クリステン・スチュワート クリステンスチュワート

  • 出身地:カリフォルニア州ロサンゼルス
  • 生年月日:1990/04/09

クリステン・スチュワートの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ジョーン・ジェット バッド・レピュテーション

    70年代末に活躍したガールズバンド、ザ・ランナウェイズの元中心メンバーであり、その後もジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツとして活躍、2015年にはロックの殿堂入りを果たしたアメリカのミュージシャン、ジョーン・ジェットの半生に迫るドキュメンタリー。監督は、数々の音楽PV等を手がけてきたケヴィン・カースレイク。シネマート新宿・シネマート心斎橋で開催される特集企画「UNDERDOCS」にて上映。
  • チャーリーズ・エンジェル(2019)

    2000年代の人気アクション映画シリーズを、世代も時代設定も一新し再映画化。特殊訓練を受けたエリート女性エージェント組織、通称“チャーリーズ・エンジェル”に新人エレーナが加入する。その矢先、新開発のエネルギーが兵器化されるという情報が入る。出演は、「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワート、「アラジン」のナオミ・スコット、イギリスの新星エラ・バリンスカ。監督・出演は、「ピッチ・パーフェクト」シリーズのエリザベス・バンクス。
    89
    • 可愛い
  • ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏

    2000年代半ば、全米の注目を集めながらも、架空の存在であることが判明し、大スキャンダルとなった作家“J・T・リロイ”の事件を映画化。親元を離れた10代の少女サヴァンナは、“J・T・リロイ”名義で小説を出版する作家ローラと出会うが……。出演は「アクトレス ~女たちの舞台~」のクリステン・スチュワート、「スノー・ロワイヤル」のローラ・ダーン。監督は「ストレンジャー 異界からの訪問者」のジャスティン・ケリー。
    0
  • モンスターズ 悪魔の復讐

    実の娘が斧を使って、父と継母を惨殺したとされるアメリカ犯罪史に名を刻む、19世紀の猟奇的な未解決事件“リジー・ボーデン事件"を描いた、リベンジ・サスペンス。カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019参加作品。
  • パーソナル・ショッパー

    オリヴィエ・アサイヤスが「アクトレス~女たちの舞台~」に続きクリステン・スチュワートと組み、第69回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞したミステリー。セレブの買い物代行をするモウリーンの携帯電話に怪メールが届き始め、奇妙な出来事が起こっていく。クリステン・スチュワートは、双子の兄の死を引きずりながらパリでセレブのために働くパーソナル・ショッパーを演じる。シャネルが衣装協力したほか、カルティエなどのブランドショップが登場。劇場公開に先駆け、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017にて特別上映された(上映日:2017年3月3日)。
    60
  • カフェ・ソサエティ

    1930年代のハリウッドを舞台に、ウディ・アレンが紡ぎ出すロマンティック・コメディー。映画業界で働くことを夢見る平凡な青年ボビー。業界の敏腕エージェントである叔父のもとで働き始めた彼は、叔父の秘書を務めるヴォニーの美しさに心を奪われてしまい……。出演は「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」のジェシー・アイゼンバーグ、「アクトレス 女たちの舞台」のクリステン・スチュワート、「ロスト・バケーション」のブレイク・ライブリー、「フォックスキャッチャー」のスティーヴ・カレル、「教授のおかしな妄想殺人」のパーカー・ポージー。撮影監督は「地獄の黙示録」「ラストエンペラー」のヴィットリオ・ストラーロ。
    70
  • ロスト・エモーション

    リドリー・スコット監督が製作総指揮を務めたSFラブサスペンス。世界戦争後、平和を守るために遺伝子操作で人間から感情が排除された。しかし感情を呼び起こす伝染病が発生、感情を持ったサイラスとニアは見つかれば殺されると知りながら惹かれ合っていく。監督は「あなたとのキスまでの距離」(未)のドレイク・ドレマス。出演は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のニコラス・ホルト、「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワートほか。日本でも撮影が行われた。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2017』にて上映。
    70
  • エージェント・ウルトラ

