ビル・ナイ ビルナイ

  • 出身地:イングランド,ケーターハム
  • 生年月日:1949/12/12

ビル・ナイの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 幸せの答え合わせ

    「ブレス しあわせの呼吸」などの脚本家ウィリアム・ニコルソンが、両親との実体験を基に監督・脚本を手がけた人間ドラマ。29年間連れ添ったグレイスとエドワードだったが、一人息子ジェイミーが久しぶりに帰郷したある日、突如エドワードが別れを切り出す。妻グレイスを「20センチュリー・ウーマン」のアネット・ベニング、夫エドワードを「マイ・ブックショップ」のビル・ナイ、二人の息子ジェイミーを「ゴッズ・オウン・カントリー」のジョシュ・オコナーが演じる。
  • ニューヨーク 親切なロシア料理店

    「ワン・デイ 23年のラブストーリー」のロネ・シェルフィグが監督、事情を抱えNYに逃げてきた母親が見知らぬ人々の優しさと出会っていく人間ドラマ。潰れかけた曲者揃いの老舗ロシア料理店に、2人の子供を抱え無一文で逃げてきたクララが飛び込んでくる。子供と共に無一文で逃げてきたクララを「ルビー・スパークス」のゾーイ・カザンが、料理店のオーナーを「マイ・ブックショップ」のビル・ナイが演じるなど、実力派俳優が集結。第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門・オープニング作品。
  • 名探偵ピカチュウ

    人気ゲーム『ポケットモンスター』シリーズが、ハリウッドで実写化。ポケモンに関する事件を捜査していた父とポケモンを遠ざけていたティム。父が事故死したとの知らせを受け部屋に向かうと、自分にしか聞こえない人間の言葉を話す名探偵ピカチュウと出会う。監督は「ガリバー旅行記」(2010)のロブ・レターマン。「デッドプール」のライアン・レイノルズが名探偵ピカチュウの声を担当。相棒となるティムを「ジュラシック・ワールド/炎の王国」のジャスティス・スミスが演じる。
    84
    • 可愛い
  • マイ・ブックショップ

    ブッカー賞受賞作家ペネロピ・フィッツジェラルドの小説をイザベル・コイシェが映画化。1959 年のイギリス。未亡人のフローレンスが、保守的な町に初めての書店を開業。だが、彼女を快く思わない地元の有力者ガマート夫人が、書店の閉鎖を画策していた。出演は「メリー・ポピンズ リターンズ」のエミリー・モーティマー、「人生はシネマティック!」のビル・ナイ、「しあわせへのまわり道」のパトリシア・クラークソン。
    80
    • おしゃれな
  • 切り裂き魔ゴーレム

    作家ピーター・アクロイドによる犯罪小説を「人生はシネマティック!」のビル・ナイ主演で映画化。ヴィクトリア朝ロンドン。連続猟奇殺人事件の容疑者として4人が浮上。そのうち脚本家は別の事件で殺されており、刑事ジョンは夫殺しを疑われた妻に着目する。実在した人物を4人の容疑者に配し虚実が組み合わさったミステリー小説をもとに、「キングスマン」の脚本家ジェーン・ゴールドマンがシナリオを手がけた。監督は「ペインレス」のフアン・カルロス・メディナ。特集『未体験ゾーンの映画たち2018』にて上映。
    80
  • 人生はシネマティック!

    「17歳の肖像」のロネ・シェルフィグ監督ヒューマンドラマ。第二次大戦中のロンドン。コピーライター秘書のカトリンは、戦意高揚映画を作る政府の映画局から新作映画の脚本家にスカウトされる。彼女の脚本のもと「ダンケルクの戦い」にまつわる映画を撮ることに。執筆経験がないながらも奮闘するヒロインを「ボヴァリー夫人とパン屋」のジェマ・アータートンが演じるほか、「世界一キライなあなたに」のサム・クラフリン、「パレードへようこそ」のビル・ナイら豪華英国俳優陣が集結。
    80
  • マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章

