トム・ベレンジャー

トム・ベレンジャーの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 山猫は眠らない8 暗殺者の終幕

    伝説の狙撃手トーマス・ベケットやその息子ブランドンが過酷な任務に当たる戦争アクションシリーズ第8弾。外交官が何者かに暗殺され、狙撃兵ブランドンに容疑がかかる。CIAと彼の命を狙う集団から追われる中、ブランドンは父トーマスに協力を求めるが……。監督は、コミックライターやアーティストとして活躍、「キャビン・フィーバー ペイシェント・ゼロ」などでメガホンを取ったカーレ・アンドリュース。トーマス・ベケット役のトム・ベレンジャー、ブランドン・ベケット役のチャド・マイケル・コリンズが続投。また「媚空 -ビクウ-」の秋元才加が謎の暗殺者ユキ・ミフネ(レディ・デス)役で出演、ハリウッドデビューを果たした。
    78
    • 手に汗握る
    • かっこいい
  • ブレーキ(2012)

    理由もわからずに狭い箱の中に閉じ込められ、4分ごとに死の罠に襲われるシークレットサービスの男が体験する恐怖を描くシチュエーション・スリラー。全編の90%を箱の中で撮影したという映像が、緊迫感を高める。出演は「インモータルズ 神々の戦い」のスティーブン・ドーフ、「インセプション」のトム・ベレンジャー。
  • ファースター 怒りの銃弾

    「ウィッチマウンテン/地図から消された山」のドウェイン・ジョンソン主演で贈るアクション映画。裏切りによって刑務所に送られた男が、出所後、復讐を遂げてゆく姿を描く。共演は「イーグル・アイ」のビリー・ボブ・ソーントン、「インセプション」のトム・べレンジャー。監督は「ソウル・フード」のジョージ・ティルマン・Jr。
    70
  • インセプション

    人の潜在意識に潜入してアイデアを盗むスパイが挑む、最後の危険な任務を描くサスペンス・アクション。監督は、「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン。出演は、「シャッター アイランド」のレオナルド・ディカプリオ、「ラスト サムライ」の渡辺謙、「(500日)のサマー」のジョセフ・ゴードン・レヴィット。
    80
  • 山猫は眠らない3 決別の照準

    ストイックかつ緊迫感あふれる語り口とミリタリー系マニアも納得の綿密な銃器考証で人気の正統派アクション・シリーズ「山猫は眠らない」の第3弾。トム・ベレンジャーが孤高のスナイパー、トーマス・ベケットを演じ、古巣のベトナムを舞台にこれまでベールに閉ざされていた彼の過去に焦点が当てられる。監督は「フロム・ダスク・ティル・ドーン3」のP・J・ピース。
    70
  • 山猫は眠らない2 狙撃手の掟

    「プラトーン」「メジャーリーグ」のトム・ベレンジャーが伝説のスナイパー、トーマス・ベケットを演じる「山猫は眠らない」の続篇。監督はシャープで重厚なアクションシーンには定評のあるクレイグ・R・バクスレー。製作総指揮は「カットスロート・ハイウェイ」「ヴァンパイア・ハンター」監督としても知られているJ・S・カードネ。また製作のキャロル・コッテンブルックは公私共にカードネのパートナーである。もう一人の製作者は「トゥルー・ブルー」「D.N.A」のスコット・アイビンダー。前作に引き続き音楽を担当するのが「沈黙の戦艦」「D.N.A」のゲイリー・チャン。脚本はハリウッドの新鋭ライターチームのロン・ミタ&ジム・マックレインで、アクション大作「S.W.A.T」でも共同脚本を手掛けている。
    80
  • トム・ベレンジャー in 処刑岬

    『トレーニング・デイ』のトム・ベレンジャーが主演したサスペンスアクション。
  • D-TOX

    隔絶された雪深い施設を舞台に、警官ばかりを狙う猟奇殺人犯と恋人を殺された刑事の死闘を描くポリス・アクション。監督は「ラストサマー」のジム・ギレスピー。製作は「チェンバー/凍った絆」のリック・キドニー。原案・脚本は「マーキュリー・ライジング」のロン・L・ブリンカーホフ。撮影は「ボーン・コレクター」のディーン・セムラー。プロダクション・デザイナーは「8mm」のゲイリー・ウィスナー。音楽は「シュレック」のジョン・パウエル。出演は「ドリヴン」のシルベルター・スタローン、「クッキー・フォーチュン」のチャールズ・S・ダットン、「チェルシーホテル」のクリス・クリストファーソン、「トム・ベレンジャー in 処刑岬」のトム・ベレンジャー、「ブルート」のポリー・ウォーカー、「不滅の恋 ベートーヴェン」のクリストファー・フルフォードほか。
  • トレーニング デイ

