバート・ヒルヤーの合作。S・ハートのために「鉄血サンダースン」「黄金の檻」「侠漢と悍馬」そのほか多数原作脚色または監督などの任にあたったヒルヤーが監督したもので、相手役は「奮闘の機会」「新緑の家」など主演のアンナ・Q・ニルソンである。そのほかジャック・リチャードソンの顔も見える。
  • 悪魔の金

    米国の週刊誌サタデー・イブニング・ポストに掲載されたスティーブン・ヴィンセント・ベネットの短篇小説「悪魔とダニエル・ウェブスター」を原作者とダン・トザローが共同で脚色、製作監督にウィリアム・ディーターレが当たった、出演者は、「ダイアモンド・ジム」のエドワード・アーノルドと「ダズワース」のウォルター・ヒューストン、それにフランスからハリウッドに渡ったシモーヌ・シモンと「迷える天使」で既に紹介済のジェームズ・クレイグと名子役から成人して既に母の役を演ずるアン・シャーリー等が出ている。
  • 寡言の男

    ウィル・レイノールズの原作を殆どほかのハート映画のすべてと同じくランバート・ヒルヤーが監督、脚色した。ウィリアム・S・ハートは空前の3役演出を試み、相手としては「タイガー・マン」「我利我利イェーツ」などと同じくジェーン・ノヴァックが出演する。
  • 八点鐘

    「恋をしましょう(1933)」「百万弗小僧」のアン・サザーンが主演する映画で、パーシー・G・マンドリー作の劇をエセル・ヒルとブルース・マニングが共同脚色し、「九番目の客」「ジャングルの怒り」のロイ・ウィリアム・ニールが監督に当たり、「俺は善人だ」「ますらを」のジョセフ・オーガストが撮影した。助演は「相寄る魂」「魔の海底」のラルフ・ベラミー、「俺は善人だ」のアーサー・ホール、「波乗り越えて」のチャーリー・グレイプウィン、「空中レヴュー時代」のフランクリン・バングボーン、「麦の秋」のアディスン・リチャーズ、カトリーヌ・ドゥーセ、ジョン・ダーロウ等である。
  • 有閑夫人

    ミルトン・H・グロッパーの原作をハリー・コーンが脚色し、「空の王者」「大飛行船」のフランク・キャプラが監督したもので、主なる出演者は「大飛行船」「空の王者」のラルフ・グレイヴス、「夜の看護婦」「禁断の華」のバーバラ・スタンウィック、「夜霧の女」「忍びよる心」のジュリエット・コンプトン、「タラック将軍」のローウェル・シャーマン、「運命の兄弟」のマリー・プレヴォー、ナンス・オニール、ジョージ・フォーセットでカメラは「空の王者」のジョーゼフ・オーガストが担任。
  • 十三日の殺人

    「ナイトクラブの女」と同じくサッチャー・コルトを主人公とするアンソニー・アボット原作の探偵映画で、アドルフ・マンジュウが主演し、ローセンマ・スチーヴンスが助演すること、前作と同じである。脚色は「アメリカの暴露」「プラチナ・ブロンド」のジョー・スワーリングで「海底二千尺」のロイ・ウィリアム・ニールが監督した。助演者は「紅唇罪あり」「ジェニイの一生」のドナルド・クック、「レヴュー艦隊」のグレタ・ニッセン、「フランケンシュタイン(1931)」のドワイト・フライ、等で、撮影は「沈黙の証人」「たそがれの女」のジョセフ・オーガストの担任。
  • 大帝の密使(1937)

    「たそがれの維納」「ワルツ合戦」のアドルフ・ウォールブリュクが渡米してアントン・ウォルブルックと改名しての第一回主演映画である。ジュール・ヴェルヌ作の小説に基いて「男装」のモーティマー・オフナーと「女性の反逆」のアンソニー・ヴェイラーが協力して台本を作り、「紅雀」のジョージ・ニコルズ・ジュニアが監督に当たり、「男装」のジョセフ・オーガストが撮影した。助演俳優は「女性の反逆」のエリザベス・アラン、「将軍暁に死す」のエイキム・タミロフ、「三銃士(1935)」のマーゴット・グラハム、舞台に名あるフェイ・ベインター、「目撃者(1936)」のポール・ギルフォイル、「大学の人気者」のエリック・ブローア、「情無用ッ」のエドワード・ブロフィー、ポール・ハーヴェイ、ドリス・ロイドその他である。
  • 沈黙の証人

