阿尾茂毅 アオシゲタケ

阿尾茂毅の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 人狼ゲーム デスゲームの運営人

    村人側と人狼側に分かれたプレイヤーが互いの役を探るパーティーゲームを題材にしたサスペンス小説の映画化第8弾。命がけの人狼ゲーム運営人のひとり・正宗は、今回家庭教師時代の教え子・柚月が参加させられていることに気付き、彼女を救い出そうとする。原作者の川上亮が自ら監督。舞台『人狼TLPT』やバラエティ番組などで人狼ゲーム指導を務めてきた児玉健が、劇中ゲームを指導。シリーズ初の男性の主人公である正宗をTVドラマ『弱虫ペダル』の小越勇輝が演じるほか、フレッシュなキャスト陣が揃う。
  • 形のない骨

    数々のCMやミュージックビデオを手がけてきた小島淳二監督が、初めて企画から立ち上げ、5年をかけて完成させた人間ドラマ。画家の夫、姑、小学生の息子と共に地方都市で暮らす良子。姑の態度や夫の暴力にうんざりしていたある日、夫が突然の事故で死亡してしまう。ヒロインの良子を演じるのは、本作が女優デビューとなるモデルの安東清子。音楽を、小島淳二がメガホンをとった「Jam Films 2 『机上の空論』」の徳澤青弦が務める。
  • 2つ目の窓

    奄美大島を舞台に、少年少女の成長を通じて生と死を描く人間ドラマ。監督・脚本は、「殯の森」の河瀬直美。出演は、本作がデビュー作となる村上虹郎、「リアル鬼ごっこ2」の吉永淳、「アウトレイジ」の杉本哲太、「女たちの都 ワッゲンオッゲン」の松田美由紀。第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門招待作品。
    70
  • ファイティング オカン

    何にも打ち込んだことのなかった専業主婦が、ボクシングを通して幸せをつかもうとする姿を描く。「恋谷橋 La Vallee de l’amour」の中澤裕子が、体当たりでボクシングに挑戦。また、元プロボクサーの竹原慎二がトレーナー役で出演している。監督は、「捜査線 LINE OVER」の前田直樹。
  • トーテム Song for home

    台湾原住民出身の若いミュージシャン達の姿とそのルーツを追ったドキュメンタリー。監督・撮影・編集は「星影のワルツ」の若木信吾。台湾には“原住民”と呼ばれる人々が暮らしている。政府に認定されているだけでも14の部族に分かれ、古くから伝わる文化や風習を今も大切に守り続けている。だが、近年彼らの部落では仕事に就くことが難しくなり、若者は生まれ育った土地を離れ、仕事を求め都会へと出ている。“TOTEM”というバンドも、その様な若者が様々な部族から集まり2002年に結成された。メンバーは、ボーカル&ギターのスミン、ボーカルのチャーマーカー、ギターのアシン、ベースのアウェイ、ドラムのアシャンという5人。「部落を出て初めて他の部族の友達ができた」とスミンは嬉しそうに語る。2005年、貢寮國際海洋音楽祭で大賞を受賞し、TOTEMの音楽活動は本格的に動き出した。彼らは、アルバイトや音楽関係の仕事をしながら、ライヴやツアーを自分たちで企画し着実にファンを増やしている。しかし一方で、彼らはどうしても都会の慌ただしいスピードに慣れることが出来ず、台北での生活を「仕事をする為にだけ」と割り切っている。すれ違う人は必ず知り合いだった部落。家族や友人が身近に居て、助け合いも喜びも一緒に分かち合えたが、都会にはそれがない。「いちばん大切なことは?」という質問に、スミンは「大切なものはない。生きていければいいんじゃない?」と心の中に押し殺した想いを不意にのぞかせる。いつか故郷へ帰ることを夢見ながら、都会への戸惑いの中で生活するメンバーたち。毎年夏、彼らの故郷では豊年祭など代々続く祭りが行なわれている。その祭りに参加するため、一時帰郷した彼らはまるで別人のようにはつらつとし、話す口調にも故郷へ帰ってきた喜びが溢れていた。そこでは、喜びも辛さも、全てをただ部族の歌が包み込んでいるのだった……。
  • 殯の森

    互いに愛する家族を失った認知症の老人と女性介護士の交流を通し、人間の生と死を厳かに見つめる人間ドラマ。監督は「沙羅双樹」の河瀬直美。出演は「萌の朱雀」の尾野真千子と、これが映画初出演となるうだしげき。2007年カンヌ国際映画祭で審査員特別大賞(グランプリ)を受賞。
  • 五重塔(2007)

    KAERUCAFEの新感覚ブンガク映画シリーズ第5弾「銀河鉄道の夜」に引き続き、青森県五所川原市を舞台に幸田露伴の同名小説を映画化。監督は、秋原正俊。出演は、元世界チャンピオンのボクサー、ガッツ石松、ソロでの映画初出演となる元モーニング娘。の飯田圭織。音楽は、元筋肉少女隊の三柴理。
  • ウール100%

    ゴミ屋敷に暮らす双子の老女が不思議な少女と出会い、共同生活を送るうちに人生を見つめなおすファンタジー・ドラマ。監督は、2003年サンダンスNHK国際映画祭作家賞を受賞した富永まい。出演は、これが最期の主演となった岸田今日子と「折り梅」の吉行和子。
  • 富嶽百景 遥かなる場所

    太宰治の名作「富嶽百景」を現代にアレンジした『新感覚ブンガク映画』。主演は若手実力派ナンバーワンとの呼び声高い塚本高史(「木更津キャッツアイ」)、そして今作が映画初出演となる田丸麻紀(TV「けものみち」)がヒロインを演じている。監督は『新感覚ブンガク映画』第一弾「河童 kappa」の秋原正俊。
  • 好きだ、

    17年の時を経て、漸く愛を伝え合うことの出来た男女の姿を描いたラブストーリー。監督・脚本は「tokyo.sora」の石川寛。撮影を石川監督と尾道幸治が共同で担当している。主演は、「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」の宮崎あおいと「三年身籠る」の西島秀俊、「天使 ANGEL」の永作博美、「空中庭園」の瑛太。2005年ニュー・モントリオール国際映画祭最優秀監督賞受賞作品。
    70
  • 春の居場所

    人生の居場所を探し続ける女性の、ひたむきな愛を描いた青春ドラマ。監督は「真昼の花」の秋原正俊。鷺沢萠の未完の遺作を基に、「真昼の花」の落合雪恵が脚色。撮影を生本訓昭が担当している。主演は、「ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密~銭形姉妹への挑戦状」の堀北真希と「恋は五・七・五!」の細山田隆人、「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲 POCKET MONSTER MEWTWO STRIKES BACK!」の佐藤藍子。
  • tokyo.sora

    東京の空の下、夢を追う6人の女性の姿を捉えた青春群像ドラマ。監督は、CFディレクターとして活躍し、本作で本編デビューを飾った石川寛。撮影を「Beautiful Sunday」の阿藤正一と「真心 MY NAME IS MAGOKORO」の小野寺幸浩が担当している。出演は、「ドッジ GO! GO! MINATO DODGE KIDS」の板谷由夏と「DOG STAR」の井川遥、映画初出演の仲村綾乃、高木郁乃、孫正華、「群青の夜の羽毛布」の本上まなみ。DVからのキネコ。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?