    血気盛んな新人刑事がベテラン刑事の指導のもとで、予想つかない事態に巻き込まれていく異色の刑事ドラマ。出演は「ボーン・コレクター」のデンゼル・ワシントンと「ガタカ」のイーサン・ホーク。監督は「リプレイスメント・キラー」のアントワーン・フークア。ワシントンは本作でアカデミー賞主演男優賞を受賞した。
    80
  • コンフェッション(1998)

    「ザ・エージェント」のキューバ・グッディングJr.主演によるサスペンス・アクション。
  • 疑惑の幻影

    影の巨大な力に脅かされながら、殺人事件の真相に挑む女弁護士の姿を描いたスリラー。監督は「ホワイト・ファンク」のランダル・グレイザー。脚本は本作がデビューのマイラ・ビヤンカと、アカデミー賞ノミネートの短編『Bronx Cheers』のレイモンド・デフェリタ。製作はアダム・クライン。撮影は「ブラック・レイン」の第二班撮影や「GIジェーン」のカメラ・オペレーターを経て、本作が撮影監督デビューのクレイグ・ハーゲンセン。音楽はジョエル・ゴールドスミス。美術は「ディフェンスレス 密会」のカーティス・A・シュネル、編集はジェフ・ゴーソン。衣裳は「愛と青春の旅だち」のリタ・リッグス。出演は「あなたに逢いたくて」のメラニー・グリフィス、「相続人」のトム・ベレンジャー、「スリープ・ウィズ・ミー」のクレイグ・シェイファー、ミュージシャンのヒューイ・ルイス(「ショート・カッツ」)、「沈黙のジェラシー」のニーナ・フォッチほか。
  • 相続人(1997)

    見えない敵に命を狙われる敏腕弁護士の姿を描くサスペンス。「評決のとき」のベストセラー作家ジョン・グリシャムによる初の映画用書き下ろしの映画化で、監督には「ショート・カッツ」「カンザス・シティ」の名匠ロバート・アルトマンがあたった。脚本はアル・ハイース。撮影は「太陽の少年」のクー・チャンウェイで本作がハリウッドでの第1作。音楽は「ショート・カッツ」「NY検事局」のマーク・アイシャム。出演は「ハムレット」のケネス・ブラナー、「悪魔を憐れむ歌」のエンベス・デイヴィッツ、「追跡者」のロバート・ダウニー・Jr.、「ディープ・インパクト」のロバート・デュヴァルほか。
  • ネイティブ・ハート

    現代社会で孤独を抱えていた男と女が、伝説のシャイアン族との交流により暖かい心を取り戻していく様を描いた感動作。監督・脚本は「ノートルダムの鐘」(96)などの脚本家であるタブ・マーフィーで、本作が彼の監督デビューとなる。製作はジョエル・B・マイケルズ。製作総指揮は「ショーガール」などのマリオ・カサール。撮影は「インデペンデンス・デイ」のカール・ウォルター・リンデンローブ。音楽はデイヴィッド・アーノルド。美術はトレヴァー・ウィリアムス。編集はリチャード・ハルシー。衣裳は「ラスト・オブ・モヒカン」のエルザ・ザンパレッリ。主演は「シェイド」のトム・ベレンジャー。共演は「ある貴婦人の肖像」のバーバラ・ハーシーほか。
  • シェイド(1996)

    元刑事の大学教授が、怪死を遂げた同僚の事件を追う姿を、幻想的なタッチで描いた異色のサスペンス。監督は「新リバイアサン リフト」のサロメ・ブレジナー。製作はロバート・グリンウォルド、デイヴィッド・マタロン、ジョージ・モフリー、アラン・A・アポーン。製作総指揮は主演の「野獣教師」のトム・ベレンジャーと、「セイント」のウィリアム・J・マクドナルド。原作・脚本はランドール・シルヴィス。共演は「フォー・ルームス」のヴァレリア・ゴリノ、「アナコンダ」のカリ・ウーラー、「ショウ・ガール」のロバート・ダヴィ、「トゥームストーン」のスティーヴン・ラング、「マーヴェリック」のジョフリー・ルイス(「フロム・ダスク・ティル・ドーン」などの女優ジュリエット・ルイスの実父)ほか。
  • ボディ・ランゲージ

    肉体関係を持った場末の謎めいた女に利用されて転落する弁護士の姿を描いたエロティック・サスペンス。監督はBBC出身の新鋭ジョージ・ケイス。製作はビル・ボーデンとディアーヌ・ナバトフ、エグゼクティヴ・プロデューサーは「ゆりかごを揺らす手」「ターミナル・ベロシティ」のテッド・フィールドとデイヴィッド・マッデン、ロバート・W・コート、脚本はエリック・ハーレイチャー、撮影は「フォー・ルームス」のアンジェイ・セクラ、音楽はコリン・タウンズ、美術はアーミン・ガンツ、編集はウィリアム・C・ゴールデンバーグ、衣裳はルイーズ・フログレイがそれぞれ担当。主演は「野獣教師」のトム・ベレンジャー。共演はモデル出身のハイディ・シャンツ、「ハネムーンは命がけ」のナンシー・トラヴィス、「素顔のままで」のロバート・パトリックほか。
  • 野獣教師