    ジャック・デ・レオン及びジャック・セレスチン合作の舞台劇を「踊子夫人」のダグラス・デオティが脚色し、フォックス社でフランス版の多くを監督しているマルセル・ヴァーネルがR・H・ハウと協同で監督に当たり、「白銀の翼」「速成成金」のジョセフ・オーガストが撮影した。主役は舞台でこの役勤めたことのある英国の舞台俳優ライオネル・アトウィルで、「龍の娘」「悪魔スヴェンガリ」のプラムウェル・フレッチャー、「各国の女」「大西洋横断」のグレタ・ニッセン、舞台出のウウェルドン・ヘイバーン及びヘレン・マックが主なる主演者である。その他メアリー・フォーブス、ウィンダム・スタンジング、アラン・モウプレイ、ハーバート・マンディン、ビリー・ビーヴァンが助演する。
  • 餓鬼娘

    「河上の別荘」「大海の底」と同じくジョン・フォードが監督する作品で原作はモード・フルトンの筆になる舞台劇、それを「リリオム」のS・N・ベールマンを「我が心の歌(1930)」「リリオム」のソニア・レヴィーンの二人が映画劇に書き改めた。主演者は「天下無敵」「マイク」のサリー・オニールで、舞台出のアラン・ダインハート、「愉快な武士道」「繁昌娘」のフランク・アルバートソン、「河上の別荘」「大海の底」の老ウィリアム・コリヤー、チャップリンに見いだされて「街の灯」に出演したヴァージニア・チェリル、「おしゃれ牧場」のジューン・コリアー、「蹴球大学」のJ・ファーレル・マクドナルド、マーガレット・マンが助演。カメラは「妾は貴方のものなのよ」「速成成金」のジョセフ・オーガストが担当である。
  • 燃え立つ義勇

    フレデリック・ブラッドベリーの原作を、例の通りランバート・ヒルヤー氏脚色および監督したウィリアム・S・ハート劇で、相手は珍しやアン・リットルである。そのほか今ユ社で2巻の活劇シリーズを作っているトム・サンチや、老女優ガートルード・クレアー夫人など出演する。
  • ますらを

    「青空天国」「第三階級」のフランク・ボーゼージが監督製作した映画で、フェレンク・モルナール作の小説に基づいて「青空天国」のジョー・スワーリングが脚色したものである。出演者は紐育のラジオ放送で人気のあるジョージ・ブレイクストン少年で、「家なき少年群」のフランキー・ダーロ少年、「昨日」のジミー・バトラー少年、「トパーズ(1933)」のジャッキー・サール少年、「力と栄光」のラルフ・モーガン「母性」のロイス・ウィルソンのはか少年俳優ドナルド・ヘインズ、ボーディン・アンダースン等が共演している。撮影は「青空天国」「十三日の殺人」のジョセフ・オーガストの担当。
  • 妾は貴方のものなのよ

    「巴里よいとこ」「1930年フォックス・フォリース」のエル・ブレンデルと「女給時代」「巴里よいとこ」のフィフィ・ドルセイとが主演する喜劇で、ジャック・ヘイスが原作脚色し、ニューヨークジーグフェルド・フォリイスの人気者エディ・キャンターが「紐育万華鏡」の脚色者エドウィン・バークと共同して台詞を執筆し、「愛の暴風」「ツェッペリン倫敦襲撃」のジョン・G・ブライストーンが監督し、「河上の別荘」「友愛天国」のウィリアム・コリアー・Sr.ドナルド・ディラウェイ、「娘喜べ水平上陸」「悪に咲く華」のエディ・グリッボン、ルス・ウォーレン、ジョーン・キャッスル、ナット・ペンドルトン等である。
  • ガンガ・ディン