    インドへやって来た英国人シニアたちの人生模様を綴った「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」の続編。ボロホテルで悠々自適の生活を送るイヴリンたち。若きオーナーがホテルの拡大と恋人との結婚に奔走する中、謎めいた宿泊客が現れる。監督のジョン・マッデン、キャストのジュディ・デンチ、マギー・スミス、ビル・ナイ、デヴ・パテルといった前作のメンバーが再結集。新たに「キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け」のリチャード・ギアが加わり、怪しげな宿泊客を演じる。
    70
  • ナショナル・シアター・ライヴ 2015 「スカイライト」

    イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが、世界で上演された全ての舞台の中から特に注目に値する演目だけを選び、映画館で上映するプロジェクト“ナショナル・シアター・ライヴ”。収録した内容に手を加えず、劇場の臨場感そのままに味わえるよう制作されている。2015年シーズンの第4弾となる本作では、ローレンス・オリヴィエ賞に輝いた名匠デヴィッド・ヘアーの戯曲を、「リトル・ダンサー」のスティーヴン・ダルドリーが演出した3人芝居を収録。「17歳の肖像」のキャリー・マリガンと「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」のビル・ナイがかつて不倫関係にあった二人に扮し、キャリーは舞台上で実際に調理しながら演技をしている。
  • パレードへようこそ

    サッチャー政権下のイギリスで、ストが長引き困窮する炭坑労働者たちを支援しようとする同性愛者グループとウェールズ奥地の炭鉱町の人々とが結ぶ友情を、実話をベースにカルチャー・クラブやザ・スミスなど1980年代のヒット曲にのせて描いたドラマ。監督はロイヤル・シェイクスピア・カンパニーをはじめ多くの舞台演出を手がけ、また「背信の行方」といった映画やオペラなど多岐にわたった活躍を見せるマシュー・ウォーチャス。同性愛者グループのリーダーを「やさしい本泥棒」(未)のベン・シュネッツァーが、炭坑町の人々を「ラブ・アクチュアリー」のビル・ナイや「ヴェラ・ドレイク」のイメルダ・スタウントンらが演じる。
    70
  • アバウト・タイム 愛おしい時間について

    「ラブ・アクチュアリー」の監督や「ノッティングヒルの恋人」の脚本などハートウォーミングなラブコメディを多く手がけたリチャード・カーティスが、タイムトラベル能力を使って恋を実らせ万事うまくいかせようとする青年を通して、愛と幸せの本質に迫るSFロマンス。リチャード・カーティスは本作をもって監督業から引退することを宣言した。タイムトラベル能力を持つ家系であることを知り過去をやり直して人生をより良くしようとする青年を「アンナ・カレーニナ」「ハリー・ポッターと死の秘宝」のドーナル・グリーソンが演じるほか、「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムス、「ラブ・アクチュアリー」のビル・ナイらが出演。
    80
    • 可愛い
    • ほのぼのとした
    • 考えさせられる
  • アイ・フランケンシュタイン

    ホラー映画のクラシックキャラクターとして有名なフランケンシュタインを現代の新たなるヒーローとして蘇らせたSFアクション。監督・脚本は「コラテラル」「G.I.ジョー」などの脚本を手掛けたスチュアート・ビーティー。出演は「ダークナイト」のアーロン・エッカート、「キラー・エリート」のイヴォンヌ・ストラホフスキー、「ラブ・アクチュアリー」のビル・ナイ。
    80
  • ジャックと天空の巨人(2013)

    童話『ジャックと豆の木』を基に、「X-メン」のブライアン・シンガー監督が映画化した3Dアドベンチャー。巨人の大群に立ち向かう青年の壮絶なバトルを描く。出演は「アバウト・ア・ボーイ」のニコラス・ホルト、「ジョージアの日記 ゆーうつでキラキラな毎日」のエレノア・トムリンソン、「ゴーストライター」のユアン・マクレガー。2D/3D同時公開。
    80
  • マリーゴールド・ホテルで会いましょう

