三浦力 ミウラリキ

三浦力の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • リュウセイ

    長野と東京を舞台に、3人の若者たちの心の変化を描く青春ドラマ。「ブリュレ」アソシエイト・プロデューサーの谷健二による初監督作品。脚本は、「ノー・ヴォイス」の佐東みどり。出演は、「クローズZERO」シリーズの遠藤要、ドラマ『仮面ライダーカブト』の佐藤祐基、ドラマ『特命戦隊ゴーバスターズ』の馬場良馬。2013年11月16日より、長野県・シネマライツ8、長野千石劇場にて先行公開。2014年2月15日より全国公開された。
  • 疾風・虹丸組

    桑原真也の同名ヤンキー漫画を実写映画化したアクション。伝説の遺産“インフィニティ・ゴールド”を巡り、名うての不良たちが抗争を繰り返す関東有数の危険都市・ナラシナ市を舞台に、堅い絆で結ばれた男たちの戦いと友情のドラマが繰り広げられる。出演は「映画 桜蘭高校ホスト部」の高木万平、「悪の教典」の竹内寿。
  • 桜並木の満開の下に

    東日本大震災後の茨城県日立市を舞台に、新婚早々最愛の夫を事故で亡くした妻の心の動きを描いたラブストーリー。監督はドキュメンタリーやロードムービーなど幅広く手がける舩橋淳。「BIG RIVER」「谷中暮色」「フタバから遠く離れて」に続き、本作もベルリン国際映画祭にて上映された。夫を亡くし悲しみに暮れるが事故を引き起こした工員に次第に心動かされて行く妻を「東京プレイボーイクラブ」の臼田あさ美が、ひたむきに許しを乞う工員に「あなたへ」の三浦貴大が演じている。ほか、「東京公園」の高橋洋、「女優霊」の柳憂怜、「かぞくのくに」の諏訪太朗らが出演。日本さくら名所100選に入った日立市平和通りの桜が主人公の心模様を彩る。
  • 宇宙刑事ギャバン THE MOVIE

    1982年に放送されて人気を呼んだ特撮ヒーロー『宇宙刑事ギャバン』。誕生から30年を経て、単独主役の新作劇場版が登場。初代ギャバンと新ギャバンが協力して宇宙犯罪組織マクー残党の野望に立ち向かう。宇宙刑事シャリバン、シャイダーとの共演にも注目。出演は「十三人の刺客」の石垣佑磨、「キル・ビル」の大場健二。
    60
  • 映画版 ふたりエッチ

    克・亜樹の同名マンガを実写映画化。性体験がないままお見合い結婚した夫婦が本当の夫婦を目指し、エッチのステップアップをめざす姿を描くラブコメディ。出演は、「くノ一忍法帖 影の月」の森下悠里、「華鬼」シリーズの三浦力、ドラマ『闇金ウシジマくん』の横山美雪。監督は、「クジラ 極道の食卓」の横山一洋。
    80
  • イエローキッド

    短編映画でキャリアを積んできた真利子哲也監督が、東京藝術大学大学院映像研究学科の修了制作として作り上げた作品。ボクサー志望の青年と人気漫画家の2人を中心に、現実と妄想が交錯するドラマが展開。出演は「クローズZERO II」の遠藤要、「すべては海になる」の岩瀬亮、「美代子阿佐ヶ谷気分」の町田マリー。HD作品。
  • 華鬼 第三部 響×桃子編

    梨沙の人気PC小説『華鬼』を映画化。“鬼”と呼ばれる一族の運命的な愛を描く伝奇ラブ・ストーリー。監督は、「カラスコライダー」の寺内康太郎。出演は、「ビートロック☆ラブ」の荒木宏文、テレビ『炎神戦隊ゴーオンジャー』の逢沢りな、舞台『ミュージカル テニスの王子様』の細貝圭、「呪怨 黒い少女」の加護亜依。
  • 華鬼 第二部 麗二×もえぎ編

    梨沙の人気PC小説『華鬼』を映画化。“鬼”と呼ばれる一族の運命的な愛を描く伝奇ラブ・ストーリー。監督は、「カラスコライダー」の寺内康太郎。出演は、「ビートロック☆ラブ」の荒木宏文、テレビ『炎神戦隊ゴーオンジャー』の逢沢りな、舞台『ミュージカル テニスの王子様』の細貝圭、「呪怨 黒い少女」の加護亜依。
  • 華鬼 第一部 華鬼×神無編