    「踊る騎士」「有頂天時代(1936)」のジョージ・スティーヴンスが製作・監督した大作で「素晴らしき休日」「赤ちゃん教育」のケーリー・グラント、「黄金の夢」「軍使」のヴィクター・マクラグレン及び「生活の悦び」「心の青春」のダグラス・フェアバンクス・ジュニアが主演する。「バーバリー・コースト」「生きているモレア」に協力したベン・ヘクト、チャールズ・マッカーサーのチームがラディヤード・キプリング作の詩を素材としてストーリーを書卸し、「富豪一代」「永遠の戦場」のジョエル・セイヤーが「頓珍漢ミイラ取り」の監督者フレッド・ガイオルと協力脚色したもの。助演者は「踊る騎士」のジョーン・フォンテーン、「失はれた地平線」のサム・ジャッフェ、「目撃者(1936)」のエドワード・チアネーリ、「踊る騎士」のメンタギュ・ラヴ、「響け凱歌」のロバート・クート等である。なおキャメラはジョセフ・オーガストが担当している。
  • 試練台

    「三つの烙印」「燃え立つ義勇」等と同じくウィリアム・S・ハート氏主演のパラマウント映画で、ハート氏自身原作を書き、例によってランバート・ヒルヤー氏の脚色監督である。相手役もハート氏の共演者としてまたユ社映画等でもお馴染みのエヴァ・ノヴァク嬢である。
  • 曠原の哀歌

    ベン・エイムス・ウィリアムスの原作ドティー・ホバートの脚色、ウィリアム・A・ウェルマンの監督で、主役は「死線突破」「巡業の群れ」等出演のチャールズ・ジョーンズで、ベティー・ボウトン、フランク・カンポー、ウィリアム・スコット等が相手役を演じている。
  • 都の汚辱

    ハート氏が牧童姿を棄てゝ流行の服を身に纏い、都大路を騎馬で疾躯するという変った劇で、対手は「快男児」や「イントレランス」で紹介されたシーナ・オウエン嬢である。原作者はハート氏の出演劇の数多くを執筆し、「シヴィリゼーション」の作者として有名なC・ガードナー・サリヴァン氏で、ハート氏自身の監督である。
  • 狂へる銀翼

    「再生の港」「春ひらく(1930)」のチャールズ・ファーレルが主演する映画で、原作はリュウェリン・ヒューズの筆になったもの、それを「罪は若きにあり」「愉快な武士道」のウィリアム・コンセルマンが脚色し、「曠原の血煙」「大自然の王者」のアルフレッド・ワーカーが監督した。助演者はマッジ・エヴァンス、「罪は若きにあり」「摩天楼の悲劇」のハーディー・オルブライト、「夜霧の女」「街の令嬢」のポール・カヴァナー、ジョン・アーレッジ、クロード・キング、ジョン・セント・ポリス、アルバート・コンティなどで、カメラは「速成成金」「妾は貴方のものなのよ」のジョセフ・オーガストが担任。
  • 豪傑ダン

    フレデリック・ハットン及びファニー・ハットンの共作になり、ウィリアム・A・ウェルマンが監督「死線突破」「巡業の群れ」等と同じくチャールズ・ジョーンズが主演したもの。対手役はマリアン・ニクソン。
  • 我れ若し王者なりせば

    15世紀のフランス詩人フランソワ・ヴイロンのロマンチックな生涯を映画化したもので、パウル・ベルン氏が脚色し、「風薫る島」「女性の敵」等と同じくアラン・クロスランド氏が監督した。主役は「海の野獣」「ボー・ブラムメル」等出演のジョン・バリモア氏が演じ相手女優は「株屋町の突実男」出演のマーセリン・デイ嬢が抜擢されて勤め、「芸術家気質」「カリガリ博士」等出演のコンラッド・ファイト氏、「第四の戒律」出演のヘンリイ・ヴイクター氏が共演するほか、ローソン・バット氏、ルシイー・ボーモン嬢、マック・スウエイン氏、スリム・サマーヴィル氏等が助演している。
  • 乗馬警官隊のオマレイ

    ハート氏が独立後の作品で、例によってハート氏の自作、ランバート・ヒルヤー氏の脚色及び監督になったもの。今度は珍しくカナダの乗馬警官隊の物語である。『全体としての筋は決して新味あるものとは言えないが、ハート氏の原作には興味をそそる充分の小事件が織りこまれており、殊に義務と愛とに心を悩ます主人公の性格描写が例によって美事なので、豊かな興味を味わうことができる。』とニュース誌は褒めている。対手は以前の対手ジェーン・ノヴァックの妹で、今ユ社のスターである。
  • 起てよ!戦士