    「ソーシャル・ネットワーク」のジェシー・アイゼンバーグが主演を務めるアクションコメディー。田舎町で冴えない日々を送るマイクは、謎の暗号をきっかけに秘められた能力が覚醒。実は彼はCIAの洗脳プログラムを受けたエージェントだった……。「クロニクル」のマックス・ランディスのオリジナル脚本を『プロジェクトX』のニマ・ヌリザデが監督。共演は「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワート、「ロスト・ハイウェイ」のビル・プルマン、「顔のないスパイ」のトファー・グレイス、「ジャンゴ 繋がれざる者」のウォルトン・ゴギンズ、「エンド・オブ・ザ・ワールド」のコニ―・ブリットン。
    70
  • アクトレス 女たちの舞台

    きらびやかな世界を渡り歩いてきた女優の光と影を、スイスの大自然を捉えた美しい映像や、シャネルの特別協力による衣装、壮大なクラシック音楽とともに描いた人間ドラマ。監督・脚本は「夏時間の庭」「クリーン」のオリヴィエ・アサイヤス。「イングリッシュ・ペイシェント」で第69回アカデミー賞助演女優賞を受賞したのをはじめカンヌ・ヴェネツィア・ベルリンの三大映画祭で女優賞を獲得しているジュリエット・ビノシュが、輝かしいキャリアを持つ大女優の葛藤を演じる。また、彼女を支えるマネージャーを「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワートが演じ、アメリカ人女優として初めて第40回セザール賞助演女優賞を受賞した。
    70
  • アリスのままで

    50歳で若年性アルツハイマー病を発症し次第に記憶を失っていきながらも懸命に生きる女性教授を、主に発症した本人の目線から描いたドラマ。アメリカでベストセラーとなったリサ・ジェノヴァの小説を映画化。主演は「マップ・トゥ・ザ・スターズ」「エデンより彼方に」のジュリアン・ムーア。本作の演技により第87回アカデミー賞、第72回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門など数々の映画賞で主演女優賞を受賞した。ほか、「ブルージャスミン」のアレック・ボールドウィン、「ビヨンド the シー 夢見るように歌えば」のケイト・ボスワース、「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワートらが揺れ動く家族たちを演じている。
    80
  • オン・ザ・ロード(2012)

    1950年代のアメリカを象徴するビート・ジェネレーションの代表的作家ジャック・ケルアックが、自らの体験をベースに書き上げた青春小説の名作を映画化。奔放な人生を送る男と出会った若い作家が、放浪体験を通して人生を学んでゆく。出演は「ビザンチウム」のサム・ライリー、「トロン:レガシー」のギャレット・ヘドランド。
    70
  • トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part2

    人間の少女とヴァンパイアの禁断の恋を描いたシリーズ完結編。少女が産んだハーフ・ヴァンパイアの子を巡り、世界中のヴァンパイアを巻き込む最終決戦を描く。監督は前作に続きビル・コンドンが担当。出演は、本シリーズによって若手トップスターへと登り詰めたクリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン、テイラー・ロートナー。
  • スノーホワイト(2012)

    グリム童話「白雪姫」をモチーフに、悪に立ち向かい、タフに進化していくヒロインの姿を描くアクション・アドベンチャー。監督は、CM界で華やかなキャリアを築き上げ、本作が長編デビューとなるルパート・サンダース。出演は「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワート、「ヤング≒アダルト」のシャーリーズ・セロン、「マイティ・ソー」のクリス・ヘムズワース。
    60
  • トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part1

    ヴァンパイアと人間の禁断の恋を描いた「トワイライト」シリーズ最終章の前編。主人公二人の結婚、妊娠をきっかけに始まる新たな戦いを描く。監督は「ドリームガールズ」のビル・コンドン。出演は「ランナウェイズ」のクリステン・スチュワート、「リメンバー・ミー」のロバート・パティンソン「バレンタインデー」のテイラー・ロートナー。
  • ランナウェイズ

    1970年代に人気を博したガールズバンド“ランナウェイズ”の軌跡を追った音楽映画。原作はヴォーカルのシェリー・カーリーの自伝で、リーダーだったジョーン・ジェットがエグゼクティブ・プロデューサーを担当。出演は「エクリプス/トワイライト・サーガ」のクリステン・スチュワート、「宇宙戦争」のダコタ・ファニング。
    90
  • エクリプス トワイライト・サーガ

    ヴァンパイアと人間の禁断の恋を描き、全米で大ヒットの「トワイライト・サーガ」第3章。人間を襲う狂暴なヴァンパイア“ニューボーン”が出現、ヴァンパイアとオオカミ族が共同で立ち向かう。出演は「イエロー・ハンカチーフ」のクリステン・スチュワート、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のロバート・パティンソン。
    80
  • トラブル・イン・ハリウッド

