貫地谷しほり カンジヤシホリ

  • 出身地:東京都荒川区
  • 生年月日:1985/12/12

略歴 / Brief history

東京都荒川区の生まれ。本名の“しほり”は、サザンオールスターズの大ファンだった母が『栞のテーマ』に因んで名付けたという。中学生の時にスカウトされて、伊藤正次演劇研究所(現・Ito Mスタジオ)で演技の基礎を学ぶ。2001年には同研究所の公演に出演。翌02年、「惨劇館・夢子」で映画デビューし、同年の「修羅の群れ」にも出演した。各社のCMにも出るがしばらくはほぼ無印の状態が続き、大妻女子大学に進学(のちに中退)。03年に、東北の女子高生たちがジャズバンドを組む矢口史靖監督「スウィングガールズ」のオーディションに合格し、転機を迎えた。メインキャストのトランペット・斉藤良江役に選ばれるが楽器経験はまったくなく、主演の上野樹里らと一緒に合宿を含む3カ月以上の特訓を受ける。映画は04年に公開され、若い女優たちが演奏できるまで成長した姿がストーリーと爽やかに重なって大ヒット。同作での芯のある演技が認められ、「最終兵器彼女」「夜のピクニック」06、「愛の流刑地」07や、フジテレビ『大奥・華の乱』05、テレビ朝日『氷点』06などのテレビドラマにも出演を重ねる。そして07年、NHK連続テレビ小説『ちりとてちん』のヒロインとなる。同姓同名の人気者と比較され“B子”と呼ばれる和田喜代美が、失敗や後悔をクヨクヨ重ねながら女流落語家をめざす物語で、朝ドラ史上異例だった劣等感だらけのヒロイン役を完全にものにして一層のブレイクを果たした。以降もテレビ朝日『キミ犯人じゃないよね?』08、TBS『あんどーなつ』08と主演を続け、NHK大河ドラマ『龍馬伝』10では龍馬を慕う千葉道場の佐那役。映画でも「ALWAYS/続・三丁目の夕日」07、「パコと魔法の絵本」08と話題作に出演。中村義洋監督の「ジェネラル・ルージュの凱旋」09、「ゴールデンスランバー」10では短い場面で映画を明るくする役に続けて起用された。行定勲監督「パレード」10では逆に、ルームシェアの関係がある事件から揺らいでいく5人の男女のひとり。人と深く関わらぬ明るさが上辺だけと見抜かれる難しい役どころを好演した。

貫地谷しほりの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 総理の夫

    山本周五郎賞や新田次郎文学賞を受賞した作家・原田マハの20万部超えのベストセラー小説を原作に、田中圭と中谷美紀が「日本初のファーストジェントルマン」と「日本初の女性総理」となった夫婦を演じる先取系(?)政界エンタテインメント。内閣広報担当に貫地谷しほり、イケメン総理秘書に工藤阿須加が扮するほか、松井愛莉、木下ほうか、米本学仁、嶋田久作、片岡愛之助、余貴美子、岸部一徳など、癖の強い俳優たちが脇を固める。日本初の女性総理大臣として神々しい美しさで登場する凛子役・中谷美紀に対して、鳥類学者で無精ひげ、恰好をまったく気にしない日和役・田中圭の丁々発止が小気味いい。マスコミの突撃を受けて自身が“日本初の”ファーストジェントルマンとなったことを知り、驚きを隠せない日和に、「驚かせてごめん」と言う凛子だが、“監視”、“追っかけ”、さらには“スキャンダル”まで数々のピンチが日和に降りかかる。果たして、日和と凛子はこの“歴史をも動かす”ピンチを乗り越えられるのか?
  • 夕陽のあと