    ジュールス・ファースマン氏の原作チャールズ・バンクス氏の脚色を「アラビア酋長」「聖者エルモ」等と同じくジェローム・ストーム氏が監督したもので、主役は、上記2映画出演のジョン・ギルバート氏。相手役は「巌窟王(1922)」「或る愚者有りき」等出演のエステル・テイラー嬢で、ジョージ・シーグマン氏も出演する。1800年時代のカルフォルニアを背景としたロマンスである。
  • 月光瞑想曲

    「水曜日の恋」「原始人」のエリッサ・ランディが出演する映画で、相手役は「ニューヨーク・ハリウッド」「鏡の前の接吻」のフランク・モーガンと「ショウボート(1929)」「薫る河風」のジョセフ・シルドクラウトが勤める。原作はS・K・ローレンで「青空天国」「魔の海底」のジョー・スワーリングが脚色し「恋をしましょう(1933)」のデイヴィッド・バートンが監督し「青空天国」「十三日の殺人」のジョセフ・オーガストが撮影した。助演者は「明日の太陽」のドリス・ロイド、「419号室の女」のシャーリー・グレイ、「時計は踊る」のクララ・プランディック、サミュエル・S・ハインズ、ヘンリー・コルカー等である。
  • 恋愛受難

    「生娘二人入り用」と同じくアルフレッド・E・グリーン氏の監督作品出ある。原作はジャック・ベシア氏で、それをフィリップ・クライン氏が映画用に改作したものから、グレアム・ベイカー氏が脚本の筆を執った。主役は「サンライズ」「タイタニック」出演のジョージ・オプライエン氏と「女ラッフルズ」「ドン・ファン(1926)」出演のエステル・テイラー嬢との二人で、それを助けて「幽霊船」「3悪人」のトム・サンチ氏、「暴力団(1928)」のサム・ド・グラッス氏、「バラウー」のリーラ・ハイアムス嬢等が出演している。
  • スタアと殺人鬼

    「世界の歌姫」「バーレスクの王様」のジャック・オーキーと「青春万歳「空中散歩」のアン・サザーンが主演する映画で、ハリー・セゴール作の舞台喜劇を「大学の人気者」のアーネスト・パガノと「鋪道の雨」のガートルード・パーセルが協力脚色、「海の巨人(1937)」「薔薇色遊覧船」のベン・ストロフが監督に当たり、「男装」のジョセフ・オーガストが撮影した。助演者は「目撃者(1936)」「札つき女」のエドワード・チアネーリ、新顔のアラン・ブルース、「風雲児アドバース」のジョーン・ウッドベリー、エドガー・ケネディ、ブラッドリー・ペイジ等である。
  • 速成成金

    「地獄の一丁目」の原作を書いたローランド・ブラウンが監督した処女作品で、ブラウンはコートネー・ターレットと共同して原作脚色し、さらに出演俳優ジョン・レイと3人で台詞を書いたもの。主役は「河上の別荘」「爆笑世界行脚」のスペンサー・トレイシーで、「ビッグ・トレイル(1930)」「拳銃の洗礼」のマーゲリット・チャーチル、「キートンの決死隊」「恋愛指南番」のササリー・アイラース、「愉快な武士道」「河上の別荘」のロバート・バーンズ、「紐青の囁き」「西部戦線異常なし」のジョン・レイ、ワーナー・リッチモンド、ジョージ・ラフト等が助演している。カメラは「妾は貴方のものなのよ」「河上の別荘」のジョセフ・オーガストがクランクした。
  • 娘青春裏表

    「水陸狂走楽」「離婚結婚」と同じくジェームズ・ティンリング氏の監督作品で、「愛に飢えて」「宣伝地獄」のロイス・モーラン嬢が主演する映画。フィリップ・クライン氏とシドニー・ランフィールド氏とが合作した物語をランドール・H・フェイ氏が改作脚色したものである。モーラン嬢の対手役は「娘十八コーラス時代」「近代恋愛ごっこ」のニール・ハミルトン氏で、そのほか「勇肌美人女給」のヘンリー・コルカー氏、クレア・マクドウェル嬢も出演している。
  • 侠漢と悍馬

    ウィリアム・エス・ハートがインスの元を去ってからの作品でラッセル・ボッグスの原作を、ランバート・ヒルヤーが脚色監督したもの、相手役は前セネット喜劇の花形メアリー・サーマンである。
  • 黒時計連隊

