アダウト・ナッシメント アダウト・ナッシメント

アダウト・ナッシメントの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • KING OF TOKYO O FILME

    Jリーグが開幕した1992年にブラジルから来日したアマラオは、日本でのキャリアをアマチュアリーグからスタートさせ、ついにはチームをJ1に導いた。“キング・オブ・トーキョー”と呼ばれる彼の姿を、サンパウロ、東京、平塚、高崎と追い、彼をよく知る人物たちへのインタビューで描き出すドキュメンタリー。監督は、「花のこえ」の太田綾花。ブラジル・サンパウロ郊外で生まれたアマラオは、1987年、サンパウロ州3部に所属していたコメルシアンと契約し、プロのサッカー選手としてのキャリアをスタートさせた。その後、2部のカッピバリアーノ、イトゥアーノを経て、1992年に名門パルメイラスの一員となる。元ブラジル代表マルコスなど多くの代表選手と共にプレーするが、怪我のためにリハビリ生活を余儀なくされる。リハビリ生活中、当時JFLに所属していた東京ガスフットボールクラブからの勧誘を受け、来日。来日後もアマラオは、持ち前の責任感の強さから努力を重ね、1998年のJFL優勝に貢献する。1999年にはFC東京が発足する。アマラオはチームをJ2からJ1へ導く。こうしてアマラオはチームの中心的存在となり、サポーターとの絆も強固になっていく。横浜Fマリノスへの移籍話が浮上したときは、友人のラモス瑠偉の呼びかけにサポーターが立ち上がり、移籍をとどまらせた。“キング・オブ・トーキョー”と呼ばれるようになっていたアマラオは、ツゥットなど多くの外国籍選手たちからも厚い信頼を集めた。2003年FC東京を退団し、2004年以降はJ2の湘南ベルマーレ、JFLのFCホリコシ(現・アルテ高崎)に所属。アルテでは監督も兼任し、2007年4月現役を引退した。現在、アマラオの故郷オルトランジアでは市役所の支援を得て、貧しい子供たちにサッカーを教えるプロジェクトが始まっている。これはアマラオの貢献と意向によって実現した。また日本ではJFAアンバサダーとして、子供たちへ直接指導を行うなど、日本のサッカー界へも尽力している。

Blu-ray/DVDで観る




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/25

円谷英二(1970)

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。