    貫地谷しほりと山田真歩の共演で贈るドラマ。鹿児島県長島町。1年前からこの街の食堂で働く茜と、夫と共にブリの養殖業を営む五月。五月は、子どもの頃から育ててきた里子・豊和との特別養子縁組を控えていたが、突然、豊和の生みの親の所在が判明する……。監督は「二十六夜待ち」の越川道夫。共演は「あいあい傘」の永井大、「OVER DRIVE」の川口覚。
    90
  • アイネクライネナハトムジーク

    シンガーソングライター・斉藤和義との交流から生まれた伊坂幸太郎の同名恋愛小説集を、「愛がなんだ」の今泉力哉が映画化。劇的な出会いを待つ会社員・佐藤は、仙台駅前で街頭アンケートに立っていた。そのとき、ギターの弾き語りに聴き入る紗季と目が合う。出演は、「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」の三浦春馬、「トラさん 僕が猫になったワケ」の多部未華子、「スマホを落としただけなのに」の原田泰造、「ちはやふる」シリーズの矢本悠馬。
    81
    • 感動的な
    • 考えさせられる
  • この道

    「ゾウを撫でる」の佐々部清監督が、大森南朋とEXILE AKIRAを主演に迎え、詩人・北原白秋の波乱に満ちた半生を音楽家・山田耕筰との友情とともに映す伝記ドラマ。日本人の心の故郷として親しまれ、100年を経た今でも歌い継がれている“童謡”誕生の裏側を見つめる。共演は「悼む人」の貫地谷しほり、「コーヒーが冷めないうちに」の松本若菜、「ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS」の柳沢慎吾、「ゾウを撫でる」の羽田美智子、「検察側の罪人」の松重豊。脚本を「かぐや姫の物語」「恋は雨上がりのように」の坂口理子、音楽を「忠臣蔵外伝 四谷怪談」「ハードロマンチッカー」の和田薫が務める。
    84
    • 感動的な
    • かっこいい
  • 望郷(2017)

    「少女」など映像化が続くミステリー作家・湊かなえの同名連作短編集収録の『夢の国』『光の航路』を映画化。しきたりを重んじる家に育ち島に縛られる夢都子。確執を抱えたまま死別した父の本当の思いを知った航。二人はそれぞれ葛藤を胸に、故郷と向き合う。監督は「ハローグッバイ」の菊地健雄。小説の舞台のモデルであり、湊かなえの出身地でもある瀬戸内の因島を中心に撮影された。主演は、同じく湊かなえ原作の「白ゆき姫殺人事件」でも共演した貫地谷しほりと大東駿介。一般公開に先駆け、特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017』シークレット作品として上映(上映日:2017年8月11日)。
  • 西遊記2 妖怪の逆襲

    伝奇活劇「西遊記~はじまりのはじまり~」続編。天竺を目指す途中で比丘国に寄った妖怪ハンター三蔵法師たち一行は、妖怪の逆襲に遭う。前作の監督チャウ・シンチーは製作にまわり、「タイガー・マウンテン~雪原の死闘~」のツイ・ハークがメガホンを取る。主要キャストは一新し、病弱な三蔵法師を韓国アイドルグループEXOの元メンバーであるクリス・ウーが、孫悟空を「グレートウォール」のケニー・リンが、猪八戒を「タイガー・マウンテン~雪原の死闘~」のヤン・イーウェイが、沙悟浄をプロバスケットボールプレイヤーのメンケ・バータルが演じる。
    60
  • 結婚(2017)

    結婚詐欺師と騙された女たちの業を描写した直木賞作家・井上荒野の長編小説を、国内外で広く活動するディーン・フジオカ主演で映画化。偶然知り合った結婚詐欺師・古海の被害者たちは、彼の行方を探すことに。女を騙さなければ生きられない彼の秘密とは……。ディーン・フジオカは女たちを翻弄する結婚詐欺師・古海健児を演じるほか、DEAN FUJIOKA名義で主題歌も担当。監督は、「渋谷」などの映画作品のほか、ディーン・フジオカが出演したNHK連続テレビ小説『あさが来た』の演出を手がけた西谷真一。
    50
  • 悼む人