    荒廃する高校に代理教師として乗り込んだプロの傭兵の活躍を描くアクション快作。監督は「F/X 引き裂かれたトリック」「青春の輝き」のロバート・マンデル。製作は「アパートメントゼロ」のモリー・エイゼンマンと「黒豹のバラード」のジム・スティール、エグゼクティヴ・プロデューサーはスティーヴン・バカラーとデヴォラ・カトラー。脚本はロイ・フランクス、ロッコ・シモネリ、アラン・オームズビーの共同。撮影は「ダーティハリー」「コリーナ、コリーナ」の名手ブルース・サーティーズ。音楽は「D.N.A.」のゲイリー・チャンがスコアを書き、ラップ、ラテン・ミュージックが画面を彩る。美術は「カラーズ 天使が消えた街」のロン・フォアマン、衣裳は「愛は危険な香り」のパトリシア・フィールド。主演は「山猫は眠らない」のトム・ベレンジャー。共演は「F/X」「ヒート」のダイアン・ヴェノーラ、「ゆりかごを揺らす手」のアーニー・ハドソン、「デンバーに死す時」のウィリアム・フォーサイスほか。
  • 逃げる天使

    青年士官と融通のきかない中年軍曹、ウマが合うはずのないコンビが、キュートでグラマー、しかしとんでもないトラブル・メーカーの″囚人″ギャルの移送を命じられ、すったもんだを繰り広げるロードムービー。監督はハリウッドの異端児デニス・ホッパー。原案は「ブローン・アウェイ 復讐の序曲」で一躍メジャーに躍り出たジョン・バッティーアとジョン・ライスのコンビ。この2人に「フリージャック」のダン・ギルロイが加わって脚本を仕上げた。撮影はウェリ・スタイガー、編集は「トゥルー・ロマンス」のクリスチャン・A・ワグナー、美術はロバート・ピアーソン、映画全体にゆったりと流れる音楽は″ニュー・カントリー″の人気コンビ、ドワイト・ヨーカム&ピート・アンダーソン。主演は「プラトーン」、「ホット・スポット」のバーンズ軍曹役などコワモテの演技で知られるトム・ベレンジャー、対するは「サバイビング・ゲーム」の新鋭ウィリアム・マクナマラ。このコンビを翻弄するのがアクション大作「沈黙の戦艦」のエリカ・エレニアック。シーモア・カッセルをはじめ、デイーン・ストックウェルなどホッパーの交友関係がうかがえる配役に加えて、とどめにホッパー自身が「ブルー・ベルベット」、「リバース・エッジ」で見せた怪演のセルフ・パロディまで見せてくれるサービスぶりだ。
  • メジャーリーグ2

    大リーグのお荷物球団クリーブランド・インディアンズ(実在する)の珍無類の活躍を描いた、野球コメディのヒット作「メジャーリーグ」(89)の続編。今回は奇跡の逆転優勝から一転、最下位へと転落したチームが再び優勝を目指す姿を描く。監督は前作に続きデイヴィッド・ウォードで、製作はジェームズ・G・ロビンソンとウォードの共同。撮影は「心の扉」のヴィクター・ハマー、音楽は「ニュー・ジャック・シティ」のミシェル・コロンビエに交代。出演はチャーリー・シーン、トム・ベレンジャー、ジェームズ・ギャモンら前作のメンバーに加え、日本から″とんねるず″の石橋貴明が助っ人選手役で参加したのも話題に。
  • 硝子の塔

    何者かに常に窃視されるヒロインが連続殺人事件に巻き込まれていくさまを描いた、エロティックなサイコ・サスペンス。監督は「パトリオット・ゲーム」のフィリップ・ノイス。製作は「ローズマリーの赤ちゃん」のロバート・エヴァンスで、原作は同作のアイラ・レヴィン。エグゼクティヴ・プロデューサーはハワード・W・コッチと、脚本を手掛けた「氷の微笑」のジョー・エスターハス。撮影は「虚栄のかがり火」のヴィルモス・ジグモンドが担当。音楽は「裸のランチ」のハワード・ショアがスコアを書き、UB40、エニグマ、ネナ・チェリーなど14組のアーティストの曲が挿入曲として使用されている。主演は「氷の微笑」のシャロン・ストーン。ほかに「バックドラフト」のウィリアム・ボールドウィン、「山猫は眠らない」のトム・ベレンジャー、「ウディ・アレンの重罪と軽罪」のマーティン・ランドーらが共演。
  • 山猫は眠らない

