ウォルター・サレス

  • 出身地:リオ・デ・ジャネイロ
  • 生年月日:1956/04/12

略歴 / Brief history

【ブラジルの光と影をスタイリッシュに映し出す俊英】ブラジル、リオ・デ・ジャネイロの生まれ。現地ポルトガル語の発音に近い“ヴァルテル・サレス”の表記も用いられることがある。銀行家・外交官の父を持ち、幼少期の一部をヨーロッパで過ごすなど、さまざまな国の映画を観る機会に恵まれた。生地での就学を経て、映画人を多く輩出する米国・南カリフォルニア大学も卒業。1980年代の中頃よりドキュメンタリーやCMの製作に携わる。当時は日本の伝統と現代性の軋みをテーマにしたテレビ・ドキュメンタリーも手がけ、来日して黒澤明などと接触したという。91年、米国との合作によるサイコスリラー「殺しのアーティスト」で長編監督デビュー。共同監督による第2作はブラジル映画の作新として注目され、多数の映画賞も獲得した。サレスの名を世界に広めたのは、98年のロード・ムービー「セントラル・ステーション」。本作でベルリン映画祭金熊賞などを受賞し、米アカデミー賞の外国語映画賞にもノミネートされた。2001年の「ビハインド・ザ・サン」は、前述作と異なる詩的なタッチで神話のような世界を描き、ヴェネチア映画祭の観客賞を受賞。続く「モーターサイクル・ダイアリーズ」(03)も世界規模で賞賛される。04年には中田秀夫の「仄暗い水の底から」(02)をリメイクした「ダーク・ウォーター」でハリウッドに進出。しかしハリウッド式の大規模な映画作りに馴染めず、ふたたびブラジルでの映画製作に戻った。08年の「LinhadePasse」は、父親が異なる4人の息子たちとその母のブラジル家庭を、ドキュメンタリータッチで描いた人間ドラマ。現場では役者も意見を出し合える自由な映画作りをめざしたという。【ブラジル映画の再興を担う】50年代、ブラジル映画ではイタリアのネオリアリスモに倣った“シネマ・ノーヴォ”の映画運動が興る。これは60~80年代の軍事政権下に、映画公社による別の潮流に取って代わられ、やがて新政権下の90年には公社の助成も停止。ブラジル映画は壊滅状態に陥った。サレスの第1作はそんな状況下で国の支援なしに登場し、映画界に新風を吹きこむことになる。やがて、94年の体制変化で映画産業は回復を始め、ほぼ同時期に第2作が国内で注目、第3作は世界に躍り出て、とサレスの歩みはブラジル映画の復興と重なっていく。シネマ・ノーヴォを意識しつつ出発し、社会・政治・歴史の問題をドキュメンタリータッチのわかりやすいドラマ形式で、感情豊かに描き出すのがサレスの特徴であった。「セントラル・ステーション」「モーターサイクル・ダイアリーズ」などではロードムービーのスタイルを採り、放浪を通じてラテンアメリカのアイデンティティを追求することも、サレス映画のテーマのひとつとされた。成功を得てからは製作にも乗り出し、若手の育成などブラジル映画界に大きな貢献をしている。

ウォルター・サレスの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ジャ・ジャンクー、フェンヤンの子

    第15回東京フィルメックス上映作品。
  • オン・ザ・ロード(2012)

    1950年代のアメリカを象徴するビート・ジェネレーションの代表的作家ジャック・ケルアックが、自らの体験をベースに書き上げた青春小説の名作を映画化。奔放な人生を送る男と出会った若い作家が、放浪体験を通して人生を学んでゆく。出演は「ビザンチウム」のサム・ライリー、「トロン:レガシー」のギャレット・ヘドランド。
    70
  • アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち

    「バベル」でアカデミー作曲賞を受賞したグスターヴォ・サンタオラヤがプロデュースした、アルゼンチンタンゴの巨匠たちによるアルバム制作と、彼らが一堂に会したコンサートの模様を収めたドキュメンタリー。監督は、テレビ・ドキュメンタリーなどを手掛けるミゲル・コアン。第58回ベルリン国際映画祭パノラマ部門出品。
  • それぞれのシネマ「カンヌから5575マイル」

    『あなたにとって映画館とは』をテーマに、世界の名匠たちが【3分間】で撮ったオムニバスの一遍。カンヌ国際映画祭の60回目の開催を記念し製作された。
  • スエリーの青空

    ブラジルの田舎町を舞台に、原点に立ち返ることや新たな一歩を踏み出すことの大切さを描いた物語。監督は「マダム・サタン」のカリン・アイヌー。出演はエルミーラ・ゲーデス、マリア・メネゼス。2006年リオデジャネイロ国際映画祭で最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演女優賞を受賞。
  • パリ、ジュテーム

