鈴木みのる スズキミノル

鈴木みのるの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 大怪獣モノ

    映画初主演のプロレスラー・飯伏幸太が大怪獣とバトルを繰り広げる、「アウターマン」の河崎実監督の特撮映画。東京に現れた大怪獣モノを倒すため、西郷博士は助手の新田に万能細胞を投与し巨大化させる。新田はモノを倒すが、謎の女が彼に近づく。出演は、プロレスラーの鈴木みのる、『獣電戦隊キョウリュウジャー』の斉藤秀翼、「ウルトラマンサーガ」の真夏竜、モデルの河西美希、「インモラル 凍える死体」の赤井沙希。
    70
  • 劇場版プロレスキャノンボール2014

    プロレス団体・DDTを中心に集められたプロレスラー13名が4チームに分かれて、得点を競いながらゴールを目指していく様子を追ったドキュメンタリー。監督・出演は元プロレスラーで、DVD『プロレスキャノンボール2009』のマッスル坂井。出演は、DDT社長の高木三四郎、現役レスラーの鈴木みのる、葛西純ほか。
  • バディファイトPresents ワールドプロレスリング3D 第8弾 1.4東京ドーム 2014

    新日本プロレスとテレビ朝日がタッグを組んだ“プロレス3D”第8弾。2014年1月4日(土)に開催された『バディファイトPresents WRESTLE KINGDOM 8 in 東京ドーム』を、テレビ朝日『ワールドプロレスリング』製作チームが収録。3D映像と5.1chサラウンド音響で、会場の熱気を再現する。
  • ワールドプロレスリング3D 第6弾 1.4東京ドーム 2013

    テレビ朝日『ワールドプロレスリング』と新日本プロレスがタッグを組むプロレス3D第6弾。2013年1月4日の『WRESTLE KINGDOM 7 ~EVOLUTION~ in 東京ドーム』の模様を、3Dと5.1chサラウンドで映像化。棚橋弘至VSオカダ・カズチカのIWGPヘビー級選手権試合などを収録。
  • ワールドプロレスリング 第5弾 G1CLIMAX 3D 2012

    テレビ朝日『ワールドプロレスリング』製作チームが、新日本プロレス40周年の節目にささげるプロレス3Dシリーズ第5弾。2012年8月12日に両国国技館で開催された『G1クライマックス』優勝決定戦全試合と、開幕戦から全9大会の密着映像を、6台の3Dカメラ、ド迫力の5.1chサラウンドで収録した。
  • ワールドプロレスリング3D 第4弾 1.4東京ドーム 2012

    テレビ朝日『ワールドプロレスリング』製作チームによる新日本プロレスの3Dシリーズ第4弾。2012年1月4日に4万3000人を動員した『レッスルキングダムVI in 東京ドーム大会』から、IWGPヘビー級選手権試合・棚橋弘至VS鈴木みのる戦のほか激動の数々を、3D映像と5.1chサラウンドで収録した。
  • ワールドプロレスリングG1クライマックス3D 2011

    新日本プロレス主催『G1クライマックス』第21回大会の優勝決定戦を、テレビ朝日『ワールドプロレスリング』制作チームが3Dでノーカット収録。また、2010年ベストバウトの再戦となるIWGPジュニアタッグ選手権試合『プリンス・デヴィット&田口隆祐VS飯伏幸太&ケニー・オメガ』の模様も収録している。
  • 年少バトルロワイヤル

    「最強のワル」を目指し少年院で繰り広げられる猛者どものファイトを描いたアクション映画。監督は『実録・暴走族』シリーズの大月栄治。出演は「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」の波岡一喜。
    70
  • 喧嘩高校軍団 特攻!國士義塾VS.朝高

    バンカラを頑なに守る國士義塾高校と歴史の流れに翻弄される朝川高校とがぶつかりあう、青春アクション。監督は「哀憑歌 ~CHI-MANAKO~」の金丸雄一。出演は「クローズZERO」の波岡一喜、「ハブと拳骨」の虎牙光輝、『八丁堀の七人』のKOJI、「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」のガッツ石松ほか。
  • 劇場版 カブキングZ

    戦う宿命にある一族同士の、様々な人を巻き込んで繰り広げられる因縁の対決を描く、アクション映画。監督は「MEATBALL MACHINE」の山本淳一。出演は、ロックバンド『カブキロックス』のヴォーカリストである氏神一番、「妄想少女オタク系」の森下悠里、お笑いコンビ『エレキコミック』のやついいちろうと今立進ほか。
  • ガッツ伝説 愛しのピット・ブル

    人情商店街を舞台に、元ボクサーの心優しいやもめ男と薄倖の人妻が織り成す淡い恋物語。監督は「MUSASHI」の野伏翔。野伏監督の原案を基に、「揮発性の女」の宇治田隆史と野伏監督が共同で脚本を執筆。撮影を「幽霊VS宇宙人 ぼくの宇宙人」の渡辺厚人が担当している。主演は「歌舞伎町案内人」のガッツ石松。
    90
    • 感動的な
    • 笑える
  • 実録マフィアンヤクザV MONEYTRAPPING