    南米パナマのジャングルを舞台に、米政府上層部の極秘指令を受けて隠密作戦を展開する2人の狙撃手の姿を描く戦争アクション。撮影の大部分はオーストラリアのクィーンズランド北部のジャングルで行われた。監督はペルー出身で「大統領暗殺指令」のルイス・ロッサ。製作はロバート・L・ローゼン。エグゼクティヴ・プロデューサーは「トイズ」のマーク・ジョンソン。脚本はマイケル・フロスト・ベックナーとクラッシュ・レイランド。撮影は「カッコーの巣の上で」のビル・バトラー。音楽はゲイリー・チャンが担当。主演は「7月4日に生まれて」のトム・ベレンジャー、「メンフィス・ベル」のビリー・ゼイン。
    70
  • プラスティック・ナイトメア 仮面の情事

    交通事故で記憶を失った男が自分の正体を突き止めようとするサイコ・スリラー。リチャード・ニーリーの同名小説の映画化で、製作・脚本・監督はウォルフガング・ペーターゼン、共同製作はジョン・デイヴィス、デイヴィッド・コーダ、撮影はラズロ・コヴァックス、音楽はアラン・シルヴェストリ、編集はハンネ・ニケル、美術はグレッグ・フォンセカが担当。出演はトム・ベレンジャー、グレタ・スカッキ、コービン・バーンセン、ジョアン・ウォーリー・キルマー、ボブ・ホスキンスなど。
  • メジャーリーグ

    弱小チーム建て直しのために集められた落ちこぼれ選手たちの活躍を描く野球映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはマーク・ローゼンバーグ。製作はクリス・チェサーとアービー・スミス、監督・脚本は本作品が日本公開第1作になるデイヴィッド・ワード。撮影は「ルーカスの初恋メモリー」のレイナルド・ヴィラロボス、音楽は「熱き愛に時は流れて」のジェームズ・ニュートン・ハワードが担当。出演は「背信の日々」のトム・ベレンジャー、チャーリー・シーンほか。
  • ディア・アメリカ 戦場からの手紙

    ベトナムで戦った若き兵士たちが家族や親友、恋人に宛てて送った手紙を、兵士自身が撮った8ミリフィルムや未公開のニュースフィルムなどを再構成した映像を背景に、ロバート・デ・ニーロ、マーティン・シーン、ウィレム・デフォー、エレン・バースティン、マイケル・J・フォックス、キャスリーン・ターナー他総勢33名のスター達が朗読するドキュメンタリー映画。製作・監督・脚本は「愛のファミリー」のビル・コーチュリー、共同製作は卜ーマス・バード、共同脚本はリチャード・デュハースト、音楽はトッド・ボーグルヘイドが担当。60年ー70年代のそれぞれの時代を代表するにふさわしい音楽をフューチャーし、ナレーション・キャストはノーギャラによる出演である。
  • 背信の日々

    価値観の全く違う男女の出会いと愛によって、秘められたアメリカの暗部を浮き彫りにしてゆく。エグゼクティヴ・プロデューサーは脚本も担当しているジョー・エスターハスとハル・W・ポレアー、監督は「ミッシング」のコンスタンチン・コスタ=ガブラス、撮影はパトリック・ブロッシェア、音楽は「この愛に生きて」のビル・コンティが担当。出演は「夜霧のマンハッタン」のデブラ・ウィンガー、「影なき男(1987)」のトム・ベレンジャーほか。
  • 影なき男(1987)

    ヴェテランFBI捜査官と登山ガイドがコンビを組んで凶悪犯を追跡するサスペンス。製作はロン・シルヴァーマンとダニエル・ペトリー・ジュニア。ハーヴ・ジンメルの原案を、ジンメル自らとマイケル・バートン、ダニエル・ペトリー・ジュニアが共同で脚本を担当。監督は「アンダー・ファイア」のロジャー・スポティスウッド。撮影はマイケル・チャップマンが担当。出演はシドニー・ポワチエ、トム・ベレンジャー、クランシー・ブラウン、カーティス・アレイほか。
  • 誰かに見られてる

    殺人を目撃した富豪の若い女性と彼女の護衛を任された刑事の愛を描くサスペンス。製作はハロルド・シュナイダー、シーリー・デ・ギャニイ、エグゼクティヴ・プロデューサー・監督は「レジェンド 光と闇の伝説」のリドリー・スコット、脚本はハワード・フランクリン、撮影はスティーヴン・ポスター、音楽はマイケル・ケイメンが担当。出演はトム・ベレンジャー、ミミ・ロジャースほか。
    80
  • プラトーン

    ベトナム戦争の最前線を舞台に、地獄のような戦場と兵士達の赤裸々な姿を描く。製作はアーノルド・コペルソン、エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・デイリーとデレク・ギブソン、監督・脚本は「ミッドナイト・エクスプレス」「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」の脚本を執筆したオリヴァー・ストーン、撮影はロバート・リチャードソン、音楽はジョルジュ・ドルリューが担当。出演はチャーリー・シーン、トム・ベレンジャーほか。
  • 再会の時

