レナ・ヘディ レナ・ヘディ

レナ・ヘディの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • スティーラーズ(2021)

    チャールズ・ディケンズの小説『オリヴァー・ツイスト』を現代風にアレンジして映画化。街中の壁にグラフィティを描くことが生きがいのオリヴァーは、ある日、身寄りの無い者たちと暮らす老人と知り合う。だが、彼らの生業は犯罪者たちから盗みを働くことだった。出演は「レポゼッション・メン」のラフ・ロウ、「ジーサンズ はじめての強盗」のマイケル・ケイン、「ファイティング・ファミリー」のレナ・ヘディ。監督は「キラーズ・セッション」のマーティン・オーウェン。新宿シネマカリテで開催される「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2021」にて上映。
  • ファイティング・ファミリー

    WWEの女性プロレスラー、ペイジの実話に基づくドラマ。イギリス北部ノーウィッチでレスリング・ジムを営むナイト一家の兄妹ザックとサラヤは、WWEのトライアウトに参加する。そこで妹のサラヤだけが次のステージへと進み、一人でフロリダへ行くことに。出演は、「トレイン・ミッション」のフローレンス・ピュー、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のレナ・ヘディ、「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」のニック・フロスト、「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」のジャック・ロウデン、「ロスト・ワールド ジュラシック・パーク」のヴィンス・ヴォーン。また、製作を務めた「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソンが本人役で出演している。監督・脚本は、ドラマ『The Office』を手掛け、本作が劇場用長編第1作目となるスティーヴン・マーチャント。
    83
    • 笑える
    • スカッとする
  • 高慢と偏見とゾンビ

    ジェーン・オースティンの古典『高慢と偏見』のパロディ小説を映画化。感染するとゾンビになるウィルスが蔓延する18世紀のイギリス。ベネット家の5人姉妹は日々ゾンビと戦っていた。そんなある日、資産家のビングリーと大富豪のダーシーが隣に越してくる。出演は、「シンデレラ」のリリー・ジェームズ、「マレフィセント」のサム・ライリー、「アメリカン・ハッスル」のジャック・ヒューストン、「Re:LIFE リライフ」のベラ・ヒースコート、「ライオット・クラブ」のダグラス・ブース。監督・脚本は、「きみがくれた未来 」のバー・スティアーズ。
    70
  • ZIPPER/ジッパー エリートが堕ちた罠

    「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキー監督が製作総指揮を務めるスリラー。将来を嘱望されながら性欲に負け堕ちていく検事を「インシディアス」シリーズのパトリック・ウィルソンが演じる。日本ではWOWOWで初公開された。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。
  • パージ

    1年に一晩だけ殺人を含むすべての犯罪が合法になる法律“パージ法”が存在する世界を舞台にしたエクストリーム・スリラー。殺人のターゲットの男を匿ってしまった家族の運命を描く。監督・脚本は、「アサルト13 要塞警察」脚本のジェームズ・デモナコ。出演は、「6才のボクが、大人になるまで。」のイーサン・ホーク。
    50
  • 300 スリーハンドレッド 帝国の進撃

    100万の兵を率いるペルシャ軍にたった300人で立ち向かったスパルタ王の戦いを描いた「300<スリーハンドレッド>」の続編。フランク・ミラーのグラフィック・ノベル『Xerxes』をもとに、ペルシャ軍とギリシャ集結を目論む将軍テミストクレスとの大海戦を、実写とCGを融合させて描く。監督は「賢く生きる恋のレシピ」(未)のノーム・ムーロ。前作の監督ザック・スナイダーも製作・脚本に参加。ギリシャ兵を率いるテミストクレスを「L.A.ギャング ストーリー」のサリヴァン・ステイプルトンが、復讐心を燃やすペルシャ海軍女指揮官アルテミシアを「ダーク・シャドウ」のエヴァ・グリーンが、ロドリゴ・サントロが前作に引き続きペルシャ王クセルクセスを演じる。2D/3D同時上映。
  • シャドウハンター