    全編パリで撮影された、パリの街が主役のラブ・ストーリー。ヌーヴェルヴァーグ全盛の65年、エリック・ロメールやジャン=リュック・ゴダールなど6人の監督がそれぞれの視点でパリを描いた「パリところどころ」の現代版ともいえる、新たなパリ映画。監督にはコーエン兄弟、ガス・ヴァン・サント、アルフォンソ・キュアロン、ウォルター・サレス、イサベル・コイシェ、諏訪敦彦、オリヴィエ・アサヤス、シルヴァン・ショメ、ジェラール・ドパルデューなど、出演者にはナタリー・ポートマン、イライジャ・ウッド、スティーヴ・ブシェミ、ジュリエット・ビノシュ、リュディヴィーヌ・サニエ、ジーナ・ローランズなど。
  • ダーク・ウォーター

    シングルマザーの女性が引っ越し先のアパートで直面する恐怖を描くホラー・ドラマ。鈴木光司原作、中田秀夫監督の「仄暗い水の底から」のリメイク。監督は「モーターサイクル・ダイアリーズ」のウォルター・サレス。脚本は「フロム・ヘル」のラファエル・イグレシアス。撮影は「ドット・ジ・アイ」のアフォンソ・ベアト。音楽は「ロング・エンゲージメント」のアンジェロ・バダラメンティ。美術は「ドア・イン・ザ・フロア」のテレーズ・デプレス。編集は「モーターサイクル・ダイアリーズ」のダニエル・レゼンデ。衣裳は「アメリカン・スプレンダー」のマイケル・ウィルキンソン。出演は「ハルク」のジェニファー・コネリー、『隣のリッチマン』(V)のアリエル・ゲイド、「アビエイター」のジョン・C・ライリー、「ヤング・ブラッド」のティム・ロス、「微笑みに出逢う街角」のピート・ポスルスウェイト、「エニグマ」のダグレイ・スコットほか。
  • トラベリング・ウィズ・ゲバラ

    革命運動に身を投じる前の若き日のチェ・ゲバラと親友アルベルトの南米大陸を巡る旅を描いた「モーターサイクル・ダイアリーズ」。この作品の撮影風景を記録したメイキング・ドキュメンタリー。
  • ビハインド・ザ・サン

    ブラジル東北部の砂地に住む2つの家族の壮絶な争いを描いた悲劇。監督・共同脚本は「セントラル・ステーション」「モーターサイクル・ダイアリーズ」のウォルター・サレス。原作はアルバニアの作家、イスマイル・カダレの小説『砕かれた四月』。撮影は「セントラル・ステーション」のウォルター・カルヴァーリョ。音楽は「セントラル・ステーション」「シティ・オブ・ゴッド」のアントニオ・ピント。編集は「セントラル・ステーション」のイザベル・ラテリー。美術も「セントラル・ステーション」のカシオ・アマランテ。出演は「ラブ・アクチュアリー」のロドリゴ・サントロ、これがデビューとなるラヴィ=ラモス・ラセルダ、「傷だらけの生涯」のホセ・デュモント、「セントラル・ステーション」のリタ・アッセマニー、「私の小さな楽園」のルイス=カルロス・ヴァスコンセロス、これがデビューとなるフラヴィア=マルコ・アントニオほか。2002年ヴェネチア国際映画祭若手審査員賞受賞。
  • モーターサイクル・ダイアリーズ

    のちに”チェ・ゲバラ“としてキューバ革命の英雄となる実在の革命家の、若き日の南米旅行を描いた青春映画。監督は「セントラル・ステーション」のウォルター・サレス。製作総指揮は俳優・監督として有名なロバート・レッドフォードほか。脚本は劇作家のホセ・リヴェーラ。原作はチェ・ゲバラの『モーターサイクル南米旅行日記』と、アルベルト・グラナードの『With Che through Latin America』。撮影は「インティマシー/親密」のエリック・ゴーティエ。音楽は「21グラム」のグスターヴォ・サンタオラヤ。編集は「シティ・オブ・ゴッド」のダニエル・レゼンデ。衣裳は「タンゴ」のベアトリス・ディ・ベネデットほか。出演は「ドット・ジ・アイ」のガエル・ガルシア・ベルナル、母国アルゼンチンで活躍するロドリゴ・デ・ラ・セルナ、「フリーダ」のミア・マエストロほか。
  • シティ・オブ・ゴッド

