ローランド・ズゾ・リヒター

ローランド・ズゾ・リヒターの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ドレスデン、運命の日

    第二次世界大戦時にドイツで起こった悲劇を真正面から扱った重厚な戦争叙事詩。敵国同士の男女が織り成すラブ・ストーリーには、「和解」と「反戦」のメッセージがこめられている。主演は、テレビで活躍するフェリシタス・ヴォール、そしてジョン・ライト(「セックス調査団」)。監督は「トンネル」のローランド・ズゾ・リヒター。
  • Re:プレイ

    過去2年間の記憶を失い窮地に立たされた男が、過去と現在を行き来しながら真相を追究していくミステリー・サスペンス。「アイデンティティー」の脚本家マイケル・クーニーの舞台劇を映画化。監督は「トンネル」のローランド・ズゾ・リヒター。主演は「クルーエル・インテンションズ」のライアン・フィリップ。
  • トンネル(2001)

    東西冷戦下、ベルリンの壁の下にトンネルを掘り、自由を勝ち取った人々の実話を基に描いたサスペンス・アクション。監督はこれが日本初公開作となるローランド・ズゾ・リヒター。出演は「逢いたくてヴェニス」のハイノー・フェルヒ、「CLUBファンダンゴ」のニコレッテ・クレビッツほか。2001年モントリオール国際映画祭観客賞、同年パーム・スプリングス映画祭最優秀作品賞、同年ドイツ映画祭(ロサンゼルス)観客賞受賞。
  • ハイジャック181

    世界を震撼させた「ルフトハンザ181便ハイジャック事件」を元に描くアクションサスペンス。77年10月。乗客・乗員91人を乗せたルフトハンザ航空181便が、4人のテロリストにハイジャックされた。ドイツ政府は人質救出のため、特殊部隊GSG-9に指令を下す。【スタッフ&キャスト】監督:ローランド・ズゾ・リヒター 脚本:モーリス・フィリップ・レミー/ガブリエラ・スパール 製作:カール・ベルゲングリューン 出演:トーマス・クレッチマン/ナディヤ・ウール/サイード・タグマウイ/ヘルベルト・クナウプ

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?