    高級リゾートで穏やかな日々を過ごそうとインドにやってきた7人の男女が、お粗末なホテルと現地の文化にショックを受けながらも、新しい人生を踏み出してゆく姿を描いたドラマ。出演は「007/スカイフォール」のジュディ・デンチ、「ラブ・アクチュアリー」のビル・ナイ、「スラムドッグ$ミリオネア」のデヴ・パテル。
    80
  • トータル・リコール(2012)

    1990年に映画化されたフィリップ・K・ディックの短編小説『追憶売ります』を再映画化したSFアクション大作。記憶を操作された主人公の戦いを描く。監督は、「ダイ・ハード4.0」のレン・ワイズマン。出演は、「マイアミ・バイス」のコリン・ファレル、「アンダーワールド 覚醒」のケイト・ベッキンセール。
    80
    • 手に汗握る
    • かっこいい
  • タイタンの逆襲(2012)

    ギリシア神話を元にした2010年製作のアクション・ファンタジー「タイタンの戦い」の続編。怪物クラーケンを倒した英雄ペルセウスが、再び世界を守る戦いに立ち上がる。出演は「アバター」のサム・ワーシントン、「バトルシップ」のリーアム・ニーソン。監督は「世界侵略:ロサンゼルス決戦」のジョナサン・リーベスマン。2D/3D同時公開。
    70
  • アーサー・クリスマスの大冒険

    クリスマスプレゼントを配り忘れた子どもにプレゼントを届けるために、サンタクロースの次男が冒険の旅に出るアニメーション。声の出演は「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」のジェームズ・マカヴォイ、『Dr.HOUSE』のヒュー・ローリー。「ウォレスとグルミット」シリーズのアードマン・アニメーションズが制作。
    90
  • ランゴ(2011)

    「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのゴア・ヴァービンスキー監督とジョニー・デップによるCGアニメーション映画。自分探しの旅に出る主人公のカメレオンの声を、ジョニー・デップが担当する。共演は、「お買いもの中毒な私!」のアイラ・フィッシャー、「リトル・ミス・サンシャイン」のアビゲイル・ブレスリン。
  • ショーン・オブ・ザ・デッド

    自堕落な生活を送っていた青年が、突如として蘇った死者たちの襲撃から恋人を救い出そうと奮闘するホラーコメディ。監督はこれが長編第1作目のエドガー・ライト。脚本はライトとサイモン・ペグ。出演はサイモン・ペグ、ニック・フロスト、ケイト・アシュフォードほか。日本ではDVD発売のみの劇場未公開作だったが、2011年4月23日、東京・シネマライズにて開催された「『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』公開記念 エドガー・ライト監督作品オールナイトイベント」でイベント上映を経て、2011年9月3日より東京・キネカ大森にて、「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」と2本立て名画座上映(デジタル上映)された。2019年3月29日より単独上映(配給:カルチャヴィル)。
    80
  • ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1

    J・K・ローリングによる世界的ベストセラーシリーズの映画化第7作の前編。ヴォルデモート卿を抹殺するため“分霊箱”を探していたハリーたちは、分霊箱を上回る力を持つ“死の秘宝”の伝説に出会う。監督は、第5作から引き続きデヴィッド・イェーツ。出演はレギュラー陣のほか、「愛を読むひと」のレイフ・ファインズ。
    80
  • スパイアニマル・Gフォース

    モルモットによる特殊部隊“Gフォース”の活躍を実写とCGで描くアクション・アドベンチャー。製作は「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジェリー・ブラッカイマー、監督は新鋭ホイト・H・イェットマンJR.。「フロスト×ニクソン」のサム・ロックウェル、「抱擁のかけら」のペネロペ・クルス、「ノウイング」のニコラス・ケイジらが動物の声を担当している。
    90
  • パイレーツ・ロック

    ブリティッシュ・ロックが全盛期を迎えた1966年のイギリスを舞台に、若者から熱狂的に支持された海賊ラジオ局のDJたちと周囲の人々を描く群像劇。監督は「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス。出演は「カポーティ」のフィリップ・シーモア・ホフマン、「ワルキューレ」のビル・ナイ、「エリザベス ゴールデン・エイジ」のリス・エヴァンスなど。
    70
  • ATOM