    第140回直木賞を受賞した天童荒太の同名ベストセラー小説を「明日の記憶」「くちづけ」の堤幸彦監督が映画化。縁もゆかりもない死者を悼む旅を続ける青年と彼を巡る人々が織りなす生と死、愛と憎しみ、罪と許しのドラマが展開される。出演は「横道世之介」の高良健吾、「死にゆく妻との旅路」の石田ゆり子、「かぞくのくに」の井浦新、「くちづけ」の貫地谷しほり、「アウトレイジ」の椎名桔平、「一枚のハガキ」の大竹しのぶ。
    60
  • バンクーバーの朝日

    戦前にカナダで差別や貧困と戦いながらフェアプレー精神を貫き人気を集め、2003年にカナダ野球殿堂入りを果たした日系人野球チーム『バンクーバー朝日』を描いた人間ドラマ。監督は「舟を編む」が第86回アカデミー賞外国語映画部門日本代表作品に選出された石井裕也。脚本は「おおかみこどもの雨と雪」の奥寺佐渡子。「ぼくたちの家族」でも石井監督と組んだ妻夫木聡が、製材所で働く日系二世の青年を演じる。ほか、「俺俺」の亀梨和也、「北のカナリアたち」の勝地涼、「漫才ギャング」の上地雄輔、「ぼくたちの家族」の池松壮亮ら野球経験者が集結。野球シーンは吹替えを使わず実際に俳優陣がプレーしている。フジテレビ開局55周年記念作品。
    80
  • 救いたい

    麻酔科医として患者を懸命に守り、また地域医療に奔走する夫を支える女性を通し、東日本大震災からの復興に向けひたむきに生きる人々を描いたヒューマンドラマ。国立病院機構仙台医療センターで麻酔科医長等を務める川村隆枝が、あまり知られていない麻酔科医の姿や自身の体験談を綴ったエッセー『心配ご無用――手術室には守護神がいる』を映画化。監督は「大河の一滴」「ハチ公物語」の神山征二郎。苦難を乗り越え前向きに生きようとする麻酔科医を「セカンドバージン」「ラヂオの時間」の鈴木京香が、被災地での診療に身を捧げる夫を「沈まぬ太陽」「伊豆の踊子」の三浦友和が演じる。前売券の売上の一部が、地域医療振興に向け寄付される。
    80
  • 白ゆき姫殺人事件

    『告白』で第6回本屋大賞を受賞、「告白」「北のカナリアたち」など映像化が相次ぐ湊かなえの同名ミステリーを映画化。美人OL惨殺事件に絡み、被害者と同僚の女に疑惑の目が向けられ、インターネットやマスコミなどを介し彼女にまつわる噂が一人歩きしていく。監督は「ジェネラル・ルージュの凱旋」「アヒルと鴨のコインロッカー」の中村義洋。疑惑の目を向けられる地味なOLを「永遠の0」「八日目の蝉」の井上真央が、事件を追う男を「シャニダールの花」「クローズZERO II」の綾野剛が演じている。ほか、テレビドラマ『主に泣いてます』の菜々緒、「転校生-さよなら あなた-」の蓮佛美沙子、「くちづけ」の貫地谷しほりらが出演。
    70
  • 偉大なる、しゅららぼん

    摩訶不思議な世界観が多くの読者を惹きつけ、『鴨川ホルモー』『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』など映像化が相次ぐ万城目学のファンタジー小説を映画化。代々琵琶湖から不思議な力を授かっている一族の跡取り息子の恋敵がライバル関係にある一族の末裔であったことから両家は対立、世界を滅ぼしかねない事態となる。監督はCMディレクターで映画「犬とあなたの物語 いぬのえいが」を手がけた水落豊。不思議な力を持つ一族の跡取りで生きる伝説と言われる男子高校生を「みなさん、さようなら」「鴨川ホルモー」の濱田岳が、修行のため一族の元に居候しにくる分家の男子高校生を「潔く柔く」「プリンセス トヨトミ」の岡田将生が演じている。
    70
  • くちづけ(2013)

