マーティン・ランガー

マーティン・ランガーの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 顔のないヒトラーたち

    戦時中にナチスが犯した罪をドイツ人自ら裁き戦争責任に向き合う契機となった1963~1965年のアウシュヴィッツ裁判開廷までの道のりを、事実に基づき描いた人間ドラマ。戦後十数年が経ち戦争を過去のものとする雰囲気に包まれる中、ナチスの罪を浮かび上がらせようとした検察官たちの苦闘に迫る。監督は俳優としても活躍するイタリア出身のジュリオ・リッチャレッリ。本作が長編映画初監督作品となる。主演は「ゲーテの恋~君に捧ぐ『若きウェルテルの悩み』~」のアレクサンダー・フェーリング。ほか、「ハンナ・アーレント」のフリーデリーケ・ベヒトらが出演。
  • コッホ先生と僕らの革命

    19世紀末、当時反英感情が強かった帝国主義下のドイツで初となる英語教師になり、自らの進退を顧みずイギリス発祥のスポーツであるサッカーを通じて生徒たちの自立や成長を促した男とその生徒たちを描いたヒューマンドラマ。後にドイツ・サッカーの父と呼ばれるコンラート・コッホを「イングロリアス・バスターズ」「グッバイ、レーニン!」のダニエル・ブリュールが演じる。他、「白いリボン」のブルクハルト・クラウスナー、「es [エス]」のユストゥス・フォン・ドーナニー、「善き人のためのソナタ」のトマス・ティーマらが出演。監督は主にドイツのテレビ番組制作に携わってきたセバスチャン・グロブラー。本作がデビュー作となる。
    100
  • 白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々

    ヒトラーによる独裁政権末期のドイツで、反ナチス運動に身を投じて大逆罪によって処刑された21歳の女性ゾフィー・ショルの最後の5日間を描いた衝撃のドラマ。2005年のベルリン国際映画祭で監督賞(マルク・ローテムント)と主演女優賞(ユリア・イェンチ)を受賞。
  • Re:プレイ

    過去2年間の記憶を失い窮地に立たされた男が、過去と現在を行き来しながら真相を追究していくミステリー・サスペンス。「アイデンティティー」の脚本家マイケル・クーニーの舞台劇を映画化。監督は「トンネル」のローランド・ズゾ・リヒター。主演は「クルーエル・インテンションズ」のライアン・フィリップ。
  • トンネル(2001)

    東西冷戦下、ベルリンの壁の下にトンネルを掘り、自由を勝ち取った人々の実話を基に描いたサスペンス・アクション。監督はこれが日本初公開作となるローランド・ズゾ・リヒター。出演は「逢いたくてヴェニス」のハイノー・フェルヒ、「CLUBファンダンゴ」のニコレッテ・クレビッツほか。2001年モントリオール国際映画祭観客賞、同年パーム・スプリングス映画祭最優秀作品賞、同年ドイツ映画祭(ロサンゼルス)観客賞受賞。
  • リトル・ウィッチ

    ドイツで朗読カセットとして愛され続けているベストセラーファンタジーを映像化。生まれながらにして不思議な力を持つ小さな魔女・ビビが、授与されたクリスタルボールを巡り繰り広げる冒険を描く。カッチャ・リーマンを始め人気スターが共演している。【スタッフ&キャスト】監督:ヘルミーネ・フントゲブルース 脚本:エルフィー・ドネリー 製作総指揮:ベルント・クラウゼ 撮影:マーティン・ランガー 出演:シドニー・フォン・クロージック/カーチャ・リーマン/ウルリッヒ・ネーゼン/コリーナ・ハルフォッホ

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 9/24

該当する人物がいません