    「レイジング・ブル」などで二度のオスカーに輝くロバート・デ・ニーロ主演で、ハリウッドの映画プロデューサーの苦労をコミカルに描くバックステージもの。「ミルク」のショーン・ペンや「サロゲート」のブルース・ウィリスが本人役で出演するなど、豪華キャストが顔を揃える。監督は「レインマン」のバリー・レヴィンソン。
  • イエロー・ハンカチーフ

    山田洋次監督の名作「幸福の黄色いハンカチ」を「天使にさよなら」のウダヤン・プラサッド監督がリメイク。舞台を北海道からアメリカ南部に移し、孤独と諦観に包まれた人々が旅を通して力強く再生していく姿を描く。出演は「インクレディブル・ハルク」のウィリアム・ハート、「50歳の恋愛白書」のマリア・ベロ、「ニュームーン/トワイライト・サーガ」のクリステン・スチュワートなど。
    70
  • ニュームーン/トワイライト・サーガ

    ヴァンパイアと人間の禁断の恋を描きベストセラーとなったステファニー・メイヤーの小説を映画化した“トワイライト・サーガ”第二弾。前作から引き続きの「イントゥ・ザ・ワイルド」のクリステン・スチュワート、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のロバート・パティンソンに加え、「宇宙戦争」のダコタ・ファニングも出演。
    90
  • トワイライト 初恋

    シリーズ累計2500万部のベストセラー小説の映画化。孤独な少女と美しいヴァンパイアによる禁断の恋を描く。出演は、「イントゥ・ザ・ワイルド」のクリステン・スチュワート、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のロバート・パティンソン。監督は「サーティーン あの頃欲しかった愛のこと」のキャサリン・ハードウィック。
    80
  • イントゥ・ザ・ワイルド

    『プレッジ』以来となる待望の作品で、ショーン・ペンは、優れた監督としての技量を存分に発揮している。2008年アカデミー賞の監督賞候補に絡まなかったのが不思議なほど素晴らしい。1992年にアラスカの荒野で死体となって発見された若者クリストファー・マッカンドレス。その生と死に迫ったジョン・クラカワーのベストセラー・ノンフィクション「荒野へ」に惚れ込み、映画化権獲得に10年近い歳月を費やし自ら脚本も手がけている。クリス役に抜擢されたのは『スピード・レーサー』にも主演した新鋭エミール・ハーシュ。知的で無謀で純粋な青年役を熱演している。18キロもの減量に挑み演じた孤独と飢餓に陥って行く様は圧巻。
  • ゴースト・ハウス(2007)

    ノース・ダコタの大地に立つ人里離れた一軒屋を舞台に、それぞれの問題をかかえる家族が次々に迫り来る恐怖と戦うホラームービー。監督は「レイン」「the EYE[アイ]」のダニー・パン&オキサイド・パン。制作は「スパイダーマン」シリーズを手がけるサム・ライミ。出演は「パニック・ルーム」のクリステン・スチュワート、ディラン・マクダーモット、ジョン・コーベット他。
  • ザスーラ

    幼い兄弟がボード・ゲームを通して本当に宇宙空間を旅するSFアドヴェンチャー。監督は『エルフ~サンタの国からやってきた~』(V)のジョン・ファヴロー。脚本は「宇宙戦争」のデイヴィッド・コープ。原作は『ジュマンジ』などで知られるクリス・ヴァン・オールスバーグの小説。撮影は「ヘルボーイ」のギレルモ・ナヴァロ。音楽は「パッション」のジョン・デブニー。美術は「チャーリーズ・エンジェル」シリーズのJ・マイケル・リーヴァ。編集は『エルフ~サンタの国からやってきた~』(V)のダン・レーベンタール。衣裳は「ブレイド3」のローラ・ジーン・シャノン。出演は「ポーラー・エクスプレス」のジョシュ・ハッチャーソン、『ラスト・マップ/真実を探して』(V)のジョナ・ボボ、「トレジャー・ハンターズ」のダックス・シェパード、「パニック・ルーム」のクリステン・スチュワート、「宇宙戦争」のティム・ロビンスほか。
    90
  • パニック・ルーム