    手塚治虫の『鉄腕アトム』を、現代的な要素を加えたオリジナル・ストーリーで3DCGアニメ化。アトムが背負う運命をドラマチックに描いたアクション・アドベンチャー。監督は、「マウス・タウン ロディとリタの大冒険」のデビッド・バワーズ。声の出演は、「チャーリーとチョコレート工場」のフレディ・ハイモア。
    80
  • ワルキューレ

    ドイツ国内で実行されたヒトラー暗殺計画を描くサスペンス・アクション。現在ではドイツの英雄として知られるシュタウフェンベルク大佐を、「ザ・エージェント」「マグノリア」のトム・クルーズが演じる。他の出演者も、「恋の骨折り損」「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のケネス・ブラナー、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのビル・ナイ、「ウォンテッド」のテレンス・スタンプなど名優たちが集まった。監督・製作は、「ユージュアル・サスペクツ」「X-メン」シリーズのブライアン・シンガー。脚本は、「ユージュアル・サスペクツ」でアカデミー賞オリジナル脚本賞を受賞し、ブライアン・シンガーとは盟友であるクリストファー・マッカリー。
  • アンダーワールド:ビギンズ

    吸血鬼族と狼男族の数百年に渡る戦いを描くアクション・ホラー「アンダーワールド」シリーズ第3弾。今回は歴史を遡り、2つの種族の戦いの始まりを描く。出演は前2作に引き続き「クイーン」のマイケル・シーン、「ワルキューレ」のビル・ナイに加え、「ナンバー23」のローナ・ミトラ。パトリック・タトポロスの監督デビュー作。
    50
  • ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!

    ロンドンのエリート警官が異動先で起こった事件を捜査するアクション・コメディ。監督・脚本は「ショーン・オブ・ザ・デッド」のエドガー・ライト。出演は「M:i:III」のサイモン・ペッグ、「キンキー・ブーツ」のニック・フロスト、「アイリス」のジム・ブロードベント、「007/消されたライセンス」のティモシー・ダルトンほか。
    90
  • アレックス・ライダー

    14才の少年スパイを主人公としたイギリスの小説『女王陛下のスパイ! アレックス』シリーズ第一作『ストームブレイカー』を、「サイレントノイズ」のジェフリー・サックスが映画化。主人公アレックスには、オーディションを勝ち抜いた映画初出演のアレックス・ペティファー。アレックスの叔父であり、イギリス諜報部員でもあるイアン・ライダーに、「スター・ウォーズ」のユアン・マクレガー。アレックスと相対するテロリストに、ミッキー・ローク。
    70
  • あるスキャンダルの覚え書き

    15歳の教え子と関係を持ってしまった女教師と、その秘密を握った初老の女教師の駆け引きを描いた愛憎サスペンス。原作はゾーイ・ヘラーの同名ベストセラー小説。出演は「007」シリーズのジュディ・デンチ、「バベル」のケイト・ブランシェット、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのビル・ナイ。監督は「アイリス」のリチャード・エアー。
  • パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド

    個性豊かな海賊たちが海を舞台に活躍する「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの完結編。生死不明となったジャック・スパロウが帰還し、世界制覇を目論むベケット卿の陰謀に立ち向かう。ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイらレギュラー陣に加え、チョウ・ユンファが新たに登場する。監督は同シリーズのゴア・ヴァービンスキー。
    80
  • パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

    自由を愛する海賊が、船乗りたちに恐れられている悪霊の追っ手から逃れる為に、悪霊の弱点である心臓を収めた宝箱を探すべく奮闘する海洋冒険活劇。主演はシリーズ前作に引き続きジョニー・デップ。共演は「ドミノ」(05)のキーラ・ナイトレイ、「エリザベスタウン」(05)のオーランド・ブルーム。監督は「ザ・リング」(02)のゴア・ヴァービンスキー。
    80
  • ナイロビの蜂

