レオン・イチャソ

レオン・イチャソの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • エル・カンタンテ

    伝説のサルサシンガー、エクトル・ラボーの生涯を「ピニェロ」のレオン・イチャソ監督が映画化。主演は、サルサ歌手であり「マイ・ボディガード」など俳優としても活躍するマーク・アンソニー。彼の妻には、実生活でもパートナーであり本作のプロデューサーも務める「ボーダータウン 報道されない殺人者」のジェニファー・ロペスが扮している。
    90
  • ピニェロ

    実在したニューヨーク在住プエルトリコ人のアーティスト、ミゲル・ピニェロの半生を描く伝記映画。監督・脚本は「シュガー・ヒル」のレオン・イチャソ。音楽はプロデューサーとしても知られる人気ミュージシャン、キップ・ハンラハン。出演は「ケイティ」のベンジャミン・ブラット、「モンキーボーン」のジャンカルロ・エスポジート、「バリスティック」のタリサ・ソト、「四季」のリタ・モレノほか。
  • シュガー・ヒル

    ニューヨーク・ハーレムの暗黒街で、ドラッグ売買のトップにのし上がった2人の兄弟の葛藤を軸に展開する、愛と暴力に彩られたブラック・ムービー。監督はキューバ出身で、カンヌ国際映画祭で上映された「クロスオーバー・ドリーム」やテレビ映画「心臓が凍る瞬間」(日本では劇場公開)などの作品があるレオン・イチャソ。脚本はバリー・マイケル・クーパー。製作は「ラブ・クライム 官能の罠」のルディ・ラングレイスと、グレゴリー・ブラウン。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ザ・コミットメンツ」のアーミヤン・バーンスタインとトム・ローゼンバーグ、マーク・エイブラハムズの共同。撮影は「ディープ・カバー」「カリフォルニア(1993)」のボージャン・バゼリ。音楽はテレンス・ブランチャードで、ジャズ、ファンク、ソウル、ラップ、ヒップホップ、ブラック・コンテンポラリー、アフリカン・ミュージックからゴスペルに至るまで、さまざまなブラック・ミュージックの挿入曲が全編に流れる。美術は「再会の時」のマイケル・ヘルミー、主人公兄弟の人物造形や作品世界の上でも重要な要素を占める衣装は、「ディック・トレイシー」のエドゥアルド・カストロで、ヴェルサーチ、ヨージ・ヤマモトなどのスーツが使用されている。主演は「ニュー・ジャック・シティ」「デモリションマン」「ドロップ・ゾーン」など出演作が相次ぐウェズリー・スナイプスと、「ストリーマーズ 若き兵士たちの物語」『ファイブ・ハートビーツ』(V)のマイケル・ライト。「クロウ 飛翔伝説」のアーニー・ハドソン、「ビバリーヒルズ・コップ3」のテレサ・ランドルらが共演。
  • 心臓が凍る瞬間

    空間恐怖症の女性が、自宅という密室の中で殺人に脅かされるというサイコ・スリラー。監督はカルトムービーの傑作として名高い「クロスオーバー・ドリーム」のレオン・イチャソ。エグゼクティブ・プロデューサーはジュディー・グレッグ。計算しつくされた幻惑的なカメラを担当しているのは「キング・オブ・ニューヨーク」のボージャン・バゼリ。前編を盛り上げる音楽は「ハンガー」のマイケル・ルビーニ。
  • クロスオーバー・ドリーム

    ニューヨークを舞台にそこでの成功を夢見るひとりのサルサ・シンガーの栄光と挫折を描く。監督はレオン・イチャソ、脚本は主演も務めるサルサの人気ボーカリスト、ルーベン・ブラデス、イチャソ監督、マヌエル・アルセの共同。撮影はクラウディオ・チェア、音楽はルーベン・ブラデス、コンフント・リブレ、アンディ・ゴンザレスが担当。出演はルーベン・ブラデス、ショーン・エリオット、エリザベス・ペーニャほか。
  • フリー・オブ・エデン

    「夜の大捜査線」シリーズのシドニー・ポワチエと実娘、シドニー・ターミア・ポワチエ共演によるドラマ。N.Y.を舞台にひとりのビジネスマンとスラム街に暮らす少女の出会いと交流、そしてさまざまな心の葛藤を描く。フィリシア・ラシャドほかが出演。【スタッフ&キャスト】監督:レオン・イチャソ 出演:シドニー・ポワチエ/シドニー・タミーア・ポワチエ/フィリシア・ラシャド/ロバート・フックス/カリル・ケイン
  • レフト・トゥ・ダイ 悪夢のバカンス

    事実に基づいた物語。無実の罪で投獄された母を救うために闘う、娘の姿を描く。出演はバーバラ・ハーシー、レイチェル・リー・クックほか。