ミリアム・カトラー

ミリアム・カトラーの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • プラスチックの海

    ジャーナリストとして活躍するクレイグ・リーソンが、プラスチックによる海洋汚染の実態に迫ったドキュメンタリー。世界中の海に毎年800万トンものプラスチックゴミが捨てられていることを知ったリーソンは、海洋学者や環境活動家と共に調査を開始する。本作は、国内外で15 以上の賞を受賞した。
  • VITO ヴィト

    『セルロイド・クローゼット』の著者で、1970年代からアメリカでの同性愛者の権利獲得に奔走し続けたヴィト・ルッソの半生を追ったドキュメンタリー。監督はジェフリー・シュワルツ。2012年9月14日より、東京・南青山スパイラルホールにて開催された「第21回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」にて上映。
  • 女工哀歌(エレジー)

    日本人にとって身近な衣服であるジーンズの生産過程を追って、世界の衣料品の大半を生産している中国の工場に密着したドキュメンタリー。圧倒的なコスト削減と技術力の向上により、今や“世界の工場”となった中国。その裏側を探るため、工場で働く10代の少女たちの日常生活に迫る。度々問題視されてきた少女たちの過酷な労働条件、またそれを知りつつ低コストで仕事を受注する工場長、視察に訪れる多国籍企業の面々…。国や時代は変わっても、同じ構造をたどって発展する資本主義経済。しかし本作は急速なグローバル化への疑問と同時に、過酷な生活の中にも夢や希望を見出す個性ある少女たちをも見事に捉えている。監督はグローバリゼーションをテーマにドキュメンタリーを撮っているミカ・X・ペレド。本作の主人公は一人の少女ジャスミン・リー。四川省で家族と一緒に暮らしていた彼女は家計を支えるため16歳になると同時に都会へ出稼ぎに行くことになる。欧米諸国や日本へ輸出するジーンズを作っている工場だ。そこは中国資本主義発展における最前線であり、都市生活者が引き受けないような最低の賃金で安全も法的な保護もない状態におかれている。本作はジャスミンと同僚の女工たちや、また経営者の日常を追うことで、私たちが何気なくはいているジーンズができるまでに関わる多くの人々の生活を描いている。
  • ロスト・イン・ラ・マンチャ

    「ラスベガスをやっつけろ」のテリー・ギリアム監督が、ドン・キホーテの物語の映画化「The Man Who Killed Don Quixote」に挑み、挫折するまでをとらえたドキュメンタリー。監督はメイキング映画で活躍するキース・フルトンとルイス・ペペ。ナレーションは「フィッシャー・キング」などの俳優、ジェフ・ブリッジス。出演は「ラスベガスをやっつけろ」のジョニー・デップ、「橋の上の娘」のヴァネッサ・パラディ、「リディキュール」のジャン・ロシュフォールほか。
    80

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 9/24

該当する人物がいません