    屋敷内を舞台にしたサスペンス・スリラー。監督は「ファイト・クラブ」のデイヴィッド・フィンチャー。製作・脚本は「スパイダーマン」のデイヴィッド・コープ。撮影は「ファイト・クラブ」のコンラッド・W・ホールと「ザ・ビーチ」のダリウス・コンディ。音楽は「ロード・オブ・ザ・リング」のハワード・ショア。美術は「ブラックホーク・ダウン」のアーサー・マックス。出演は「アンナと王様」のジョディ・フォスター、「ゴースト・ドッグ」のフォレスト・ウィテカー、「ニュートン・ボーイズ」のドワイト・ヨーカム、「レクイエム・フォー・ドリーム」のジャレッド・レトほか。
    70
  • ビリー・リンの永遠の一日

    ベン・ファウンテンの小説をアン・リー監督が映画化。イラク戦争での勇姿がメディアに取り上げられ一躍“英雄”となった19歳のビリー。凱旋ツアーのため一時帰国、アメフトのハーフタイムイベントに参加した彼は、現実と戦争の記憶が交差する感覚に陥る。主人公ビリー役に新人のジョー・アルウィンが抜擢。共演は「アクトレス 女たちの舞台」のクリステン・スチュワート、「世界にひとつのプレイブック」のクリス・タッカー、「PAN ネバーランド、夢のはじまり」のギャレット・ヘドランド、「ワイルド・スピード」シリーズのヴィン・ディーゼル、「ピンクパンサー」シリーズのスティーヴ・マーティン。
    89
    • おしゃれな
    • かっこいい
  • レディ・ソルジャー

    クリステン・スチュワートがタフな女兵士を演じた戦争ドラマ。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ピーター・サットラー 撮影:ジェームズ・ラクストン 美術:リチャード・A・ライト 編集:ゲラード・ブリソン 出演:クリステン・スチュワート/ペイマン・モアディ/ジョン・キャロル・リンチ/レイン・ギャリソン
    80
  • ライフ・ゴーズ・オン 彼女たちの選択

    ローラ・ダーン、クリステン・スチュワート、ミシェル・ウィリアムズ共演のドラマ。弁護士・ローラ、新居のことで頭がいっぱいのジーナ、弁護士をしながら夜間学校で市民に法律を教えるエリザベス。アメリカの街で懸命に生きる女性の姿を描く。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ケリー・ライヒャルト 原作:マイリー・メロイ 製作総指揮:トッド・ヘインズ 撮影:クリストファー・ブロヴェルト 出演:ローラ・ダーン/クリステン・スチュワート/ミシェル・ウィリアムズ/ジャレッド・ハリス
    80
  • ランド・オブ・ウーマン 優しい雨の降る街で

    元祖ラブコメの女王、メグ・ライアンと「The OC」シリーズのアダム・ブロディ共演によるラブロマンス。監督はローレンス・カスダンの息子のジョン・カスダン。
    90
  • アドベンチャーランドへようこそ

    グレッグ・モットーラ監督が、80年代のサブカルチャー要素満載で贈る“ダサかっこいい”青春コメディ。最後の夏休みに地元の寂れた遊園地でバイトすることになった大学生のジェイムズ。エキセントリックなバイト仲間との出会いが彼に波乱を起こす。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:グレッグ・モットーラ 製作:シドニー・キンメル 製作総指揮:ウィリアム・ホーバーグ 音楽監修:トレイシー・マクナイト 出演:ジェシー・アイゼンバーグ/クリステン・スチュワート/ライアン・レイノルズ/マーティン・スター
  • クリステン・スチュワート ロストガール

    「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワートが10代の娼婦役に挑んだ感動ドラマ。娘を事故で亡くして以来、妻と疎遠になってしまったダグ・ライリーは、ニューオリンズに訪れた際に立ち寄ったストリップクラブで娘とよく似た少女と出会う。
  • ミッションX

    ヨーロッパで大ヒットを記録したアクション冒険劇のハリウッド版。ある日父親が倒れ、多額の手術費が必要となった12歳の少女・マディは、2人の友人と共に銀行強盗を決意。だが、そこは最新鋭のセキュリティーシステムを導入した難攻不落の銀行だった。【スタッフ&キャスト】監督:バート・フレインドリッチ 脚本:ニコライ・アーセル 製作:アンドリュー・ラザー 撮影:ジュリオ・マカット 出演:クリステン・スチュワート/コービン・ブルー/ジェニファー・ビールス/サム・ロバーズ
    70