    世界的なベストセラーとなったカサンドラ・クレアのアドベンチャー小説『シャドウハンター 骨の街』(創元推理文庫・刊)を映画化。母の失踪をきっかけに、妖魔を仕留め伝説の聖杯を守るシャドウハンターの血を受け継いでいることを知る少女を描く。監督は「ベスト・キッド」「エージェント・コーディ」のハラルド・ズワルト。母を助けるために妖魔らと戦う少女を「白雪姫と鏡の女王」のリリー・コリンズが、彼女とともに戦うハンターを「ニュームーン/トワイライト・サーガ」のジェイミー・キャンベル・バウアーが、特殊能力を授けると言われる聖杯を狙う宿敵を「マッチポイント」のジョナサン・リース・マイヤーズが演じている。
    60
  • ジャッジ・ドレッド(2012)

    スペインのカルロス・エズキエラと「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の原作者ジョン・ワグナーが生み出したイギリス発の人気SFアクションコミック『ジャッジ・ドレッド』。秩序の番人ドレッドが正義を取り戻すために戦う様を描き、1995年にはシルベスター・スタローン主演で映画化された同作が、「バンテージ・ポイント」のピート・トラヴィスを監督に迎え生まれ変わる。今回新たにドレッド役に挑むのは「ボーン・スプレマシー」のカール・アーバン。ほか、「300〈スリーハンドレッド〉」のレナ・ヘディが敵役を、「抱きたいカンケイ」のオリヴィア・サールビーがドレッドの相棒役を演じる。脚本は「わたしを離さないで」のアレックス・ガーランド。2D/3D同時公開。
  • レッド・バロン(2008)

    第一次世界大戦中、ドイツ軍の第11戦闘機中隊を連合国軍に最も恐れられる飛行隊へと鍛え上げた実在の撃墜王マンフレート・フォン・リヒトホーフェンの波乱に満ちた生き様を描く戦争ドラマ。監督は『シティ・オブ・ドッグ』の脚本を手掛けたニコライ・ミューラーショーン。出演は「ワルキューレ」のマティアス・シュヴァイクヘーファー、「ブロークン」のレナ・ヘディ、「マンデラの名もなき看守」のジョセフ・ファインズ。
  • ブロークン

    一流ファッション誌で写真家として活躍した後、「フローズン・タイム」で長編映画監督デビューしたショーン・エリスが手掛けたサスペンス。ロンドンに暮らす女性が自分と瓜二つの人間に遭遇したことをきっかけに、身の回りで次々と異変が起き始める。出演は「300」のレナ・ヘディ、「ぼくを葬る」のメルヴィル・プポー。
  • ザ・シューター

    『13F』のジョセフ・ラズナック監督、『ブレイド』シリーズのウェズリー・スナイプス主演によるアクションサスペンス。
    60
  • 四角い恋愛関係

    4人の男女が繰り広げるラブコメディ。レイチェルとヘックは幸せいっぱいのカップル。ところが挙式日に現れたある男女との出会いにより、夫婦になったばかりのふたりの恋は思わぬ方向へ展開する。『コヨーテ・アグリー』のパイパー・ペラーボほか出演。【スタッフ&キャスト】監督:オル・パーカー 製作:ソフィー・バルヘチェット/バーナービー・トンプソン/アンドロ・スタインボーン 出演:パイパー・ペラーボ/レナ・ヘディ/マシュー・グード/ダレン・ボイド
    80
  • リプリーズ・ゲーム

    パトリシア・ハイスミスの同名原作を、ジョン・マルコビッチ主演で映画化したサスペンス。強盗殺人で数百万ドルの贋作絵画を手に入れ裏世界から身を引いたトム・リプリー。そんな彼の元に、昔の仲間・リーブスが現れ…。※一般告知解禁日:2月20日【スタッフ&キャスト】原作:パトリシア・ハイスミス 監督・脚本:リリアーナ・カバーニ 製作:アイリーン・メイゼル 音楽:エンニオ・モリコーネ  出演:ジョン・マルコヴィッチ/ダグレイ・スコット/レイ・ウィンストン/レナ・ヘデイ
  • ウェズリー・スナイプス ザ・シューター