    2012年末に解散した劇団、東京セレソンデラックスの公演を映画化。同劇団の主宰・宅間孝行が原作、脚本を手がけ、「エイトレンジャー」の堤幸彦が監督した。グループホームを舞台に、幼稚園児なみの知能のマコとうーやんの切ない恋を描く。出演は「僕達急行 A列車で行こう」の貫地谷しほり、「エイトレンジャー」の竹中直人。
    80
  • ぱいかじ南海作戦

    家族も職も失い流れ着いた南の島で全財産をも失った男が、その島で出会った仲間とともにリベンジを誓うドラマ。椎名誠の同名小説(新潮文庫刊)を原作としている。監督・脚本は、劇団『大人計画』に所属し、自らもユニット『男子はだまってなさいよ!』を主宰、「東京オンリーピック」内の「バカ近代四種」の監督やテレビアニメ『しろくまカフェ』のシリーズ構成を務める細川徹。本作が長編映画初監督作品となる。出演は、「大奥」「舞妓Haaaan!!!」の阿部サダヲ、「ハードロマンチッカー」「ソフトボーイ」の永山絢斗、「僕達急行 A列車で行こう」「スウィングガールズ」の貫地谷しほり、「アフロ田中」「天使の恋」の佐々木希ほか。
    70
  • 僕達急行 A列車で行こう

    「うさぎドロップ」の松山ケンイチと「ワイルド7」の瑛太が鉄道マニアに扮し、恋に仕事に奮闘する姿を描いたコメディ。九州ロケを敢行し、合計20路線80モデルにもおよぶ車両の登場が鉄道映画らしいこだわり。共演は「パレード」の貫地谷しほり、「ALWAYS 三丁目の夕日'64」のピエール瀧。森田芳光監督の遺作。
    80
  • パレード

    第15回山本周五郎賞を受賞した吉田修一の同名小説を「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲が映画化。ルームシェアで生活する男女の日常を通じて、互いに無関心になっている現代の人間関係を浮き彫りにする。出演は「カイジ 人生逆転ゲーム」の藤原竜也、「風が強く吹いている」の林遣都、「しゃべれども しゃべれども」の香里奈。
  • ゴールデンスランバー

    伊坂幸太郎の同名小説を「アヒルと鴨のコインロッカー」「フィッシュストーリー」に続き、中村義洋監督が映画化。首相暗殺の濡れ衣を着せられた男の逃避行を描く。出演は「クヒオ大佐」の堺雅人、「なくもんか」の竹内結子、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の吉岡秀隆、「イキガミ」の劇団ひとり、「沈まぬ太陽」の香川照之など。
    70
  • 僕らのワンダフルデイズ

    ガンで余命わずかと知った中年サラリーマンが、高校時代の仲間とバンドを再結成し、コンテスト出場を目指す人間ドラマ。監督は「ジュテーム わたしはけもの」の星田良子。出演は「山形スクリーム」の竹中直人、「それでもヤクザはやってくる」の宅麻伸、「のんちゃんのり弁」の斉藤暁、「愛はクロスオーバー」の稲垣潤一、「ニセ札」の段田安則など。
  • ノーボーイズ,ノークライ

    大河ドラマ『天地人』の妻夫木聡と「チェイサー」のハ・ジョンウが共演した日韓合作映画。裏社会の下っ端として出会った日本人と韓国人の男。対照的な性格の2人が、父親を探す少女との出会いをきっかけに、心を接近させていく。「ジョゼと虎と魚たち」の渡辺あやの脚本を、韓国期待のホープ、キム・ヨンナム監督が映画化。
    90
  • THE CODE/暗号