    妻の死に隠された世界的陰謀を追い、アフリカの大地を巡る英国外交官を描いた社会派ラヴ・ストーリー。監督は「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス。脚本は「007/ゴールデンアイ」のジェフリー・ケイン。原作はサスペンス界の巨匠、ジョン・ル・カレのベストセラー小説。撮影は「シティ・オブ・ゴッド」のセザール・シャローン。音楽は「バッド・エデュケーション」のアルベルト・イグレシアス。美術は「ミリオンズ」のマーク・ティルデスリー。編集は「抱擁」のクレア・シンプソン。衣裳は「堕天使のパスポート」のオディ・ディックス・ミレー。出演は「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のレイフ・ファインズ、「コンスタンティン」のレイチェル・ワイズ、「アビエイター」のダニー・ヒューストン、「憎しみ」のユベール・クンデ、「アンダーワールド」シリーズのビル・ナイ、「イーオン・フラックス」のピート・ポスルスウェイト。2006年アカデミー賞助演女優賞、同年ゴールデン・グローブ助演女優賞など受賞。
    80
  • アンダーワールド:エボリューション

    クールで美しいヴァンパイア・ヒロインが同族であるヴァンパイア(吸血鬼族)とライカン(狼男族)、両種族と闘いを繰り広げるゴシック・アクション「アンダーワールド」の続編。監督は前作と同じくレン・ワイズマン。主演のケイト・ベッキンセールも続投。
    70
  • Jの悲劇

    ひとりの作家が、気球事故の現場で出逢ったファンの男に翻弄される心理サスペンス。監督は「チェンジング・レーン」のロジャー・ミッチェル。原作はイアン・マキューアンのベストセラー小説『愛の続き』。音楽は『待ち焦がれて』(V)のジェレミー・サムズ。美術は「アンダー・ザ・スキン」のジョン・ポール・ケリー。編集は「ダスト」のニコラス・ガスター。衣裳は「CODE46」のナタリー・ワード。出演は「シルヴィア」のダニエル・クレイグ、「ケミカル51」のリス・エヴァンス、「CODE46」のサマンサ・モートン、「銀河ヒッチハイク・ガイド」のビル・ナイ、「カーサ・エスペランサ~赤ちゃんたちの家」のスーザン・リンチほか。2005年ロンドン映画批評家協会賞ブリティッシュアクター・オブ・ザ・イヤーALFS賞受賞。
  • 銀河ヒッチハイク・ガイド

    スティーヴン・ホーキンス博士やジョージ・ルーカス監督を夢中にさせた故ダグラス・アダムスのSF小説が映像化。突然宇宙人に破壊された地球の最後の生き残りとなった男が、銀河のガイドブックを片手に奇想天外な宇宙の旅を巡るSFアドベンチャー・コメディ。監督はミュージック・ビデオ界で活躍し、本作で劇場長編デビューを飾ったガース・ジェニングス。
    80
  • ラブ・アクチュアリー

    『ブリジット・ジョーンズの日記』の脚本家、リチャード・カーティスの初監督作品。テーマは愛、それも難民救済のような崇高な愛ではなく、夫婦の愛、親子の愛、友情といた、どこにでもある平凡な愛だ。『フォー・ウェディング』『ノッティング・ヒルの恋人』など、ラブストーリーが得意な彼だけに、愛を語る素敵な言葉が随所にちりばめられている。19人もの登場人物のドラマを同時進行させたのも、脚本家出身の彼ならではの妙技だ。そして、この豪華なキャスティング。彼の積み重ねてきたものを全て凝縮したかのような、まさに集大成とも言える作品である。
    80
  • アンダーワールド(2003)

    人知を超えた世界“アンダーワールド”を舞台に、何百年にわたって続く吸血鬼<ヴァンパイア>と狼男族<ライカン>の壮絶な闘いを軸に、ヴァンパイアのヒロインと人間の青年との禁断の恋を描いたゴシック・サイバー・アクション。“ヴィジュアル・ウィザード”と呼ばれるMTV界出身の鬼才、レン・ワイズマン監督のデビュー作。主演は「パール・ハーバー」のケイト・ベッキンセール。
    80
  • ラッキー・ブレイク