    大学時代の学友たちが再会して、卒業後の生活を語りあうというドラマ。製作はマイケル・シャンバーグ。エグゼクティブ・プロデューサーはマーシャ・ナサティアとローレンス・カスダン。監督は脚本家出身で「白いドレスの女」(81)につづき、これが第2回監督作品になるローレンス・カスダン。脚本はカスダンとバーバラ・べネデクが執筆。撮影はジョン・ベイリー、編集はキャロル・リトルトンが担当。全編に60年代のボピュラーソング21曲が流れるが、その選曲にメグ・カスダンが当つている。出演はトム・ベレンジャー、グレン・クロース、ジェフ・ゴールドブラム、ウィリアム・ハートなど。サウス・カロライナ州ボーフォート、ジョージア州アトランタでロケ撮影された。
    90
  • 戦争の犬たち(1980・アメリカ)

    西アフリカの黒人独裁国を舞台にイギリスの大資本から依頼された4人の戦争プロたちが現政権転覆のために襲撃をかけるという戦争アクション。製作総指揮はノーマン・ジュイソンとパトリック・パーマー、製作はラリー・ド・ワーイ、監督はTV界出身でこれが劇場映画第1作に当るジョン・アービン。フレデリック・フォーサイスの原作(角川書店刊行)を基にゲイリー・デヴォアとジョージ・マルコが脚色。撮影はジャック・カーディフ、音楽はジョフリー・バーゴン、編集はアンソニー・ギブス、製作デザインはピーター・マリンズが各々担当。出演はクリストファー・ウォーケン、トム・ベレンジャー、コリン・ブレイクリー、ヒュー・ミレース、ポール・フリーマン、ジャン・フランソワ・ステヴナン、ジョージ・W・ハリスなど。
  • ブルー・エクスタシー 官能の夜

    同じ年頃の女の子より年上の女性とのセックスの方が満足できる男の遍歴を描く恋愛映画。製作総指揮はスティーブン・ロスとハロルド・グリーンバーグ。製作はロバート・ラントスとクロード・エイルー。監督はジョージ・カッツェンダー。脚本はポール・ゴットリーブ。原作はスティーヴン・ビジンツェー。撮影はミクロス・レンテ。音楽はティボール・ポルガー。出演はトム・ベレンジャー、カレン・ブラック、スーザン・ストラスバーグ、アレクサンドラ・スチュワルトなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。日本での公開時は成人映画館での上映となった。
  • 新・明日に向って撃て!

    無法の世界に生きる男同士の深い友情で結ばれたブッチ・キャシディとサンダンス・キッドの若き日を描く。製作はガブリエル・カッカとスティーブン・バック、監督は「ロビンとマリアン」のリチャード・レスター。ウィリアム・ゴールドマンが「明日に向って撃て!」で創作した登場人物を基にアラン・バーンズが脚色。撮影はラズロ・コバックス、音楽はパトリック・ウィリアムズ、編集はジョージ・トリロゴフ、製作デザインはブライアン・イートウェルが各々担当。出演はウィリアム・カット、トム・ベレンジャー、ジェフ・コーリー、ジョン・シャック、ピーター・ウェラー、ブライアン・デネヒー、クリス・ロイド、ジル・アイケンベリー、アーサー・ヒル、ジョエル・フルーレン、レジナ・バフ、ピーター・プロッゴなど。
  • ミスター・グッドバーを探して

    若い女教師が麻薬とSEXにおぼれ、身をほろぼしていくさまを描く。製作はフレディ・フィールズ、監督・脚本は「弾丸を噛め」のリチャード・ブルックス、原作はジュディス・ロスナー、撮影はウィリアム・A・フレイカー、音楽はアーティ・ケーン、編集はジョージ・グレンビル、美術はエドワード・カーファグノが各々担当。出演はダイアン・キートン、チューズディ・ウェルド、ウィリアム・アザートン、リチャード・カイリー、リチャード・ギア、アラン・フェインスタイン、トム・ベレンジャー、レヴァー・バートンなど。
  • バッド・ネゴシエーター

    『デッドトリガー』のスコット・ウィンハウザー監督が放つノンストップアクション。交渉人を務めていた警察官のマイケル。彼が6ヵ月の休職から現場に復帰した当日、銀行強盗事件が起きる。その犯人がマイケルの疎遠の兄・ジェシーだと分かり…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:スコット・ウィンハウザー 音楽:ステファン・エドワーズ 美術:ジェフリー・レイズ 出演:マイケル・ジェイ・ホワイト/クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン/トム・ベレンジャー/パトリック・キルパトリック/ビクトリア・プラット
  • ディア・スナイパー