    「名物三羽烏」「血涙の志士」と同じくジョン・フォード氏が監督したヴィクター・マクラグレン氏主演映画で、タルポット・マンディ氏原作の物語を「港々の女難想」「青春万歳(1928)」のジョン・ストーン氏が脚色した。撮影は「名物三羽烏」「美人国二人行脚」のジョセフ・オーガスト氏が担任している。助演俳優は「太平洋横断」「純情無敵」のマーナ・ローイ嬢、「青春万歳(1928)」「モダーン三銃士」のデイヴィッド・ローリンス氏を始め、「娘乱暴記」のラムズデン・ヘーア氏、「メリー・ウイドー(1925)」のロイ・ダルシー氏、「闇を行く」のミッチェル・ルイス氏、「カヴァリヤ」のデイヴィッド・トーレンス氏等である。
  • 人道の為に

    ジェー・ジー・ホウクス氏原作、ウィリアム・S・ハート氏監督及主演の西部劇で、対手は「都の汚辱」と同じくシーナ・オウエン嬢である。
  • 紅蘭

    「ボレロ」「白い肉体」のキャロル・ロンバードが主演する映画で、「ブルースを唄う女」と同じくグレイス・パーキンスが書いた物語を「名門芸術」「女は真っ平(1931)」のガートルード・パーセルが脚色し、「女性暴君」のウォルター・ラングが監督にあたり、「青空天国」「十三日の殺人」のジョセフ・オーガストが撮影している。助演者は「女性二重奏」「男の一生」のライル・タルボット、「青空天国」「戦時特派員」のウォルター・コノリー、「ナイトクラブの女」「十三日の殺人」のルーセルマ・スティーヴンス、「カイロの一夜」「ホワイト・シスター(1933)」のルイズ・クロッサー・ヘイル、「秘密」「豪華船」のC・オーブリー・スミス、「肉の蝋人形(1933)」のアレン・ヴィンセント等である。
  • 男性の王者

    「戦時特派員」「恩讐」のジャック・ホルトが主演する映画で、チェスター・アースキンとユージーン・ソロウの原作を、「風雲の支那」のエドワード・E・パラモア・ジュニアと「鷲と鷹(1933)」のシートン・I・ミラーが共同脚色死、西部劇監督として名のあるランバート・ヒルヤーが監督に当たり、「青空天国」のジョー・オーガストが撮影した。助演は「バワリイ」「魔の海底」のフェイ・レイ、「青空天国」「戦時特派員」のウォルター・コノリー、「ジェニイの一生」のデオドル・フォン・エルツ、「アフリカは笑ふ」のバートン・チャーチルの面面である。
  • 仮出獄の女

    「進めオリンピック」「女は真っ平(1931)」のエドワード・クラインが監督に当たった映画で、ノーマン・クラスナが原作脚色したもの。主役は「待ちかねる処女」「夜の世界」のメイ・クラークと「たそがれの女」「大空の闘士」のラルフ・ベラミーが勤め、「ミス・ダイナマイト」「生の創め」のヘール・ハミルトン、「マデロンの悲劇」「怒号する天地(1932)」のマリー・プレヴォー、「暴君ネロ(1932)」「グランド・ホテル」のフェルディナンド・ゴットシャルク等が助演している。撮影は「沈黙の証人」「西部無敵王」のジョセフ・H・オーガストが担当。
  • ジョン・ペティコーツ

    最近「3字の烙印」「燃え立つ義勇」などの最近作品の封切られたウィリアム・S・ハート主演、例によってC・ガードナー・サリヴァン原作、ランバート・ヒルヤー監督の19年度のパラマウント映画である。相手役は今はハート夫人たるウィニフレッド・ウェストーヴァー。
  • 離婚結婚(1928)

    「水陸狂走楽」と同じくマッジ・ベラミー嬢が主演し、ジェームズ・ティンリング氏が監督した映画で、原作はグレイス・マック女史の手になり、それをジェームズ・ケイ・マクギインネス氏が改作したものから、フランセス・エイニュー女史が脚色の筆を執ったものである。ベラミー嬢の相手役は新進ジョン・マック・ブラウン氏で、そのほかメアリー・ダンカン嬢、ヘンリー・コルカーー氏、ジョイス・コンプトン嬢などが出演する。
  • 断腸の笛