    刑務所からの脱走計画を描いたコメディ。監督・製作は「フル・モンティ」のピーター・カッタネオ。脚本は「フェイス」のローナン・ベネット。撮影は「ボクと空と麦畑」のアルウィン・カックラー。音楽は「フル・モンティ」のアン・ダドリー。編集は「恋におちたシェイクスピア」のデイヴィッド・ギャンブル。出演は「ウェイクアップ!ネッド」のジェームズ・ネズビット、「シックス・センス」のオリヴィア・ウィリアムス、「ビューティフル・マインド」のクリストファー・プラマー、「バニラ・スカイ」のティモシー・スポール、「スティル・クレイジー」のビル・ナイ、「インティマシー」のレニー・ジェイムズ、「クイルズ」のロン・クック、「チューブ・テイルズ」のフランク・ハーパー、「未来世紀ブラジル」のジョン・ピアース・ジョーンズほか。
  • スティル・クレイジー

    中年に差しかかった伝説のB級ロック・バンドのメンバーが再起するまでを描く音楽ドラマ。監督は「陪審員」のブライアン・ギブソン。脚本・製作は「コミットメンツ」のディック・クレメントとイアン・ラ・フレネ。音楽はクライブ・ランガー。出演は「マイケル・コリンズ」のスティーヴン・レイ、「Queen Victria 至上の恋」のビリー・コノリーほか。
    90
  • フェアリーテイル

    第一次大戦下のイギリスを背景に少女達の純真無垢な心を描いたファンタジー。監督は「ハンドフル・ダスト」のチャールズ・スターリッジ。脚本はアー二ー・コントレラス。製作は「ザ・ファン」のウエンディ・ファイナーマン、「アンナ・カレーニナ」のブルース・デイヴィー。撮影は「フォー・ウェディング」のマイケル・コールター。音楽は「トリコロール」三部作のズビグニエフ・プレイスネル。出演は「イノセント・ライズ」のフロレンス・ハース、本作が映画初出演のエリザベス・アール、「ラルフ一世はアメリカン」の重鎮ピー.ター・オトゥール、「ルル・オン・ザ・ブリッジ」のハーヴェイ・カイテルほか。
  • カーテンコール(1996)

    病の障壁も乗り越えて愛しあう2人のダンサーの姿を描くゲイ映画。監督はナンシー・メックラー。製作はマーティン・ポープ。脚本は「ベント 堕ちた饗宴」のマーティン・シャーマン。衣裳は「遠い声、静かな暮らし」のモニカ・ハウ。主演は「ジャングル・ブック」のジェイソン・フレミングと「グレアム・ヤング毒殺日記」のアントニー・シャー。共演は本作が映画デビューとなるダイアン・パリッシュ、「マックス、モン・アムール」のアンソニー・ヒギンズほか。
  • 三文オペラ(1989)

    クルト・ヴァイル作曲、ベルトルト・ブレヒト台本の「三文オペラ」の3度目の映画化であるミュージカル。エグゼクティヴ・プロデューサーはメナハム・ゴーランとヨーラン・グローバス、製作はスタンリー・チェイス、ゴーランが「ハンナ・セナシュ」に続き監督し、音楽監修のドヴ・セルツァーと共に脚色も担当、撮影はエレメール・ラガリイ。出演はラウル・ジュリア、ジュリア・ミゲネスほか。
  • オペラ座の怪人(1990)

    幾度も映画化されたガストン・ルルー原作の『オペラ座の怪人』を現代のオペラ歌手が1889年にタイムスリップするという設定でリメイクした作品。エグゼクティヴ・プロデューサーはメナハム・ゴーラン、製作はハリー・アラン・タワーズ、監督は「ハロウィン4」のドワイト・H・リトル、脚本はゲリー・オハラのオリジナル版を基にデューク・サンドファー、撮影はエレマー・ラガリー、音楽はミッシャ・シーガルが担当。出演はロバート・イングランド、ジル・ショーレンほか。
  • ターゲット(2010)