    「ブレイド」シリーズのウェズリー・スナイプス主演によるサバイバル・ガンアクション。引退した名狙撃手に殺しの依頼が舞い込む。それは、かつて彼が取り逃がしたテロリストを一撃で仕留めることだった。危険にさらされながら彼は任務を遂行するが…。【スタッフ&キャスト】監督:ジョセフ・ラズナック 製作:ルディ・コーエン 製作総指揮:ロルフ・ディール 音楽:ニコラス・パイク 出演:ウェズリー・スナイプス/レナ・へディ/イライザ・ベネット/チャールズ・ダンス
    60



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/20

デイヴィッド・リンチ(1946)

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。

デニス・ホッパー/狂気の旅路

個性派俳優でありアメリカン・ニューシネマを代表する「イージー・ライダー」を監督、アーティストとしての顔も持つハリウッドの反逆児デニス・ホッパーの半生を追うドキュメンタリー。関係者の証言や未公開映像を交え、その足跡と映画史における役割を辿る。デニス・ホッパーの大ファンだったニック・エベリング監督が、1970年代初頭から約40年にわたりホッパーの右腕だったサティヤ・デ・ラ・マニトウをはじめ家族や友人・知人らによる数々の証言や、自ら集めた未公開映像をもとに構成。
エヴァン・ピーターズ(1987)

ボーダーライン:ソマリア・ウォー

海賊が蔓延るソマリアで現地取材を行ったジャーナリスト、ジェイ・バハダーの手記を映画化。2008年。伝説のジャーナリスト、シーモアの影響を受けたジェイは、ソマリアの現地取材に向かう。危険な取材の中、使命感を芽生えさせてゆくジェイだったが……。出演は「X-MEN:ダーク・フェニックス」のエヴァン・ピーターズ、「キャプテン・フィリップス」のバーカッド・アブディ、「ワーキング・ガール」のメラニー・グリフィス、「ゴッドファーザー」のアル・パチーノ。

X-MEN:ダーク・フェニックス

特殊能力を持つミュータントたちの活躍を描いた人気シリーズ「X-MEN」第7弾。X-MENの一員であるジーン・グレイが宇宙で事故に遭遇。これによりダークサイドが覚醒し、世界を滅ぼすほどの強大なパワーを持つダーク・フェニックスに変貌する……。出演は前作「X-MEN:アポカリプス」に引き続きジーン・グレイを演じるソフィー・ターナー、「ミスター・ガラス」のジェームズ・マカヴォイ、「エイリアン:コヴェナント」のマイケル・ファスベンダー。「X-MEN:アポカリプス」の脚本を担当するなど、長年にわたってシリーズに携わってきたサイモン・キンバーグが、長編映画初監督を務める。

NEW今日命日の映画人 1/20

オードリー・ヘップバーン(1993)

マイヤーリング

1957年にテレビ番組『プロデューサーズ・ショーケース』の1本として1度だけ全米生放送された作品。以後、目にする機会はなかったが、当時の技術“キネスコープ”で録画されたマスターを復元し、劇場公開が実現した。オードリー・ヘプバーン(「ローマの休日」)とメル・ファーラー(「戦争と平和」)の夫婦共演も話題に。

ローマの休日 製作50周年記念デジタル・ニューマスター版

アメリカン・フィルム・インスティテュートが2000年に発表した“アメリカが生んだ最も素晴らしいラブストーリー ベスト100”の第4位に選ばれた恋愛映画。製作から50周年を迎え、“デジタル・ニューマスター版”として再び公開された。この映画によって、主演のオードリー・ヘプバーンは無名の女優からハリウッド・スターとなった。なお脚本は、当時の赤狩りでハリウッドから締め出されていたダルトン・トランボが、友人のイアン・マクラレン・ハンター名義で初稿を執筆、これにハンターが手を加えたものを、さらにジョン・ダイトンが改稿するかたちで決定稿に至った。初公開時はトランボの名前は伏せられていたが、のちに当時の事情が明らかになり、デジタル・ニューマスター版には新たにトランボの名がクレジットされている。