    ラジルのスラム街に生きる少年たちの姿をパワフルに描いたドラマ。監督はこれが日本初登場となるフェルナンド・メイレレス。共同監督はカチア・ルンヂ。脚本はこれが初長編となるブラウリオ・マントヴァーニ。原作はパウロ・リンスの同名ノンフィクション小説。出演は、本作で長編映画デビューとなる多くの新人たち、「セントラル・ステーション」のマテウス・ナッチェルガリほか。2002年マケラシュ映画祭監督賞、同年アメリカン・フィルム・インスティテュート映画祭観客賞、同年ハヴァナ国際映画祭9部門など受賞。
    80
  • セントラル・ステーション

    父親探しを通して芽生えた少年と中年女性の心の交流を暖かく描いたロードムービー。監督はドキュメンタリーも手がけるヴァルテル・サレス。脚本はジョアン・エマヌエル・カルネイロとマルコス・ベルンステイン。製作は「天国の約束」のアルテュール・コーンと「ヴィゴ」のマルティーヌ・ド・クレルモン=トネール。製作総指揮はエリザ・トロメッリ、リリアン・ブリムバウム、ドナルド・ランヴォ。撮影はヴェルテル・カルバーリョ。音楽はアントニオ・ピントとブラジル音楽シーンで活躍するジャキス・モレレンバウム。美術はカシオ・アマランテ、カルラ・カフェー。編集はイザベル・ラテリー、フェリーペ・ラセルダ。録音はジャン=クロード・ブリッソン、「アンダーグラウンド」のフランソワ・グルー、ブルーノ・タリエール、ヴァルディル・グザヴィエ。出演はブラジルの名女優フェルナンダ・モンテネグロ、本作が映画初出演の子役ヴィニシウス・デ・オリヴェイラほか。98年ベルリン映画祭金熊賞(グランプリ)銀熊賞・主演女優賞(モンテネグロ)受賞。第71回(98年度)アカデミー主演女優賞(モンテネグロ)ノミネート。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/26

エイブ・ヴィゴーダ(2016)

アンダーワールド(1996)

自分と父親を陥れた真犯人を見つけるため、正体不明の謎の男に接近する青年のパラノイアックな復讐劇を描いた異色サスペンス。本作の後「マッド・ドッグス」(日本では98年1月公開)で監督デビューも果たしたヴェテラン俳優ラリー・ビショップ(本作で助演も)の脚本を、「スター・ウォーズ」(美術監督としてアカデミー装飾部門最優秀賞を受賞)、『The Sender』(日本未公開、監督作)のロジャー・クリスチャンの監督で映画化。美術はアキ・カウリスマキ監督作品(「ラ・ヴィ・ド・ボエーム」ほか)でも知られるジョン・エブデン。出演は「ネオン・バイブル」のデニス・レアリー、「アンカーウーマン」のジョー・モントーニャ、「フューネラル」のアナベラ・シオラ、「ゴッドファーザー」のアベ・ヴィゴダ、「シリアル・ママ」のトレイシー・ローズほか。

シュガー・ヒル

ニューヨーク・ハーレムの暗黒街で、ドラッグ売買のトップにのし上がった2人の兄弟の葛藤を軸に展開する、愛と暴力に彩られたブラック・ムービー。監督はキューバ出身で、カンヌ国際映画祭で上映された「クロスオーバー・ドリーム」やテレビ映画「心臓が凍る瞬間」(日本では劇場公開)などの作品があるレオン・イチャソ。脚本はバリー・マイケル・クーパー。製作は「ラブ・クライム 官能の罠」のルディ・ラングレイスと、グレゴリー・ブラウン。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ザ・コミットメンツ」のアーミヤン・バーンスタインとトム・ローゼンバーグ、マーク・エイブラハムズの共同。撮影は「ディープ・カバー」「カリフォルニア(1993)」のボージャン・バゼリ。音楽はテレンス・ブランチャードで、ジャズ、ファンク、ソウル、ラップ、ヒップホップ、ブラック・コンテンポラリー、アフリカン・ミュージックからゴスペルに至るまで、さまざまなブラック・ミュージックの挿入曲が全編に流れる。美術は「再会の時」のマイケル・ヘルミー、主人公兄弟の人物造形や作品世界の上でも重要な要素を占める衣装は、「ディック・トレイシー」のエドゥアルド・カストロで、ヴェルサーチ、ヨージ・ヤマモトなどのスーツが使用されている。主演は「ニュー・ジャック・シティ」「デモリションマン」「ドロップ・ゾーン」など出演作が相次ぐウェズリー・スナイプスと、「ストリーマーズ 若き兵士たちの物語」『ファイブ・ハートビーツ』(V)のマイケル・ライト。「クロウ 飛翔伝説」のアーニー・ハドソン、「ビバリーヒルズ・コップ3」のテレサ・ランドルらが共演。