    ウィリアム・S・ハート氏主演のパ社映画で、メイ・ウィルモス女史及びオリーン・ナイマン女史の合作を例の通りランバート・ヒルヤー氏が脚色監督したものである。マートル・ステッドマン嬢フランク・ブラウンリー氏等が出演している。
  • 西部無敵王

    「曠原の伊達男」「渓谷の狼児」のジョージ・オブライエンが主演する西部劇。新監督のデイヴィッド・ハワードが監督したものでスチュアート・エドワード・ホワイトの原作をアル・コーンが脚色して台詞をつけた。撮影には「速成成金」「狂へる銀翼」のジョセフ・オーガストが当たった。助演者は新進のセシリア・パーカー、「アメリカの悲劇」のチャールズ・ミドルトン、フォーレスター・ハーヴェイ、チャールズ・スティーヴ、ノーブル・ジョンソン等である。
  • 青空天国

    「戦場よさらば」「秘密」を物したフランク・ボーゼージのコロンビア入社第1回監督作品で、ローレンス・ハザードの短編小説を「アメリカの暴露」「戦時特派員」のジョー・スワーリングが脚色したもの。主演者は「春なき二万年」「金髪乱れて」のスペンサー・トレイシーと「ブタペストの動物園」「真夜中の処女」のローレッタ・ヤングで、「一日だけの淑女」「戦時特派員」のウォルター・コノリー、「女性暴君」「絶対の秘密」のマージョリー・ランボー、「一日だけの淑女」「女性二重奏」のグレンダ・ファレル、「獣人島」のアーサー・ホール等が助演している。撮影は「十三日の殺人」「沈黙の鐙人」のジョセフ・オーガストの担当である。
  • 最敬礼

    「黒時計連隊」「名物三羽烏」と同じくジョン・フォード氏の監督作品で「河(1928)」「クリスティナ」の原作者トリストラム・タッパー氏とジョン・ストーン氏の筆になったストリーからジェームズ・ケヴィン・マッギネス氏が脚色したもの。主役を演ずるのは「朦朧術」「輝く天国」のジョージ・オブライエン氏と「コケット」のウィリアム・ジャニイ氏でほかに「悲恋の楽聖」のヘレン・チャンドラー嬢、フランク・アルバートソン氏、ジョイス・コンプトン嬢、ステピン・フェチット氏、デーヴィット・バトラー氏等が出演している。キャメラは「黒時計連隊」「名物三羽烏」のジョーゼル・オーガスト氏が担任。
  • チャーリー・チャンの機会

    「怪探偵張氏」「黒い駱駝」と同様アール・デア・ビブース作のチャーリー・チャン物語を映画化したもので主演者も同じくリーナー・オーランド。脚色者もバリー・コナーズ、フィリップ・クラインで前作と同じ。監督だけが「愛の暴風」のジョン・ブライストン。助演者はアレクサンダー・カークランド、H・B・ワーナー、マリアン・ニクソン、等で、カメラは「餓鬼娘」のジョセフ・オーガストが担当。
  • 海を嫌う船長

    「犯罪都市(1931)」「雨」「風来坊」のルイス・マイルストーンが監督した作品で「火の翼」の脚色者で大衆作家のウォーレス・スミスが自作の小説を自ら脚色したもの。出演者の主なるものは「肉弾鬼中隊(1934)」のヴィクター・マクラグレン、「クリスチナ女王」「街の伊達男」のジョン・ギルバート、「その夜の真心」のヘレン・ヴィンソン、「銀鼠流線型」のアリスン・スキップワース、舞台から映画入りしたフレッド・キーティング、「或る夜の出来事」のウォルター・コノリー、「不思議の国のアリス(1933)」のレオン・エロール、「彼女の用心棒」のウィン・ギブソン、「雨」のウォルター・カトレット、「恋をしましょう(1933)」のタラ・ビレル等である。撮影は「ますらを」「青空天国」のジョセフ・オーガストの担当である。
  • 美人国二人行脚

    ドナルド・マッギブニー氏作の物語をジェームズ・T・オドノヒュー氏とウォーレス・スミス氏とが脚色し、「特等鋼鉄人形」「裏表七人組」等と同じくルイス・マイルストーン氏が監督したバーレスクで、主役は「ヴォルガの舟唄」「昨日への道」等出演のウィリアム・ポイド氏が演じ、「ドン・ファン(1926)」「決死隊」等出演のメアリー・アスター嬢と「霧の中の顔」「我が懐かしの紐育」等出演のルイス・ウォルハイム氏とが共演し、アイアン・キース氏、ミカエル・ヴァヴィッチ氏等が助演している。
  • 夜の囁き