    「山猫は眠らない」シリーズのトム・べレンジャー主演によるアクションスリラー。雪山で鹿狩りをしていた退役軍人のジムは、誤ってひとりの若い女を射殺してしまう。最悪の事態に慌てるジムだったが、倒れた女の横に大金が入ったバッグを見つけ…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・撮影:ジョン・バー プロデューサー:スザ・ホルバット 音楽:ザック・マクニール 出演:トム・べレンジャー/クリステン・ヘイガー/マーク・シーヴァートセン/ポール・ベン=ヴィクター/ジミー・ルブラン
  • バルジ・ソルジャーズ

    ナチス・ドイツ軍最後の大攻勢の中、米軍の護衛を担った小隊の戦いを描くミリタリーアクション。1944年、連合軍の最前線を守備する命を受けたカッパ中尉。彼の部隊は「バルジの戦い」として知られるドイツ軍最大の攻撃にさらされることに。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ルーク・シューツル 製作:ディーン・ブロクソム 音楽:ハリソン・マウンタン 撮影:ピーター・ウイガンド 出演:スティーヴン・ルーク/マイケル・バーギン/アーロン・コートー/トム・ベレンジャー
    30
  • ザ・ハッカー

    セキュリティ関係の専門家・シモムラのコンピュータが何者かに侵入され、データを盗まれた上にウイルスを注入された。FBIは当てにならず、独自に侵入者追跡プログラムをつくり犯人探しを開始する。トム・ベレンジャー出演のハイテクアクション。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:ボブ・ウェインスタイン/アンドリュー・ロナ 監督:ジョー・チャペル 音楽:クリス・ホルムズ 出演:スキート・ウリッチ/トム・ベレンジャー/ラッセル・ウォン/ドナル・ローグ
  • スネーク・ダイヴ

    ルーク・ペリー、トム・ベレンジャー共演の潜水艦アクション。引退を間近に控えた潜水艦艦長のオニール中佐は、新兵たちと一緒に最後の任務に就く。子供のお守り同然の任務に憤慨するオニールだったが、この航海にはある危険な目的が隠されていた。【スタッフ&キャスト】監督:フレッド・オーレン・レイ 脚本:マーク・サンダーソン 制作:グレン・ハートフォード/ダニエル・トール 出演:ルーク・ペリー/クリスタ・アレン/トム・ベレンジャー/ルイス・マンディロア
  • ハリウッド・ゲーム

    ハリウッドで人々に夢を与えた男たちが、自分たちの夢を叶えるために一世一代の大芝居を演じる。成功か死か、命を賭けた1000万ドルの争奪戦が始まった…。『プラトーン』のT・ベレンジャー、『ドリヴン』のB・レイノルズら、実力派が結集した娯楽傑作。【スタッフ&キャスト】監督:ソンケ・ワートマン 撮影監督:ベディゴ・フォン・シュルシェンドルフ 特殊効果:トーマス・L・ベリッシモ 出演:トム・ベレンジャー/バート・レイノルズ/ロッド・スタイガー
  • エアブレイク

    『ドロップ・ゾーン』の原作ガイ・マノスがメガホンをとり、『メジャーリーグ』のトム・ベレンジャーが主演したスカイハードアクション。麻薬捜査官ビクターは、夜間フライトでスカイダイバーが密輸していることを突きとめ、彼らに接触を図ったが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ガイ・マノス 撮影:ゲリー・ライブラリー 編集:マーチン・ハンター 出演:トム・ベレンジャー/スティーブン・ボールドウィン/デニス・ロッドマン/キャスパー・バン・ディーン/ロン・シルバー
  • 探偵より愛をこめて

    「モダーンズ」のアラン・ルドルフ監督による大人のサスペンス。日本劇場未公開。
  • スモーキン・エース2

    ジョー・カーナハン監督によるバイオレンスムービー『スモーキン・エース』の続編。情報分析官として長年FBIに在籍する男・ウィードが突如、暗殺のターゲットに…。300万ドルの報酬を賭け、イカれた暗殺者たちの壮絶なバトルが開始される。【スタッフ&キャスト】監督:P・J・ピース 製作総指揮:ジョー・カーナハン 製作:マイク・エリオット 撮影:デヴィッド・ゲッデス 出演:トム・ベレンジャー/トミー・フラナガン/ヴィニー・ジョーンズ/マルタ・イガレータ
    60
  • THE HITMAN チャーリー・バレンタイン

    レイモンド・J・バリー、トム・ベレンジャーらが共演したハードボイルドアクション。保護監察官のベッカーから足を洗うよう諭された伝説のギャングスター、チャーリー・バレンタインは、最後の大仕事に臨むが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ジェシー・V・ジョンソン 撮影:ジョナサン・ホール 編集:カリ・コフリン 音楽:マルチェロ・デ・フランシスキ 出演:レイモンド・J・バリー/マイケル・ウェザリー/トム・ベレンジャー/ジェームズ・ルッソ
  • 山猫は眠らない5 反逆の銃痕