    インターネットシネマシリーズ『探偵事務所5』の劇場版。暗号解読の天才・探偵507の活躍を描く。出演は、「犬神家の一族」の尾上菊之助、「リリイ・シュシュのすべて」の稲森いずみ。監督は、「私立探偵 濱マイク」シリーズの林海象。第21回東京国際映画祭日本映画・ある視点部門及び第8回光州国際映画祭オープニング作品。
  • ジェネラル・ルージュの凱旋

    「チーム・バチスタの栄光」に続く海堂尊の同名小説を映画化。病院内の疑惑をめぐり再び田口と白鳥が事件解明に挑む。監督は前作と同じ中村義洋が担当。出演は「サイドカーに犬」の竹内結子、「青い鳥」の阿部寛、「クライマーズ・ハイ」の堺雅人、「チェスト!」の羽田美智子、「252 生存者あり」の山本太郎など。
  • ALWAYS 続・三丁目の夕日

    2005年度の日本アカデミー賞で作品賞など13部門を受賞、興収35億円の大ヒット作となった「ALWAYS 三丁目の夕日」のパート2。前作の結末から4ヶ月後となる昭和34年の春から翌年までの、三丁目で暮らす人々の悲喜こもごもな暮らしを描く。原作は「ビッグコミック オリジナル」で現在も連載されている西岸良平の国民的コミック。「リターナー」の山崎貴が前作に引き続いて脚本・監督。出演者も前作からそのままで、吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、三浦友和らが続投。
    90
  • 青空のルーレット

    いつか自分の夢を実現させるため、危険な高層ビルの窓拭きで生計をたてる若者たちの姿を描いた、青春映画。監督は「花」の西谷真一。出演は「出口のない海」の塩谷瞬、「包帯クラブ」の貫地谷しほり、「富嶽百景 遥かなる場所」嶋尾康史、「パッチギ! LOVE&PEACE」の村田雄浩ほか。
  • 包帯クラブ

    閉塞感漂う地方都市で、将来に希望を見出せないでいる女子校生が、【包帯を傷ついた場所に巻く】という行為を通じ、心を癒し、仲間と交流を深めあっていくという青春物語。『永遠の仔』の天童荒太の同名小説を、「トリック」シリーズや「明日の記憶」の堤幸彦が映画化。主演は、「誰も知らない」の柳楽優弥、「北の零年」の石原さとみ。
  • 彩恋

    性格はバラバラだが仲のいい女子高生3人組のそれぞれの不安や葛藤などを抱えた姿をユーモアを交え描いた青春ラブ・ストーリー。監督は「サマーヌード」「放郷物語」の飯塚健。出演は「ハチミツとクローバー」の関めぐみ、「スウィングガールズ」の貫地谷しほり、「フラガール」の徳永えりほか。
  • 神童

    孤高の天才ピアノ少女が、音楽の真の喜び、そして人とのつながりのあたたかさに目覚めていく姿を描く、本格クラシック映画。クラシック・ファンからも熱烈な支持を集めているさそうあきらの漫画の映画化。主演は、成海璃子(ドラマ「瑠璃の島」)、松山ケンイチ(「デスノート」)。監督は「帰郷」の萩生田宏治。
    70
  • 愛の流刑地

    ベストセラー作家・渡辺淳一の小説「愛の流刑地」を映画化した、至高の純愛を描く官能ラブストーリー。主人公の作家・村尾菊治には豊川悦司(「魂萌え!」)、村尾と道ならぬ恋に落ちる人妻・入江冬香には、寺島しのぶ(「やわらかい生活」)が扮し、濃厚な愛の世界を見せる。監督はテレビ界の鬼才・鶴橋康夫。
    60
  • 夜のピクニック

    第2回本屋大賞を受賞した恩田陸のベストセラー小説を映画化した青春ドラマ。24時間夜を徹して80キロを歩く伝統行事「歩行祭」に参加した高校生たちの一夜を描く。監督は「青空のゆくえ」の長澤雅彦。出演は「HINOKIO」の多部未華子、「蝉しぐれ」の石田卓也。
    80
  • 予感