    「生娘二人入用」「恋愛受難」と同じくアルフレッド・イー・グリーン氏の監督作品で、「近代恋愛ごっこ」「猿は語る」と同じくオリーヴ・ポーデン嬢の主演するものである。原作はアーサー・ソマース・トーチ氏の小説でそれをフィリップ・クライン氏が潤色したものにより、マリオン・オース女史が脚色の筆を執った。ポーデン嬢の相手役は「イット」「明眸罪あり」のアントニオ・モレノ氏で、そのほか「愛はひとすじ」のベン・バード氏やドリス・ロイド嬢、コーネリアス・キーフ氏、等も主演している。
  • 名物三羽烏

    「大河の奇賊」「港々の女難想」と同じくヴィクター・マクラグレン氏の主演する映画で、フレデリック・ハズリット・ブレナン氏の原作により「赤毛布恋の渦巻」「四人の息子(1928)」と同じくジョン・フォード氏が監督したものである。マクラグレン氏の相手役は「ダニューブの漣」のリートリス・ジョーイ嬢が演じているが、そのほかに「港々の女難想」のクライド・クック氏、「赤毛布恋の渦巻」のJ・ファーレル・マクドナルド氏、近頃ではフートギブスンの活に携っている古い喜劇俳優のスリム・サマービル氏、等も出演している。キャメラは「無実の罪」「田舎娘」と同じくジョセフ・オーガスト氏。
  • 最後の一人 潜航艇哀話

    「最敬礼」「黒時計連隊」と同じくジョン・フォード氏の作品で同氏およびジェームズ・ケヴィン・マッギネス氏が共同でストーリーを組立てダドリー・ニコルズ氏が脚色及び台詞をつけ「娘青春裏表」「名物三羽烏」のジョセフ・オーガスト氏が撮影した。主演者は「俄か海賊」に出演したことのある舞台俳優のケネス・マッケンナ氏で「踊るカレッジ」「最敬礼」のフランク・アルバートソン氏、「ハバナから来た女」「紐育万華鏡」のポール・ペイジ氏、「ロマンスの河」「女秘聞」のウォルター・マッグレイル氏、ウォーレン・ハイマー氏、J・ファーレル・マクドナルド氏、スチュアート・アーウィン氏その他が共演している。
  • 古代の船人

    18世紀の英国詩人サミュエル・テイラー・コールリッジ作の詩を挿入して「ダンテ地獄篇」式に現代物語を付加した映画で、古代篇はブラッドリー・キング女史が脚色し「ダンテ地獄篇」「虚栄地獄」等と同じくヘンリー・オットー氏が監督し、現代篇はイヴ・アンセル女史が執筆し「子守唄(1924)」「離婚」等と同じくチェスター・ベネット氏が監督した。古代篇には「愚者」出演のポール・パンザー氏及びグラディス・ブロックウェル嬢が出演し、現代篇は「サンディー」出演のレスリー・フェントン氏、「昇天の意気」出演のクララ・ボウ嬢「パリの裏町」等出演のアール・ウィリアムス氏及びナイジェル・デ・フルリエー氏が出演する。
  • 韋駄天騎手

    マックス・ブランド氏作の西部譚を映画化したもので「勇猛果敢」「飛鳥の如く」等と同じくバク・ジョーンズ氏主演演劇である。脚色者はガートルード・オール女史で新進のオーヴイル・ダル氏が監督した。ジョーンズ氏の対手女優はフォックス社の若手女優グランデイース・マッコネル嬢で、ハーヴエイ・クラーク氏ウォルター・パーシヴァル氏及びハンク・マン氏が助演している。
  • 無花果の葉

    フォックス社の新監督ハワード・ホークス氏が原作を書き、ホープ・ロアリング女史とルイス・ラントン氏とが脚色しホウクス氏が監督したもので、主役は「雪辱の大快戦」「踊り狂う人々」「サンキュー」等出演のジョージ・オプライエン氏と「奮い起つ快男子」「四面六臂の勇」等出演のオリーヴ・ホーデン嬢で、フィリス・ヘイヴァー嬢、アンドレ・ド・ベランジェ氏、チャールズ・コンクリン氏等が助演している。
  • ノートルダムのせむし男(1939)