    凄腕スナイパーの戦いを描いた戦争アクション第5弾。世界各地で米軍士官が暗殺される事件が勃発。その被害者の中には伝説的狙撃手、トーマス・ベケットの名前もあった。父の死の真相を突き止めるべく、ブランドン・ベケット一等軍曹はシリアへ向かう。
    70
  • ベルベット・スパイダー

    トム・ベレンジャー、マイケル・ビーン、スタナ・カティックら共演によるアクション。冷酷な犯罪組織の人間を次々と殺していく女殺し屋・ライナ。だが、彼女の最大のターゲットは、以前ライナを可愛がっていた闇組織のボス・ヴァージルで…。【スタッフ&キャスト】監督・製作:ニック・ヴァレロンガ 脚本:ポール・スローン 音楽:クリフ・マルティネス 編集:リチャード・ハルシー 出演:トム・ベレンジャー/マイケル・ビーン/スタナ・カティック/トム・サイズモア
  • デッドリミット(1999)

    『山猫は眠らない2 狙撃手の掟』のトム・ベレンジャーが出演したサスペンスアクション。ルーマニアのアメリカ大使館がテロリストに占拠された。核兵器のシステム解除のエンジニアと、美人プログラマーが、テロリストの陰謀を阻止すべく立ち上がる。【スタッフ&キャスト】監督:グスタヴォ・グラフ・マリーノ 製作:ピーター・エイブラムス 原案:マーク・アミン 脚本:ロバート・ボリス 出演:トム・ベレンジャー/ピーター・ウェラー/ダリル・ハンナ/ブライオン・ジェームズ
    0
  • インパクト・アース

    巨大彗星が地球を恐怖に陥れるディザスターパニック。輝く長い尾で人々を魅了する彗星。しかし、そのひとつが地球に衝突する軌道にあることが発覚。絶望的な時間との戦いの中、全人類の運命を賭けて天文学者のティムとその家族が立ち上がる。【スタッフ&キャスト】監督:レックス・ピアノ 製作:バーカー・ホワイト SFX:マーク・ハバ スタント:クリス・ファンガイ 出演:トム・ベレンジャー/バーナード・カリー/リュー・テンプル/ブルック・ラングトン
  • エディ&ザ・クルーザース

    トム・ベレンジャー主演によるロックムービー。リーダーが失踪し解散した伝説のグループ・エディ&ザ・クルーザース。解散から18年後、テレビ局のレポーターがバンドの追跡レポートを始める。“BEST HITS SELECTION”。※一般告知解禁日:2月20日【スタッフ&キャスト】監督・脚本:マーティン・デビッドソン 原作:P・F・クルージ 撮影:フレッド・マーフィ 音楽:ジョン・キャファティ 出演:マイケル・パレ/トム・ベレンジャー/エレン・バーキン/ヘレン・シュナイダー
  • ゲットバッカーズ

    キーラ・セジウィック、トム・ベレンジャー、シルベスター・スタローン共演による、クライムコメディ。服役中のコレット、マフィアのドミニク、新人女優のエヴァ、若手記者・ロジャー、警官・ウィルフィーが、謎の本をめぐってひと騒動を巻き起こす。【スタッフ&キャスト】監督・製作・脚本:ジョン・ハーツフェルド 製作:カシアン・エルウィズ 製作総指揮:ロバート・オグデン・バーナム/ダニー・ディルモート 出演:キーラ・セジウィック/トム・ベレンジャー/ダニー・トレホ/シルベスター・スタローン
    0
  • ラスト・トリック

    実際に起きた事件を題材にしたサスペンス。資産家一家のフランクと結婚し裕福な生活を手に入れたヘイデンはある日、夫の弟たちの不正を見付けスラム街の再開発事業の中止を進言するが、直後に夫な謎の死を遂げ…。【スタッフ&キャスト】監督:ブレント・ハフ 脚本:アラン・モスコウィッツ 撮影:アンドリュー・ヒューブシャー 音楽:パイナー・トプラク 出演:トム・ベレンジャー/テイタム・オニール/ジェームズ・ブローリン/ピーター・コヨーテ
  • 山猫は眠らない7 狙撃手の血統

    凄腕スナイパーの戦いを描いた戦争アクション第7弾。米海兵隊の狙撃兵・ブランドンは麻薬カルテルのボスを捕らえる任務に就く。父・トーマスも合流し、彼らはコロンビアDEAと共に行動を開始するが、作戦がすべて筒抜けで…。【スタッフ&キャスト】出演:チャド・マイケル・コリンズ/トム・ベレンジャー/ビリー・ゼイン
    70
  • ルール 無法都市