    梨沙の人気PC小説『華鬼』を映画化。“鬼”と呼ばれる一族の運命的な愛を描く伝奇ラブ・ストーリー。監督は、「カラスコライダー」の寺内康太郎。出演は、「ビートロック☆ラブ」の荒木宏文、テレビ『炎神戦隊ゴーオンジャー』の逢沢りな、舞台『ミュージカル テニスの王子様』の細貝圭、「呪怨 黒い少女」の加護亜依。
  • 新春スーパー戦隊祭 劇場版「炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー」

    TVでは見ることのできない新旧スーパー戦隊の夢の共演で人気の“スーパー戦隊Vシネマ”シリーズ第15弾を劇場公開。2008年放送の炎神戦隊ゴーオンジャーと、前年放送の獣拳戦隊ゲキレンジャーが協力して悪に立ち向かう。出演は『花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス』の古原靖久、「テニスの王子様」の鈴木裕樹。
    90
  • 獣拳戦隊ゲキレンジャーVSボウケンジャー

    「戦隊VSシリーズ」第14弾。究極の力を狙う宇宙拳法の使い手・パチャカマック12世に、修業を続けるゲキレンジャーとボウケンスピリッツあふれるボウケンジャーをはじめ、総勢11人の戦士たちが協力して立ち向かう。オリジナルロボの登場も見どころ。【スタッフ&キャスト】監督:竹本昇 脚本:荒川稔久 出演:鈴木裕樹/福井未菜/高木万平/三浦力/聡太郎/荒木宏文
    80



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/23

ジャンヌ・モロー(1928)

天使の入江

人生に潜む冷淡で皮肉な側面を見つめたジャック・ドゥミ監督の長編第2作。パリで銀行員として働くジャンは、初めて訪れたカジノで大金を得る。以来、ギャンブルに取り憑かれた彼は、ブロンド女性・ジャッキーと意気投合し、共にのめり込んでいく。WOWOWにて放映後、アンスティチュ・フランセ東京で開催された特集企画『ジャック・ドゥミ、映画の夢』にて上映(上映日:2014年9月20日)。2017年7月22日より特集企画『ドゥミとヴァルダ、幸福についての5つの物語』にて劇場上映。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・台詞:ジャック・ドゥミ 撮影:ジャン・ラビエ 音楽:ミシェル・ルグラン 編集:アンヌ=マリー・コトレ 出演:ジャンヌ・モロー/クロード・マン/アンリ・ナシエ/ポール・ゲール

家族の灯り

ポルトガルの作家ラウル・ブランダンの戯曲を基に「ブロンド少女は過激に美しく」のマノエル・デ・オリヴェイラ監督が映画化。小さな港町を舞台に、失踪した息子の帰りを待ちわびる父と母、妻の姿を描く。出演は「楽園からの旅人」のマイケル・ロンズデール、「ブーベの恋人」のクラウディア・カルディナーレ、「突然炎のごとく」のジャンヌ・モロー、「永遠の語らい」のレオノール・シルヴェイラ、「ブロンド少女は過激に美しく」のリカルド・トレパ、「ノン、あるいは支配の空しい栄光」のルイス・ミゲル・シントラ。
小日向文世(1954)

コンフィデンスマンJP 英雄編

『リーガルハイ』シリーズの古沢良太が脚本を手掛け、長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が出演したTVドラマの劇場版第3弾。マルタ島を舞台に伝説の詐欺師の称号をかけ勝負を始めるダー子、ボクちゃん、リチャード。そこにインターポールの捜査の手が迫る。出演は、「不灯港」の小手伸也、「罪の声」の松重豊、「劇場版 ルパンの娘」の瀬戸康史。監督は、前2作に引き続き田中亮が担当。

マスカレード・ナイト

「マスカレード・ホテル」から続き、東野圭吾のミステリーを主演・木村拓哉、監督・鈴木雅之で映画化。ホテル・コルテシア東京での捜査から2年。大晦日の仮装パーティーに殺人犯が現れるという密告状が届き、新田は再びホテルマンの山岸と組み潜入捜査する。前作から続き破天荒な刑事・新田浩介を木村拓哉が、優秀だけど生真面目なホテルマンの山岸尚美を長澤まさみが演じるほか、豪華キャスト陣が揃う。

NEW今日命日の映画人 1/23

該当する人物がいません