    かつて映画化されたことのあるヴィクトル・ユーゴー作小説「パリ聖母寺」のトーキー化で、「描かれた人生」「噫無情」のチャールズ・ロートンが主演する。「茶碗の中の嵐」「黄金(1936)」の原作者ブルーノ・フランクが改作し、「シカゴ」「牧童と貴婦人」のソーニャ・レヴィーンが脚色、「科学者の道」「真夏の夜の夢」のウィリアム・ディーターレが監督に当り、「男の敵」「俺は善人だ」のジョセフ・H・オーガストが撮影したもの。助演はロートンが英国から連れて来た新人モーリン・オハラ、映画初主演のニューヨーク劇壇の新進エドモンド・オブライエン及び名優として名高いウォルター・ハムデン、「スタンレー探検記」「虚栄の市(1935)」のサー・セドリック・ハードウィック、「駅馬車(1939)」「ハリケーン(1937)」のトーマス・ミッチェル、「夜は必ず来る」のアラン・マーシャル、「牧童と貴婦人」のハリー・ダヴェンポート、「グレート・ワルツ」のミナ・ゴンベル等である。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 8/6

キャサリン・ヒックス(1951)

乱気流 タービュランス

凶悪犯にハイジャックされたジャンボ・ジェット機を舞台に、スチュワーデスの決死の活躍を描いたパニック・サスペンス。航空パニックものにサイコ・サスペンスの要素を加えた趣向がおもしろい。キビキビした演出を見せた監督は「ジャグラー/ニューヨーク25時」のロバート・バトラー。脚本はジョナサン・ブレット、製作は「ギルティ/罪深き罪」のマーティン・ランソホフと「パーフェクト・ワールド」のディヴィッド・ヴァルデス、製作総指揮はキース・サンプルズ。撮影はロイド・アハーン、音楽はシャーリー・ウォーカー、美術はメイリン・チェン、編集はジョン・ダフィ、衣裳はロバート・ターテュリス、特殊視覚効果と第二班の監督は「アウトブレイク」のマーク・ヴァーゴが担当。主演は「ビューティフル・ガールズ」のローレン・ホリーと「アンフォゲタブル」のレイ・リオッタ。共演は「トゥルーナイト」のベン・クロス、「ザ・ファン」のヘクター・エリゾンドほか。

テンプテーション15才

娘のヴァージンを守ろうとする父親の獅子奮戦ぶりを描くコメディ。製作はスティーブン・ドイッチ、監督は「ミスター・マム」のスタン・ドラゴッティ、脚本はセス・ウィンストンとマイケル・J・ナサンソン、撮影はドナルド・ピーターマン、音楽はアラン・シルヴェストリが担当。出演はトニー・ダンザ、アミー・ドレンツほか。
中田花奈(1994)

あさひなぐ

こざき亜衣による同名漫画をアイドルグループ乃木坂46出演で舞台化&映画化するプロジェクトの映画版。二ツ坂高校なぎなた部に入部した東島旭。圧倒的な強さを誇る先輩・真春ら部員たちと過酷な練習の日々を送るなか、旭はひたむきになぎなたと向き合っていく。主人公の東島旭役には映画初出演にして初主演の西野七瀬、旭の憧れの先輩でなぎなた部のエース・宮路真春役に白石麻衣、ほかに桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華、生田絵梨花ら乃木坂46メンバーが出演。「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の富田望生、「愚行録」の中村倫也、「ちはやふる」の森永悠希、「くちびるに歌を」の角替和枝、「PとJK」の江口のりこが脇を固める。監督・脚本は「ヒロイン失格」の英勉。

デスブログ 劇場版

“そのブログで扱われた人物や国、団体には必ず不幸が訪れる”と噂される都市伝説“デスブログ”を題材にしたホラー。ある女子高生が始めたブログをきっかけに、周囲の人々に不幸が訪れる様子を描く。出演はアイドルグループ“乃木坂46”の中田花奈、「風切羽 かざきりば」の秋月三佳、「ハイキック・エンジェルス」の宮原華音。

NEW今日命日の映画人 8/6

該当する人物がいません