    フランス映画『めぐり逢ったが運のつき』をリメイク。腕利きの殺し屋・ビクターは、ギャングから大金を騙し取った詐欺師・ローズの殺害を依頼される。ところが何を血迷ったかビクターはローズの危機を救い、ギャングと新たな殺し屋に追われるはめに。【スタッフ&キャスト】監督:ジョナサン・リン 脚本:ルシンダ・コクソン/ピエール・サルヴァドーリ 撮影:デヴィッド・ジョンソン 出演:ビル・ナイ/エミリー・ブラント/ルパート・グリント/ルパート・エヴェレット
  • ヒトラーコード39

    ナチスとイギリス秘密組織の陰謀に巻き込まれた女性の姿を描くサスペンス。39年、イギリス。下院議員の義父に育てられたアンは物置で2枚のレコードを発見する。そこにはナチスとの和平協定に反対する人間の暗殺を企てる男たちの密談が録音されていた。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:スティーヴン・ポリアコフ 出演:ロモーラ・ガライ/ビル・ナイ/ジュノー・テンプル/クリストファー・リー/エディ・レッドメイン
    60
  • ルーキー・ハウス・ガール

    「『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のフェリシティ・ジョーンズ主演によるラブコメディ。母を亡くし、父の代わりに家計を支えるキム。パッとしない毎日が続くキムに、高級別荘で家政婦として働くチャンスが舞い込む。彼女はその家の長男・ジョニーに恋をするが……。
    80
  • ブラック・レコード 禁じられた記録

    監督・脚本は「クローズ・マイ・アイズ」のスティーヴン・ポリアコフ。ロモーラ・ガライ「エンジェル」で高い評価を得たロモーラ・ガライ主演。第二次世界大戦の開戦前後、英国の運命を動かそうとした陰謀の存在をスリリングに描く、ポリティカルスリラー。
  • ヒトラーSS アドルフの肖像

    青春のすべてをナチスに捧げた若者の姿を描いた戦争ドラマ。ナチスが勢力を伸ばす第二次世界大戦下、カールとヘルムントの兄弟は思想の違いから別々の道を歩み出す。想いは異なりながらも、ふたりはナチスの側近・ヒトラーSSに係わることになり…。【スタッフ&キャスト】監督:ジム・ゴダード 脚本:ルーカス・ヘラー 製作:アイダ・ヤング 音楽:リチャード・ハートレイ 出演:ジョン・シーア/ビル・ナイ/デヴィッド・ワーナー/キャロル・ベイカー
  • MI5:灼熱のコンスパイラシー

    ビル・ナイ主演によるサスペンススリラー「MI5」シリーズ第2弾。元MI5のベテラン諜報員・ジョニーは、タークス・カイコス諸島に身を隠していた。ある日、ジョニーは見知らぬ男から食事に誘われる。翌日、その会食で知り合った男が死体で発見され…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:デヴィッド・ヘア 製作総指揮:デヴィッド・バロン/デヴィッド・ハイマン 出演:ビル・ナイ/ウィノナ・ライダー/ヘレナ・ボナム=カーター/クリストファー・ウォーケン/レイフ・ファインズ
  • MI5:世界を敵にしたスパイ

    ビル・ナイ主演によるサスペンススリラー「MI5」シリーズ第3弾。タークス・カイコス諸島を離れたジョニーとマーゴットは、世界中の諜報機関から追われ、ヨーロッパを転々とする。共に行動することに危険を感じたふたりは、別々の行動を取ることに。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:デヴィッド・ヘア 製作総指揮:デヴィッド・バロン/デヴィッド・ハイマン 出演:ビル・ナイ/レイフ・ファインズ/フェリシティ・ジョーンズ/ヘレナ・ボナム=カーター/オリヴィア・ウィリアムズ
  • MI5:消された機密ファイル