    オオヤユウスケ(ポラリス)、原田郁子(クラムボン)、永積タカシ(ハナレグミ)からなるバンド、ohana(オハナ)。その三人が主演して、映画のようなプロモーション・ヴィデオを撮ってみたいというところから始まったショート・ムーヴィーだ。三人の演じる人物たちがそれぞれに感じる恋の始まりの『予感』を叙情的に描き出している。出演者は他に竹中直人、石井苗子、大森南朋、貴地谷しほりなど。監督は「やわらかい生活」の廣木隆一だ。
  • ナイスの森 The First Contact

    3人の人気クリエイターが奇想天外な魅力に溢れた複数のエピソードを演出する、お祭り映画。出演は寺島進(「茶の味」)、浅野忠信(「花よりもなほ」)、池脇千鶴(「ストロベリーショートケイクス」)、吹石一恵(「紀子の食卓」)、尾野真千子(「リアリズムの宿」)、加瀬亮(「ハチミツとクローバー」)、西門えりか(「カスタムメイド10.30」)など豪華メンバーが揃った。監督は石井克人(「茶の味」)、三木俊一郎(CM「FANTAシリーズ」)、そしてANIKI([カスタムメイド10.30])だ。
  • 最終兵器彼女

    普通の男子高校生と戦闘兵器に改造された女子高生の、恋の行方を描いたファンタジー。監督は「恋文日和/雪に咲く花」の須賀大観。高橋しん原作の同名コミックを基に清水友佳子が脚色。撮影を「空中庭園」の藤澤順一が担当している。主演は、「孕み HARAMI 白い恐怖」の前田亜季と「まだまだあぶない刑事」の窪塚俊介。第18回東京国際映画祭特別招待作品。
  • 探偵事務所5” 5ナンバーで呼ばれる探偵達の物語

    永瀬正敏主演「私立探偵濱マイク」シリーズの林海象監督と同スタッフが再結集し、新たに作り上げた探偵ドラマ。出演は「乱歩地獄」の成宮寛貴、「妖怪大戦争」の宮迫博之。永瀬正敏が“内偵”役で特別出演している。
    50
  • 死霊波

    テレビ映像に紛れて放出される怨念の恐怖を描いたサイコ・ホラー。監督は「サル」の葉山陽一郎。脚本は、「激しい季節」の加納佳代と葉山監督の共同。撮影を「官能病棟 濡れた赤い唇」の中尾正人が担当している。主演は、「TOKYO NOIR」の和田聡宏と「SURVIVE STYLE 5+」の貫地谷しほり。
  • SURVIVE STYLE 5+

    過酷な現代を生きる5組の愛憎模様を描いた群像コメディ。監督は、CMディレクターとして活躍し、本作が映画初監督作となる関口現。脚本は、自らの原案を基に多田琢が執筆。撮影をシグママコトが担当している。出演は、「珈琲時光」の浅野忠信、「HERO? 天使に逢えば…」の橋本麗香、「青い春」の小泉今日子、「恋人はスナイパー 劇場版 The Sniper episode03」の阿部寛、「娘道成寺 蛇炎の恋」の岸部一徳、「ROCKERS」の麻生祐未、「ガチャポン」の津田寛治、「スウィングガールズ」の森下能幸、映画初出演のJAI WEST、「赤線 AKA-SEN」の荒川良々、「スナッチ」のヴィニー・ジョーンズ。
  • スウィングガールズ

    ジャズに魅了され、ビッグバンドを結成した田舎の女子高生たちの奮闘と成長を描いた青春群像コメディ。監督・脚本は「パルコ フィクション/バーゲン」の矢口史靖。撮影を「深呼吸の必要」の柴主高秀が担当している。主演は、「チルソクの夏」の上野樹里と映画初出演の平岡祐太。文化庁支援作品。
  • 修羅の群れ(2002)