    アウトロードラマ「実録マフィアンヤクザ」シリーズ第5弾。ある大手企業の御曹司が、悪徳行政書士の入れ知恵により巨額詐欺に手を染め、会長の座を目指す。だが、やがて行政書士の罠に嵌り周囲から信用を失った男は、裏社会の速水に助けを求める。【スタッフ&キャスト】監督:岡元太 原作・脚本:藤原良 出演:ドクターHIRO/鈴木みのる/長宗我部陽子/松尾伴内/みっちー/武蔵拳
  • ジョシデカ!女子刑事 ウェビソード

    インターネットサイト「TBS BooBo BOX」で配信されたドラマ「ジョシデカ!-女子刑事-」のスピンオフ作品。畑山来実が住むアパートの隣家・溝之口家。さえないサラリーマンの父・吾郎を中心に平凡な生活を送る家族が殺人事件に巻き込まれていく。【スタッフ&キャスト】出演:鈴木みのる/眞野裕子/小嶋陽菜/高橋みなみ/峯岸みなみ/ジン・グ/泉ピン子
  • 新・四角いジャングル 虎の紋章(タイガーエンブレム)

    自身も空手家であり、格闘技界とも縁の深い真樹日佐夫が手掛けたアクション。寅年である2010年、“5代目タイガーマスク”の誕生を実兄・梶原一騎に誓う真樹。その最有力候補と噂されるミラクル魔牙ジュニアに、ある人物が宣戦布告するが…。【スタッフ&キャスト】原作・脚本・製作・出演:真樹日佐夫 監督・プロデューサー:山本芳久 撮影:大月栄治 製作:及川次雄 出演:棚橋弘至/ミノワマン/風香/鈴木みのる
  • この男たち、凶暴にて。第二幕

    小沢仁志主演のバイオレンスアクション第2弾。トミーとブチのコンビは、1泊1,200円の駐車場に停めた車で生活しながら、やりたい放題の気ままな毎日を送っていた。ところがある日、カモにしようとした店でバックのヤクザと揉めてしまい…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:OZAWA 製作:及川次雄 企画:山本ほうゆう プロデューサー:渋谷正一 出演:小沢仁志/山口祥行/鈴木みのる/本宮泰風
    100

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/3

安井昌二(2014)

小梅姐さん

「炭坑節」や「黒田節」など多くの民謡をヒットさせ、NHK紅白歌合戦でも美声を聞かせた芸者出身の歌手・赤坂小梅の生誕100周年を記念して製作されたドキュメンタリー。生まれ育った筑豊や芸者修行に励んだ北九州など彼女ゆかりの地を訪ね、数々の記録映像や関係者へのインタビューを交え、歌一筋に生きた彼女の生涯に迫る。監督は『ハイビジョンふるさと発~有明海に生きるカメラマンの物語~』などのドキュメンタリー番組を数多く手掛けた山本眸古。ナレーションを「悪名」の水谷八重子、作曲・音楽アドバイザーを「上方苦界草紙」の本條秀太郎が担当した。赤坂小梅。本名、向山コウメは明治39年(1906)年4月、福岡県川崎町に9人兄姉の末っ子として生まれる。16歳の時に自ら芸者を志し北九州の置屋「稲本」に。通常1年間の芸者修行を3ヶ月でこなし、1年で芸者デビュー、“梅若”を名乗る。昭和4(1929)年、九州一円の民謡研究のため小倉を訪れていた野口雨情、藤井清水らに認められ、レコードデビューを果たし、同6年に上京。同8年、コロムビアから発売した「ほんとにそうなら」が大ヒット。以来、端唄、舞踊小唄などを含め、多くの流行歌や民謡をレコーディングしヒットさせた。NHK紅白歌合戦にも4回出場、その豪放磊落な性格から多くの文化人や政・財界人などに愛され、大衆から支持された。酒豪でも知られ、恰幅のいい体型が特徴的だった彼女は昭和56(1981)年4月、75歳で引退。晩年は民謡の普及や福祉活動に勤しみ、平成4(1992)年1月17日死去。享年85歳であった。

楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女

人の憎しみが生み出す蛇の呪いの恐怖を描いた中篇ホラー。監督は「恋する幼虫」の井口昇。楳図かずお原作の同名コミックを基に、「ホラ~番長 稀人」の小中千昭が脚色。撮影を「着信アリ2」の喜久村徳章が担当している。主演は、「Last Quarter 下弦の月」の中村有沙と「TRICK  劇場版」の成海璃子。尚、本作は「楳図かずお恐怖劇場」の中で、「ねがい」と2本立公開された。楳図かずおデビュー50周年作品。