    「アンダーワールド」シリーズのビル・ナイ主演によるサスペンススリラー。英国諜報部“MI5”の諜報員・ジョニーはある日、上司で親友でもあるベネディクトからある機密ファイルを手渡される。だが、真意を語る前にベネディクトが突然の死を遂げ…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:デヴィッド・ヘア 製作:スコット・ルーディン 撮影:マーティン・ルーエ 音楽:ポール・イングリッシュビー 出演:ビル・ナイ/レイチェル・ワイズ/レイフ・ファインズ/フェリシティ・ジョーンズ
  • ダッズアーミー

    1968~1977年にイギリスのBBCで放映された人気テレビ・ドラマ”Dad’s Army”を映画化。連合軍のフランス侵攻が迫る中、海峡沿岸を警備するマヌケな兵士たちの奮闘がコミカルに描かれる。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/26

サンドラ・ブロック(1964)

オーシャンズ8

スティーブン・ソダーバーグ監督、ジョージ・クルーニー主演の「オーシャンズ11」を元に主要キャラクターをオール女性キャストでリブートする新作。2018年6月8日全米公開予定。

ミニオンズ

ユニバーサル・スタジオとクリス・メレダンドリ率いるアニメーションスタジオ、イルミネーションが贈るアトラクション3Dアニメーション「怪盗グルー」シリーズの人気キャラクター、ミニオンズを主役に描いた作品。ミニオンたちが仕えるべき最強のボスを探す旅を描く。前2作のピエール・コフィンに加え、「ロラックスおじさんの秘密の種」のカイル・バルダが監督を務める。「スピード」のサンドラ・ブロック、「バットマン」のマイケル・キートンらが声の出演。日本語吹替版では「アマルフィ 女神の報酬」の天海祐希、「009 RE:CYBORG」の声優・宮野真守らが参加。「怪盗グルーのミニオン危機一髪」の主題歌『Happy』が第86回アカデミー賞歌曲賞にノミネートされたファレル・ウィリアムスが引き続き音楽を担当している。
スーザン・ジョージ(1950)

J&S さすらいの逃亡者

かの『ボニー&クライド』に材をとり、腐れ縁で結ばれた男と女をめぐるマカロニ・ウェスタン風味のラブ・ストーリー。監督は「続荒野の用心棒」「情無用のジャンゴ」など、ひねりの効いたマカロニ・ウェスタンのほか、「史上最大の喜劇 地上最笑の作戦」はじめ様々なジャンルの映画を手がけた名職人セルジオ・コルブッチ。製作はロバート・ロヨラ、脚本はコルブッチ、マリオ・アメンドラ、アドリアーノ・ボルツォーニ、ホセ・マリア・フォルケ、サバティーノ・チウフィーニの共同、撮影はルイス・カドラード、編集はユージェニオ・アラビソ、美術はピエトロ・フィリッポがそれぞれ担当。音楽は「荒野の用心棒」はじめマカロニ・ウェスタンのテーマ曲で名を高めた巨匠エンニオ・モリコーネ。主演はコルブッチとは「情無用のジャンゴ」でも組んだトマス・ミリアンと「わらの犬」「マンディンゴ」などのスーザン・ジョージ。共演はTV「刑事コジャック」でおなじみの「特攻大作戦」などのテリー・サヴァラス、ゲストとして「テオレマ」「1900年」のラウラ・ベッティほか。ちなみに、本作は〈マカロニ・ウェスタン復活祭〉と題して、監督を同じくコルブッチが手がけた問題作「殺しが静かにやってくる」と連続上映された。

タイガーシャーク(1978)

夏のバカンス・シーズンで賑わう中米カリブ海の保養地を舞台に、風俗と、男女の恋を描きながら、人食いザメと人間の戦いを促えたパニック映画。製作はジェラルド・グリーン、監督・脚本はルネ・カルドナ・ジュニア、音楽はバージル・ポルドゥーリスが各々担当。出演は「マンディンゴ」のスーザン・ジョージ、フィオナ・ルイス、ジェニファー・アシュレー、アンドレス・ガルシア、ヒューゴー・スティグリッツなど。