    博徒の世界に飛び込んだひとりの若者が、やがて日本の極道社会を牛耳る存在にまでなっていく姿を、オールスターキャストで描いた実録任侠ドラマ。監督は「日本極道史 野望の軍団」の辻裕之。大下英治の原作を基に、「弱虫 チンピラ」の石川雅也が脚色。撮影を「赤い橋の下のぬるい水」の小松原茂が担当している。主演は「獅子の血脈」の松方弘樹。スーパー16ミリからのブローアップ。
    80
  • 惨劇館 夢子

    謎の殺人予知夢に悩まされる女子高生が、その真相解明に挑むショッキング・スリラー。監督は、本篇デビューとなる久保山努。御茶漬海苔による原作コミックを基に、久保山監督が脚色。撮影監督に「東京ハレンチ天国 さよならのブルース」の橋本清明があたっている。主演は、「BATTLE ROYALE」の美波と「SCORE2 THE BIG FIGHT」の小沢和義。DV→デジタルβ作品。ビデオプロジェクターによる上映。
    20
  • 探偵事務所5″Another Story 2nd SEASON File 3

    林海象率いる映像探偵社が贈る探偵ドラマの第2シーズン第3巻。恋に奮闘する女子高生を貫地谷しほりが演じる「君の瞳に恋してる!?」、探偵524が自身の息子の調査に乗り出す「グッバイマザー」、バーでの一夜の物語を綴った「探偵BARにようこそ」を収録。【スタッフ&キャスト】監督:久万真路 脚本:関谷崇 出演:貫地谷しほり/鈴木達也/和田瞳/松田尚樹/千葉翔也/冨澤風斗(以上「君の瞳に恋してる!?」)
  • 探偵事務所5″Another Story File 6

    『私立探偵 濱マイク』のスタッフが贈る探偵ドラマのネットシネマ版第6弾。宍戸会長の孫娘の部屋から見慣れない指紋が検出される「指紋の記憶」と、空の鳥かごを抱えた建築家が口にする“青い鳥”の謎を542が探る「青い鳥を探して」を収録。【スタッフ&キャスト】エグゼクティブプロデューサー:大和田廣樹 エグゼクティブプロデューサー・企画・原作:林海象 脚本監修:利重剛 撮影:長田勇市 出演:貫地谷しほり/池田成志/松井涼子/望月柚枷(以上「指紋の記憶」)
  • 探偵事務所5″Another Story File 5

    『私立探偵 濱マイク』のスタッフが贈る探偵ドラマのネットシネマ版第5弾。“探偵事務所5”の会長の娘である瞳が事件に巻き込まれる「川崎少年探偵団」と、変装の天才である探偵532が変装の必要がない依頼を受ける「七つの心」の、全2話を収録。【スタッフ&キャスト】監督:久方真路/萩生田宏治 企画・原作:林海象 脚本:徳永富彦 出演:貫地谷しほり/夏生ゆうな/鐘築健二/佐野史郎
  • 探偵事務所5 カインとアベル

    「探偵事務所5」シリーズの「カインとアベル」を再編集したサスペンス。探偵事務所5の会長の孫・宍戸瞳は、振込み詐欺の被害者を助けるため探偵511と共に調査に乗り出す。そんな折、探偵511は幼い頃一緒に探偵になることを夢見たシュウと偶然再会し…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・エグゼクティブプロデューサー:林海象 脚本:徳永富彦/利重剛 エグゼクティブプロデューサー:大和田廣樹 出演:柏原収史/塩谷瞬/貫地谷しほり/宍戸錠
  • 地球征服アパート物語

    『大洗にも星はふるなり』の福田雄一監督が描く超脱力系ゆるゆるSFストーリー。2010年、地球征服を目論む宇宙人が襲来したのは、何の変哲もないただのアパートだった。バナナマン、貫地谷しほり、秋吉久美子が共演。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:福田雄一 出演:設楽統(バナナマン)/日村勇紀(バナナマン)/貫地谷しほり/秋吉久美子
    70