    闇の犯罪組織に立ち向かう刑事たちの活躍を描いたクライムアクション。捜査中に相棒を亡くしたニューオリンズ警察の刑事・ショーンは、新任刑事・ウィルと共に裏社会を震撼させる殺人事件の捜査を始める。やがて事件の鍵を握る人物を突き止めるが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ウィリアム・カウフマン 脚本:ジェイ・モーゼス 製作:ロン・バリッキー 撮影:マーク・ラトリッジ 出演:ジョニー・ストロング/トム・ベレンジャー/ショーン・パトリック・フラナリー/コスタス・マンディロア
  • 逃亡者(2008)

    トム・ベレンジャーが追い詰められた男の狂気を悪の魅力たっぷりに演じた誘拐逃亡サスペンス。長い刑期を終えて娑婆に戻ったラーサン。妻にも見捨てられ自暴自棄になった彼は、10代の少女が運転する車を襲い…。【スタッフ&キャスト】監督:ジョージ・メンデラック 脚本:ジャック&ジョセフ・ナッサー 撮影:アンソニー・C・メッチー 音楽:スチュー・ゴールドバーグ 出演:トム・ベレンジャー/トーリ・ヒギンソン/ブリット・マッキリップ/ニコール・オリバー
  • トゥルー・ブルー

    『山猫は眠らない2』のトム・ベレンジャー主演によるサスペンス。ニューヨーク市警のベテラン刑事・レンは、手荒な捜査で担当事件を外されてしまい、“セントラル・パーク事件”にまわされてしまった。仕方なく事件を追い始めたレンだったが…。【スタッフ&キャスト】製作:スコット・アイビンダー/キャロル・コッテンブルック 監督・脚本:J・S・カーダン 音楽:ティム・ジョーンズ/ジョニー・リー・シェル 出演:トム・ベレンジャー/ロリー・ヒューリング/パメラ・ギドリー
    70
  • インファナル・ディール 野蛮な正義

    「処刑人」シリーズの製作者、クリス・ブリンカーが放つ至高のクライムアクション。愛と正義のために巨悪犯罪組織に挑んでいく男たちの姿を、ウィレム・デフォー、マット・ディロン、トム・ベレンジャーという豪華3大スターの共演で描く。
    60

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 8/4

ダニエル・デイ・キム(1968)

ラーヤと龍の王国

「ベイマックス」のドン・ホール監督と「ブラインドスポッティング」のカルロス・ロペス・エストラーダ監督がタッグを組んだアニメ。龍の石の守護者一族の娘ラーヤは、姿を消した“最後の龍”の力を蘇らせ、分断された世界を再び一つにするため、旅に出る。「モアナと伝説の海」のオスナット・シューラー、「アナと雪の女王」シリーズのピーター・デル・ヴェッコが製作に参加。人を信じることができず一人で生きてきたラーヤの戦いと成長を描く。

ヘルボーイ(2019)

ギレルモ・デル・トロが二度映画化した人気アメコミを、原作者マイク・ミニョーラ製作総指揮の下、再映画化。超常現象調査防衛局の最強エージェント、ヘルボーイは、人類に復讐を誓う魔女ニムエに戦いを挑むが、ニムエの魔力により、世界滅亡の危機が訪れる。特殊メイクを駆使して主人公ヘルボーイに扮したのは、Netflix『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で注目のデヴィッド・ハーバー。共演は「記者たち 衝撃と畏怖の真実」のミラ・ジョヴォヴィッチ、「ジョン・ウィック:チャプター2」のイアン・マクシェーン。監督を務めたのは、「ディセント」のニール・マーシャル。
檀れい(1971)

奥様は、取り扱い注意

2017年に放送されたドラマ『奥様は、取扱注意』の劇場版。元特殊工作員の専業主婦・菜美と、菜美の夫で、実は彼女を監視する公安警察の勇輝。ある出来事がきっかけで菜美が記憶喪失になると、二人は名前を変え、地方都市・珠海市で新生活を始めるが……。出演は、「今夜、ロマンス劇場で」の綾瀬はるか、「空母いぶき」の西島秀俊。監督は、「カイジ ファイナルゲーム」の佐藤東弥。

累 かさね

松浦だるまの同名コミックを実写映画化。伝説の女優を母に持ち、天才的な演技力がありながら、醜い容姿を恨み続けて生きてきた累。母は累に、キスした相手の顔を奪える不思議な口紅を遺していた。累は、美貌に恵まれながら花開かずにいる女優・ニナと出会う。監督は、「ストロベリーナイト」の佐藤祐市。出演は、「となりの怪物くん」の土屋太鳳、「心が叫びたがってるんだ。」の芳根京子、「破門 ふたりのヤクビョーガミ」の横山裕、「ママレード・ボーイ」の檀れい、「幼な子われらに生まれ」の浅野忠信。

NEW今日命日の映画人 8/4

該当する人物がいません