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/31

イ・ジョンヒョク(1974)

ラブ・アゲイン 2度目のプロポーズ

「探偵なふたり」のクォン・サンウ主演によるラブコメディ。“離婚式”を経て、夢にまで見たシングルライフを満喫するヒョヌ。だが、6か月ぶりに元妻ソニョンと再会、第二の結婚のような危険な生活が始まった。そんななか、旧友で恋愛音痴のサンチョルが現れ……。共演は『パーフェクト・ボウル 運命を賭けたピン』のイ・ジョンヒョン、「お料理帖 息子に遺す記憶のレシピ」のイ・ジョンヒョク。監督は『用意周到ミス・シン』のパク・ヨンジプ。

お料理帖 息子に遺す記憶のレシピ

母親が遺した一冊の料理帖から浮かび上がる、家族への複雑な想いと愛情を映し出すヒューマンドラマ。惣菜屋を経営するエランと、非常勤講師の息子ギュヒョンとは冷ややかな親子関係が続いていた。そんなある日、突如エランにアルツハイマー病の兆候が現れ……。出演は「美しき野獣」のイ・ジュシル、「飛べない鳥と優しいキツネ」のイ・ジョンヒョク。監督は「犬どろぼう完全計画」のキム・ソンホ。『京都国際映画祭2018』、第31回東京国際映画祭提携企画『コリアン・シネマ・ウィーク2018』にて「母のノート」のタイトルで上映。
マイケル・ビーン(1956)

フルリベンジ

2012年ファンタジア国際映画祭で上映されたチリ映画を、「ターミネーター」のマイケル・ビーン製作・主演でリメイクしたバイオレンス。父親に虐待されて育った姉妹による復讐劇。監督は、チリ版も手掛けたパトリシオ・ヴァラダレス。出演は、ドラマ『NIP/TUCK ハリウッド整形外科医』のジャニーン・カスパー、「マチェーテ」のエレクトラ・アヴェラン。『未体験ゾーンの映画たち2016』で上映。

エイリアン2 完全版

シガーニー・ウィーバー主演のSFホラー第2作。1986年公開時のものに、ジェームス・キャメロン監督自ら未公開シーンを加え再編集した。

NEW今日命日の映画人 7/31

ジャンヌ・モロー(2017)

天使の入江

人生に潜む冷淡で皮肉な側面を見つめたジャック・ドゥミ監督の長編第2作。パリで銀行員として働くジャンは、初めて訪れたカジノで大金を得る。以来、ギャンブルに取り憑かれた彼は、ブロンド女性・ジャッキーと意気投合し、共にのめり込んでいく。WOWOWにて放映後、アンスティチュ・フランセ東京で開催された特集企画『ジャック・ドゥミ、映画の夢』にて上映(上映日:2014年9月20日)。2017年7月22日より特集企画『ドゥミとヴァルダ、幸福についての5つの物語』にて劇場上映。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・台詞:ジャック・ドゥミ 撮影:ジャン・ラビエ 音楽:ミシェル・ルグラン 編集:アンヌ=マリー・コトレ 出演:ジャンヌ・モロー/クロード・マン/アンリ・ナシエ/ポール・ゲール

家族の灯り

ポルトガルの作家ラウル・ブランダンの戯曲を基に「ブロンド少女は過激に美しく」のマノエル・デ・オリヴェイラ監督が映画化。小さな港町を舞台に、失踪した息子の帰りを待ちわびる父と母、妻の姿を描く。出演は「楽園からの旅人」のマイケル・ロンズデール、「ブーベの恋人」のクラウディア・カルディナーレ、「突然炎のごとく」のジャンヌ・モロー、「永遠の語らい」のレオノール・シルヴェイラ、「ブロンド少女は過激に美しく」のリカルド・トレパ、「ノン、あるいは支配の空しい栄光」のルイス・ミゲル・シントラ。